LIVE LOVE LAUGH - maca home -

新築の家を丸ごとセルフリノベしているDIYブログです。

■はじめての方は上の【はじめに】をお読み下さい
■オーダーは上の【オーダーのご案内】をご覧下さい


はい、どうも。

今日は記事が長いので
とっとと本題、いきますね。

そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

インスタを見てない方も
結構おられると思うので
プレ企画の話から、させて下さい。

えっと、2週間ほど前に
180625081532
こういうプレ企画を
インスタ限定で開催してまして。

これは電動工具のDIYGirlsさんと
私がコラボしたプレゼント企画
やったんたけど、
DIYGirlsさんからお話を頂いた時に
私からは何を提供しようかなと。

あんまりデッカイもんやと
置き場所に困る方も
おるかもしれんし
ここは無難に、オーダー販売
してた頃にまあまあ人気があった
岡持ちにしようかなと。

記憶は美化されるもんやから
確か そこそこ人気あったはず、
とは思いながらも
『人気、、、あったか(-_-)?』て
かなり疑問に思いながら。

で、DIYGirlsの社長さんと
『(応募数)50を越えれば万々歳ですね』
て、これほんまにガチで
そういう話をしてて。

あ、応募枠は1名ね。

ところが いざ応募を募ってみたら
ものすごい勢いで あっという間に
100を越えて。

そしたら社長さんから
『マカさん、当選枠を5名に
増やそうと思うんですが
あと4つ 岡持ち作れませんか』と。

急遽4つか、ぶっちゃけ厳しいな。

けど確実に嬉しい悲鳴やから
そりゃあもちろん協力させて頂くけど
でも その時って応募者100を超えた
ばっかやったから
これからまだ応募者が伸びるかは
分からんし、100人に対して5名当選て、
かなりな大盤振る舞いやん。

なんやろ、もうちょい欲があっても
いいっていうか。
もっと応募者が伸びてから決めても
いいっていうか。

だから思わず社長に言うたもんね。
『は?あと4つ?』つって。

今からマキで岡持ちを4つ作る
ことに対するツラさが思わず
前に出てしまって、とっさに
『は?』て言うてしまったから
言い直しときました。

『は?あと4つ?
あ違うわ。
え?あと4つですか?』と。
(言い直した意味、ない)

いや、さっきも言うたけど
嬉しい悲鳴やから
有難く作らせて頂くけど、
けどやね、追加であと2つ、
とかなら分かるわ。

応募数100の時点で
5枠でいこう、ていうその決断が
すごいなと思って。

だからそのまま社長に言うてん。
『岡持ちは全然作りますけど
社長、欲、薄くないですか』つって。

そしたら社長は即答で
『うちのようなインスタを始めた
ばっかりの企業に対して
応募して下さる方が、こんなにいる。
それが嬉しいんです。
だから少しでもたくさんの方に
使って欲しいんです』と。


もー、そんな男気見せられたら
こっちも全力で作る、ちゅーねん。

こちら。
DSC09709
岡持ち4つ分でございます。
相変わらず野地板から全てのパーツを
フリーハンドで切り出してます。

で、
DSC09710
どんどん組み立ててって。
ここまで来たら、


DSC09711
ここで初めて
底板と中に入れる仕切り板を
切り出します。

これがねー、野地板ちゅーのは
ほんまに歪みがすごいから
箱の部分を組み立てたあとに
一つ一つ測ってからじゃないと
底面と中板はカットできないんやわ。

そしてほんまに1枚ずつ
大きさが1,2ミリ、違うもんね。

あーツラい。

けど応募して下さった方に
応えたいわな、作り手魂としても。


あとは
DSC09713
底面は薄いベニヤ板を使ってるから
ボンド+タッカーで。

そして
DSC09716
今回はワトコオイルの
ダークウォルナットを使いました。

でー
DSC09718
ペイントしてステンシルして。

ようやく
DSC09719
ここまで完成。
あともうちょい。


DSC09720
持ち手のところをビスと釘で
固定して、

最後に
DSC09721
ラベルをボンドで貼って
更にラベルの上からニスを塗れば
ほんまに完成。

ほんでこれを作っている間に
応募数はなんと400を超えてて。

で、応募された方のコメント読んでたら
『どうか工具が欲しいです!』
ていうコメントばっかなんやわ。
もはや岡持ち、関係あらへん。
もっと言えば当選者の方、
岡持ちが同梱されてなくても
気付かんのちゃうかな、ぐらいの。


でも久々に作ってみて、
DSC09768
すごい楽しませて頂きました。
いやほんまに。

オーダー販売では一番上の
薄いグレーと、そして白。
この2色を作製してたんやけど
今回はせっかくやから
今まで作ったことのない色も
作ってみました。

濃いグレーと緑とメロン色を。


で、プレゼント企画の1週間前に
180630103540
こんなお知らせを上げまして。
この時で すでに500近くの
応募者があったんじゃなかったかなあ。

とにかく本当にすごい数の方が
応募して下さって
ほんーまに嬉しかったです。

この場を借りて御礼を言わせて下さい。
応募して下さった皆さん
本当に本当にありがとうございました。


えっと、そんなこんなで
プレ企画は無事に終わりまして
続いてはこちら。
DSC00013
DIYGirlsさんがDIYショー
出展されるんやけど、
そのブースを私も手伝わせて
頂くことになりまして。

これはもう4月からお受けしてた
依頼なんやけど、それからずっと
そりゃあもう胃が痛いのなんのって。

だってこのDIYショー
ホームセンターとかDIY関連の
展示会の中でも日本最大級なんやわ。
ほんでいろんなワークショップや
体験コーナー・トークショーとかもあって
まー盛りだくさんなイベントで。

ちなみに今年のトークショーの
ゲストはぐっさんと久米まりさん。

ね?引くぐらい恐ろしいやろ。

そして会場やわ。

幕張メッセて。

なに、そこ。

幕張メッセは千葉やけど
田舎人間からしてみれば
千葉・神奈川・埼玉、
これ全部もう東京。(ではない)

あ、群馬・茨城・栃木、
これも全部ほぼ東京。
(ますます、ではない)

全ー部 東京、みーんな東京。
つまりマンハッタン。
(なんでや)

だから私はマンハッタンに
行くんやと思う。
(行けばいい)


えっと詳細は最後に書きますが
日程としては、
DIYショーは8/23,24,25なんやけど
23の前日にブースの組み立て作業を
やるから、22日から25日まで
3泊4日マンハッタンの旅でございます。
(ほんまにマンハッタン行けよ)

DIYGirlsさんからのご依頼は
ブースのデザインと組み立て、
そしてショー3日間はワークショップなど。
あ、ショーは3日間あるけど
初日の23日はバイヤー専用日やから
一般の方は入場できんねやわ。

いや、バイヤーってバイヤーの
ことやろ?(日本語)
そんな厳粛な中で
私、何すればいいんやろ。

ただのキャンペーンガールにしか
なれんわ。←

そんな不安を払拭するかのごとく
社長からは丁寧に熱心に
説明して頂いたり
何度も打ち合わせをしたり
してはいるんやけど、

にしても、やわ。


で、DIYGirlsさんは今回が
初出展やから、初出展の企業用の
小さいブースなんやけど
それでもデザインだの組み立ての
手伝いだのワークショップだの。

そんな大舞台で
そんな大変なことを任されても
いいんやろか。
非ー常に この上なく恐縮です。


てことで
先週はこんな作業をしてました。
DSC09969
これは社長から届いた
大量の木片。
150ぐらいあるかなあ。

カットしたのは もちろん社長ね。
DIYGirlsの社長は
なにせ現役大工さんやもんで。

この木片に1枚ずつ
ステインを塗って、
DSC09970
これでステイン塗りはオッケイ。

次はこれに
DSC09971
ペイントしていきまーす。

全部ペイントしたら、
DSC09972
こんな感じ。

あれ?ステインの部分を
残そうと思ってたのに
全部 塗ってもた。

ま いっか。←

これを一旦、長いものと
短いもので並べ変えてみよ。
DSC09975
なるほどー。
いやこれ、今から私のハンコを
押すんやけど、
思いがけず長いヤツが多いな。

長いヤツって【macaProducts】の
ハンコを押す予定なんやけど
こんなにmacaProductsばっか
作っても、は?なにこのロゴ?って
思う人も当日は たくさんおられる
やろうしなあ。

よし、こーしよ。
DSC09977
こんなバージョンも作ってみました。
BitterStyleはまず外さんし
私のロゴも小さければ
まあ いいやろ。

どんどん
DSC09978
色んなバージョンを作っていって。


そんなこんなで
DSC09979
完成です。


女子って、
(私含む)(皆さんもギリ含む)(こら)
DSC09980
小さいものがズラリと
並ぶと弱いよね。
かわいー!てなるわ。

今回はピンクとか黄色とか
普段私があまり使わない色も
使ってみたけど
それはそれで全然かわいくて。
アリやん、とか思って。


はい、長々とくだらん話に
付き合わせてしまいまして
すみません、毎度のことやけど。

ちゃんとしたお知らせ、しておきます。

DIYGirlsのブースでは
DSC00030
ミニミニワークショップをします。
これは一般の方が入場できる
24(金)・25(土)2日間とも終日です。

好きなデザインを選んで頂いて
それにドリルで穴をあけて紐を通して
そのままキーホルダーを
持ち帰って頂けますよ、ていう
穴あけ体験ができるワークショップです。

DSC00025
あ、もちろん無料です。

それと
DSC00018
鉛筆2本セット。
これもタダで貰えます。

鉛筆には
DSC00021
DIYGirlsとmacaProductsのロゴが
入ってます。

この鉛筆、
DSC00040
個人的には めちゃめちゃ
可愛いと思いました。


てことで
詳細をまとめておきますね。

*-----------*
【JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2018】
■日時:8/24(金),25(土) 9:30~17:00
■場所幕張メッセ
公式HPは👉こちらから

*DIYGirlsブース出展内容*

★macaProductsミニミニワークショップ★
24(金)、25(土)2日間とも終日
■ブース内にてDIYGirls電動ドライバーを使ったキーホルダーの穴あけ体験
■キーホルダーはそのままお持ち帰りいただけます!
(※キーホルダーは十分ご用意しておりますが無くなり次第ワークショップも終了となりますのでご了承下さい。電動ドライバーの使用体験はできます)

★当ブース来場者プレゼント★
DIYGirlsとmacaProductsのロゴが入った鉛筆セットをプレゼント!
(こちらも十分ご用意しておりますが無くなり次第終了となります)

★工具類の展示★
■DIYGirlsの電動ドライバー・工具セット・コンパクト電動ドライバーの他に新商品も展示します!
*-----------*

是非DIYGirlsブースに立ち寄って
キーホルダーとロゴ入り鉛筆を
お持ち帰りくださいね、
て言いたいとこなんやけど、

私にねファンの方がおるとして。

仮定ぐらいいいやろ?
(いいから進めて)

そのファンの方ていうのが
石垣島の方と
北海道の稚内(わっかない)の方が
9割で。たまたまなんやけど。

さすがにそんな遠いところから
幕張まで来て頂くなんて
気が引けるから
『是非来て下さいね!』とは
やっぱ言いづらいやん。
(幕張でダダ滑りする前に
自己防衛する卑怯さ)
(しかも自己防衛が低能)

いや、いいんです いいんです、
ひとまず会場内はすごい人混み
やと思うから、呼び込みして
営業かけます。
うん、かける、かける。


けど
DSC00037
ここの読者の方や
SNSを見ておられる方が
来て下さって会えたとしたら
ほんーまに嬉しいです。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

今回の大雨の被害が深刻で。
空こそ青空でも
被災地は依然として悲惨な状況に
さらされていることを思うと
相手が天災なだけに
どうしようもないというか
なすすべがないというか。

いたたまれないです。


前回の記事の雑談には
温かいコメントを戴きまして
本当にありがとうございました。

自分がどんだけ面倒くさい人間か、
ゆーことが戴いたコメントで
よお分かりました。

前々から自覚はあったけど
『いよいよ本格的に
面倒くさい人間やんけ』
て自分でもハッとしたほど、
それほど皆さんからのコメントは
達観していて有り難かったです。


そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はなんと、傘立てを作ります。
(ふつー)

しかも画期的でもなく簡単でもなく
見た目もフツーなヤツを。
(皆さん→(-_-))

ちょっと前、せやな1ヵ月ほど前
やったと思うわ、
DIYの入り口を広くするために
DIYの敷居を低くするために
100均ネタを頑張ってみようと思います、
みたいなことを ここで公言した
はずなんやけど、

私ねー

100均ネタが出来なさ過ぎる。

まー できない。
全っ然 思いつかん。

100均の材料を使って
DIYするのって実は
かなりの縛りがあると思うんやわ。

木材にしても厚みや幅に
限りがあるから、その範疇で
DIYせなあかんわけで。

てなると固定の仕方を工夫したり
これとこれならサイズが
ピッタンコやん、ていう
ミラクルフィットを模索せなあかん。

100円ショップに行っては
ひたすらミラクルフィットを
探してみても、考えども考えども
全っ然アイデアが生まれて来ん。

そんなんしてるうちに
それがもうストレスになって
DIY丸ごと嫌々病みたいに
なってしまってやね。

なんにも作りたくない、ていう。

そんな折に考えてん。

私なりの発信の仕方でも
いいんじゃないかと。
なにも世間の風潮に合わせんでも
いいんじゃないかと。
とにもかくにも私が楽しんで
やってない様子って
絶対皆さんに伝わるはずやから
無理に性に合わんことをして
嫌々ながらに記事を書くぐらいなら
今まで通り、自分の好きなもんを
作った様子を発信するほうが断然
いいんじゃないかと。

そう思った途端、びっくりするほど
気がラクになって
制作意欲も戻ってきて、

その結果 作ったのが
今日の傘立てです。

先に感想から言うと
楽しかったです。
ふつーに楽しかったわ。


で、今まではどんな傘立て
やったんかと言うと
DSC09539
こんなん。

うちは玄関が狭いから外に
傘立てを置いてるんやけど
この傘立ては、この家を建てた時、
4年前やな、その時に
端材だけを使って
1回もカットすることなく
さらに1回も定規を使うことなく
作り切りたい、て なぜか猛烈に思って
そして目標通り それを全うして
作ったヤツなんやわ。

だから当然、超いびつ。

4年間、この傘立てに傘を入れる
たびに『なんやろ これ』て
ずっと思ってて。

いびつなのもイヤやけど
BlogPaint
受け皿?のステンレストレーがね
掃除してもすぐに汚くなるんやわ。
外に置いてるから、砂埃やらなんやらで。

てことで外に置く以上は
トレーが すっぽりと覆われた
傘立てじゃないと
掃除が面倒くさ過ぎるわ、と思って。

だから今回作る傘立ては
今みたいな隙間だらけの
タイプじゃなくて、
囲む気満々なタイプ(←)のやつを。


はい、いきまーす。
BlogPaint
高さが50cmの傘立てを作ります。

長さが50cmの板は全部
幅が55mm・厚みが15mmの板で
ホームセンターでは【貫(ぬき)】ていう
名前で売ってます。

これは1×4材とよく似た質感で
それでいて1×4材よりも
厚みが薄いから仕上がった時に
軽いし、意外と知られてないかも
しれんけど安いから
初心者の方には
お勧めな木材かなと思います。

