LIVE LOVE LAUGH - maca home -

新築の家を丸ごとセルフリノベしているDIYブログです。

■はじめての方は上の【はじめに】をお読み下さい
■オーダーは上の【オーダーのご案内】をご覧下さい


はい、どうも。


今日はこちら。
DSC06187 - コピー
ニトリでカラボを買ってきました。
3つ。

これを劇的にオシャンな
ビンテージ風のチェストに
リメイクしてみようかなと。

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

とりあえず3つを
DSC06240 - コピー
組み立てて。
あ、背板は無しでいきます。

ゆーか今のカラボって
DSC06241 - コピー
こんな棚受けの部品が
ついててね、

これを
DSC06242 - コピー
このカラボの内側にある穴に
取り付けることで
棚板を好きな場所に
つけられるみたいなんやわ。

いやニトリのカラボだけなんかも
しれんけど、なんせカラボなんて
買ったのは10年ぶりくらいやったから
カラボの進化に結構びっくりしたわ。

昔のカラボがJK(高3の長女)の
部屋に置いてあるけど
棚板なんて調節できんし
しかも めっちゃ軽いん、JKのヤツが。

けど このニトリのカラボは
重いんやわ。

JK部屋のカラボは、板の内部が
スッカスカて言うんかなあ。
なんか そんな感じのヤツやから
釘を打っても ちょいグラつくんやけど
ニトリのヤツは ずっしりと中身が
詰まってる合板を
使ってるみたいやから
カラボも随分 変わったんやなーと思って。

あ、ごめんなさい、
ただそれだけの話なんやけど。

そして今回は棚板を調節できる部品は
使わんかったんやけど。


えっと今回は、背板を外した状態で
リメイクしていくんやけど
DSC06243 - コピー
これは使います。

これは背板。
2枚の薄い板をテープで止めてあったから
DSC06244 - コピー
それを剥がしてバラして使おっかなと。


はい、チェストの引き出し
作ってくよー。
BlogPaint
①387mm×262mm
②387mm×270mm
どっちも厚さ12mmの合板です。

それと③は今出てきたカラボの背面の板。
あれを286mmの長さにカットしたヤツです。


まず
BlogPaint
底板①に②をビスで打って
固定します。
矢印あたりに3か所ほど
ビスを打てばオッケーやわ。

ほんで
DSC06334 - コピー
カラボの背面の薄い板を
両サイドから釘で打てば
こうなって。

私はこの手のボックスをよく
作るんやけど、前と後ろに
しっかりとした厚みのある板を
使っておけば
サイドの板は薄くても案外 全然
ガッチリとしたボックスが出来るんやわ。

これの良いところは
材料費が安く済むってことと
ボックス全体の重量が軽くなる
てことやろか。

しかも今回使ったカラボの背面の板では
高さが足りんかったんやけど
引き出しのサイドの高さって
少々低くても、中にモノを入れた時の
総容量はそんなに変わらん気が
するんやわ。

なんやろ、ボックスの上まで
パンパンにモノを詰め込むってことも
そんなに無いような気がするっていうか。

いや、あるか。

ま、いっか。


で、このボックスを9個作るわけなんやけど
DSC06335 - コピー
採寸・カット・組み立て、
まあまあ泣きそうやったわ。


DSC06336 - コピー
やっと5個、できた。
あと4個かー。

てめ、このやろう、しんどいぞ、
ちくしょう、言いながら
DSC06337 - コピー
っしゃ、オッケーイ!


ほんで、いつも ここからやねんなー。
DSC06340 - コピー
ここからどうアレンジしていくんか。


はい、決めました。
つーか、最初からイメージは
出来てたんやけど
DSC06341 - コピー
こんな感じでいくわ。

最近 流行りの(流行り人数1名)(私)
チェック柄とペイントでいきます。

チェック柄はちょっと前にも
出てきたんやけど
DSC06030
ダイソーでこんな布が売ってたから
これをカラーコピーしたものを
使います。


ボックスの表面に
DSC06343 - コピー
ボンドをつけて
これを端まできっちり延ばして。

で、
DSC06344 - コピー
その上にコピーした紙を乗せて、


DSC06346 - コピー
まあ、手で押さえて しっかりと
貼り付けてやね。


次はペイントー!
DSC06348 - コピー
これはSTYLEのコットーーーン!

まあ、コットンやけど。

無垢の板の上にそのまま塗っていきます。
いつもやったらステインを下塗り
してからペンキ、ていうのが多いんやけど
今回は頭の中にあるテイストが
無垢のままのほうが多分
決まると思ったもんで。


はい、つーことで
BlogPaint
こんな感じで雑に塗りました。

①コットン
②ミスティーグリーン
③ミッドナイトブルー
④ダルグリーン
⑤オリーブドラブ
⑥ココア

です。

ここから さらに
DSC06350 - コピー
濃いめの色を入れたり、

ベースが濃い色のヤツには
DSC06353 - コピー
薄い色を入れたりとか。

こういう時の色の入れ方は
限りなくペンキを落とした状態の刷毛で
表面ギリギリのところを かするような
感じで塗っていくと
結構うまいこといくんじゃないかなと。

で、
DSC06357 - コピー
こんな感じで、それこそ もう
いろんな色を足していきつつ
『やり過ぎたな』ていう部分は
ベースの色を薄く重ねていくことによって
さも【デキる人】みたいな仕上がりに
なるんやけど、

あれやな、このペイント方法は
我流過ぎる上に
私の感性と感覚が入り過ぎてるから
『ふーん(-_-)』て感じで
流しといて下さい。

あ、今の写真はまだ
完成形ではないです。


そしてステンシルは
DSC06360 - コピー
こんな感じで入れてみました。
あえてキレイに並べないようにして。


えーっと中途半端で申し訳ないんですが
今日はここまでにしておきます。

これでも2記事分のところを1記事に
詰め込んだつもりやけど
さすがに全行程を1記事では
イケんかったわ。

次回は

カラボ感が微塵も感じられないような
見事な完成形、

と言って貰えたら嬉しいなあ
ていう完成形までを一気に
お届けします。


今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

今日はオリバーDIYプロジェクト
現場作業をお届けします。

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

作業するのは、こちら。
DSC05972
これは玄関ドアを開けたら
見える景色なんやけど
1番最初に現場を見に行った時、
えーっと1月末かな、の様子やから
現場もまだ綺麗やわ。

ここから1ヵ月ほどかけて
私とよっちゃんで作業をしていくうちに
現場も段々ぐちゃぐちゃに
なってきた、ていうんじゃなくて
この写真を撮った時って まだ
照明とかエアコンとか建具とか
いろんな業者の方が
入ってない状態の時やから
この1ヵ月ほどの間に
まー、いろんな業者の方が
入れ代わり立ち代わり出入りして、
しかも今回の豪雪で身動きが
取れん日が何日もあったから
業者さんの作業も ものすごい押してて
2月は、巻いて巻いてで大騒ぎな
感じやったわ。

現場作業の1発目は玄関の壁。

あ、この玄関は、こちら。
Screenshot_20180126-201253
このメンズライクな棟の玄関です。

で、今回のご依頼は

メンズライクな棟とレディース仕様の棟、
同じ敷地内に2棟のアパートが
建ってて、2階建てのメゾネットタイプの
部屋が各棟4部屋、つまり
全部で8部屋あるんやけど

その中の
メンズ棟1部屋・レディース棟1部屋を
ペイントや雑貨でデコレーション
して欲しい、ていうもので

オリバーさんから具体的に
要望があったのは

・手掛けるのは計2部屋だけど
できれば玄関だけは
統一した何かがあったらいいなあ

・どんな風にデコってもオッケー。
とにかく見る人に『わあ!』て
インパクトを与えられるような
そんな空間にして欲しい

・業者には出来ない、手作り感のある
空間にして欲しい

・全部屋の表札を作って欲しい

・展示会用の看板を作って欲しい

・展示会用のガーランドを
作って欲しい

こんな感じです。

で、作業を開始する前によっちゃん
『構想も進行も全部マカさんに任せます。
私は助手だと思って下さい』と。

よっちゃんオリバーDIYプロジェクト
記事でも書いたけど
すでに色んな物件のリノベを
手掛けてる人なんやわ。
に対して私は これが初めてやん。
だから もう、大先輩なわけで。

そんな私に『任せます』って言う
よっちゃんの人間性ね。

だからやっぱ
そう言って頂いたからには
『マカさんに任せて良かった』と
思ってもらいたいやん。

てことで この1ヵ月は
疲労とプレッシャーで
おかしくなりそうなほど
頭の中を常にフル回転させてた
気がします。


はい、玄関いきまーす。
BlogPaint
これはA4のコピー用紙54枚を
貼り合わせたものです。

どんなテイストにしたいですかって
オリバーさんに伺ってた時に
何回も【英字】とか【ステンシル】ていう
言葉を言われてたから、

よし ほんなら今回は
英数字テンコ盛り盛りで
いこうやないかと。

やっぱ見た瞬間に分かりやすく
『わあ!』て思わせられるのって
英数字がインパクトあるわなと。

てことで玄関には
インパクト大なコンテナ風の
デザインをペイントすることに
したんやけど、
これ、縦6枚・横9枚で
もーね、こんだけでっかいと
頭の中のイメージ通りに
仕上がるんかどうか
ほんまに想像がつかんねやわ。