で、今回の採寸は
DSC09564
これ ありき、な採寸になってます。
これはセリアのステンレストレー。

これありきな採寸にしたい時って
今の木材やとサイズを合わせるのが
難しいとこが ちょいちょい
出てくるんやわ。

それが、ここ。
BlogPaint
えっと、赤い矢印の板で
50cmの板を3枚、つなげようと
思うんやけど、
赤い矢印の板は
ステンレストレーの大きさに
合わせた長さになってるから
そうなると50cmの板3枚分の幅と
ちょっとだけ合わんねやわ。
ちょっとだけ足りないん。

こんな時は足りんぶんだけ
細い木を足してもいいんやけど
それ、かなり面倒くさいやん。

んー、ここの説明、苦しいな。
伝わるやろか。

なにせ、欲しい長さより
ちょっとだけ足りん時は
潔く、隙間を空けて作ってしまう。

この方法なら、作りたい大きさに
板が合わん時でも
簡単に合わせられますよと。

その隙間ゆーのが
写真のピンクの矢印なんやけど、
でもこの方法って
隙間があってもオッケーな時
にしか使えん技やから
ちょっとあれかもしれんけど。


喋り過ぎたわ。
そのせいで もはや皆さん、
私が何を言うてるんか
ワケ分からんようになってるかも
しれんなあ。

すみません、
でも続けますね。←
DSC09585
ほんで、さっきの写真が
傘立ての上の部分で
この写真は下の部分です。
下から5cmのところに線を引いてます。

で、ボンドをつけて板を乗せると、
DSC09587
こんな感じ。

次は もう一つの面を作ります。
BlogPaint
ここもやっぱり隙間(ピンクの矢印)を
あけてあります。
横幅が微妙に足りんかったから。
それこそ7,8mm足りんだけの
ことやったから、それなら隙間あけたら
ええやん、てことで。

赤い矢印は
さっき作った面がハマるように
あけてあります。


ねー、難しいよねー。←

やだねー。←


下の部分も さっきと同じように
DSC09590
下から5cmのところに
板をボンドでつけます。

そしたら
DSC09594
こういう4つの面ができて。

あとはボンドが乾いたら
DSC09597
下穴をあけて、

DSC09601
ビスで固定します。


はい、
DSC09603
4枚できました。


そしたらー
DSC09605
こんな風に組み立てていきます。

ここの角のところがね、
DSC09607
こうなるように計算したり
カットしたりするのが
難しいんやてなあ。


まず2つの面を立てて
DSC09609
こうやって置くやん。

ほんで そこに
DSC09612
もう一つの面を乗せて
ビスで固定していきます。


ラストー。
DSC09618
最後の1枚を、の この写真。
もークソ重い、ちゅーねん。

これをビスで固定すれば
ひとまず完成です。

こちら。
DSC09621
あれ?これ あれちゃう。
日本料亭の軒先に置いてある傘立て。

なだ万や、なだ万。

なんでこんな和風になったんやろ。
こんなつもりじゃ
なかったんやけどなあ。

ま、いーわ。

トレーが上手いこと入るかどうか、
それのぼうが大事やわな。
DSC09623
どやろか。

これ、結構 緊張よ?
このトレーありきな寸法で
作っただけに、もしこれが
入らんかったら
なんのために隙間やら開けてん、
てことになるからね。

DSC09625
スーっと。


DSC09627
はいキターーー!

裏から見ると、
DSC09633
角材のところにトレーの淵が
引っ掛かってるのが
分かるでしょうか。

いやー快感。


そしたら、純和風さを無くすために
DSC09635
ステインを塗ってこ。

これはウッドデッキの上で
塗装してるんやけど
この塗料は1年前に
このウッドデッキを作った時に
使った塗料です。

屋外に置く傘立てやから
やっぱ屋外用の塗料のほうが
強いやろなと思って。


ウッドデッキを作った時の記事は
👇こちらから。

■前のウッドデッキを壊す編
■ウッドデッキの木材を塗装
■柱を立ててく編
■土台の直角を出す編
■床板を張ってく編
■床張り完成
■屋根の骨組みを作る編
■屋根にのぼってポリカー張る編
■祝・完成!

ちなみに このウッドデッキの記事は
めちゃめちゃ反響が大きかったヤツです。
私としては、賃貸の方も
たくさん読んでおられるやろうから
ウッドデッキの記事なんて
皆さん興味ないやろなと
思いながら書いてたんやけど
どういうわけか、回を増すごとに
どんどん反響が大きくなってた
もんやから、書いてる本人が
一番ビックリしたヤツやわ。


で、さっきの塗料を
薄く塗ったら
DSC09637
こんな感じ。

同じ塗料を使っても
DSC09638
ウッドデッキの色と
傘立ての色が全然違うのは
こってり塗るかササっと塗るかの
違いです。


あとは端材で
DSC09643
こんなんを作って、

DSC09645
ハンコを押して
これを釘で打ち付ければ
完成です。


こちら。
IMGP9892
うん、欲しい傘立てになりました。

最後につけたプレートは
IMGP9891
こんな感じ。

これ、
IMGP9895
庭の掃除道具を入れても
可愛いかもしれん。

中は
IMGP9897
こうね。


てことで、庭じゃなくて
所定の場所に置いてみたら
IMGP9898
ものすごい普通で
びっくりしたわ。

そしてこれ、
屋外用の塗料を使ったとか
言いながら、隙間までは
塗ってないから
結局あんま意味ないやん、ていう。


玄関の中に置いても
DSC09673
これはこれでいいんやけど
狭いからやっぱ
さっきのとこに置いとくわ。


はい、以上です。

いやー長い記事、書いたわー。
ヒットする人が極小であろう記事を。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おすすめの石目 レンガ柄コレクション.
価格:594円(税込、送料別) (2018/7/9時点)


はい、どうも。

雨による避難勧告が出ている
地域にお住まいの方、
大丈夫でしょうか。
特に近畿は ついこないだ
大きな地震に遭ったばかりやと言うのに。
どうか雨が静まってくれるようにと
祈るしかないです。


連日、お知らせばっかですみません。

ここ最近メンタルが安定してないわ
みたいなことを1ヵ月ほど前から
言うてるんやけど
理由は自分でも分かってて。

ブログネタがコンスタントに
書けないことへの
後ろめたさ、ちゅーんか
罪悪感とも違うんやけど
なんかそういう引っ掛かるもんが
ずっとあって。

あ、こんなん話 してたら
長くなってしまいそうやから
ワークショップのお知らせだけ
先に書ときますね。


そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

またオリバーさんのカルチャースタジオ
cocosta(ココスタ)でワークショップを
させて頂くことになったんやけど
今回作るのは こちら。
DSC08675
アンティークな
引き出し付きシェルフです。

前回のワークショップの様子は
👇こちらから。

■感謝御礼・ココスタのワークショップ終わりましたー!そら疲労も吹き飛ぶわ

今回は8月にやるから
夏休み工作の宿題としても
オッケーで、
学校に持って行けるサイズで、
けど子供用ではなくて
自分用として作りたい方にも
イケるやつ、てことを
すごい考えて作ったものです。

これでも。

玄関で芳香剤とかお花を置いて
DSC08660
使っても可愛いし、

キッチンに置いて
DSC08690
調味料ラックとしても
使えるかなと。

DSC08688
私はネタを考える時はいつも
なるべく実用的なもの、てことと
要らんようになる確率が少ないもの
てことと、
あとは100均の材料を
どこかに取り入れること、を
支柱にして考えてて。

果たしてそれが
参加者目線で見た時に
重要な要素か否か、て聞かれたら
自信持って、はい、とは
言えんねやけど、

でもやっぱ、せっかく作ったからには
使用頻度が高いもののほうが
良いような気がするし
あと100均を入れる、ゆーのは
100均の材料を使うことで
DIYの敷居を低く感じてもらえたらなあと。


で、夏休み工作を視野に
入れて考えたやつやから
DSC08681
もちろんお子さんの
勉強机の上に置いて、

DSC08677
消しゴムやら鉛筆のキャップ
みたいなもんやら
なんかもう、なにそれ、ていう
細かいもんを
入れられるのもいいんじゃないかなと。

あ、この引き出しとつまみが
今回のネタでは100均の材料です。
セリアやわ。

で、引き出しの奥行に対して
シェルフ全体の奥行のほうが広いから
内側に板を1本、かましてあります。
なので簡単そうに見える割には
そこそこな技が入ってます。

はい、写真連発でいきまーす。
DSC08664

DSC08672

DSC08669

DSC08668
なんかこう、古道具みたいな
佇まいが可愛いんじゃないかなと。

とか言いつつ
DSC08671
こんなファンキー(←)なハンコを
うっかり押してしまったので
これは押しても押さんでも
どっちでもいいです。

こういう
DSC08673
かすれたような風合いに
したい方は、その塗装法も教えますし、
普通にきっちり塗ったほうが好きやわ
ていう方は それも全然オッケーです。

サイズ感は
DSC08695
これくらい。


DSC08665
ペイントの色もお好きなものを
選べるので、そこでもだいぶ
雰囲気が変わってくるかなと。


てことで詳細を載せておきますね。

*-----------*
■日時:8/5(日),19(日) 10:00~12:00
■場所:富山市二口町3-2-14
   オリバ富山本店ーショールーム内
■定員:両日とも10名
■参加費:3500円(当日お支払い下さい)
■持ち物:手ぶらでOKです。
 ペイントするので汚れてもいい服装で。
■申し込み方法
 オリバーのFacebookかお電話で
 お願い致します。
・Facebookは👉こちらから
・お電話は 0120-47-1152 まで

※応募多数の場合は先着順となります。
※材料の仕入れの都合上
開催3日前以降のキャンセルは
参加費と同額のキャンセル代を
頂戴致します。
何卒ご了承下さいますよう
お願い申し上げます。
*-----------*

夏休み期間中やから
親子で参加されてもいいし
お友達と参加されてもいいし
もちろん お一人様も大歓迎です。
DIY初心者の方、
電動工具が初めてな方、
とにかく どなたでも参加できます。

はい、ワークショップのお知らせは以上です。


冒頭の話の続き
書いてもいいですか。

ブログを書き始めて2年半経つんやけど、
え、まだ2年半か。
もっと長く感じるけど
まだそんなもんなんやなー。
そう考えると わずが2年半の間に
いろんなことがあったなあ。

書き始めの初っ端の頃から
読んで下さっている方や
最近知ったっていう方まで
様々やと思うんやけど
とにもかくにも私は
この場所(ブログ)で
育てて頂いたんやわ。

書き始めて しばらくしたら
ブログ内でのコメント返信が
完全にオーバーワークに
なってしまって
それを皆さんにそのまま言うて
皆さんからいろんな意見を貰って
やむなくコメント欄を閉じて
もう長いこと経つんやけど、

その時はその時で
あーだこーだとガチャガチャ
してたんやけど
時間の経過と共に
そんなちっさいことなんて
いつの間にか風化していって
その頃 携わって下さった
読者の方が今も読んでおられたとしたら
あーそんなんあったなあ、て
思われるかもしれんなあ。

世の中の大事件ですら
人の記憶から あっちゅー間に
風化されるんやから
こんなちっさいブログ内で
わいわいがやがやと
なったところで、
そんなもん皆さん、私のことを
考えて生きてるわけじゃあるまいし
どーってことない、ていうか。
そもそもブログにしても
SNSにしても、個々が自由に
采配して発信できる世界なはずやから
誰かに とやかく言われる部類の
もんではないんやとは思う。

思うけど、でも私の場合は
皆さんと一緒に あーだこーだと
コミュニケーションを取りながら
発信してきたとこがあるし、
それが私にとっては
性に合ってるスタイルやったから
すごい心地良かったとこがあって。

けどオリバーDIYプロジェクト
やり始めた頃からかなあ。
私を取り巻く環境に、今までとは
ガラっと違う風が舞い込んできて。

それからワークショップが
始まったりして今に至るんやけど
結局それまでの2年間て
自分のDIYネタを発信するのが
大部分で、皆さんはそれを
楽しみにして下さってたと思うんやけど
今はもう、自分のDIYネタを
やれる時間がないから
発信する内容も
お知らせとイベントの結果報告を
繰り返してるだけ、ていう
感じになってきてて。

このループに入ってから
そこに対する負い目じゃないけど
なんかそういう感情がずっとあって
それのせいで、なんやろ、
地に足ついてないような
ほんまにこれでいいんやろか
みたいなとこがあってね。

いや さっきも書いたけど
ブログにしてもSNSにしても
個人が自由に発信して
いい場所なはずやから
そんなん別にいいやん、て言われれば
うん せやな、とは思うし、
そもそも誰も私のことを考えて
生きてるわけじゃないから
今書いたこと そのまま丸ごと
ただのナルシストやん、て言われれば
それもそうなんやけど、

どうしてもここ(ブログ)は
皆さんと一緒にやってきた感が
強い場所やし、それだけここには
思い入れもあるから、

自分のDIYネタを書いて
それを楽しみにして下さってる
皆さんがいて、そんな風にして
2年間ずっとやってきたのになあ、

ていう部分で
引っ掛からずにはおれんで。


けど、その負い目とは別に
自分の中で何があっても
ブレない指針、ちゅーのがあって。

それは、地方のDIYを活性化したい
ていうことなんやけど
その目標を実現していくためには
やっぱ どうしても要るんやわ、
ワークショップやイベントの告知とか
その結果報告の発信が。

自分のDIYの様子を
発信しているだけでは
地方のDIYを活性化させたい、ていう
大きな目標には到底 辿り着かん。
どうしても企業や団体の力を
借りないと、自力だけでは
どだい無理なわけで。
そう考えた時に
ワークショップやイベント情報の
発信ていうのは、企業の目に
止まりやすくなるやろうから
どうしても要るんやわ。

しかも やっぱ企業としても
タイアップする以上は
その人に ある程度の実績がないと
タイアップしようとは思わんやん。

今の私では
実績も実力も技術もセンスも
何もかもが足りん。
こんなカードぐらいでは
田舎ならではの保守的な壁を
動かすことなんてできん。

だから実績を積み上げることに
対して今は必死なんやけど
そうなると皆さんとしては
つまらんやろなと思って。

イベントの告知なんて
ごく一部の人へ向けた
発信になってしまうから
DIYネタを楽しみにしてる方に
してみれば、さぞかし
つまらんやろなと思うし、
なにより私自身がね、DIYネタで
皆さんとヤイヤイ言うてる感じが
すごい好きやから、その回数が
どんどん減っていってることを
勝手にストレスに感じてる、ちゅーか。


けど、ここまで書いてみて
やっぱり行きつくとこは
『誰もお前のことなんて考えて
生きてねーわ』てことやから
好きなようにやったら
いいんかもしれんけど。

ま、皆さん的にはどうでも
いいことかもしれんけど
私は勝手に、読者の皆さんを
自分にとってのキーマンやと
思ってる節があるから
そのあたりからの
モヤモヤなんかもしれん。


あれやな、

はいはいナルシストさんの
言いたいことは分かりましたよー、

てとこやな。


はい、ダサい。
近年まれに見ぬダサさかもしれんわ。


さてと、買い物行ってこよ。
冷蔵庫、空っぽやん。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

なんかもう、あんま頭回ってないな。
(いつも)

えっとー、こないだの日曜日に
HIMIHIRAKU(ヒミヒラク)さんの
ワークショップが終わりまして。

ヒラクさんでの初めての
ワークショップの様子は
👇こちらから。

■満員御礼・氷見地域おこし協力隊HIMIHIRAKU×maca Productsワークショップ終わりましたー

で、今回はキッチンシリーズてことで
7月8月9月と全3回の
シリーズものになっていて、
でも別に、全部に参加せな
あかんわけじゃなくて
好きなヤツだけ参加するのも
全然オッケーですよ、ていう
ワークショップなんやけど
その第1回が日曜日にありまして。

作ったのは
DSC07987
こういうベジタブルボックス。
古材っぽい感じの。

今日はその様子をお届けします。


そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

ワークショップは10時から始まるから
私は9時にはヒラクさんに到着して
会場の準備をしてました。
DSC09784
これは、参加者の半分くらいの方が
集まった頃かなあ。

今回は
DSC09785
参加者が10名で
お二人で1台の電動工具を
使ってもらう感じにして。

で、参加者の方も時間通りに
集まって下さったので
始まりました。
DSC09786
最初は工具の使い方を
説明するところから。

私のワークショップに参加するのも
電動工具を使うのも初めて、
ていう方がたくさんおられたから
DSC09787
最初は端材で練習してみましょう、と。

ほんで早速皆さん
練習に取り掛かられたんやけど
ご覧下さい、こちら。
BlogPaint
なんと生後4か月の赤ちゃんを
連れて参加して下さった方が
おられて。
そうです、授乳中です。

ん?確か4ヵ月やったと
思うんやけど記憶違いやったら
ごめんなさい。

他にも小さいお子さんを連れて
参加して下さった方がおられて
これほんまに有難いなあと。

いや、お子さんを連れて
来られてなくても、ご家族に
預けて参加して下さった方や、
小さいお子さんこそ居なくても
この日のためにスケジュールを
調整して来て下さった方とかね。

あと今回は、富山県内の中でも
かなり遠いところから
来て下さった方や
お隣、石川県からわざわざ
来て下さった方がおられたりとか。

だからワークショップをするたびに
ほんまに重責を感じるし
月並みやけど、有り難い、
それしか無いっていうか。


はい、練習が終わったので
DSC09792
本番、いってみよー。

初めて工具を使われる方は
DSC09794
せやなー、ビス3本目、5本目、
このあたりはまだ
力の加減とかが つかめんで
ちょい苦戦しながらやって
おられるんやけど、

DSC09796
ちょっとずつ慣れてきて、


DSC09803
このあたりでは もう全員が
工具を使いこなしておられたもんね。
いやー、皆さん すごい。

こういうのを読むと
工具をまだ使ったことが無い方
あたりは もしかしたら
『えーその参加者の皆さんが
器用やっただけちゃう』
て思われるかもしれませんが、

決して そうじゃなくて。

いや、そうじゃなくて、て書くと
参加者の方 不器用でしたよー
て聞こえるかもしれんけど
そういう意味じゃなくて、
なんて言うの、人生初めて触るものは
フツーに誰でも不慣れやん。

それ、当たり前やん。

でも組み立ての中盤辺りでは
すでに慣れてくる、ていうくらい
電動工具って そんなにハードルの
高いもんでは無いですよ、てことです。

だって ほら
DSC09812
こんな可愛らしい女の子でさえ
使えてるんやもん。


あ、ちょっと余談やけど
DSC09800
ヒラクさんて、元は空き店舗やったところを
ヒラクのスタッフさんでリノベされて
今ではこんなオシャレな空間に
なってるんやわ。

別にDIY経験者とかでもない
普通のスタッフさんたちが自力で
ボロボロやった場所を
人が集う空間にまで仕上げ
られたんやから、ほんますごいなと。


で、今回は
DSC09804
ピンクのDIYGirls(電動工具)を
5台用意して、それをお二人で
一台使って頂く予定やってんけど
もしかしたら作業の進行具合に
バラツキが出るかもしれんなあと
思ったから、私の手持ちの
ブラデカ(オレンジの工具)とか
RYOBIの工具も持ってって。

ほんで『作業が遅れてる方は
こっちの工具もあるので
使って下さいね』て呼びかけといて。

けどやっぱDIYGirls
軽くて持ちやすいせいか、
ブラデカをパッと手に取った
参加者の方が
『あ、これじゃなくて
こっちのほうがいいわ』
つってDIYGirlsに変えてたもんね。

私はもう、どれも使い慣れてるから
なんも思わんけど
やっぱ初めて使われる方には断然
使いやすいんやろなと思って。

あ、あれですよ、
インスタを見ておられる方に
言うときますけど
今インスタでDIYGirls×macaProductsの
プレゼント企画とかやってるから
さてはDIYGirlsを推してるんやろ、
と思われるかもしれんけど
ほんまにそんなんじゃなくて。

だって参加者の方のその場面、
事実やもんで。
参加者の方も読んで下さってる
かもしれない この場所で
そんなウソは書けないです。



でー、どこまで書いたっけ。(おい)

あ、
DSC09806
こうやって どんどん
使い慣れていく光景を見ると
私としては至福な瞬間です。


DSC09807
順調に組み上がってきました。


もちろん お一人お一人に
本音を聞けるわけでは
ないけれど、
DSC09813
見てる限りでは
工具を使うことに対して
どんどんハマってく感じ。

そんな風に見えました。

全くそうじゃない参加者の方が
おられましたら全力で謝っておきます。


お!
DSC09814
もうちょいでボックス完成やん。

これ毎回言うてる気がするけど
今回の参加者の方もまた
ほんーまに いい方ばっかりで。
参加者の方には今のところ
100パー恵まれてます。


ほんでボックスが完成したら
最後は底面に
ダイソーのバーベキュー網を
つける作業なんやけど、

こちらの写真。
BlogPaint
生後4か月です。
そりゃあ泣きます。

でも ご安心ください。
ヒラクのスタッフさんが
抱っこして子守りして下さいますので。

赤ちゃんが居るから
イベントなんて出掛けられない、
そんなママを応援する場所でも
あるんやわ、ヒラクさんて。

温かいよね、昔ながらの光景ていうか。

今はそういうコミュニティが
すごい減ってるから
ここはほんとに貴重な場所やし
もっともっとたくさんの方に
知ってほしい場所やなと思うわ。

赤ちゃんを抱っこしてた今の
スタッフさんは荒井さんていうんやけど
荒井さんいわく、
DSC09829
トンカントンカンと響く
金づちの音で赤ちゃんは
静かになったらしいわ。

なんか そんなん よお聞くよね、
ママの心音に近い音で
安心する、みたいな。

いや、ママの心音どころちゃうわ。
ここの場面、実はこの日 最大の
難所で。

私が自分で作った時の写真が
DSC07945
これなんやけど、
こういう ちょっと特殊な釘を
金づちで打つんやわ。

DSC07950
こんな風に。

この作業がねー、初心者の方には
確実に難しいヤツで。

この板は野地板なんやけど
厚みが13mmしかなくて
そこに こんな釘を打つとね
ちょっと角度がおかしいだけで
すぐに釘の先端が板の横から
飛び出してくるんやわ。

なら どうしてそんな難しい工程を
初心者の方にさせたのか。

えっとー

どうしても野地板の雰囲気を
味わって欲しかった、ていうのと、
どうしても底面を網仕様に
したかった、ていう、

完全に私の個人的な
押しつけによるものです。

底面を板にすれば
そんなに苦戦することもなく
スムーズに仕上がるものをやね。

せやから、そこは最初から
分かっていつつ、それでも
【オシャレやから】ていう理由から
この工程を組み込んでしまった
責任が私にはあるから、

この場面は、なんなら全員分
私が仕上げることにしよう、
ていう算段やったんやわ。

で、案の定、皆さん大苦戦して
おられたから
今書いたことをそのまま皆さんに
伝えて、私が全部やりますからと。

この工程はできなくていいです、
上級者向けの工程を
無理矢理入れてしまって
ほんまにすみません、
出来なくても全く問題ないです、と。


ほんで私が全員分を
どんだけ上手いこと華麗に
打ってったんかと言うと、

何べん失敗してんねん、てくらい
アホほど下手で。私が。

(皆さん→(-_-))
(参加者さん→お金と時間返して)


参加者の方から
『それでも講師かよ』と、

言われることもなく
むしろ釘打ちが決まった時には
『おぉーう!』
て気を遣って言うて下さって
ほんーまに すみません。

どうにか
DSC09830
全員分を打ち終えて
ラストは古材風のペイント。


DSC09832
こんな風にやりますよ、
てな感じで やり方をレクチャーして、

DSC09836
皆さん、黙々と。

この方法はブログの中でも
何回も載せてるんやけど
やっぱ実際にレクチャーして
やってみないと、なかなか
記事だけでは伝わらん部分が
あるから、そういう細かいとこまで
伝えられる、ゆーのが
ワークショップの最大の
特典かなと思います。
(釘打ちで下手こいてた人間が
よお言うわ)
(いやあれ、ムズいねんて)

(なら なんで組み込んだん)

(全力で すんません)


この古材風の塗装は
DSC09837
加減次第で色の濃さが
全然変わってくるから、

DSC09839
その人によって
濃いめにする方もいたり
薄めにする方もいたり。


黒のペンキで下地を作ったあとは
DSC09847
仕上げに白のペンキで
ひと手間 加えるんやけど、


DSC09849
ここもまた、お一人お一人、


DSC09850
加減が違って
いろんな古材塗装になりました。

また皆さんセンスがあって
この塗装法も実は
上級者向けっていうか、
普通はあんまりやらない方法やと
思うんやけど、ほんまに皆さん、
上手かったなあ。


DSC09858
ね?
ふつーに綺麗やった木が
経年劣化したみたいなビンテージな
風合いになってるもんね。


あ、赤ちゃんのママは
授乳中やったから
お好みのペイントをお聞きしたら
ラフな感じの白で
っ言われたので
DSC09859
私が全部塗って仕上げたんやけど
この写真見て今気づいたけど、

皆さん、すごい見てるやん。
集中してたから
全然気づかんかったわ。


最後にハンコを押すくだりも
DSC09864
ハンコは1発勝負やから
私が責任負います、てことで
全員分を押したんやけど、

まさか
DSC09872
こんなオーディエンスの中で
ハンコを押してたなんて
全然 気付かんかったわ。

これがまた
ハンコを押すたびに皆さん
『わあ♡』て言うて下さるもんやから
なんて有難いんやろと思って。

けど私としては
今日イチでアドレナリン全開な
場面やったわ、ここ。
だってここで失敗したら
オジャンやん。
(↑古い)


あとは

一応 要るかな、と思って
作ってきたタグも
『つけますか』て皆さんに見せたら
また沸き上がって頂けたから
一人で快感に浸ってました。

喜んでもらえるって
単純に純粋に、嬉しいもんです。


はい、そんなこんなで
DSC09883
完成です。


同じ古材風塗装でも
DSC09880
個々に良さがあって
どれもいい仕上がりになりました。

あ、
DSC09885
これは無塗装が好みやった方の
ボックスなんやけど
これもまた いい感じやなあ。


結局、高度な釘打ち体験を
入れてしまったせいで
参加者の皆さんの感想としては
おそらく全員一致で、
『電動工具のほうが断然ラク』
やったんじゃないかなと思います。


次回は8月にカフェラック、
9月にカッティングボードと鍋敷き
をやる予定で、
そろそろ8月分をお知らせせな
あかんなと思ってたら
すでに2席しか空いてなくて
ちょうど今回の参加者の方がお二人、
8月9月、両方とも予約されて
いかれたので、
有難いことに予約満席となりました。


しかし いいんやろか。

釘打ちの下手さを
目の当たりにしたというのに
次回も予約だなんて。


ま、いっか。
(よくないわ)


参加して下さった皆さんの寛大さと
ヒラクさんの全力のサポートに
心から感謝します。

本当にありがとうございました。


はい、以上です。

最近はなかなか記事が上げれんで
ほんまにすみません。

かなりキャパオーバーに
なってますが
ペースダウンしながらでも
記事は上げていきたいなと
思ってますので
引き続き何卒宜しくお願い致します。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




はい、どうも。

前回はスイッチカバーを
塗ってみました、ていうネタ
やったんやけど、

そんなん5万人はやってるしなー
と思って工程写真も結構 省いて
サラっとした感じで記事を書いたんやわ。

ごめんなさいね皆さん
つまらんやろうに、ぐらいの気持ちで。

そしたらインスタのほうから
『それ、いい!』ていう声を意外と
たくさん頂いたもんやから
記事を書いた本人は『へ?』つって。←
『そ、そお?』みたいな。

皆さんがどこでどんな反応を
するかって、案外 分からんもんやわ。
だって自分の中では会心のデキで
『これキタやろ!どやー!』
てネタを上げた時に限って
ダダすべりなこと、多々あるし。

ま、ヒットなネタを作れない私は
ネタがスベることに関して
結構 慣れてるけどやね。


そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はワークショップのお知らせだけやし
ここ(富山)のワークショップの話
ばっかされても、他の地域に
お住まいの方は つまらんやろうから
そこはほんまに申し訳ないです。

あ、けど夏に関東のオファーが
あるから、いつもは地元ばっかやけど
そのうち違うお知らせができるかと
思うので、更新も滞りがちで
重ね重ね申し訳ないんですが
引き続き読んで頂けますと幸いです。


今日は こちら。
DSC09001
ワークショップで
アンティークなフックボードを
作ります。

ワークショップをさせて頂くのは
DSC08704
大成ハウジング加越さん。

これは大成ハウジング加越さんの
モデルハウス内で打ち合わせ
してるとこなんやけど
そりゃあ もう素敵な
モデルハウスなんやわ。

で、ここで定期的に
いろんなジャンルの
カルチャー教室をされてて、
今回はそのカルチャー教室を
少しでもたくさんの方に
知ってもらいたい、ていうことで
ご依頼を頂いたんやけど、

ステンシルが入ったフックボードて、
それ こないだ同じようなネタ
やってたやん、て思いますよね。

いや そうなんやけど
今回のクライアント様のご要望が
ステンシルとフックボードやったから
どうしてもネタが似たような感じに
なってしまってん。
(無駄にクライアントとかいう
言葉を使って
私やってます感を出す)

(なにがクライアントや)
(誰がクライアントや)

なんかね、ものすごい熱心な
企業さんなんやわ。
いや、企業で熱心じゃなかったら
逆にイヤやけど
そういう意味じゃなくて
今回のワークショップは
電動工具も使うし
アンティーク塗装法もやるし
ただのフックボードにしては
結構な工程が入ってて。

で、ワークショップをやる場所が
さっきの打ち合わせの写真の
とこやから、

『え、こんな素敵な場所で
電動工具使ったりペンキ塗ったりしても
いいんですか』
て聞いたら、

全っ然オッケーです、と。

あと『私がやるワークショップは
基本的に小さいお子様連れでも
OKにしたいんですけど
それも大丈夫ですか』
て聞いたら、

全っ然オッケーです、と。
モデルハウスなだけに
リビングがあるから
そこで遊んでくれて全然いいですよと。

なんかイメージでは
『ペンキですかー、
んー壁についたらなー・・・』
とか
『小さいお子さんが駆け回ったり
されると、ちょっと・・・』
とか言われるかなと思ってたんやけど
あまりにもウェルカムな感じ
やったから結構びっくりで。

あと、詳細は最後に書くけど
今回のワークショップは
1時間ていう短い時間の割には

電動工具あり・アンティーク塗装あり・
ステンシルあり、ていう
割と内容の濃いワークショップで
それでいて参加費が500円というね。

このお値段からしても
クライアント、違うか、企業側の
熱意が伝わってくるんじゃ
ないかなと。

ほんで、主婦目線な私は
念押しに聞いてみました。

『今回のワークショップは
戸建て希望者を対象に、とか
そういうヤツでしょうか』と。

ヤラしいこと聞くよねー。

いや、けど、そこをちゃんと
聞いとかんと、私も自信持って
大々的に告知できんもんで。

で、話していく中で、
どうにか自社を活気づけたい
少しでも多くの方に
カルチャー教室のことを知ってほしい
その一心やってことが
すごい伝わってくる
打ち合わせやったんやわ。