54枚の紙を貼り合わせるだけでも
どっかから斜めになってきたりで
うまいこといかんし
『こんなん、ほんまに描けるんやろか』
と思いながら家で貼り合わせてて。

ほんで、今の写真の
赤い矢印のところに
文字を切り抜いた残骸が写ってるんやけど
最初は、
BlogPaint
切り抜く予定ではなかってん。
こんな巨大なもんを切り抜くのは
大変やし、と思って。
だから【ここ】って書いたところに
カーボン紙を挟んで
英数字の輪郭を転写して
ペイントする方法で書くつもりやって。

あ、カーボン紙は
当然こんなでっかいカーボン紙が
あるはずは無くて、
これはよっちゃんが家で
貼り合わせてきたヤツで。

で、この写真では何も文字が
書いてない白い紙に
見えるかもしれんけど
ちゃんと書いてあるん。

あのー、インク代を節約するために
輪郭だけの英数字が印刷して
あるから、ただの白い紙に見えるわ。

で、セットして
『よっちゃん、あとはお願いします!』
『はあ~い!』
て作業し始めて すぐに
『マカさ~ん!』ゆーて。

え、なになに、て見に行ったら
この壁面て木毛セメント板ていう
ヤツなんやけど
表面がかなりデコボコしてて
カーボン紙が全然写らんねやわ。

現場作業って必ず
こういう予測不能なことが
つきものやなー。

けど こうなったら もう
切り抜くしか方法が無いなあ
て言うてる矢先から
DSC06119
よっちゃんは手持ちのカッターで
すぐに切り抜き始めてん。

この時、外は大寒波やわ。
大寒波なのに玄関を開けて
作業してるのは なんでかって言うと
玄関ドアを閉めたら真っ暗になって
作業が全然できんから。

写真なんかでは伝えきれんくらいの
極寒の中で黙々と切り抜くよっちゃん。
それはもう根性でしかないな。

で、とうとう全部切り抜いたのが
DSC06245
さっきの写真やわ。

ステンシルって普通
ポンポンと叩いて塗料を
乗せていくんやけど
これは紙がフワッフワしてるから
そんなやり方ではできんから
DSC06271
結局、切り抜いたところを
ガイドにしながらフリーペイント
していく感じ。

よっちゃんはフリーペイントの
技術がね
DSC06273
ずば抜けてるんやわ。

あ、今更やけど よっちゃんは
見ての通りアホほど美人です。

もー、男性読者の皆さん、
すーぐ 拡大とかするー。
拡大も待ち受けも、あかんでー。


写真ではサクサクと描いてる
ように見えるかもしれんけど
この壁面、
DSC06246
こんなんなってんねん。

で、ここに
DSC06247
よっちゃんが こうやって
フリーペイントして
紙をめくってみると、

DSC06248
こーやもん。
技術のレベルにビビるやろ。

で、ステンシルって
4とか0とか、真ん中が空洞に
なってるような英数字は
その空洞の部分を残しておくように
せなあかんねやけど
今回みたいなでっかい紙を切り抜くに
あたって、そんなことまで
やってられんわと。

仮に やったとしても
いちいち その部分が切れたり
破れたりして余計面倒なことに
なりそうやなと。

だもんで、空洞になってる部分は
よっちゃんの感覚で
目で見ながら描いてくれんやろか
て提案した結果が、

こちら。
DSC06249
4と0。
輪郭は切り抜いてあるけど
真ん中の部分は紙を残してない状態で
フリーペイントして、

紙をめくったら、
DSC06250
こうね。
ほんまビビるわ。

どうやって描いてんねやろ
と思って、何べんも間近で見たけど
どうやっても へったくれも無くて
ふつーに筆で描いてんねん。

それでこの仕上がりには
絶対ならんからね、凡人は(私含む)。

ということで極寒の玄関に
よっちゃんの渾身の
ペイントが完成です。
DSC06743
やーん、泣ける。
こーれはヤバい。


で、玄関だけは
全部屋 手を加えて欲しいていう
ご依頼やったから、

さっきの一面だけでも
凍え死にそうやったというのに
気力を振り絞って よっちゃん、
隣の部屋にも描いてくれました。
DSC06338
あー、泣ける。

隣の部屋は また違った壁面
なんやわ。
これはOSBボードね。

いや、メンズ部屋あと2つにも
同じデザインを描くんかー、
同じデザインを4回も描くなんて
いくらなんでも気の毒やなあ、

と思って

せめて気分転換になるようにと
違うデザインを急遽 考えて
また54枚貼り合わせて、
1発目はよっちゃんが根性で
切り抜いてくれたから
今度は私が切り抜いて礼儀を
見せなあかんな、てことで、
DSC06339
その隣の部屋は違うデザインで
無事、完成。

こっちは飛行機のチケット風です。

あと ひと部屋の玄関も
このデザインで仕上がってるん
やけど、ごめんなさい、
写真を撮り忘れてしまいました。

しかし何べん見ても
恐ろしく美しいペイントやわ。
しつこいけど中が空洞になってる
文字は全部、よっちゃんの
感覚で描いたヤツやからね。

顔も美しければ
ペイントも美しいって
どういうことなん。


はい、現場作業の第一弾は
玄関ステンシルの様子でした。

オリバーネタ、まだまだ続きます。

今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

んー、眠い。
っしゃ、記事書きまっせー。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

前回は
DSC06184
こんな すのこを4枚作って塗装して

DSC06204
脚を塗ったとこで終わってたので
今日は すのこと脚の組み立てから
完成まで一気にいきます。

あ、前回の記事で
すのこの作り方とか
結構 詳しく書いたので
参考にされたい方は見てみて下さい。


えっと、脚からやな。
脚の下から
DSC06207
何センチのところに
すのこを つけたいかを決めたら
そこに鉛筆で線を書いて。

そして
DSC06208
脚に2か所、ドリルで穴を
開けるやん。

ほんで
DSC06209
まずは1番下の すのこを
固定します。

この時、どこを目がけて
ビスを打つかと言うと
すのこの角材目がけて。

で、反対側にも脚をつければ
DSC06210
ひとまず こうなるやん。

で、また、下から何センチのとこ~
とかって線を書いて
今のくだりを繰り返していくと
DSC06212
こうね。

ここ、折り返し地点やわ。
あと ひと息、がんばってこ。

脚が固定されてる部分を
えいや、と上に来るようにして
反転させて、
また同じ流れを繰り返していけば、
DSC06213
はい、見えてきたよー。

あ、後ろにチラっと見えてるのは
オーダーの最終の方のぶんです。
この時、2月初めかな、まだオーダーの
残りぶんを同時進行で作りながら
やってたもんで。

つか、これ、すのこ自体が
結構 重いんやけど
それを4本の角材で固定しただけで
ガチっと来るもんなんやろか。

不安やわー。

けど私の頭の中では
理論上、上手くいくはずやねん。

どやろか。
DSC06214
よっしゃ、ガッチガチやーん!

で、1番上にも
DSC06216
ドリルで穴を開けて

ここにも
DSC06217
角材をつけたら
いい感じかなと。

あ、これは昨日の記事の中で
採寸を書いた写真が
出てきたかと思うんやけど
そこには入ってない角材です。

忘れててん。
で、この時慌ててカットして塗って
ドライヤーで乾かした、ちゅーに。

長さは350mmです。
つまり、すのこで使った角材の
長さと一緒なサイズです。


あとは、これ。
DSC06219
ダイソーで買った木粉ねんど。
これを細長く丸めて、


DSC06220
ドリルで開けた穴に詰めていきます。


DSC06221
細い棒みたいなんを使って
ギュウギュウと押し込む感じでね。

ひと晩経てば、ねんどは乾いて
カチカチになってるから
そこに黒のペンキを塗っておけば
オッケーですよっと。

さてと、このままシンプルな
ラックで完成でもいいんやけど
今回は、パっと見た時に
『わーかっこい~!』て思って
もらえるようなモノを作りたいから、
DSC06224
色とかステンシルとかで
ちょっとアクセントをつけてみよか。

まー、迷うわ。
色の組み合わせも無限大やし
そこに どうステンシルするんかも
これまた無限大やん。

はい、決めました。
DSC06226
このラインナップでいくわ。

左から、
・ダルグリーン
・ミスティーグリーン
・オリーブドラブ
・ゴールドカーキ


ちょっと見切れた感じで
DSC06227
矢印の形に塗りたいから
こんな風にマステを貼って。

で、
DSC06228
塗っていくやん。
丁寧な塗り方じゃなくて、まあザザっと。

STYLEは乾きも早いから
塗ったらすぐにマステを剥がして
オッケーで。

どうでしょうか。
DSC06230
はい、おっけーい!