てことで作るのは、
DSC08996
こういうアンティークなフックボードです。

これ写真で見るより結構大きいし
三角金具もつけてあるから
家でそのまま使えます。

DSC08993
洗面とか玄関とかキッチンとか
フックボードって どこにでも
飾れるし実用的やから
いいんじゃないかなと。

こんな風に
DSC08980
子供服を掛けても
可愛いですよと。

DSC08984
私は軽いものを掛けただけやから
画鋲で止めてあるけど
最近では耐荷重5キロまで
ていう石膏ボード用のピンも
100均とかホームセンターに
売ってるから、重いバックとかでも
それを使えば耐えられるかと思います。


DSC08998
アンティークな塗装が
おしゃれに見えるんじゃないかなと。

はい、ワークショップの詳細を
書いておきますね。

*------------*
■日時:7/29(日)
 ・第1部 10:00~11:00
 ・第2部 13:00~14:00

■定員:各10名
■場所パルコンとやま展示場
 富山市太郎丸西町1丁目2-3
■参加費:500円(当日お支払い下さい)
■持ち物:手ぶらでOKです。
 ペイントするので汚れてもいい服装で。
■申し込み方法
 大成ハウジング加越(株)
 TEL 0120-203-428

 👆こちらにお電話下さい。
 
※応募多数の場合は先着順となります。
*-----------*

小さなお子様連れでも親子でも
お友達と参加されてもいいし
もちろん お一人様も大歓迎です。
DIY初心者の方、
電動工具が初めてな方、
とにかく どなたでも参加できます。

で、今回は
DSC09685
ステインを塗った上からペンキを重ねて
更にちょっとした小ワザで
写真みたいなアンティークな
仕上がりになる方法をやります。

お好きな色とお好きなデザインを
選べますので
写真のヤツ(黄色とグレーと緑)は
デザインと色の参考までに
試しに作ってみたんやけど
可愛い系でも かっこいい系でも
作れちゃいますよと。

あと今回は、ステンシルが
滲みにくい方法でやるので
ステンシルが初めてな方や
苦手な方でも大丈夫です。

あ、またまたハンコも持っていくので
ハンコだけで仕上げても
全然オッケーです。


なにせワンコインで こ1時間で
作れるから、すごいお得じゃないかなと
思います。


てかワークショップのお知らせを
上げる時は いっつも
『今度こそ参加者ゼロかもなー』
て涙拭きながら記事を書いてですね。

でもゼロやったら開催できんけど
1以上なら全然やるので
何卒よろしくお願い申し上げます。


以上です。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




はい、どうも。

大阪の皆さま、依然として
不自由な生活を強いられている方も
たくさんおられて、その心身の疲労を
考えると本当に心配です。

どうかどうか
このまま収束してくれますように。


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

記事が過去にないほど
滞ってばっかで本当にすみません。

いろんなことを同時に幾つも
やってたら段々ワケ分からんように
なってきて、私自身 今月は
過去最高にハードで、ブログネタが
全然できんようになってまして。

けどここ(ブログ)は私にとっては
やっぱホームやから
ここに来ると、

みんなに会えるような気がして。
(コンサート会場でファンに向かって
言うようにして言うな)
(ツッコミ長い)


ネタ、いきまーす。
ものすっごいフツーのネタやけど。
5万人くらいは やってるヤツ。
BlogPaint
最近出てきた この写真なんやけど
スイッチカバーがね
自分でも『これいつ変えるんやろ』
て ずっと思ってて。

近くで見ると
DSC09234
こんなん。

これは既存のスイッチカバーに
セリアのシールを貼っただけの
ヤツで、かれこれ2年以上前に
シールを貼ったまま
なんもせんと そのままスーっと
2年ほど。

経つね、2年てスーっと。


あとは
DSC09235
こちらも。

最近はセリアとかキャンドゥで
すごいオシャレなヤツが
売ってるから
それを買おうかなとも
思ったんやけど
いやここは塗っとこ、と。

てことで
DSC09236
よく触るモノやから
まず やすりがけをして
それからミッチャクロンを
キッチンペーパーにつけて塗って。

いつもやったら やすりがけは
してないです。1発目からミッチャクロン
なんやけど今回は特に入念に
いきたかったもんで。

禿げたらイヤやから。
 ↑



DSC09239
これは
①やすりがけ
②ミッチャクロン
の後に、

シルバーのアクリルスプレーを
かけたヤツです。

アクリルスプレーはやっぱ
強いから、それを下地にすれば
より強靭になるやろと思って。

ほんでニッペPALを使って
ペイントしていきます。
DSC09241
まず使った色は
オールドブロンズ。

ここに
DSC09242
シャイニーアイアンを部分的に足してくと、、、


DSC09245
どお、この深みある感じ。

PALは気になる3色ほどを
買い揃えれば それだけで
アンティーク調になるし
錆ペイントもできるし
色の配分によって
好みの色に仕上げられるところが
すごい使い勝手がいいなと
長いこと使ってみて、そう思ったわ。

最初 使い始めの頃は
1発で決まってくれるヤツのほうが
良いような気がしてたけど、

例えば今までにPAL
使ったモノたちって
DSC04264
これとか

DSC04268
この瓶とか。

あと、この瓶も。
DSC08851
これらを作った時の記事は
👇こちらから。

■ダイソーの瓶やらキャンドゥの鉢をアンティークでかっこいい雑貨にリメイク!


他には
DSC06764
この錆塗装もやな。

■ペール缶を男前でかっこいいスツールにリメイク!剥がれにくい塗装をするための下処理


あと、
DSC06306
このフレームもダイソーのヤツを
アンティーク調に塗ったヤツやわ。

■ダイソーのフレーム10個を一気にメンズライクにリメイクしちゃうよー


他にも
DSC06291
こんな感じとかね。

■ダイソーの工作ボードでインパクト大な男前雑貨・アイアン風アルファベット


あ、これも。
DSC04779
これは元々、青やったシェードを
重厚な感じにペイントしたヤツで。

■フィッシャーマンズのライトを思い切って塗ったらすごいカッコ良くなったー


こういう
DSC04551
ピンチとかもアンティーク調に
できたりとか。

あ、イレギュラーなとこで言えば
DSC05722
これやな。
カラフルな色を使って
アジアンテイストな雑貨も
作れちゃったりしてね。

■セリアの化粧水容器をアジアン雑貨に簡単リメイク


ほんま色々使えるんやわ。
自分で『こんな感じにしたいなー』
ていうのを再現できるとこがいいなと。
散々使ってきて今更 改めてやけど。

しかもこんなに使ったのに
全然減ってない、ていうコスパの
良さも すごい気に入っててやね。


てことで、
今日は何を作ったんやったっけ。(おい)
DSC09245
これね。

この独特の やんわりとしたツヤが
アンティーク感を増させてる気ぃするわ。

あ、冒頭で
塗る対象のスイッチカバーを
2個紹介したはずやのに
4個に増えてるのは
塗ってる途中で『あ、あそこもやん』て
気付いたもんやから
わざわざヤスリをかけるところから
追加したっちゅーに。

それと仕上げにはニッペの
ウレタンニスを塗っておきました。


これを塗っておけば表面がガチガチに
なるから、より強靭になりますよっと。
実際、塗ってから1週間ほど経つけど
まだ全然 剥がれてないもんね。
(検証結果、早い早い)

いや けど、今日 登場した、
今までPALを塗ったモノたちには
仕上げに必ずニスを塗ってるから
実際ほんまに剥がれてないです。

シェードは水拭きしても
全然オッケーやし
瓶やら小物類にしても
よお触るけど、ほんまに
剥がれてきてないわ。


で、完成写真が今日イチで
しょぼいことを前もって
お詫びしておきますね。

いい写真を撮るのが
間に合わんかって。

こちら。
DSC09449
わー、ふつー。

洗面も
DSC09457
ごめんなさい、ふつー。

引きなんて
DSC09459
もっと ふつー。


これは
DSC09437
インスタの写真の使い回しやし。
(インスタを見てる方しか
分からん話やけど)

でも ここを撮る時に いつも
スイッチカバーが白いまま
てことが長いことずっと
どうなんやろと思ってたから
ようやくどうにかできて
良かったっちゃ良かったわな。


はい今日は以上です。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

大阪の皆さんは大丈夫でしょうか。
どんなに不安なことかと思います。
日本第2の都市に こんな大きな地震が
直撃するなんて、テレビをつけた瞬間
手が震えたもん。

どうかこのまま治まってくれますようにと
祈るしかないです。


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

すみません、過去最強に
記事が滞ってしまったかもしれません。
インスタを見ておられる方は
モニターの連発で
飽きておられるやろなと思います。
そこもまたすみません。

けど今はそれよりも
別件に追われてまして
ブログのネタを作る時間もなければ
書く時間もなくてですね。

ブログ派の皆さんには
ほんと申し訳ないなあと思ってます。


えっと、こちら。
BlogPaint
段ボールの箱に
お菓子やらカップ麺を入れてたんやわ、
この家に住んでから4年間ずっと。

輸入のくだものが入ってた
段ボールやから結構強いんやけど
それでも4年も使ってたら
それなりにヘタってくるから
途中で1回、新しい段ボールに
変えてん。

先月。(ならほぼ4年)


これどうなんやろ、と思いながらも
色味が同化してるせいで
ま いっかーで終わってたんやけど
ようやく作ってみようかと思って。

BlogPaint
すみません、今回は採寸表示は無しで。
さっきの場所にフィットするようにして
採寸したから、それこそ
なんの参考にもならんような数値
ばっかりなんやわ。
キリの悪い数値ばっか。

まず側面を作っていきます。
DSC09462
分かりにくいかもしれんけど
側面の板を2枚並べてあって
そこに3枚目をボンドで
つけようとしてる場面です。

で、さらに縦に使うヤツも
ボンドでつけると
DSC09466
こうなります。

下の あけてあるところは
底面の板の厚みぶんで、
これまた分かりにくいと思うけど
両サイドも少し あいてて
そこは側面の板が入るように
なってます。

これを
DSC09469
2枚作って、しばらく
寝かせておいて。

で、
DSC09474
ボンドが乾き始めた頃に
ビスを打つ、と。

次は
DSC09481
さっき、底面の板が入るぶんを
あけてある、て言うたところに
底面の板を合わせて。

いや、なんべん、底面の板
言うんてんねん。
分かりにくくてしゃーないわ。

これ、採寸も独特やし
作り方も独特やから
説明しづらいのなんのって。


で、ビスで固定したら
DSC09483
ますは こうなって。

で、反対側も同じようにして
ひとまずコの字を作るやん。
DSC09486
そこに側面の板を、

DSC09488
ハメてビスを打っていきます。

これまた
DSC09490
打つ場所も独特やな。
分かる方には分かると思うわ、
ビスを打つ場所が独特なのが。

なんでこんな構造にしたんやろ。
分からんなー。
多分、なりゆき やな。

けど強度はちゃんとあると思います。


ほんで
DSC09493_LI
今回はワトコのドリフトウッドを
薄く塗ることにしました。

ほんまに薄ーく。

仕上げに
DSC09495
ステンシル。
入れるか迷ったけど
入れることにしました。

最近、英字はあんまり使わんように
なったんやけど
でもうちはやっぱり男前系では
あるから、ただの木箱だけやと
逆に浮いてしまうかなと思って。

で、ステンシルしてみたら
DSC09496
やっぱいいやん♡とか思って。

ステンシル特有の英数字の隙間は
細い筆で手書きで埋めて完成です。


こちら。
IMGP9824
え、めっちゃいい♡

やっぱ英字、いいかもしれん。

IMGP9816
ど?←


before
BlogPaint


after
DSC09518
あーん もう、色が被ってるせいで
いまいち感動が薄いなあ。

近くで見ると
IMGP9811
結構 雰囲気、いいんやわ。

なんか こう
IMGP9809
ビンテージな感じがして。

あ、もう写真、飽きましたよね。


ではあと3枚ほど。←
IMGP9804
1まーい。


IMGP9810
2まーい。


IMGP9808
らすとー。

写真が多い時は
本人が気に入ってる時やわ。

はい以上です。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




はい、どうも。

ヒミヒラクのワークショップ
7月・8月・9月の全3回シリーズなんやけど
7月は即満席でキャンセル待ちは
お受けしてます。
8月も残3席、9月も残2席ということで
残り少なくなってます。

ゆーか、8月9月なんて
まだ先やから
その都度お知らせを載せますね、
て言うてたにもかかわらず
まさかこんなにたくさんの方に
ご応募いただけるなんて
思ってもみんかったから
ほんまにビックリしてます。

ここ(富山)はまだまだDIYの認知度も
低いし、DIY人口もやっぱり
極端に絶対数が少ないんやわ。

そんな中で3月からWSをやり始めて
少しずつ来て下さる方も増えて
しまいには即満席だなんて
ほんまに有難いなと思ってます。

今日の記事もそうやけど
オリバーのWSでワイワイがやがやと
やって下さってる様子を見ながら、
地方にもDIYを根付かせたい
ていう想いでずっとやってきた私としては
『ようやくここまで辿り着いた』
て感じで感無量でした。

これ何べんも書いてるけど、
私をここまで押し上げて下さったのは
ここの読者の皆さんです。
それだけは間違いない。
そしてその御恩を忘れることもないです。

そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

インスタにはアップしてたんやけど
前日の会場準備で
DSC09286
こんなブースになりました。

オリバーDIYプロジェクトの時に
作った家具類は もちろん全部
オリバーさんに提供してあるんやけど
新築の家の内覧会とかで
その都度、県内のいろんな場所に
移動してるみたいで
今回はそれをお願いして
スタッフさんに運んで頂きました。
DSC09288
あ、REFORM STUDIO OLIVER
て書いてある看板はよっちゃん作の
かっこいいヤツ。

私の発信を見て下さってる方は
こういうモノを見慣れてると思うけど
ここ(富山)はまだまだ
こういうテイストを見慣れてない方が
いっぱいいるから、そういう方にも
見て欲しいなと思って。

見て欲しい一心で、
DSC09292
せっせと家から運んできました。

ブース背面のパネルが
寂しかったから
DSC09293
買ったばかりのラグまで
持ってきちゃったりして。←

こんなにごっそり持ってきたせいで
前日準備とWS2日間合わせて
計3日間、家の中は引っ越し前か、
みたいにガランとしてたわ。

んで
DSC09289
前日準備もオッケーで
迎えた当日。


DSC09300
これはまだ開場前に
cocosta(ココスタ)を統括されてる
方と世間話してるとこやな。

で、1日目、
DSC09304
遠いとこからインスタを見て
わざわざ足を運んで下さった方も
いて、ほんまに有難かったです。

2日間通して、お子さんを連れた
お母さんたちが多かったから
DSC09310
お母さんたちはお子さんの
ボードを付きっきりで
世話せなあかんかって。
特に小さいお子さんをお持ちのママやと
自分のぶんが全然作れんで。

これでは申し訳ないなと思って
『ママの分は好きなデザインを
言ってくれれば私が作りますよ』
て声をかけたら、

どのママさんも2つ返事で
『え!いいんですか♡』
て言うて下さったから
あー良かったと。

いやほら、やっぱ自分で作りたい
かもしれんから失礼かなと
思ったんやけど、意外と皆さん、
『はい喜んで♡』みたいな勢いやったから
逆にこっちも
『作っちゃっていいんかーい♡
ちょっと嬉しいやーん♡』みたいな。

で、いつもみたいに
専属で写真を撮って下さる方が
今回は おらんかってん。
オリバーのスタッフさんはみんな
自分の持ち場があって。

だもんで、1ラウンド目は
私の手も少し余裕があったから
何枚かは撮れたけど
2ラウンド目は手が回らんかって。

にしても、どういうわけか
今回のイベントは1日目の人の入りが
ほんっとに少なくて
3ラウンド目なんて、
DSC09312
DIYブース以外、
ほとんど人がおらんやん、ていう。

こういうイベントの入り具合って
主催のオリバーさんとしても
なかなか読めんらしくて。
だからオリバーのスタッフさんも
『なんでやろ』ゆーて。

ステンシルのデザインは
DSC09316
こういうデザインに
しておられる方も居れば、

お子さんたちは圧倒的に
DSC09318
こういうガーリーな柄を
選んでたなあ。
あ、女の子たちがね。


で、2日目ー。

1日目がガラガラやったから
2日目、どうなるんやろと思って
心配してたら、会場の入りも
急にドカンと増えて
DSC09331
これは1ラウンド目の
最初のほうで撮った写真なんやけど
この写真と、

DSC09338
これ。
2枚しか撮れんかってん。

1ラウンド目から
定員10名をオーバーして
14名くらいでやったから
ものすっごい手薄になってしまって
ほんとに申し訳なかったなあと。

2ラウンド目も急遽、机を増やして
14人か15人やったと思うんやけど
なにせフォロースタッフ無しで
私一人で15人は
かなりキャパオーバーで。

だから2ラウンド目も また
ものすっごい手薄になってしまって
せっかく来て下さった方には
ほんまに申し訳なかったなあと。

しまいにオリバーのスタッフさんも
やいやいと揉めだしてやね。

何で揉めてたかって、
WSブースがあまりにも
定員オーバーでごちゃごちゃに
なってきたから、それをどうして
未然に防げんかったんかと。

どうしてもっとスムーズに
参加者の方を誘導できなかったのかと。


今回のイベントって
DSC09296
これは前日の写真やから
誰も写ってないけど
リフォーム感謝祭、ていうタイトルが
ついてるから当然リフォームを
考えてる人に向けたイベントやん。

けど会場が賑わって欲しいていう
オリバーさんの熱意から
私のワークショップを選んで下さった
わけなんやけど、

にしても、

にしても、やわ。

私は所詮、外部の人間やから
ぶっちゃけオリバー目線じゃなくて
来場者目線で見てしまうんやけど、

私のWSなんて
オリバーさんにしたら
なんやろ、言い方 悪いかも
しれんけど、そんなに熱心に
なる必要はないやん。

だって無料やし。
だってリフォーム希望者じゃないし。

それやのに

どうしてWS参加者をスムーズに
誘導できんかったんかについて
トップの方々が緊急ミーティングを
開いてるわけよ。
くっそ忙しい最中に。

その様子がね、すごいなと思って。
リフォーム希望の来場者にも
WSのみの来場者にも
同じ熱量で対応するってとこが。

実際、ものすごい手薄になって
しまって申し訳なかったんやけど
またまた参加者の引きが強い私は
参加者の皆さんに
2日間とも恵まれまして。

皆さん、楽しかったって言うて
帰って下さったから
ひとまずホッとしました。

実際、この日の様子を
インスタに上げて下さった方たちも
『オリバーのスタッフさんが
すごい温かくて良かった』
て書いておられて。

こういう企業って、なんかいいよね、
企業イメージがガツンと上がるわ。


そんなわけで
非常に慌ただしく大盛況のうちに
2日間が終わりました。

小さいお子さんを連れて
来て下さった皆さん、

お子さんの子守り役として
付き添いのために来て下さったパパさん、

せっかく来て下さったのに
ギュウギュウで参加できなかった皆さん、

対応が手薄でご迷惑を
お掛けしてしまった皆さん、

お隣 石川県からわざわざ来て下さった方、

本当に本当に
ありがとうございました。


あ、も一つ
今回のWSの話なんやけど。

1日目は人が少なかった、て
さっき書いたやん。
せやから最終ラウンドなんて
ほんまに人がおらんかって。

だから館内に居る人に
営業をかけに行ったんやわ。
DIYを知ってもらうためなら
営業もかけます。

ちびっこのゲームコーナーに
ちっさい男の子を連れた
パパとママがおられたから
『DIYとか興味ありますか』って声掛けて。

そしたら まあ
若干 面倒くさそうな感じで、
『それ時間かかりますか?
時間がもうあれなんで…』と。

あんまり推し過ぎてもあかんから
『もし良かったらあちらで
DIY体験やってますので
寄ってみて下さいね』
だけ言うて、まあサッと引いて。

で、最終ラウンドは
15時からやってんけど
15時ちょっと前に
その若いご家族が覗きに来て下さって、

私『あ!さっきの方!されますか?』
パパママ『はい、子供だけ』
私『わあ!ありがとうございます!』

と。

けどその時はパパもママも
まだそんなに乗り気じゃない様子で。

ところが実際にやり始めたら

パパもママも色選びから徐々に
テンション上がり始めて
ステンシルのデザインを選ぶあたりなんて、

ママはお子さんの写真撮り始めるし
パパもママも
『こっちのほうがかっこいいんじゃない?』
ゆーてデザイン選びに夢中になってるしで
もう、ヤイヤイ言うて楽しんでおられて。

やってる途中でパパが、
なんでもう1枚やるって
言わんかったん、てママに
言うてるのが聞こえたりとかね。

逆に一番テンション低いのが
子供さんちゃうかな、くらいの
パパママのテンションの上がりようね。

ほんで最後にはブースの前で
作りたてのボードをお子さんが
手に持って、それをまた
パシャリと記念撮影ね。

んもーそのあまりにもベタな展開が
私の中で好き過ぎて
ご家族が帰られる際に

『最初は面倒くさそーな感じでしたやん。
そこからの、ラストは記念撮影でしょ。
そういうの すっごい好きです。』
ゆーて、パパママと大盛り上がりで
喋り倒したわ。

これがまた
ものすごいノリの良いパパママやって。


その様子を見て
また一つ、勉強になったなあ。

DIYやらず嫌いな人、を
強引に誘ってみるのも一つやなと。

誰かて、自分がやったことのない
ことに対しては無関心ちゅーか
自発的にやろうとは思わんもんやけど
もしかしたらそんな人の中にも
やってみたらハマる人、
いっぱいおるんやろなーと思って。

そう思ったら

こうやってコツコツと発信し続けることも
地道にWSを重ねていくことも
前に進んでることには
間違いないんかもしれんなあと思いました。


はい、長いですね、
終わります。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

今日は珍しいネタを。
あんまり得意ではないネタ。
収納ネタです。

そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

私は掃除は好きなんやけど
収納が得意じゃなくて。

SNSで色んな収納の写真を
見てたら、ものすっごい
いいなとは思うん。

思うけど、そこまで出来んなと思うし
やろうともしてなくて。

だってさあ
収納って意外とお金かからん?

例えば食器棚の引き出しを
ビシっと仕切って収納するとか、
あとは冷蔵庫の中をタッパーとか
プラスチックカゴで揃えて
きっちり収納するとか。

そういうのをキッチリと
やっておられる写真をSNSで見るとね
『わ~!』とは思うん。
ものすっごい憧れるんやけど
じゃあ家の中全館それをやろうか
てなると、タッパーにしても
仕切り板にしてもボックスにしても
結構な量を買わなあかんから
『え、やっぱ いーわ(-_-)』てなって
結局 古道具屋で要らんもんを
買ったりしてるんやけど。

けど、ビシーっと整頓された収納を
見ると視覚的にも気持ちがいいし
生活動線も絶対ラクなはずやねんな。

要らん古道具よりは多分
確実に実用的やとは思うんやけど
そこはまあ、人それぞれ
どこにお金を使うかは違うから
なにも憧れるから言うて
性に合わんことまで
強いることはないとは思うんやけど。

あ、そしてさっき
私は掃除が好き、て書いたけど
これに関しても
SNSを見てたら掃除レベルが
ハンパない方たちが山ほど
おるから、それもまた
『無理ー(-_-)』てなって、
掃除好きなんて よお公言できんわ
て撃沈するんやわ。

話が飛び飛びになってしまったけど
なんかさあ、SNSもあれやな、
良し悪しやなあとは思うわ。

どこかの誰かの写真に触発されて
実際に自分でもやってみて
テンションが上がって
結果いい方向にいく時もあれば、
自分と比べて撃沈する時も
多々あってさあ。

ま、この話も本気で話し出したら
やっぱり会場(←)で皆さんと
2晩ほど語り合わなあかんことに
なるんやけど。

そんな私がね
長年ずっと見て見ぬふりして
やり過ごしてきたのが
バッグの中身なんやわ。

特に小さいお子さんが
おられる方あたりは
もしかしたら共感を
得られるかもしれんけど、

子供連れて出掛けるやん。
ほんで子供が
鼻出たとか言い出すから
ティッシュを渡して鼻をかんで。

で、近くにゴミ箱がなかったら
とりあえず しばらくは手に
持ってるんやけど
バッグの中にも
こういう時のためのビニール袋が
見当たらんかったら
しゃーないから
自分のバッグに入れとくやん。

あとは子供がアメ食べたあとの
包み紙とか。え、セロファンか。

なんせ日々追われる中で
毎日バッグを綺麗にリセット
するっていうルーティンが
自分の中で身についてないから
気が付いたら、

子供が鼻をかんだあとの
ティッシュがカラッカラに
ひからびてバッグの隅っこのほうで
アイロンがかかったみたいに
なってるとかね。

これ いつのやろ、ていう。

アメの包み紙もやっぱり同様に
アイロンがかかったように
なってるんやわ。
バッグの隅っこのほうで
存在感を消すようにして佇んでるん。

普段からキチっとしておられる方に
してみれば『えー!なにそれー!』
てドン引きするとこやとは思うけど、
世の中こういう人間もおる
てことで理解して頂けたらなあと。

で、いい加減、
バッグの中身ぐらいは
キチっとしておこうと。

街角インタビューで
バッグの中身を拝見、みたいな
コーナーに うっかり出くわしたら
その瞬間バッグごと
砲丸投げみたいにして
銀河の果てまで
投げ飛ばさなあかんことになるし、

なにより

バッグの中が整然としてないと
なんかねー
テンションが下がるん。

下がる、ゆうか正確に言えば
今までそれで生きてきたから
別にそれをどうとも思わんねやけど
なんか こんないい歳して
バッグの中が こ汚いのって
ハズいなあと思って。


てことで
のっけから よお喋ってしまったけど

こちら。
DSC09129
グレーと黒のやつは全部ダイソーで
茶色いやつだけがワッツです。

手前のポーチから。
DSC09130
こんなん。

これ、もう一つ紺色もあるんやけど
このシリーズはビニール素材?で
容量もたっぷり入るから
すでに愛用してて
使いやすかったから
黒とグレーも買ってきました。

あとは
DSC09131
A4サイズの柔らか素材のポーチ。

A4のクリアファイルとか
プラスチックのケースやと
出し入れの激しいバッグの中では
劣化のスピードが速いから
ふにゃふにゃのヤツが欲しかってん。

これは あれやわ、
子供の授業参観とかで
なんらかのA4の紙を
持って帰らなあかん時とか
市役所にA4の紙を持って
行かなあかん時とか。

バッグの中に入れておくと
何かと重宝するアイテムね。


それと
DSC09135
これ。

通帳とか、お薬手帳とか、母子手帳とか。

そういうものを今までは
絵柄をむき出しにたまま
使ってやんやけど
この際やから
それもちゃんとしようと思って。


最後は
DSC09132
ワッツのカードケース。

これは機能よりも
見た目重視で買いました。

合皮の
DSC09133
色も可愛いし、

下のところの
DSC09134
刻印も可愛かったもんで。
ボタンはちょっとチープやけど。


で、通帳とかお薬手帳を入れるヤツは
同じ色を4つ買ったから
DSC09136
合皮の端切れで
ちゃちゃっとね。

DSC09139
普通に手縫いで。

閉じると
DSC09140
こんな感じ。

で、
DSC09138
こうやん。

別に普通な感じで。

けど
DSC09143
まあまあ可愛いです。

で、中身を判別しやすいように
合皮の色を変えたから
『これで中に何が入ってるかも
一目瞭然!』て言いたい
とこなんやけど、

全っ然、一目瞭然じゃないんやわ。

なぜなら、毎っ回、色を忘れる。
だから毎回フツーに中を開いて
確認してるから
色分けした意味は
ほぼ無いっていうね。

だってねーこの歳になったら
覚えられんねやわ。
表に油性マジックで でっかく書いとく
以外で画期的な方法は無いから
合皮の色分けは
雰囲気やわ、うん、雰囲気。


早速 中身を入れてみたら
DSC09142
ものすんごい気持ちがいい。
あれより気持ちがいい。←

いや ほんまに。

通帳もお薬手帳も
絵柄むき出しのままでも
今まで何の問題もなく
生きて来れてん。
ほんま、なんの不自由もなく。

けど、今回は えーっと
7点買ったから700円か。
わずか700円で、こんなに?!
てくらいの快感を味わえたもんやから
なんでもっと早く せんかたんやろ
と思って。

ほんで お薬手帳チームを
4つもバラバラとバッグの中に
入れてたんじゃ、またアイロンの
くだりが発生しそうやから、
DSC09145
メッシュのポーチにまとめて。

で、必要な時に
DSC09146
そこから出して
この黒いポーチに入れて
持ち歩く、と。

これがまた
DSC09147
ぴったんこと入るんやわ。

てことでA4のメッシュのやつは
こんな使い方になってしまったから
もう1個買い足して
バッグに常備しておこうかなと。

じゃあ今までは
どんなポーチをバッグに
入れてたんか、気になりますよね。


こちら。
DSC09155
これは一体。

もう、まず目に飛び込んで
くるのが
DSC09156
これやと思うんやけど
なんやろな、これ。
多分JD(女子大生の長女)が
ちっさい頃にUFOキャッチャーで
取ったヤツかなあ、いや分からんなー。

これにカード類を入れててん。
たまにしか使わんカード類を。
こんな佇まいやから
レジでも自信持って
取り出せんかったもんね。

あとは
DSC09157
セリアのポーチも毛玉が
ひどいまま使ってたりとか。

あ、これも
DSC09158
JDから お下がりで
貰ったんやけど
シワもひどいし薄れてるしで。

今までのバッグの中身が
これらによる収納やったから
今回収納を改善してからは
快適過ぎるし、自然と気持ちも
すっきりするしで、

ほんま なんでもっと早く
せんかったんやろ。

壁紙貼り変える前に。
ペンキ塗り変える前に。
椅子をリメイクする前に。

こんなん、すーぐできるヤツやん。

で、確実に素敵なライフスタイルを
もたらすヤツやん。

てことを今回学習したわ。


あ、ダイソーの紺色のポーチは
DSC09215
これです。

これは私が仕事の打ち合わせの
時に使ってるヤツで
電卓とか付箋とか文房具が
ドサっと入ってるけど
大容量で見やすいから
ほんまに使いやすい。


あと、バッグ。
DSC09229
これはしまむらで買った
トートバッグなんやけど
確かイチキュウ。
いやニーキュウかなあ。
もしかしてニーサンかもしれん。
ごめんなさい、レシートが
どうしても見当たらんねやけど
なんせ3,000円は絶対
超えてないはず。