次はミスティーグリーン。
DSC06231
全部の板に塗るんじゃなくて
部分的に、これもまたザザっと。


他の色も塗っていったら、
DSC06236
ひとまず こうなって。

で、古材風にしたいから
DSC06232
工具棚にあった金具を使って
今 塗ったペンキをギコギコと
削っていくと、

DSC06234
こんな感じでサンダーとはまた違った
エイジング感が出せるんやわ。

これ ほんまはスクレーパーていう
道具を使えば もっといい感じに
なると思います。

で、仕上げに
DSC06239
ステンシルを入れれば完成。


完成写真、
何枚か お付き合い下さい。
DSC06461
天候の悪い日に撮ったから
写真がいまいちで すみません。

で、このラックは
DSC06463
オリバーDIYプロジェクト
メンズ部屋の玄関に合わせて作ったから

DSC06467
1番下の段は、雪国には必須な
長靴が置けるような高さに
設定してあって、
その上にはメンズのブーツ、
その上には普通のスニーカーとか
サンダルとか。

一番上の段には普段使いの
靴を置いてもいいし
男性やったらバイクに乗る人とかは
メットとか?そんなんも置けたら
いいんちゃうかなーと思って。

さすがにウチの父ちゃんの
こ汚い靴をそのまま置くのは
気が引けたから
DSC06471
新聞を敷いて靴を置いてみたけど
靴を置いても ちょい見えする
ペイントとかステンシルが
メンズっぽくて いい感じかなと。

あ、けど、このラックは
小ぶりやから、別に靴に限らず
DSC06464
リビングとか寝室に置いても
何かと使えるかと思います。

これを撮影した日が
ほんまに天気の悪い日で、
けど、天気のいい日を待って
いられるほど時間に余裕も無いし
しゃーない、今しか撮る時ないな
と思って撮ったんやけど、

個人的に
DSC06466
この写真がなんとなく好きです。

はい、以上です。


うひょー、超絶 長い記事を
書いた気がするわ。

今週はオリバーDIYプロジェクト
いよいよ大詰めやから
もうちょい頑張ります。

あ、これまでに作った家具は13点。
他にも小物とか壁塗装とか
ネタは山積みやわ。

興味ない方は
面白くないかと思いますが、
興味ある方は
3月中旬に内覧会の予定やから
それまでの間、詰め込んで
お伝えしていきますので
どうぞ最後までお付き合い下さいますよう
何卒よろしくお願い致します。


今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

羽生くんね。
いやー圧巻、王者降臨、泣いたわー。

羽生くんも そうやけど
宇野くんも素晴らし過ぎた。

しかし真央ちゃんの あの
日本中を激震させた渾身のフリーから
もう4年が経ったんやなー。

4年前の真央ちゃんのフリーは
夜中やってんな。
私はまだJS(小1の次女)が
ちっさかったから育児で疲れてて
夜中の演技は
タイムリーでは観れんなあと。
ましてや前日のショートでは
まさかの16位と
大きく出遅れてしまったから
そのモチベーションから
フリーで盛り返すなんて
まず難しいやろなと。

ところが どういうわけか
真央ちゃんのフリーの日は
たまたま夜中のトイレで起きて
タイムリーで観ることが出来てん。

スポーツ選手のひたむきな姿で
心が震えることは今までにも
何度もあったけど
真央ちゃんのあの演技ほど
鳥肌が立ったことは無かったかもしれん。


日の丸を背負った選手たちの
懸命な戦いぶりには ほんと敬服やし
ただただ心を持っていかれます。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

いよいよオリバーDIYプロジェクト
大詰めに入ってきたんやけど
これまでに作ったものや現場の様子など
まだ全然伝えきれてないので
ちょっと飛ばし気味に記事上げてくわ。

こちら。
DSC06460
現場にあった余材だけを使って
こんなラックを作ってみました。

今日はこのハウツーです。
DSC06159
これは全部、現場の余材。
なるべく現場で余った木材を使って
作れるもんは作っていきたいなと。

で、必要な枚数を
カットしてサンダーをかけて。

この作業、大寒波のカーポート内で
やってるから、カメラをちょっとズラして
撮ればブリザード真っ最中やわ。


はい、
BlogPaint
①と②は
30×40mmの角材で
③は
55×15mmの板です。

まず②と③を使って
すのこみたいなヤツを
作っていきます。
DSC06166
②を2本こんな風に並べて、

で、
DSC06167
ます③を1本だけ置くやん。

この時に
DSC06168
角がきっちりと合うようにして。


そしたら
DSC06169
下穴を開けて

DSC06170
まず1本だけビスを打って。

それを両方にやると
DSC06173
こうなるんやけど
この時点ではまだ、角材はグラグラと
動きます。動いて正解やわ。

次に③をもう1本
DSC06174
また端をきっちりと合わせて置いて、


DSC06175
で、また同じようにして
1本だけビスを打って。

これでもまだ
DSC06176
こんな風にグラグラで正解です。


はい、今度は真ん中ー。
DSC06177
これでもまだグラグラ。

ほんで次に打つ板は
DSC06178
完全に目分でオッケー。
なぜなら、この隙間をわざわざ
定規で測る人なんて、おらんやん。


で、
DSC06179
ここまで全部の板を
両端1本だけのビスで固定したら
こんな感じになるんやけど
この状態でもまだ、横からクイっと
力を入れれば ひし形に変形します。

ここで初めて
DSC06185
両端に2本目のビスを打つんやわ。

なんでこんな方法にしたんかと言うと
このほうが確実に正確な
すのこが作れるから。

えーっと、1発目の板の両端を
2本のビスで固定してしまったとしたら
2枚目3枚目の板を合わせようと
思った時にね、ちょっと合わんとか、
そんなことになる場合があるんもんで。


てことで
DSC06184
こんな すのこが1枚
できました。

これをあと、4枚作るよー。
作るからねー。←
DSC06186
はい、できたよー。←


次はこれを塗装します。
DSC06188
ニッペWOOD LOVEシリーズの
水性オイルステイン
、ウォルナットを
布に浸み込ませて
擦り込むようにして塗って。


これさあ、組み立ててから
思ったんやけど
DSC06189
すっごい塗りにくいわ。
組み立てたあとに塗るのは
やりにくそうやなと思うもんに
関しては、組む前に塗っとくべきやな。

と、3年ほど前から思いながら
元気に生きてます。←

だって もう
DSC06193
ここなんて黒で塗る予定やったから
こうなったらもう
はみ出さんように慎重に
塗っていくしかないやんなあ。

マスキングをするっていう
素晴らしい方法もあるんやけど
ごめんなさい、時間と疲労との
戦いやもんでマスキングは
出来んかったわ。

いや、しかし、
BlogPaint
ここ、どーしよ。

と思いつつも
これまたマスキング無しで
DSC06200
涼しい顔で塗ったったわ。

なんなら『ドヤ』ていう、
してやったりな顔しながら。
(なんーにもドヤではない)
(組み立てる前に塗装してない時点で
コケてるからね)


すのこを塗装したら
次は脚ー。
DSC06204
脚は組み立てる前に
塗りました。

真顔で。
(どうやらさっきの すのこ塗装が
結構ツラかったらしい)

使ったのはニッペSTYLEの黒ね。


んー、記事が長いな。
巻きでお届けせなあかんねやけど
今日はここまでにしておきます。

次はこれを組み立てて
完成です。


今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

うちのJS(小1の次女)がね
月9のドラマ、海月姫にハマって
毎週観てるんやわ。

たいてい私が夕飯作ってる時に
録画したヤツを観てるから
私も なんとなく観てて。

で、観てないっていう方に
主たるキャストだけを説明しとくと
芳根京子ちゃんが主演で
お相手は瀬戸くん。

瀬戸くんて、あの ほら、
インテリア好きたちの間で
話題になった
NHKのグレーテルのかまど。
そのスタジオのセットが
くそオシャレやってことで
話題になった頃から
個人的に瀬戸くんは好きやったんやけど、

今週の話の最後らへんでね
瀬戸くんが芳根京子ちゃんに
不意打ちのキスをするわけよ。

それを観てた時の
我が家の様子。

不意打ちのキス5分前。

・私→夕飯を作りながら
ちょいちょいドラマを観る
・JS→お人形遊びをしながらドラマを観る
・JK(高3の長女)→珍しく
たまたま家におって
ほんで たまたま2階から下りてくる

3分前。

ドラマの流れ的に
これはもしや来るな(不意打ちのキスが)
ていう雰囲気が高まって。

そのあたりから
うちの女子3人(当然私含む)(←)
は全員 画面に釘付けになって
動きが止まる。

からの、予想通りの不意打ちのキス
が来たもんやから
女子3人で『キャー♡』ハモったわ。
(↑内1名は41歳)