これ、
DSC09230
ロゴも可愛いし、


DSC09228
持ち手も可愛いん。


DSC09220
チャックのとこも可愛い。


さっきの中身を入れても
DSC09217
まだ全然余裕があって
ママバッグとしても使えそうな感じ。


DSC09218
スマホを入れるとこも
ちゃんと ついてるし、


DSC09219
両サイドにポケットもあって
『鍵どこいった?』が
なくなったわ、このバッグにしてから。

あ、ショルダー紐もついてます。
私は使わんから つけてないけど。

部屋に置いた感じも
IMGP9701(1)
可愛いと思うわ。

ほんまは
DSC09225
もっとちゃんとしたバッグを
いつかは欲しいなあとは
思ってるけど
でも この安さでこれなら
十分やんとか思って。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

オリバーのイベント
に来て下さった方への
御礼やら、定員オーバーで
てんやわんややったこととか、
対応が手薄になってしまった方への
お詫びやら、いろんなことを書かな
あかんねやけど、

タイミングが悪くて本当にすみません。
今日は次のお知らせをさせて
もらっても いいですか。

日程が立て込んでるもんで
どうしてもお知らせ連チャンに
なってしまう時があってですね。

そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

3月に【HIMI HIRAKU PROJECT(ヒミヒラクプロジェクト)】さん
とタイアップして
ワークショップをしたんやけど
そこでまたワークショップを
させて頂くことになりまして。

その時の記事は👇こちらから。
■満員御礼・氷見地域おこし協力隊HIMIHIRAKU×maca Productsワークショップ終わりましたー

で、今回は全3回のシリーズものです。

こちら。
IMGP9705
・カフェラック
・カッティングボード&鍋敷き
・ベジタブルボックス

キッチンシリーズなんやけど
先に言うとくと
全3回とは言うても
どれか1つだけ参加、とかでも
全然オッケーなやつです。

で、どれも難易度は同じくらいで
全部、初心者向けです。

こないだ、このハウツーを載せた
ばっかなんやけど
これは元々、キッチンシリーズ全3回で
オファーを受けて考えたものやから
それぞれに違う工程が入ってて
この3つをコンプリートすれば
かなり色んな技が体験できるように
なってます。

これ、ほんまに苦労して考えた
ネタやから、ヒラクさん
させて頂けることになって
ほんーまに有り難いなあと。

も一つ、先に言うとくと
全3回をコンプリートすると
DSC08054
フェイクグリーン挿しが
特典として ついてきます。

イヤでも。←


で、第1回はこちら。
DSC07982
ビンテージなベジタブルボックスです。

これ、ほんとにでっかくて
DSC07983
こんなに入れてもまだ
余裕があるんやわ。
ボックスの半分ほどの高さまで
新聞紙で底上げして撮影したもんね。

デカさは
DSC07993
これくらい。

そして
DSC07985
こういうボックスは
DIYの基本が詰まってるから
初心者の方には もってこいやと
思うし、このビンテージな塗装も
ブログの記事で見てるよりも
実際にやってみるほうが
多分『なるほどー』なことが
多いと思うから、いいんじゃないかなと。

DSC07986
持ち手のところが
ロープになってるのも
可愛いんやわ。

底面は
DSC08048
網になってるから通気性も
バッチシで。

ほんで相当頑丈な作りに
なってるから、重いものを
ガンガン入れても全然大丈夫、ていうね。

お子さんのおもちゃを
ポイポイと入れても可愛いし、
なにせビンテージなボックスって
それがあるだけでオシャレ度が
ガツンと増す気がするわ。

あ、maca Productsのスタンプは
押さんでも全然オッケーです。

もちろん、
DSC08042
お庭とか玄関先に置いても
可愛さはテッパンやと思います。


はい次ー、第2回はこちら。
DSC05142
こないだヒラクさんで作った
カフェラック。

これもまた、基本のDIYが
詰まってるんやけど
さっきのボックスとは
また違った工程がたくさんあって。

で、これに関しては
もう参加された方もおられるから、

『これはもう作ったから
参加せんでもいいけど
他の2回は参加したいなあ。
その場合は
特典のフェイクグリーン挿しって貰える?』

はいオッケーです。
貰えます。

イヤでも。←

このカフェラックは
背板がリバーシブルになってるから
DSC05158
布の面と、

DSC05148
ペイントの面と、

DSC05149
背面なし、3パターンで使えるから
気分に合わせてイメチェン
できちゃいますよと。

DSC05161
背面の布は当日お好きな柄を
選べます。

すみません、この写真の布とは
また違った布になるかと思います。
ペイントはお好きな色を選べます。


で、カフェラックは8月にやるので
お子さんの夏休みの宿題にも
いいんじゃないかなと。
大きさもそうやし、好きな色で
ペイントできるていうところが
お子様萌えポイントかなと。


はいラストー、第3回はこちら。
DSC08003
天然木のカッティングボードと
タイルの鍋敷きです。

この回では、カッティングボードを
のこぎりでカットする工程が入ってます。
やっぱ自分でカットできたほうが
DIYの幅も広がると思うし、
カット作業が入ったワークショップって
結構 貴重やと思うんやわ。

それとカッティングボードに
穴を開ける作業。
これも入ってるから
『おぉーーう!』てなるんじゃないかなと。

自分で作ったカッティングボードって
DSC07999
ほんと愛着が湧くもんなんやわ。

カッティングボードには
食品衛生法OKな
ニッペWOOD LOVEシリーズの
水性オイルステイン
を使うから
安心やしね。



あと
DSC08017
タイル。

本物のタイルのずっしりとした
重みとか質感とか、
そういうものに実際に触れて
体感して欲しいなと思って。

もちろん
DSC08018
鍋敷きとしても使えるけど、

シンプルな佇まいやから
DSC08031
こんな使い方もできたり、

DSC08033
こうとかね。


あ、鍋敷きは引っ掛けるとこを
つけてあるから
DSC08040
引っ掛けられます。
当たり前やけど。


てことで
ワークショップの詳細を
書いておきますね。

*-----------*
(第1回は満席になりました、
たくさんのご応募ありがとうございました。
キャンセル待ちは受付しております。
第2回・第3回も残席わずかとなっております。)


■第1回:ビンテージ風ベジタブルボックス
■日時:7/1(日) 10:00~13:00
※キャンセルのご連絡は
6/27(水)までにお願い致します

■第2回:背面3wayのカフェラック
■日時:8/4(土) 10:00~13:00
※キャンセルのご連絡は
7/31(火)までにお願い致します

■第3回:カッティングボード&タイルの鍋敷き
■日時:9/9(日) 10:00~13:00

※キャンセルのご連絡は
9/5(水)までにお願い致します

※応募多数の場合は先着順となります。
※材料の仕入れの都合上
上記以降のキャンセルは
参加費と同額のキャンセル代を頂戴致します。
何卒ご了承下さいますよう
お願い申し上げます。


以下は3回とも共通事項です。

■定員:10名
 ※女性限定のワークショップとなってます。
■場所:ヒラク(氷見市中央町11-34)
 ※専用駐車場はありませんので
 【氷見市まちなかめぐり駐車場】を
 ご利用下さい。
■参加費:3,000円(当日お支払い下さい)
■持ち物:手ぶらでOKです。
 ペイントするので汚れてもいい服装で。
当日の流れ:
 
10:00~12:30はワークショップで
 12:30~13:00はカフェタイムです。
■申し込み方法
 himihiraku@gmail.com
 👆こちらのアドレスに
 お名前・参加希望の回(第1回だけ・
 第2回と第3回etc)
 連絡のつくお電話番号・参加人数
 
を記載して送信して下さい。
 ※2人で1つを作る場合や
 親子で参加される方は
 その旨を記載して下さい。

*-----------*

小さなお子様連れでも親子でも
お友達と参加されてもいいし
もちろん お一人様も大歓迎です。
DIY初心者の方、
電動工具が初めてな方、
とにかく どなたでも参加できます。

で、8月や9月の予定までは
遠すぎてまだ分からんていう方も
多いかと思うので
第2回、第3回に関しては
1ヵ月前くらいには その都度
お知らせを記事に載せますね。

えっとー
なんか書き漏れてないかなあ。
オリバーのイベントの余韻と疲労で
まだ頭が回ってなくてですね。

自分の生年月日は言える。
住所も言える。
電話番号も言える。
最後に斎藤工と逢った日も言える。

よしオッケーやろ。(どこが)


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------





はい、どうも。

前回の記事で人生初めてスタバに
行った話を書いたら意外にも
『私も1回しか行ったことない』
というようなコメントをチラホラと頂いて
結構びっくりしました。

『えー!スタバ初めてなんて
信じられなーい』みたいなコメントが
来るやろなと思ってただけに。

ゆーか私は勝手に

インテリア好きたちはスタバに
週3で行っているもんやと
思い込んでたから、
(週3)
(妙に具体的)
(そして多い)
そんなに足しげく行ってない
ていうコメントを貰って
結構安心しました。

今まで心のどこかで
『どうせ私はスタバ行ったことないし』
みたいなコンプレックスがあったんやけど
皆さんからのコメントのお陰で
積年の歪んだ感情から
解き放たれたような気がします。
(大袈裟か)


それもそうやし、

ま、そんな人もおるわな、て
すんなりと解釈できるだけの
柔和な理解力が
皆さんにはあるんやわ、これがまた。

前から思ってたけど
皆さん、かっこいいですね。


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
DSC08919
今更やけどニコアンドで
おなじみのポスターを買ってきてん。

JS(小2の次女)の部屋にね
BlogPaint
こんなポスターを貼ってたんやけど
チェストとか窓枠を白くしたら
雰囲気に合わんようになったから
なんか良いポスターないかなー
と思ってニコアンドに行ったら
さっきのヤツが可愛かったから。

あの矢印のやつは
DSC05916
画像を拡大してA4用紙4枚に
印刷して貼り合わせて作ったんやけど
これでも一応、エイジングしたり
いろいろ手を加えてあって。

けどニコアンドで
1枚もののポスターを手に取った時に
『500円でこのクオリティーて。
手作りした時間と労力が虚しいわ』
とか思って。

つーことで
DSC08920
ポスターの枠のためにカットした
木材には傷をつけてエイジングして。

そこにステインを擦り込めば
DSC08923
いい感じになりましたよっと。

で、ポスターを貼るための土台?
て言うんかなあ、
ベニヤ板とかボードみたいなものを
買うのが もったいなかったし
面倒くさかったから、

こうすることにしました。
DSC08936
ポスターの裏面にマステを
輪っかにしたヤツを くっつけて

で、ポスターを直接、
DSC08937
貼りたいとこに貼るやん。

ほんで
DSC08938
縦の長い枠には3本ほど
横の枠には1本だけ釘をセットして、

DSC08939
ポスターの上から枠を打つ方法に
してみよか。

これ、細い釘って意外と
画鋲より小さい穴しか開かんから
そんなに思ってるほど釘も
悪いもんではないんやわ。

あ、この枠の作り方は

■【簡単DIY】端材で大きいフレームを作る

👆この記事で全く一緒な木枠を
作ってるから、それを参考に
してみて下さい。


はい、完成です。
DSC08940
やーん、このポスター
すごい可愛いやんかー。


DSC08975
こういう感じも好きやわ。


DSC08944
白く塗ったチェストとか窓枠との
相性も いい感じやし。


DSC08974
うん、いいと思います。

はい、ニコアンドは以上です。

次はワークショップの
お知らせをチラっとさせて
もらってもいいですか。

今週の土曜・日曜は
オリバーさん
【住まいのリフォーム大感謝祭】
ていうイベントの中で
完全無料のワークショップをするので
今日はその会場準備をしてます。
DSC08511
板に好きな色をペイントして
そこにステンシルをして
釘を打ってフックボードを作る
ていうワークショップなんやけど、

これはダイソーのステンシルシートで
作ったボードで、
もし私のステンシルシートを
使いたいていう方は
当日 言うてもらえれば
全然オッケーです。

今まで作ったボードは
例えば こんな感じ。
DSC09259
これは一例やけど。

あとは新作のポストカードも
急っいで作りました。
DSC09264
ブログ読んでます、とか
インスタ・RCフォローしてます、
ていう方にはポストカードを
プレゼントしますので
欲しい方は言うて下さい。

欲しくない方は
言わなくて大丈夫です。

ほんと、気ぃ遣って
無理して言わんでも
全然大丈夫です。

これ、業者に印刷を頼んで作った
ポストカードやから
まあまあカネ かかってるので。
(カネ言うな)

ワークショップの詳細を書いときますね。
----------------------------------
■ 6/9(土)10(日)

■場所:イベントプラザ富山
 富山市下熊野158番地

■定員:各回10名様×2日間
・第1部 11:00〜12:00
・第2部 13:00〜14:00
・第3部 15:00〜16:00

■参加費:無料

■持ち物:手ぶらでOKです

その他にも

◆ふれあい縁日 無料
射的/輪投げ/ヨーヨー釣りなど

◆ご来場の方に無料サービス
あつあつとろとろの
たこ焼き屋台がやってくる!
家族みんなで焼きたてをどうぞ♪

◆似顔絵のプロがやってくる 無料
その場であなたの似顔絵をプレゼント!

無料のイベントがたくさんあるので
是非 来てみて下さい。
----------------------------------
もっと詳しく書いた記事は
👇こちらから。

■イベントプラザ富山で無料のワークショップやります


すみません、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

今日はチェストの扉を白く
塗り変えました、ていう
非常につまらんネタやから、
人生で初めてスタバに行った話を
後半に書いときました。

その話もまた、まあまあ つまらんけど。

そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

はい、こてぃら。←
DSC05403
JS(小2の次女)のチェストなんやけど
冬にね、なんも やる気が
せんかった時に思いっきり
好きな色に塗ったんやわ。

ほんで、これはこれで
すごい気に入って。

けどもう初夏やん。
そしたら この色味が
どうも暑苦しく思えてきて。

そうなったら もう しゃーない、
これまた倒れそうなほど
面倒くさいけど
塗り変えるしかないわな。
DSC08900
扉を外しました。
この時点で すでにもう
面倒くさいからね。

とりあえず
DSC08902
今の色を消すために
STYLEのグレージュを雑に塗って。


そしたら
DSC08903
こうなって。


次は
DSC08904
こび茶ていう色を
これまた雑に塗って。


そしたら
DSC08905
こうなって。


さらに
DSC08908
ココアていう色を塗って。

今の3段階はエイジング塗装を
する前の下準備です。


ここにラスト、白を雑に塗っていけば
DSC08910
お!いい感じ、きたんちゃう。

エイジングは大きく分けたら
上から色を足す方法と
下地の色を見せる方法が
あると思うんやけど
今回、後者を選んだ理由は、

(皆さんで せーの!)

なんとなくです。

いやほんまに、この使い分けに
関しては感覚ちゅーか
その時の感覚でしかないから
(感覚2回)、理由は説明しにくいんやわ。


てことで、作業自体はまあまあ
大変やったというのに
あっさり完成です。

こてぃら。←
DSC08954
うん、爽やかになった気がする。


あ、前は
DSC05402
こんなディスプレイやったところも、


DSC08967
夏らしく変えてみました。


かっこいい系が好きな割には
なんやかんや言うても
DSC08965
こういう系、古民家っぽい感じ
ていうんかなあ、ノスタルジックな
感じも好きなんやわ。

DIYネタは以上です。
ね、つまらんかったやん。

てことでスタバの話。

私、スタバって行ったこと
なかってん。人生で1回も。
ゆーか、日頃からカフェに行くことが
ほんまに無くて。

なんやろ、スーパーの
紙パックの紅茶とかコーヒーで
いいやん、て思ってしまうん。

だから例えば
カフェでコーヒー1杯が500円やったと
するやん。けど500円あったら
スーパーでブレンディーの
1000mlペットボトルが
5本も買えるわけよ。

そのあたりのケチ具合と、
あとは、カフェの空間を愉しむ
みたいなことに対して
欲望が無い、ちゅーか。
あ、そして私はコーヒーが
飲めないから、そのあたりからも
カフェに行きたいていう欲が
無いんかもしれんなあ。

けど こないだ、打ち合わせ場所が
スタバになったから
初めて行ったんやわ。

そしたら先方さんが すでに
店内におられて
コーヒーかなんかを飲んで
おられたから
私も飲み物を注文せなあかんなと
思って、レジのほうに行って。

けどレジ奥の でっかいメニュー表を
見ても、なんのことか
さっぱり分からん。

私の前に一組のお客さんが
おられたから、どんな風に
注文してるんかを
なんとか聞き出そうと思って
全神経を耳に集中させても
周囲の雑音で聞こえんで。

そしたら店員さんからメニュー表を
手渡されて。

うん、だから見ても分からん
ゆーに。

で、ものの数分で私の番になるやん。

私はコーヒーは飲めんけど
紅茶なら飲める。
けど紅茶、スタバにあるんやろか。
分っからんなー。

『紅茶ありますか』て聞くのも
この歳(41)にしてスタバ初来店
ていうのがバレるのが
なんかハズいし、

もう こうなったら
一か八かで紅茶って言うてみよ。

と思って『紅茶』って言いかけた時に
待て待て、紅茶って おかしないか、
多分アイスティーや、せや
アイスティーや!天才か私←

て思って結構な決め顔で
『アイスティー下さい』て言うたら
店員さんが
『はい、アイスティーですね』
て言うたもんやから、

どやー見たかー!、と。

けど次やわ。

店員さんが
『〇〇にしますか?
それとも△△にしますか?』
て聞いてきてん。

〇と△のところは
聞いたけど忘れたし
メニューの文字も読んだけど
忘れたわ。

で、私は普通客(←)を装ってたから
〇だの△だのを聞かれても
それはなんですか、とは聞けんやん。

だから『甘いほうで』
て答えてん。
(全然 普通客ではない)

そしたら店員さんが
『どっちも甘くないんですよ』
て言うから、さて どーしよ。

そこで秒で考えて思いついたのが
【せや、こうなったら私は
普通客ではなくて、
海外生活が長くて
最近帰国したばっかりの
客のテイでいこう】と。

それなら、聞かれたことに
ピンポイントで答えれんでも
不自然では無いやろうと。

えーっと、て迷ってたら店員さんが
『こちらは〇〇で、
こちらはパッション系なんですよ』
て言うてん。

出たわ、△の正体が。
△はパッション系やったんやな。
なるほどー。

なら私の場合、
情熱ならすでに持ち合わせてるから
パッションじゃないほうでいこう。
(その発想)
(帰国者でもない)

いや、あとになって
パッション=もしやフルーツ系か!
て気付いてんけど
レジの時点では本気で
情熱的なアイスティーやと
思ったもんで。

てことで
情熱には不自由してない私は
〇〇とやらを選んで無事に
お会計を済ませて。

で、非情熱的なアイスティー(←)が
出てきて、あー良かったと。
けど私は超甘党やから
ガムシロが要るんやわ。

せやから
『ガムシロつけてもらえますか』
て言うたら店員さんが
『あちらにございますので
ご自由にお取りください』
て、店内を指さして。

そっか、そっかー、
長いこと日本を離れてたから
ガムシロがセルフってことを
知らんかったわー。

で、ガムシロを取って
ラストはお盆(←)。

セルフのコーナーに
お盆が見当たらんかったから
店内の他のお客さんを
涼し気な感じでチラ見してみたら
テーブルにお盆が無かったから、

そっか、そっかー、
長いこと日本を離れてたから
お盆無しってこと、
知らんかったわー。
(お盆休みが無いみたいに言うよね)

そんなわけで
なんの問題もなく(ある)
席について打ち合わせを
することが出来ました。

なんせ ほら
長いこと日本を離れてたもんで。


と思ったんやけど
もしかしてスタバって
世界チェーン(←)ちゃう?

てことは この設定は
無しやなあ。


いやー惜しかった。←


はい、くだらん話は以上です。

ちなみに頼んだサイズはSで
入れたガムシロは3つです。
いつもそんな感じです。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




----------------------------------
【ご連絡】ててろんさんへ
今日の記事の一番最後に
メッセージを書いておいたので
読んでみて下さい。
----------------------------------

はい、どうも。

今日はこちら。
DSC05386
リビング横にあるJS(小2の次女)の
キッズスペースなんやけど
ここのね、窓。

これが実はずっと気に入らんかって。

この窓枠は
BlogPaint
だいぶ前にこんな窓枠を作って
この枠の上のところに、

DSC08205
ダイソーの隙間テープを貼って
この弾力を利用して窓に
ハメ込んであるだけなんやわ。

こんな方法でも かなりガッチリと
固定されるから賃貸の方には
ほんまオススメの方法で。

このハウツーをもっと詳しく
見たい方は👇こちらからどうぞ。

■安い角材で海外っぽい窓枠をDIY*取り外しがラクで画期的それでいてピッチリ


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

で、あれからさらに格子の形を変えて
DSC08885
しばらくは この形で過ごして
たんやけど、この格子の形と
あと、色。

これがどうも気に入らんで
倒れそうなほど面倒くさいけど
格子の形を変えて
色も塗り変えることにしました。

倒れそうなほど面倒くさいけど。

窓枠関係のDIYは
これまでに結構たくさん
やってきてるから、今日は
そんなに詳しいハウツーでは
ないけど、でも書きますね。←
BlogPaint
まず この茶色いとこ。
DIYで作った なんちゃって窓枠
じゃなくて家のほんとの窓枠。
(ほんとの窓枠)

ここを塗ろう、と。

けど窓枠って結露対策の
せいなんか なんなんか
よお分からんけど なんせ
今まで窓枠に直接ペンキを塗ったら
とにかく禿げて(←)きてやね。

塗料がのりにくいものに
ペイントする時って私はいっつも
ミッチャクロンを塗ってから
やってるんやけど、強力な
ミッチャクロンをもってしても
禿げてくるん。


だもんで
DSC08889
窓枠にマステを貼りました、
見えにくいかもしれんけど。
これ、黄色いマステを貼ってます。

で、そこに
DSC08891
ペンキを塗ればペンキが
禿げてくることもないですよーと。

あ、さっきから何回も
禿げてる禿げてる言うて、
実際に禿げてる方、すみません。
(余計 失礼)

DSC08890
マステの上からペンキを塗れば
なにも考えんでも普通に
塗れるんやわ。

で、外した窓枠は
BlogPaint
格子の形を変えたいから
ペンチを使ってタッカーを外して。

矢印のやつはバールっていう名前の
道具で、超ハイパー釘抜きなんやけど
これねー、すごいん。

相当抜きにくい釘とかタッカーの芯でも
めっちゃ抜ける。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土牛産業(DOGYU) [01727] カラーSバール 120mm
価格:692円(税込、送料別) (2018/6/3時点)


いろんな道具があるもんですね。
お金いくらあっても足りんわ。


で、
DSC08895
格子の形をこんな風に変えました。

どこが変わったか分からん
レベルかもしれんけど
私にとっては格段に変わったんやわ。

インテリアって、そーゆうもんやわな。
ハタから見れば気にならんことでも
本人はイラっとするほど気になるっていう。

ほんで
DSC08896
ペンキを塗っていきます。
最近、白を好むようになってる気がするなあ。

使ったのはSTYLEのコットンです。
この色はキーンとした白じゃなくて
微妙にアイボリー寄りな白なとこが
すごい好きで。

で、全部に白を塗ったら
次は古びた感じを出していきます。

いつもなら やすりがけをして
下地の色を部分的に見せる方法で
エイジングをしてたんやけど
今回は、
DSC08897
ニッペのPAL
オールドブロンズていう色。

これを使ってエイジング塗装を
してみようかなと。

理由は、やすりがけするのが
面倒くさかったから。

PALは ちょびっとでも
すごい伸びるから
DSC08898
ちょびっと筆につけて
適当にシャーシャーと
塗ってくわけよ。

DSC08899
こんな風に。

これをバランスを見ながら
部分的にやっていけば もう完成です。


before
DSC08885



after
DSC08912
うん、爽やかになった気がする。

あ、カーテンレールは
外しました。
ここのカーテン、閉めたことが
ほとんど無かったもんで。

近くで見ると
DSC08913
PALを適当に塗っただけにしては
まあまあ いい感じのエイジングに
見えるから、
手を抜いた割には全然いいやん
とか思って。

DSC08914
うん、爽やかやと思います。


DSC08915
いいやん♡

こういう、ちゃちゃっと出来る
ことって後回しに しがちやけど
やるとスッキリするもんやわ。

ゆーても、ちゃちゃっと
やってないけど。

格子を外して形を変えて
養生のシートを広げてペンキを塗って。

なんーにも ちゃちゃっとしてないわ、
全っ然 面倒くさいもんね。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



---------------------------------------
ててろんさんへ★
メッセージありがとうございます!!礼
え、なになに、わけの分からんメッセージなんて届いてないで?てことで全っ然大丈夫ですよ。
ゆーか ててろんさんのメッセージでこっちが元気でましたよ。こんなブログでもそんなん思ってくれる人がおるんやなーと思ったら、また頑張って書こーとか思って。
ほんーまにありがとうございます♡
---------------------------------------

はい、どうも。

記事のペースが落ちてるわー。
ほんっまに すみません。

メンタルがかなり荒れてるのが
自分でもすごい分かるもん。
ちくしょー、弱いなあ。
頑張らんかい、こら、て思うんやけど
なかなか上がらんでさあ。

あ、6月か、今日から。
アジサイの季節やなー。

気分が上がらん こんな時は
庭のアジサイでも眺めてみるか。

アジサイ、植えてないけど。←


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
BlogPaint
これは全部、野地板で
厚みは13mmです。

数字の単位は全部mmで
このレシピは私の中では
まあまあ画期的なんやわ。

まあまあ、どころか、かなり。
なにがって、①は底面やとして
②と③がボックスの側面に
なる板やん。

ほんで④が蓋なんやけど
④は①と同じサイズなんやわ。

つまり底面と蓋が一緒なサイズ。

これの何が画期的かって
底面の①を②③で囲んだ時にね
②③の板の厚みのぶんだけ
蓋の板は大きくせなあかんやん。

んー、ここの説明が
ピンと来るのって中級者以上の方
かもしれんから、DIY初心者の方は
『は?』てなるかもしれんなあ。

ほな、こーしよ。作ってこ。

作って仕上がったのを見れば
『あ、そゆこと』て分かるかも
しれんから、工程いきまーす。
BlogPaint
まず②の板に釘を3本打ちます。
板が割れるのを防ぐために
千枚通しとかで下穴を開けてから。

私は電動ドリルで下穴を開けたけど
千枚通しとかでも全然オッケーです。

あ、釘の長さは
DSC08708
これくらい。

でー
BlogPaint
底面の①にボンドをつけて
そこに②を合わせて釘を打てば、


DSC08710
こうね。

そして反対側も
DSC08711
同じようにして釘を打って。


次は
DSC08714
コの字のところにボンドをつけて、


BlogPaint
こんな風に釘をセットした③の板を、


DSC08715
乗せま~す。←


乗せたらね
DSC08716
これくらい野地板って
歪みやら反りがあるんやわ。

けど大丈夫です。
BlogPaint
まず1のことだけ考える。
つまり、他のところが合ってなくても
気にせんと、とにかく
1の釘を打つために上とか横とかを
合わせて釘を打ってしまいます。

その次は2、3、4の順番で打ってけば
あとは真ん中たちの釘は
どの順番で打ってもオッケーやわ。

もうちょい詳しく説明すると、
DSC08718
1を打ったあと
こうやって2を合わせて打つ。

そしたら
BlogPaint
こうなるやん。
ここで打ったのは1と2だけ。

まだ3、4は打ってないんやけど
3のところを近くで見てみると
どうなってるかと言うと
BlogPaint
こんなにズレてるん。

SPF材とかなら、こんなにズレたりは
せんねやけど野地板はやっぱ
歪みがすごいから結構
こうなります。

なるけど、板の質感がSPFに比べたら
すごい いい風合いやし
手触りとか佇まいも古道具っぽい
ていうか、ビンテージていうんかなあ。

だから100均の板は慣れてきた
ていう方は、次はSPF。
SPFが慣れてきたっていう方は
次は野地板とか合板を使ってみると
いいんじゃないかなと。

で、写真の赤い矢印のズレ具合は
どうするんかって言うと
手でグっと力を入れて
強引に合わせてしまえばオッケーです。

これ、説明するよりも
実際にやってみないと
あんまりピンと来んわなあ。

えっとー
DSC08722
こうやって力技で強引に
合わせるんやわ。

これ、相当 力入れてます。

で、力技で板を合わせながら
釘を打ってしまえば
DSC08723
さっきの ひどいズレが
何事も無かったかのように
なるんやわ。


てことで
DSC08725
1、2、3、4の釘を打ちました。

あとはもう、お好きなとこから
打ってちょーだいね、ていう。


そんなわけで
DSC08726
ここまで出来ました。


次は蓋ー。
BlogPaint
はい、⑤出てきたよー。←
⑤の板にボンドをつけて、


そこに
BlogPaint
④出てきたよー。
④の板を乗せます。

矢印のところにはボックスがカチっと
ハマるように、ボックスの板の厚み、
つまり13mmあけてます。

でー
DSC08730
ボンドが乾いたら下穴をあけて
こんな風に釘を打てば
蓋はこれでオッケー。
あ、これは蓋の裏面です。


次は塗装ー。
DSC08731
黒のペンキと濡れ雑巾を用意します。


使ったペンキはSTYLEの黒。


ペンキを
DSC08732
直接、雑巾につけて

この雑巾で
DSC08733
ボックスにゴシゴシと
色を擦り込んでいくんやわ。

そしたら
DSC08734
こんな感じ。

内側と底面以外は全部
この感じで塗ってって。

でー
DSC08782
これこれ。

ダイソーの布をダイソーのコピー機で
カラーコピーしたもの。

これをね
DSC08784
ボックスの大きさにカットして
端までキッチリとボンドを
塗った面に乗せて、


DSC08785
ボンドが乾いたら軽くステインを
塗っておけば、いい感じに
なりますよっと。

あと、蓋のところには
DSC08778
ステンシルでも しとこうか。


はい、完成写真連発に
お付き合い下さい。

こちら。
DSC08860
可愛いんじゃないでしょうか。

これは
DSC08876
蓋を開ける時は


DSC08875
蝶番とか つけてないから
パカっと、ほんまに古道具みたいな。

ほんで
DSC08880
結構 容量があるんやわ。

ぬいぐるみが入ってる写真を
撮ってる、ゆーことは
これもワークショップ用の試作やな。
しかも子供さんが対象の。

子供向けに2種類考えて
2つを提案させて頂いて
こっちはボツになったんやけど
でもこれも、いつかどこかで
やれたらいいなと思ってます。

やっぱ野地板独特の風合いに
実際に触れて体感して欲しいし
個人的にはすごく気に入ってるもんで。

蓋を開けた時の木の香りが、すごい。


もうちょい写真、続きます。
DSC08882
あ、冒頭で言うてた、
底面と蓋が同じサイズっていう話。

この写真で分かるやろか。
底面と同じサイズの板で蓋を
作ったら、ストーンとボックスの中に
蓋が落ちてしまうやん。

蝶番とか金具を使わずに
底面と同じサイズの板で蓋を
作るにはどうしたらいいかを考えた結果
両端に板を かませてみたら
古道具っぽい雰囲気になったという。

で、底面と蓋が同じサイズだと
何が良いかって、カットがラクやから
採寸ミスしたりせんで済む、ていうね。

カットして組み立てていくうちに
板のサイズが合わんで
『しまった!板の厚みを考えてなかった!』
とか、そういうことが結構あるもんで。

DSC08862



DSC08879


ラストー!
DSC08883
で、主催の方に見せる前に
うちのJS(小2の次女)に
見せたんやわ。

どお これ、つって。

そしたらやっぱり
これじゃないほうを選んで。

理由は
『だってこれ、
古い感じがして変やもん』と。

で、主催の方も子供さんに
2つを見せたところ
やっぱりこれじゃないほうが
圧勝やったらしいので
こっちは今回はボツってことで。

子供向けのワークショップやから
やっぱ子供たちが喜んで
なんぼやからね。


あ、おまけとして
DSC08758
最初ほんまは、この2種類の
柄で いこうと思ってん。

オルテガの布はセリアのヤツ。
見た瞬間、これ絶対かわいいわと思って。

ほんで作ってん。

そしたら どおーもイマイチやってん。


こちら。
DSC08871
どうですか。
なんか、イマイチちゃう?