けど、キャー♡の歓声に
ふさわしいのはJKだけね。
JSは まだ小1やのに、キャー♡て。
3回ほど巻き戻しまでして観てたわ。

そして私。
この3人の中ではキャー♡の
適応年齢から最も除外なくせに
誰よりもでっかい声で、キャー♡ね。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
DSC06006
これは全部ダイソー産。
200円商品があるせいで
10枚で1200円やけど
これを1200円には見えない
クオリティーにリメイクできたら
いいよねー。←


はい、いきまーす。(だからどこに)
DSC06007
フレーム以外の部分を
外して並べて、

DSC06008
まずは液体ミッチャクロンを塗ります。

あ、缶にはリメイクシートを
貼ってあるからシュッとしてるけど
ほんまは、

↑こんな缶です。

で、うっかり、ミッチャクロンを
筆で塗ってしまったんやけど
ミッチャクロンて水性じゃないから
水道水で洗い流すことは出来んねやわ。

なら どうするんかと言うと
専用の液体を使って洗うんやけど
私はそんなん、持ってないし
どうにもならんから
この後、あの筆は泣く泣く捨てました。

やってもたわー。


で、
DSC06012
ザラザラベースを塗って


それが乾いたら
DSC06025
また、これでいこか。
ニッペPAL
オールドブロンズていう色と
シャンパンゴールドていう色を



DSC06026
交互につけながら塗っていきます。
要は適当に塗っていく、てことやわ。

そしてこのフレームにも
DSC06023
PALを塗って。
もはや筆に塗料を乗せる工程すら
省いて、ダイレクトでフレームにね。

PALは ちょびっとつけただけでも
DSC06024
すごい伸びるんやわ。
これはオールドブロンズ。

それが乾いたら
DSC06027
今度は凹凸のある模様の部分に
シルバークイーンていう色を塗って。


あとは
DSC06018
また別のフレームにも
シャンパンゴールドと
シルバークイーンを
それぞれ塗ってみたりとか。

他には
DSC06013
グラフィティペイントの赤で
錆っぽく塗ってみたり

DSC06014
さらにはSTYLEのココアも塗って
みたりして、なんせ10枚を一気に
ビンテージ風にペイントしてるから
どれに何塗ったんか
このあたりからワケ分からんように
なってます。

もう、技ていうよりも感覚やな。


そんなこんなで
DSC06045
フレームのリメイクは
これでオッケーで。

あとは仕上げに
DSC06046
いつものウレタンニスを塗っておけば
せっかくの塗装が剥がれてくることも
無いですよーと。


あ、これは水性やからミッチャクロン
とは違って、全然ふつーに
水道水で洗えます。
今更やけど。

自分がヤラかしたからゆうて
皆さんも間違うことがあるんじゃ
ないかていう、余計なお世話ね。



DSC06061
こういうポスターを作って
A4用紙に印刷しました。
使ったのはダイソーで7枚入りの
マット紙です。

あ、英文は
錆びたクズのように愚か者であれ
みたいな意味です。

これを
DSC06062
紙やすりで やすって。


さらに
DSC06063
これ、何をしてる写真か
いまいち分かりにくいと思うけど
黒い手袋をはめて
布につけたステインを
塗ってる様子です。

このA4のポスターは
DSC06042
A3のフレームのボードに
グラフィティペイントのグレーを
雑に塗った上に貼ろうかなと。

ポスターを両面テープで貼れば
DSC06065
こんな感じ。


あとは、これ。
DSC06030
ダイソーに こんな可愛いチェックの布が
売っててん、年末頃に発見したんやけど。
いつかどっかで使いたいなーて
ずっと思ってて。

他にも可愛い柄の布が出てたわ。

で、これをね
DSC06031
A4サイズとA3サイズに
コピーして。

普通にダイソーのコピー機に
布を乗せてコピーすれば
布でも全然キレイにコピーできるんやわ。

で、コピーしたままやと
ちょっとテカテカしてるから
DSC06068
また紙やすりで やすれば
いい感じにエイジング感が出るかなと。

このチェックに合わせようと
思って印刷したのが
DSC06066
これ。

これもエイジング感が出るように
軽ーく やすって。

ほんで
DSC06067
はさみでカットして
さっきのチェックの上に
ボンドで貼っちゃえば
メンズ感が強めなフレームに
なるんじゃないかなと。


はい、全員完成です。

こちら。
DSC06309
うん、かっこいい感じに
なったんじゃないでしょうか。

あ、Nのオブジェも
ダイソーのリメイクで
前回の記事にハウツーを
載せてあります。


寄りの写真、連発でいきまーす。
DSC06303


DSC06304


DSC06305


DSC06312


しつこいけど
引き、もっかーい!
DSC06311
どうでしょうか。
メンズライクになってるやろか。

もちろん全部オリバーDIYプロジェクト用に
作ったものです。
1000円ちょいで これだけ作れたら
結構お得感、あるな。

最近の100均はクオリティーが
高いから、そのままでもええんちゃう
て思うようなもんも たくさんあるけど
でもやっぱ、手を加えるのと
加えないのとでは、かなり違って
くるんじゃないかなーと。


はい、以上です。

今日も最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

もー、寒波はええってー。
何ラウンド目?
雪と寒さが無かったら
何においても絶対もっと
身軽やと思うわー。

けど、あれやな。
SNS見てたら晴れてるとこは
晴れてるんやなあ。

で、今季の寒波は
北陸3県(福井・石川・富山)が
襲撃を受けることが多くて。

中でも福井は大打撃を受けて
今も除雪が追い付かなくて
依然として大変な状況が続いている
ようで、その様子がニュースでも
流れてて。

ほんで【続いては金沢です】ゆうて
石川県の大雪の様子も流れて。

んで、もちろん ここ富山も
ほんまに大変なんやわ。
連日の大雪で。
雪国でありながら休校になるって
よっぽどのことやもん。

ところが金沢の次は
【続いては新潟の様子です】て
飛ぶんやわ。

えっと、地図上で言うたら南から
福井→石川→富山→新潟
の順なんやけど
絶対 富山は飛ばされるねん。

んもー、なんやねん。

けど これ、毎度のことやわ。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日は こちら。
DSC06287
この でっかいN。
これはダイソーの工作ボードで
作ったヤツなんやけど
久々にゴリゴリな男前雑貨です。

はい、そうです、
オリバーDIYプロジェクトに向けて
作った雑貨です。

今日はこのハウツーをお届けします。


用意したのは こちら。
DSC06075
もっと普通の工作ボードで
良かったんやけど
近くのダイソーに これしか無くて
他の店を探してる暇も無いし
もう これでどうにかするわ、と思って。

【貼れるボード】て書いてあるけど
貼れる面を使う予定はないです。


マス目のシートが貼ってある裏面に
DSC06076
適当な感じでNを書いて。

ほんで
DSC06077
何べんも要らん線を書き過ぎて
どの線がほんまか分からんように
なってきたから青マジックで
正解の線を書いた、ちゅーに。

で、
DSC06078
カッターでカットします。
素材は発泡スチロールやから
全然簡単にカットできます。

すると
DSC06079
こうなって。

いや、ちょ待って。
私が使いたいのはシールが貼ってある
この裏面じゃなくて、
DSC06080
こっちの表の面を使いたいねん。
どーしよ。

で『ひょっとして上下逆さまにしたら
ちゃんとしたNになるんちゃう?』
と思ってクルっと反転させた結果
この写真と同じ形になって
『そら そやわなー、あはは』と。

当たり前やけど
全然、ひょっとせんかったわ。
頭、悪っ。

けどシートが貼ってある面は
ツルツルしてて塗料が乗る感じでは
ないんやわ。

もう、しょーがないから
DSC06081
シートを剥がして

家にあった
DSC06082
黒い画用紙をわざわざNの形に
カットして上から貼った、ちゅーに。

【貼れるボード】が
思わぬところで役に立って
とっても嬉しかったです♪

んなわけあるかいな。

あー、腹立つ。

つーことで皆さんは
マス目のところに下書きする時は
文字を反転させて書いて下さい。
もし良かったら。←


はい、次は
DSC06083
ボードの余った部分を四角にカットして

さらに この四角の
DSC06084
四つ角を はさみで切り落として
さも、丸、みたいにします。

これを
DSC06085
どんどん貼っていきます。

シートを剥がせばシールになってるから
ここでは【貼れるボード】の力が
存分に発揮されました。

おめでとう。←


そしたら
DSC06086
まあ、黒い画用紙とは言え
やっぱ画用紙感は丸見えやから
ニッペSTYLEの黒で全体を塗って。


すると
DSC06094
まずは、こうね。

ここに錆塗装を加えれば
もう完成なんやけど
また一つ、ヤラかしたわ。

ゴツゴツとした鉄っぽい質感を
出したかったのに
ザラザラベースを塗るのを
忘れてたやん。

どうしよ、このままいこうか。
いや、手抜きはあかん。
ザラザラベースを塗る・塗らないでは
仕上がりが全然変わってくるもんな。

てことで
DSC06095
ザラザラベースを塗ってやね。

どやろか。
DSC06096
うん、引きの画では
あんまり分からんな。

けど近くで見るとね
DSC06098
こうやもん。
ザラザラベースの威力よ。


他にもザラザラベースで
作ったモノたちを見たい方は
👇こちらから。

■【簡単リメイク】ザラザラベースと麻紐とウッドビーズが相性抜群!かっこいい+かわいい+おしゃれな鉢ができちゃった←
■よくある素焼きの茶色い鉢がザラザラベースでモルタル風に3up!