好きな人は好きかもしれんけど
私にはあんまりバチっと来ん
かったから、これの裏面に
さっきの英字の柄を貼って
オルテガは無かったことにしたんやわ。

ちょうど
DSC08851
このポスターと同時進行で
作ってたから
オルテガあかんわ、こっちの
英字でいこ、と思って。

このフレームのハウツーは
👇こちらからどうぞ。

■ダイソーの布とフレームでビンテージなでっかいポスターできちゃった


はい、以上です。

最近、小物はなるべく1記事で
完結するようにしてるせいで
今日の記事、
過去最強に長いかもしれん。

前までは、今日ぐらいのハウツーなら
絶対2記事に分けてたもんなー。

なんなら、くっそ くだらん余談を
挟み過ぎて3記事ぐらいに
長引きながら書いてた時もあるんやけど
最近はもう世の中がどんどん
あっちでもこっちでもハウツーが
ドカドカと上がるようになってきたから
こんな小物ごときで悠長に
記事を分割してる場合、ちゃうなと思って。

けど そうなると
ネタが追い付かんねやわ、
私あたりはアイデアもセンスも
乏しいもんで。

今日このネタを上げたせいで
もうネタが無いもんね。

どーしよ。

そんな時は あれやな、
雑談のみでマを持たせるしかないな。

けど雑談もさあ、
エロネタ・私きれいですネタ・
芸能事務所に所属してますネタ・
男性読者に言い寄られて
困ってますネタ、
どれも皆さん とっくに飽きてるしなあ。

そもそも薄っぺらい人間やから
ネタもそんなに無いんやわ。

首 寝違えたとか
背中かゆいなとか
そんなことぐらいしか。

あ、ごめんなさい、
もはや長い独り言になってしまってるわ。

とっとと終わります。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




はい、どうも。

暑いですね。
夜が寝苦しいわ、暑くて。

それだけです、
面白いこと言えなくてすみません。

そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
DSC07880
ダイソーの木と家にあったタイル。

ダイソーの木は
DSC07881
これと、

DSC07882
これ。

この板の上に
DSC07888
タイルを乗せて さっきの細い木の
幅だけあけて線を引きます。

でー
DSC07889
カットするやん。


DSC07890
ダイソーとかセリアの木って
柔らかいからノコギリ初心者でも
結構簡単にカットできると思うわ。

ほんで
DSC07891
細い木もカットして。


そしたら
DSC07893
カットした板の周りと、

DSC07894
細い木も白く塗って。


で、
DSC07895
板にボンドをつけて。

ボンドは
DSC07896
厚紙とかを使って
隅々まで広げるのがコツやわ。

えっと、もっとデッカイ家具を作る時は
隅々までボンドを広げる工程って
今まで なかったと思うんやけど、
大きい家具に関しては
そこまでせんでも大丈夫で。

けど こういう小さいもの、
特に今回みたいに細い木を
くっつけたい時とかって
端まできっちりとボンドをつけないと
木が反り上がってくるんやわ、
ボンドをつけてない箇所が。

てことで
DSC07897
こうやって伸ばすわけよ
ボンドを。

ここに
DSC07898
タイルを乗せてって。

で、タイルを全部 乗せたら、
DSC07901
今度は白く塗った細い木も
乗せれば、、、


DSC07902
こうなって。

ちょっとボンドが はみ出たなー
てとこは
DSC07903
拭いとくといいかもしれん。

ボンドは乾いたら透明になるから
そんなに神経質にならんでも
大丈夫やけど。

横から見たら
DSC07904
こんな感じ。

仕上げに
DSC07905
こんな小さい釘を使います。
これは長さが13mmやったかな。
10mmやったかなあ。

ま、いーわ。←

小さい釘を打つ時は
DSC07906
手で持ちながら打つのは
難しいからペンチで挟みながら
打つといいですよっと。

釘を細い板の両端に打ったら
DSC07917
仕上げに合皮の端切れを
つけます。

合皮に穴をあけて
DSC07918
これまた小さいネジを押し込んで、

これを
DSC07919
鍋敷きの端のところに固定して、


DSC07921
全く必要ないけど裏面に
ハンコを押したりして、完成です。


こちら。
DSC07997
こないだダイソーの板で作った
カッティングボードと一緒に
置いてみました。

カッティングボードの作り方は
👇こちらから。
■【100均簡単DIY】ダイソーの板でカッティングボードを作ろう!


DSC08010
タイルは家にあったものを
使ったけど、今はダイソーにも
タイルが売ってるから
それを使っても可愛いと思うわ。

やっぱタイルって
DSC08017
ずっしりした重みとか質感が
いいよね。

これ、鍋敷きとしてだけじゃなくて
DSC08031
和菓子も似合ってしまうというね。

この写真、私の中では渾身の1枚です。


だからヤマザキの
DSC08032
こんな安っいロールケーキでさえ

DSC08036
まあタイルこそ100均ではないけど
このカッティングボードも
鍋敷きのベースに使った板も
ダイソー産にしては、映えるよねー。

つか、鍋敷きっていうだけあって
DSC08024
ちゃんと鍋敷きとして
使えます、当たり前やけど。


DSC08027
目地を入れずにボンドで
貼っただけやけど
やっぱタイルって可愛いわ。


でー、なんで こんなんを
わざわざ作ったんかと言うと
これもやっぱりワークショップ用です。

カッティングボードと鍋敷きのセットで
考えてて、このネタなら
板をカットする
金づちを使う
電動工具を使う、
ていう工程が全部入ってるから
いいんじゃないかなー
と思って考えたんやけど
いろんな事情で このネタも
まだ実施が決まってないから
いつかこれをワークショップで
やれる時があったらいいなあと。

あ、ワークショップでやるとしたら
ダイソーの板のカッティングボードは
さすがに貧相やから、
DSC08019
同じ写真に見えるかも
しれんけど、こっちは厚めの
杉板で作ったカッティングボードです。

この2点セットをワークショップで
やる予定やってんけど
世の中いろいろ事情があるもので。

けどこのネタも前回のネタも
相当考えたヤツやから
いつかどこかで させてもらえたら
嬉しいなあと。


あ、関係ない話やけど
さっきのヤマザキのロールケーキさあ、
あれ、若い方は知らんかも
しれんけど、数年前、
いやもっと前かなあ
なにせ今は5カットしか入ってないけど
前はこの倍くらいの長さがあって
カットしてないヤツやってん。

スイスロール、つって。

それが、ある時から しれっと
5カットに縮小されてやね。
小麦粉とか乳製品の価格高騰が
背景にあってのことやと思うけど。

だからスイスロールの時って
カットしてないもんやから
ひどい時はカットせずに
皿にも乗せずに そのまま
恵方巻みたいにして
食べてた記憶があるもんね。

気付いたら3分の1くらい
いってて『わ!やば』みたいな。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




はい、どうも。

更新頻度が落ちてて
ほんっと すみません。
最近こればっかり言うてるなあ。

いろいろありまして。


いろいろあると言えば
日大の件。
いよいよ行政が介入する事態にまで
事は大きくなってきたんやけど、

当然やと思う。

やっぱり民衆やメディアの力だけでは
根深い悪の牙城に
決定的なとどめを刺すことはできんから。

けど これは、氷山の一角にしか
過ぎんと思うわ。
悪の組織っていうのはスポーツ界に
限らず、実は我々の日常の
身近なところにも多々点在してて
それは例えば、企業であったり
店舗であったり、学校・教室・町内会
ママ友の仲間内。

人間が集まって そこに何らかの
上下関係が生じ、そして舵取り役の人間が
絶対的な権力を持っていた場合、
そこは次第に悪の組織に移行して
理不尽な言動にも皆が従わざるを
得ない環境になってしまう。

誰も何も言えない環境。

それは外部からは見えないことが多く、
その中に居て ひどく苦しんでいる人が
いたとしても誰も助けては
あげられないし、組織ごと ひっくり返す
というのは本当に難しい。

そして今回のケースで特殊だなと
思ったのが、こういう大きな社会問題が
挙がった時というのは たいてい、
民意が賛否に分かれるものなんやけど
今回は民意がガッチリと一致してるということ。

それほどまでに
日大幹部の対応が卑劣だったということと、
相反して、日大の彼や親御さんに、
大衆を感服させるほどの誠意と
人間性があったこと、
更には被害者側までもが
実に誠実であったこと、

これだけ図式が明瞭だと
民意も賛否揺らぐことはないんやなと。


そんな今日もこちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
DSC07910
ダイソーのバーベキュー網を使って
ベジタブルボックスを作ろうかな
ていう、珍しくもなんともないネタです。

5万人ほどやってるやつね。

でも いきまーす。
BlogPaint
これは全部、厚さ13mmの
杉板です。

まずー
BlogPaint
②の板を2枚並べて
そこにボンドをつけて。

で、③をそこに乗せると
DSC07915
こうね。

で、この季節やったら
ボンドも結構すぐ乾くから
DSC07923
ボンドが乾いたら、さっきのヤツを
表裏ひっくり返して表側から
ビスを打ちます。

そしたら
DSC07924
こうなるやん。

そして
DSC07929
穴を2か所、あけておきます。
持ち手用のね。


で、これを2枚、
DSC07925
向かい合わせにして立てて、

BlogPaint
【このへん】て書いたところに、

DSC07927
すーっと線を引くんやわ。
①の板を4枚並べて。

写真を撮りながらやってるせいで
さしがね(直角のものさし)が
やや斜めってるけど
実際に線を引く時は、真っすぐに。


DSC07928
その線の上に2か所ずつ
下穴をあけて、

DSC07930
4枚全部にビスをセットしてしまいます。

でー
DSC07931
もっ回、向かい合わせにして立てて、


DSC07934
ボンドをつけて、


BlogPaint
そこに、ビスをセットした板を
乗せるやん。

矢印のあれ、なんやろ。


ほんで
DSC07936
ビスを打つ、と。

つまりさっき板を4枚並べて
縦にすーっと書いた線は、
どこにビスを打てばいいかが
分かるための線やった、てことです。


あとはもう、どんどんビスを
打っていけば
BlogPaint
あ、ツボやね。

多分皆さん今『あ、ツボやね』を
2回読みましたよね。
写真で1回、文章で1回。

で、この時に赤い丸で囲んだビスは
まだ打たない。
打ってはいけない、てわけでは
ないんやけど、そのほうが上手く
いきやすいんやわ。


はい
DSC07943
ここまで出来ました。


次はダイソーのバーベキュー網を
固定していくんやけど
DSC07944
使うのは、これ。
また釘、ていうものです。

これは
DSC07950
こんな風に使います。
強度もあるし、かなり使えるんやわ。

私はこういう場面では よく
ステープルていうものを使ってたんやけど
ステープルはちょっと太いから
木が割れやすいんやわ。

えっとー
8.0mm巾丸電線用ステープル[100個]
(※画像お借りしてます)
こういうヤツ。
電気の配線とかを固定する時に
使うやつで、ダイソーとかでも売ってます。

けどさっきの、また釘ていうやつも
あの袋で150円くらいやったかなあ、
そんな高いもんではないから
『ここ、どーやって止めようか』ていう
場面では結構使えるんじゃ
ないかなと。

あれを打つと、
DSC07954
こうなります。

あとは
DSC07955
こうとか。

この場面でタッカーだと
ちょっと弱いんやわ。
ちょっと、ゆーか、だいぶ。

今日使ったバーベキュー網って
結構 頑丈なヤツやから
これをタッカーで とめても
網が外れてくるかもしれんなあ
と思って。

いや、んなことないかなあ、
タッカーでもいけるかもしれんわ。

いや分からんなー。

この網よりも もっと ふにゃっとした
網も100均には売ってて、
なんていうの、魚用の焼き網かな、
それやったらタッカーでも
全然いけると思うんやけど
今日使うヤツは網の淵も
結構ゴツいからなあ。


ま、いーわ。←

次は塗装ー。
DSC07960
黒いペンキをスースーと筆で
塗ったら

すぐに、
DSC07961
濡れ雑巾で拭きます。
拭き取る、ていうよりも
色を伸ばすような感じで
濡れ雑巾で擦り込みながら広げます。

そしたら
DSC07962
こんな感じ。

で、これは今、濡れてる状態やから
色が濃いけど これを全体にやって
しばらく乾かしてみたら
DSC07964
結構 色が薄くなってるから
やってる時、あ やってる時って
あれのことじゃなくて←
濡れ雑巾で擦り込んでる時ね、
その時は『濃いなー』て思うかも
しれんけど、時間が経てば大丈夫やわ。

で、ここから もうちょい。
DSC07965
これを足します。

STYLEのコットン(白)を
筆に薄ーく つけて
DSC07966
かすれるような感じで
塗ります。

この ひと手間で
DSC07969
結構いい雰囲気が出ますよっと。


最後に
DSC07970
ダイソーのロープを、


DSC07973
穴に通して縛って、完成です。


こちら。
DSC07987
これ、写真で見るより
めちゃめちゃデカいです。


DSC07985
このビンテージな感じが
いいよね。

野菜も果物もどっさり入れたけど
それでもスカスカやったから
新聞紙で底上げしてます。

それくらいデカいんやわ。
DSC07983
ダイニングテーブルの上に
置いてある この写真で
伝わるやろか。


DSC07986
このロープの感じも いいよね。


あ、この写真が一番伝わるかも、
大きさが。
DSC07993
しかも めちゃめちゃ頑丈です。

じゃがいもとか玉ねぎみたいな
重いもんをワッサー入れても
全然オッケーやし。

そして軽いん。
SPF材で作るよりは断然軽い。

あ、このエプロンです、
ダルトンのデニムのエプロンは。
前回の記事でも紹介したんやけど
👉こちらから見れます。


もちろん
DSC08044
玄関先やお庭で使っても
オシャレやしね。


で、これはもう4月中頃に
ワークショップ用として
作ったものなんやけど
いろいろ事情があって
まだ実施が決まってないから
もしこのネタをやる時があったら
またお知らせさせて下さい。

はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------