ほんでザラザラベースが乾いたら
DSC06099
またSTYLEの黒を塗って。

んもー最初っからザラザラベースを
塗っておけば こんな二度手間は
せんで済んだのに。


そして仕上げの錆加工に使ったのは
これ。
DSC06100
グラフィティーペイントの29番、
朱色みたいな赤と、ニッペPAL

まずは
DSC06101
グラフィティーを ちょっとだけ
スポンジにつけてポンポンと
叩くようにして塗っていくと、


DSC06102
うん、いい感じになってきました。

さらに
DSC06103
丸ではないけど
丸いところには
PALのオールドブロンズを
ちょっとだけスポンジにつけて
これまたポンポンと軽く押してって。

他にもPALを使ったアンティーク風な
塗装を見たい方は👇こちらから。

■フィッシャーマンズのライトを思い切って塗ったらすごいカッコ良くなったー
■ダイソーの瓶やらキャンドゥの鉢をアンティークでかっこいい雑貨にリメイク!


で、仕上げに
DSC06104
ニッペの水性ウレタンニスを
塗っておけば、丸ではないけど
丸いところがポロっと取れてきたり
せっかくの錆塗装が剥がれてきたり
そんな心配は無いですよーと。


なんかもう、さっきから
ニッペ祭りやな。

へい。←


てことで、完成です。
DSC06288
どうでしょうか。
もう、アイアンにしか見えない。
もう、あなたしか見えない。

いや、一つ、ごめんなさい。
実は最後に塗ったニスがね
ツヤ消しとツヤあり、私は
両方を持ってるんやけど
間違えてツヤありを塗ってしまってん。

せやから、その名の通り
ツヤツヤになってしまったんやけど
そこは目をつぶって下さい。

そこさえ目をつぶれば
DSC06290
もうアイアンにしか見えんもん。
ゆーか、本物のアイアンだって
ツヤがあるものも、あるやろ。

つまりはツヤありでも
何の問題も無い、ゆーことやな。
(ミスった箇所を なんとか肯定
したいというDIYあるあるね)


近くで見ると
DSC06291
うん、手抜きしようかと一瞬 迷った
ザラザラベース。
やっぱ塗って良かったー。


たった100円で
DSC06285
引きで見ても この存在感て
すごいな。


はい、今日は以上です。

で、オリバーDIYプロジェクトに向けて
ゆっくりまったりと これ一つを
仕上げました、なんて
そんなわけがなくて
プロジェクトも中盤に差し掛かった今、
家中、オリバーフェアになってます。

オリバーさんからは
現場の様子や作業工程を
発信することに関して
『全然オッケー』と快諾を戴いてるので
写真とか記事を書く余力とかが
整い次第、お届けしていこうかなと。

けど、こんな、ヤラかしまくりの私に
舞台裏を見せてもいいと
言って下さったオリバーさん、
太っ腹です。


今日も最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

粘着シート ドイツ製 d-c-fix 木目柄 大理石柄 白 黒 巾90cm × 210cm
価格:1728円(税込、送料別) (2018/2/12時点)



はい、どうも。

オリバーDIYプロジェクト
中盤に差し掛かり、
JK(高3の長女)の受験も
いよいよ佳境に入り、

なかなかワッショイな日々を
送ってます。
(ワッショイな日々)


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はハウツーは無いんやけど
ちょっとずつ改造していった
工具収納棚のビフォーアフターを
お届けします。

こちら。
BlogPaint
グレーに塗ったリメ缶。
これがどうにも変やったもんで、

DSC05615
最近 私の中で流行りの
ペイント+布でリメイクしました。

使ったペンキはいつもの
ニッペSTYLE
これはココアていう色やわ。

で、布はボンドで貼ったんやけど
布の周りが ほつれてきたりするのを
防ぐために、


布のとこだけ↑これを塗ってます。
これ塗ったらガッチガチになるから
拭き掃除もできるしね。

この缶を拭き掃除する時が
いつになったら来るんかは
分からんけど。


あとは
DSC04668
ここは ひとまず紙袋で
どうにかしてたんやけど、

紙袋を
DSC05616
ココアで塗ってボンドで布も貼って。

左の箱は、だいぶ前に作った箱を
再利用してSTYLEのムーンイエロー
ていう色で塗って、また布を貼って。
あと、ステンシルとかも入れて。

このムーンイエローていう色。
かわいいわ。
DSC05618
紙袋に雑に塗った感じも また
なんか可愛い気がする。


あとは
BlogPaint
あの箱にはメジャーとかを
入れてるんやけど、

あれを
DSC05619
STYLEのミスティーグリーンていう
色で塗って、これまた布も貼って。

この箱って
DSC05621
木で作ったんじゃなくて
元はお菓子の箱やってん。

そこに、底面以外の全部の面に
薄いベニヤ板を両面テープで
貼っただけの箱なんやけど
ちょうどいい大きさやし
使えるもんは使おうと。
DSC05622
maca Productsはステンシルやけど
その上の小さい文字は
筆で描いたったわ。
みすぼらしくて切ないな。


そして
BlogPaint
ノコギリの持ち手とタッカーの色。
これをどうにかしたくて
黒のアクリルスプレーで
塗装しました。

やっぱスプレーは強いわ。

プライマーとか なんにも下処理
してないのに、ガンガン使っても
全然 塗装が剥がれんもん。

あ、ノコギリとタッカーの養生の仕方は
ハウツー写真が無いから
文章だけで説明すると、
ノコギリは刃の部分にスーパーの袋を
被せて、口をマステでぐるぐる巻きにして。
タッカーも塗りたくないところに
ビニール袋を被せて。

それを段ボール箱の中に入れて
スプレーしました。


あとは前回作ったビット挿しを置いて
DSC05597
やーん♡て なったりとか。

ビット挿しのハウツーは
👇こちらから。
■端材で電動ドライバーのビット挿しをDIY・これ便利過ぎる


てことで、あれやこれやと やった結果
どんだけ変わったやろか。

before
DSC04661


after
DSC05623
うん、いいと思います。
劇的ではないから
視聴者の皆さん(←)の感動は
薄いかもしれんけど、
本人は非常に気分がいいです。

可愛い色が入ってる割には
メンズ感がちゃんと残ってる気がするし
なんやろ、なんか懐かしい感じ。


以下、たいして変わらん写真ばっかやけど
何枚か お付き合い下さい。

before
DSC04663


after
DSC05636


DSC05628


DSC05633
なんかさー思うんやけど
チェック柄って、メンズ感、出ん?

私、ここだけの話やけど
男の人の好きな服装のトップ3に
入ってるのが
チェックのシャツなんやわ。
(知らんがな)

チェックのシャツで腕まくりとか
された日には、日村でも堕ちる。
あ、バナナマンの日村ね。

んーごめんなさい、やっぱ堕ちんわ。
(日村もお前には堕ちんわ)

いや ほんま、ここだけの話に
しといて下さいね。
そうしないと男性読者の皆さん、
明日から全員 揃いも揃って
チェックのシャツ、着だすから。
(男性読者の皆さん→(-_-))


はい、そんな感じです。


今日も最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。


今日はこちら。
DSC05607
電動工具を挿して収納できるヤツ。

これはもう、工具を持ち始めた頃から
ずっと欲しかって。
で、作ろう作ろうと思いながらの
この8年やわ。

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

なら今までは
どうしてたんかと言うと
DSC05586
こうね。

まず目的のビットを探す時が
痛い。毎回、痛い。

ドライバーのビットは先端が
とがってないからいいけど
ドリルのビットって
先端がツクツクやから
この中から目的のビットを
取り出そうと思ったら
いちいち痛っいんやわ。

だからフェイクグリーン挿しを
作ってる暇があったら
はよ こっちをどうにかするべきなんやけど
これまたDIYあるあるで
すぐできそう 且つ いつでもやれそう
なことって、後回しになること
結構 多くないですか。

私なんて8年もかかったー、ゆーに。

いや今回、せっかく工具収納棚も
作ったことやしね
ここで作らんかったら
またスーっと5年くらい経ってまうわ
と思って。


はい、ごちゃごちゃ言うてないで
ちゃっちゃと作りまーす。
DSC05551
まず、今持ってるビットたちを
並べて、どんだけほどの
長さの木で、どんだけほどの穴が
要るんかを考えて。

てことで
DSC05552
45mmの角材を用意して
長さは30cmほどでいこうかなと。

あ、消しゴムを入れるところ。
それも どうしても欲しいから
消しゴムスペースも考えて。

そしたら
DSC05553
こんな感じで
目で見た間隔でいいから
鉛筆で印を書いていって。

この、消しゴムを入れるところを
どんな風にしようかと色々考えて、
DSC05559
こうすることにしました。

まず、高さ1.5cmほどまで
ノコギリで切り込みを入れて。

次に
DSC05560
今度はこっち側からも
ノコギリでカットして。
(こっち側って?)
(どう言えばいいんか
分からんかってん)

そしたら
DSC05561
こういう感じでカットできるやん。

ここに
DSC05562
どっかそこら辺に転がってる端材を、

置いてみると、
BlogPaint
いいやん♡

普通、こういうコの字の形に
カットしたい時って
ノミていう道具を使って
結構高度な技を使わなあかんねやけど
今回は強度も要らんし
ただ くぼんでる部分が欲しかった
だけやから、これでオッケーやろ。


で、
DSC05564
穴を開けていきます。
使ったビットは8mmです。

今回、穴に立てたいものの中で
一番太いのが鉛筆なんやけど
鉛筆の直径が7mmやったから
それよりもギリ大きいサイズにしました。
あんまり大きい穴を開けると
それはそれでビットがグラグラして
傾くのもアレかなーと思ったもんで。

で、開けたい穴の深さのところに
マステをぐるぐる巻きにしておきます。

1巻き、ぐらいやと
穴を開けてる間に
ビットの高速回転にマステが
負けてしまって、マステがすぐに
ピローンとめくれてきて
しまうんやわ。

せやから結構ぐるぐる巻きで。

こうやって
DSC05565
穴を開けてくやん。

ほんでマステのところまできたら
DSC05566
穴を開けるのを、やめる。
そうすれば全部の穴が
同じ深さで開けられますよーと。


てか私、点々恐怖症なんやわ。

つーことで、
DSC05568
キモいー!
あー、イヤやわー。

当然、もっと開けていけば
DSC05569
キモーーーす!
あー、さぶ。


はい、そしたら、
DSC05570
使い古した感じを出したいので
ノコギリでギイギイと削っていきます。


DSC05571
結構ハデに いきました。


ここに
DSC05573
ニッペWOOD LOVEシリーズの
水性オイルステイン
、ウォルナットを
布に浸み込ませて
擦り込むようにして塗って。


塗り終わったら
DSC05574
さっきの ちっさい木片を
ボンドでつけて。

あとは
DSC05576
グラフィティーペイントのグレーを
サっと薄く塗って。

仕上げに
DSC05584
knkちゃんが作ってくれた
ハンコを押せば、

DSC05585
やん、かわゆす。←
これでもう完成です。


で、ウキウキしながら
穴にビットたちを立ててみたら
DSC05588
あー、快感♡

この消しゴムを置くところがね
DSC05590
すごい良くて。

消しゴムって意外と使うんやわ。
で、使う割には定位置が無くて
『消しゴムどこいった?』てことが
結構あって。

だからこれを作ってからは
消しゴムどこいった?が、なくなって
ほんま快適やもんね。


こんな つまらん写真じゃ
あれなんで
ちょっと頑張って撮ったぞ的な
素敵写真を何枚かどうぞ。
DSC05613
窓辺に置いた感じが、ね。


DSC05609
グリーン越しも、また。


DSC05603
窓枠ー、
ビット挿しー、
ペンキたちー、
そしてグリーン、みたいな。


はい、以上です。

余談を書く余力がなくて
すみません。

今日も最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

ちょ、ほんま、この雪 なにー?
ひど過ぎる。
気力も体力も消耗が激しいわ。

家から1歩も出られない積雪で
今日もまた先日と同様に
会社に行けない父ちゃん(主人)と
休校になった娘二人が家に居るわ。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日のネタは
ちょっと前に精神的に病んでた時に
思うがままにペイントしてみた
いろんなモノの紹介なので
詳しいハウツーが
撮ってないヤツばっかです。

そこは前もって、すみません。

病んでた時の記事は
👇こちらの後半に書いてあります。

■初心者さんの簡単DIY・1枚1000円の合板から入れ子式のビンテージボックス2個を作る!


で、ペイントしまくったのは
DSC04111
このキッズスペース。


ここの家具類を
DSC05385
こんな風に塗り変えました。

塗り変えようと思ったきっかけは
DSC05414
JS(小1の次女)にシルバニアファミリーを
買ってしまったことやわ。

前から欲しい欲しいとは
言うててん。

けど今でさえ あの手この手を使って
ピンク系を隠すことに必死やのに
こんなでっかいもんを買った日には
また収納場所を考えなあかんし
イヤ過ぎるわ、と思って今までは
『シルバニアは小さいモノが
いっぱいあるから、すぐ無くしてしまって
イヤやわ、てお友達のお母さんも
言うてたわ~』とかなんとか言うて
うまいこと買わん方向に持っていってて。

もちろんオウチを折り畳むことも
できるけど、細かいパーツを
セッティングして遊んで
毎回オウチを折り畳ませる、
ゆーのも さすがに可哀想やしなと。

ほな、クローゼットの中に
収納スペースを作ろうかと思って
ひとまずさっきのところに置いてみたら、

シルバニアって色味自体が
キンキンしてなくて
どことなくレトロな色合いやから
『え、これ、可愛いやん。
出しっぱなしでも全然イケるわ。』
と思って。


けど
DSC02316
ビフォーの部屋で使ってたテーブルは
こんなんやってん。

この男前さでは、さすがにちょっと
シルバニアは合わんな、てことで
全面をニッペSTYLEで塗り直したら
いい具合のレトロな色味に
なってくれて。

それとビフォーのテーブルは
DSC08145
こんな風に上に蓋をつけて
開くようにしてたんやけど
できれば上にシルバニアを
置いたままにしておきたかったから、

DSC05417
上は完全にビスで打って閉じて
サイドを開閉できるように
作り変えてみたら、

DSC05418
これが使いやすいのなんのって。

まあ、奥のものは若干、取り出し
にくいけど、それでも上が蓋に
なってるよりは
遥かに使いやすいんやわ。

理由は多分、上が蓋になってると
蓋自体がデカいから蓋の可動範囲も
大きくなるわけで。
なんて言うの、えいや、て
開かなあかん感じ。
そして蓋も重いし。

大人の私はそんなに不便やとは
思わんかったけど
JSにしてみれば、えいや、のくだりが
憂鬱やったらしく
気付いたらボックスの中に
なんも入ってない、てことが
結構あってん。

せっかく収納タイプのテーブルを
作ったのに、なんでなんも入れて
ないんや、て聞いたら
蓋がイヤや、て言うてたのは
そのことやったんやなと。

実際、サイドから開くようにしてからは
中に せっせとモノを入れてるもんね。
大人からしてみれば
取りづらそうな奥のモノでも
子供にとってみれば
這うようにして奥のモノを
取り出すほうがラクみたいやわ。

で、サイドの蓋は
BlogPaint
なんとかキャッチャーていう
部品が家にあったから

あ、こういうヤツ。
これを取り付けると気持ち良く
DSC05422
カチっと扉が閉まるようにしました。

うん、近くで見ても
白でもないアイボリーとも違う
STYLEの独特な色が
シルバニアに すごい合ってる気がする。

これのグレージュていう色ね。

ちなみにこのキャベツボックス風の
テーブルの作り方は👇こちら。

■子供用コロコロ付きのベジタブルボックス的な収納箱 兼 テーブルをDIY!
■②子供用コロコロ付きのベジタブルボックス的な収納箱 兼 テーブルをDIY!
■完成!子供用コロコロ付きのベジタブルボックス的な収納箱 兼 テーブルをDIY!

あとは、さっきビフォーの
テーブルと一緒に写ってた
DSC02316
奥のおもちゃ箱ワゴン。

これを
DSC05398
こんな風にしてみました。

英字を減らしてSTYLEのこび茶
ていう色で塗って持ち手も外して。

あとは最近 個人的に多用してる
布ね。

チェックとかボーダーがすごい好きで
家にあった端切れをボンドで
貼っただけなんやけど
こういう作業って無心になれて
楽しいもんやわ。

可愛いけどカッコイイ、
でいてノスタルジック、みたいな。

ペイントしてない面は
DSC05397
そのまま残してあるから
このデザインがうるさいなと
思った時にはペイント無し面に
向けて置いておけばいいかなと。

このおもちゃ箱ワゴンの
ハウツーは👇こちら。

■杉板を使ったボックス3段重ねキャスターつきの大容量おもちゃ箱ワゴンをDIY
■杉板を使ったボックス3段重ねキャスターつきの大容量おもちゃ箱ワゴンをDIY②組み立て編
■杉板を使ったボックス3段重ねキャスターつきの大容量おもちゃ箱ワゴンをDIY③はい完成!
■大容量スタッキングおもちゃ箱ワゴンの完成写真オンパレード


あとは
DSC05402
このあたりもディスプレイを
ちょっと変えてみたりとか。

これはだいぶ前に作ったもの
ばっかやなー。

nico and はniko andを
文字ったものではなくて
長い間ずっと
kじゃなくてcやと思い込んでたんやわ、
ていう話を、これが出てくるたびに
せなあかんから作り直したほうが
いいんちゃう、とも思うんやけど
そこは ほら、面倒やもんで。


最後は、これー。
BlogPaint
この棚。


これを、
DSC05410
こんな風にしてみました。

これもまたSTYLEで塗ったんやけど
扉の色は右から、
・ココア
・ムーンイエロー
・ゴールドカーキ
・オリーブドラブ
です。

引き出したちには全部
DSC05411
端切れをボンド貼ってます。

端切れを貼っても拭き掃除が
できるように、そして端が
めくれてこんようにするために


布の表面には↑これを塗ってあります。


ほんで ここだけの話やけど
この棚が気に入り過ぎて
DSC05407
あれやわ♡

あ、この棚はちょっと特別な
作り方をしてあって
初心者の方でもイケるんちゃうかなー
ていう簡単な作りになってます。

■おもちゃ収納棚をDIYで思いっきり作り変える!
■おもちゃ収納棚をDIYで思いっきり作り変える②組み立て編
■安価で画期的な可動式棚板!おもちゃ収納棚をDIYで思いっきり作り変える③
■角材とベニヤ板でフレンチシャビーな扉を作る!おもちゃ収納棚をDIYで作り変える④
■フレンチシャビーな扉のペイント方法・おもちゃ収納棚をDIYで作り変える⑤
■完成!フレンチシャビーな おもちゃ収納棚DIY!とオーダー再開のお知らせ

いや、ちょっと、
どんだけハウツー記事、長いねん。
リンク貼るのに40分もかかったやん。
腹立つわー。
(皆さん→知らんがな)


えっと、もうちょい引きで見ても
DSC05409
やっぱり、あれやわ♡

けど、ビフォーのほうが
好きやっていう声も多そうやなあ。
ま、好みやからなあ。

最近の私はどうも
こっち寄りになってきてまして。

懐かしい感じが入ってると
なんでか分からんけど
ホっとするんやわ。


てことで
DSC05391
シルバニアが出しっぱなしでも
似合うような空間になったんじゃ
ないかなと、

自分ではそう思ってます。
(誰もなんも言うてないがな)


はい、今日は以上です。

んもー、くっそ面倒くさいけど
雪掻き、してくるわ。

最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------

はい、どうも。

ちょっと、もー、
疲労で早くも喋れんように
なってきたわ。

家に居る時の口数が
少なすぎる。
(ちょうどいい)

ちょうどいい、て
どういうことや。

誰が北陸の上沼恵美子や。
やかましわ。

誰が北陸の北川景子や。

そこは、まあ、うん、せやな。
(皆さん→(-_-))


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

こちら。
DSC05375
このテカテカなミニチェストを
あれやこれやとやって
リメイクしたのが前回までの話👇。

■リサイクルショップのテカテカ激安チェストを劇的リメイクDIY
■ランダム塗装決まった!リサイクルショップのテカテカ激安チェストを劇的リメイクDIY


で、完成したのが、こちら。
DSC05847
やーん、かわい過ぎるー♡

天板の
DSC05849
このジャンクな感じが
すごい好きです。

あ、天板とか側面には
前板をペイントした時 ついでに
DSC05811
少しだけペイントしてみました。
なんでかって、なんとなく。

ここにもチラっと塗ったら
可愛いんじゃないかなーと思って。


正面から見ても
DSC05848
うん、可愛いと思います。


で、これをパソコンデスクに
置こうと思ってるんやけど
パソコンデスクがね
DSC05813
今はこんなことになってて。

最近、家のいろんなところを
改造していく中で
不要になったモノたちを
積み上げていった結果が、これやわ。

とりあえず一旦、
BlogPaint
モノをどかして。

矢印のところには元は
固定電話があったんやけど
年末にプロバイダーを変えた時に
電話番号が変わってしまう、
て言われたから外してん。

今はどの家庭でも そうやと思うんやけど
固定電話はもう ほとんど使ってなくて
公的な書面とか、子供の学校に
出さなあかん紙とか、
そこに書くためだけの体裁用の
役目しか果たしてなくて。

けど、そのためだけに番号が
変わってまで継続する必要は
ないかなーと思って。

はい、電話の話は これ以上
膨らむこともなく これで終了で、
その左側に写ってる引き出し。

これはかなり前に
DSC03989
白い段ボール箱に
ラベルを貼って使ってたヤツに、


DSC03984
薄いベニヤ板でこんなんを作って
これを箱にボルトでつけただけの
ものなんやわ。

その時の記事は👇こちら。
■ただの箱をブリキっぽく簡単リメイク!(ナウいねー)

これ↑、2年前の記事なんやけど
この時からすでにアホなタイトルを
つけてますね。

ほんでさっきの引き出しを開けた
写真をお見せして
『ねー、コレひどいでしょー』
と言いたいとこやし
その写真もあるんやけど、

んー、載せられんかったー。

あまりのひどさに。

今更 良い格好しようなどとは
思ってなくても、それでも見せれん
くらいの ひどさやったわ。

最もひどいのは
ベルマークを入れてる
キティちゃんのお土産の缶ね。

その他は、仕切りのない空間内で
なにもかもが なぎ倒されてる状態やから
今 キティちゃんが代表してひどい、
みたいな言い方をしてしまったけど
結局は連帯して全部がひどかったわ。

ごめん、キティ。←


てことで引き出しの中身こそ
見せれんかったけど
小物を入れていきます。
DSC05877
用意したのは段ボール。

段ボールを引き出しの幅に合わせて
細長くカットして。

それを
DSC05878
こんな風に山折りにして


DSC05879
両面テープを貼って止めれば、


DSC05880
ね?←

あ、段ボールって曲がりやすい向きが
あるやん。そこを利用したいから
その向きに折り畳めることを
最初から見越してカットしとくと
いいかなと。

これを引き出しに入れれば
DSC05881
やーん、0円で こんなに快適な
収納が出来てしまうなんて。

こういう商品は100均でも売ってるけど
こういうもんこそ お金はかけたく
ないからなー。

で、早速小物を入れてみたわけよ。

そしたら、
DSC05882
もーやだー♡
気持ち良過ぎる。

あ、気持ち良過ぎるって
あれのことじゃないですからね。


そんなこんなで
ウキウキしながら引き出しに
段ボールで仕切りを作って
小物を収納して、

ひとまず今あるものだけで
完成したパソコンデスク上が
こちら。
DSC05931
さっき、固定電話がどうのこうの
言うてた写真にあった棚は
外しました。

もうちょい近くで。
DSC05934
あんま変わらんな。


引きやと
DSC05929
こんな感じです。

ここからまだ手を加えていくつもりやけど
ひとまず今は、こうしとこう。


もっと引きやと、
DSC05928
こんなん。

うん、好きな感じになりました。
けどやっぱ、まだまだ直さなあかんな。


はい、今日も清楚な文章しか
書けんで ごめんなさいやけど(←)
深刻なほど寝落ちしてしまいそうやから
すみませんが今日はこれで
終わっておきます。

最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

今日から2月かー。

日が経つこと自体は早いんやけど
寒波・寒波の連チャンと
インフルの猛威とで
冬が長く感じるわー。

うちにも やって来たー、ゆーに。
呼んでもないのにインフルが。
JS(小1の次女)ね。
土曜から発症して毎日
高熱→下がる、を繰り返してるわ。

ほんでJK(高3の長女)は
本格的に試験が始まるしで
まー、いろいろ あれやわ。

え、オリバーDIYプロジェクトですか?
やってます、やってます、
全っ然 始まってます。

オーダーですか?
もうちょいでラストの方のぶんが
仕上がります。
大変お待たせして すみません。

買い物ですか?
行ってます、行ってます、
週に1回は。

夜ですか?
やってます、やってます、
週に3回は。
(多いーーー)

父ちゃん(主人)ではないけど。
(法に触れてるーーー)


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

前回の続きです。
DSC05522
こんなことになってしまった
引き出しを どうしようかってことで、


DSC05531
くっそ面倒くさいけど
杉板を2枚カットしたヤツを
ボンドで貼って、

これをね
DSC05532
ここにつければ、


DSC05535
完璧かよ。←

あ、なんでわざわざ2枚の
板を使ったんかと言うと、
BlogPaint
もしあの板が無かったら
側面の板が薄すぎて
前面の板が固定できないんやわ。

この説明、分かるやろか。

だもんで、内側に板をつけておけば
DSC05536
前面の板を こうやって
釘で固定することができる
ちゅーわけです。


DSC05537
どう、この美しさ。


てことで
DSC05538
ヤラかした引き出しも
何事もなかったかのように収まって
これでようやく、リメイクの下準備は
完成です。

で、

でー、

ここからやん。
DSC05540
ステインでいくのか
ペンキでいくのか
塗り分けするのか
取っ手はどんなんにするのか。

はい、イメージできました。
DSC05579
ステインでいくわ。

使ったのはニッペのステインの
ウォルナット。

これの良さを書いた記事は
👇こちらから。
ついに出た!ニッペから食器に使えるステイン登場・水性でイヤな臭いも無い


塗り終わったのが、こちら。
DSC05580
ノコギリでギイギイと削ったせいで
傷にステインが浸み込んで
勝手に いい風合い、出てるやん。


DSC05591
けど、このままやったら
和な感じやなあ。

てことで
DSC05592
これでいきます。
いつものSTYLEていうペンキ。

もう、こればっかやな。

使う色は
・コットン
・グレージュ
・こび茶

使う色も、こればっかやん。
相当 気に入ってる、ちゅーことです。
DSC05593
この3色をランダムに
塗っていくことにしよう。
塗り方も雑な感じで。


DSC05594
うん、いいよー。


DSC05595
やーん、かわいーい♡

あとは、取っ手かー。
色んなモノが考えられるだけに
迷うな。

迷うけど、
DSC05800
最初から決めてました。
(お見合い大作戦の告白)
(ねるとんも可)

これは見ての通り
とっても小さいカスガイ。
4本入りで120円やったかな。

小さいってただけで
女子は弱いよねー。←

で、カスガイの先端に
DSC05805
ボンドをつけて
どんどん打っていきます。

打ち込む深さは
DSC05807
これくらい。

カスガイの取っ手って
今までは散々ポロっと
外れてきたんやけど
今のとこ全っ然
外れる気配は無いわ。

まあ、引き出し自体も軽いし
中身を入れたところで
たかが知れてるから
そのせいかもしれんけど。

そして最後に
DSC05808
グラフィティーペイントの
朱色みたいな赤を

DSC05809
ちょっとずつ筆で塗っていけば
手抜きの錆塗装ができて
これでようやく完成です。

あ、こういう時(手抜きの時)は
下地にミッチャクロンも塗ってないし
上から保護用のニスも塗ってないです。

剥がれてもいい、という前提やな。


で、完成写真のオンパレード
なんやけど、これをパソコンデスク
の上に置いたので
そのビフォーアフターやら
引き出しの超プチプラ収納術も
合わせて、次回にさせて下さい。


今日も最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

なんかさー
毎日いろんな残酷な事件、
あるなー。

社会全体が生きづらい構図に
なってたり
科学や医学の進歩が
かえって人間たちを
苦しめることになってたり

あと最近ほんまに よお思うのが

人間の、怒りの沸点の平均値が
異様に低くなってる気がするわ。

結果、社会全体が
イライラしてる状態になってるん
ちゃうかなー、て。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

はい こちら。
DSC05375
リサイクルショップで
800円やったかな。

んー、800円かー
もう ひと越え、500円やったら
もっと満足度は高かったのになー

とは思ったんやけど
こういう、引き出しのものを
自分で1から作ろうと思ったら
相当時間が かかるし
結構面倒くさいし
それを考えたら800円出しても
まあ悪くはないかな、
てことで買ったんやわ。

これを死ぬほど気に入る
棚にリメイクしようかなと。

で これ、作りは しっかり
してるんやけど
今の写真で見るより
実物は遥かにテッカテカで。

テッカテカの家具を
無垢に近い状態にする時って
普通はサンダーで ひたすら
やするっていう方法やと
思うんやけど、

チラっと やすってみてん。

氷点下のカーポートで。

10分ほど やすって
もちろん まだ なんの変化も
無くて早々に『これ無理やな』と。

寒いと諦めも早いわ。

てことで
DSC05377
ノコギリで強引に削り落として
いくことにしました。
ノコギリを ほぼ水平に寝かせて
ギコギコと。

サンダーで やするより
DSC05381
せやなー10倍速くらいやろか。
結構サクサクと表面の塗装が
剥がれてって。

あ、10倍速とは言うても
全っ然 面倒くさいです。
面倒くさいけど長時間のサンダー
に比べたら全然マシやな。

あとは
DSC05383
こういう細かいところも
ノコギリでギコギコとね。


DSC05384
おぉーう、いい感じに
地肌が見えてきたやん。


で、外枠を削ったら
DSC05378
今度は引き出しね。
この照り具合、なかなかやろ。

この取っ手のままでも
いいんやけど
この取っ手をつけたまま
ノコギリでギコギコやるのは
多分無理やから、

なら まずは
DSC05518
取っ手を切り落としてしまおう。

そしたら
DSC05521
こんな風になって。

取っ手の裏からタッカーみたいな
芯で固定してあったんやけど
それを強引にジグソーで
カットしたもんやから
下手したらカットの反動で
この芯が飛んでくるかもしれん。

これはジグソーでは危ないな
てことで あとの19個は
ノコギリで切り落としてやね。

で、
DSC05526
タッカーの芯みたいなヤツは
ニッパーで引っこ抜きました。

この作業を全引き出しに
した結果、
BlogPaint
こうなりました。

この棚はフェイクの引き出しに
なってて、ひとマス用の
引き出しは4つだけなんやわ。
けど写真には2つしか
写ってないやん。

あとの2つは
DSC05522
こうなってん。

引き出しの取っ手が
外れそうにないなあ~
 ↓
なら引き出しの前面をカットして
新しい板で前面を作ればいいやん
 ↓
ほんで前面をカットしたら
側面がバリバリ~てなってしまって
これじゃあ どうしようもないから
 ↓
やむを得ず鉛筆の線まで
カットすることにしました、

の写真です。

なんとなく予想は ついてたけど
でも『もしかしてイケるかも』の心理。
これ、DIYをやり始めた頃から
ほとんど変わってない気ぃするわ。


で また、引き出しの前面を
DSC05528
ノコギリでギイギイと削って
塗装を剥がしていくと、


DSC05529
えらいことになってきたわ。

ちょ、これ、一旦 掃除しよ。


はい、
DSC05530
ノコギリで削って
ガサガサになった面を
サンダーでやすって、
ようやく全ての塗装が剥がれました。

しかしブログって素敵やな。

いとも簡単に魔法のように
塗装が剥がれて
そして散らかった作業場が
魔法のように瞬時に美しく
片付いているやん。

今日の工程、
なんぼほど大変やったと思って。

てめ、このやろう。
(皆さん→知らんがな(-_-))


はい、今日はここまでに
しておきます。


お!せやせや。
ちょっと前にアイリス収納インテリアドットコム
ていうサイトでコンテストをやってて
興味ある方は応募してみて下さいねー
てブログで呼びかけたところ
結構たくさんの方が応募して
下さったみたいで、

さらには ここの読者の方から
入賞者が続出したという
嬉しい出来事があったんやけど、

👇参考記事
■どうせ応募しても…と思ってる方にこそ読んで欲しい・コンテストに1歩踏み出す勇気の話

アイリスさんから また
『コンテストやってまっせー』
ていうお知らせが届いたので
せっかくやから皆さんにも
お知らせしとこーと思って。

今回は こちら。
Screenshot_20180129-213957
カラーボックスのリメイクコンテストやて。

これ、私なんかより
皆さんのほうが遥かに
得意分野やと思うわー。

だって私がウチで
活用してるカラボなんて
JK(高3の長女)の部屋にある
ピンクのカラボしかないもん。

いや、ピンクでもええねん。
活用されてるなら まだしも
カラボの中に縦・横・斜め
ものすっごい自由な感じで
いろんなジャンルのもんが
ただ押し込んである。

ぬいぐるみやらアクセサリーやら
ヘアアイロンやら つけまやら。

そんなもん、コンテストに
応募する勇気もへったくれも
関係あらへん。

ふつーに応募できんわ。


で、このコンテスト、
何が良いかってラクなんやわ。
なんか ほら、アプリをダウンロード
せなあかんとか、そんなこともなくて
写真にチラっと文章を添えて
応募するだけやから
切手も要らない。タダで出来る。

しかも入賞の枠も広い。

いいやん。

はい、興味ある方は
👇こちらから どうぞ。
■カラーボックス活用アイデアコンテスト

応募期間は
2/21(水)までやから
まだ日にちも結構あるしね。


はい、以上です。


最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、寒い。
で、寒い。
もしくは、寒い。

いや もう、SNSの中でも
みんなして
寒い・寒い・寒い・寒いばっか
言うてるもんね。

ゆーか、寒さって
無駄に体力を奪われるわ。
だって なんもせんでも
寒いってだけで疲れるもん、体が。

ほんで今年の寒さやわ。

なんや これ。
いよいよ地球、終わるんちゃう。
日本全国、氷点下過ぎやろ。

5℃とかでも十分寒いやん。
だからもう氷点下なんて
寒さに ものすっごい
パンチが効いてるもんね。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

そんな氷点下の中
1516962277942
ご依頼物件の下見と
打ち合わせに行ってきました。

窓に手をかけてるのは
オリバーの社長さんです。

オリバーのブログは
👇こちらから。
■猪突猛進ブログ

住宅会社のオリバー
皆さん、ご存じでしょうか。
インテリア好きな皆さんは
ZERO-CUBE(ゼロキューブ)
ていうオシャレ過ぎる家なら
『あー知ってるー』
てなるんじゃないでしょうか。
c88393c9-1792-4944-989b-b42e0a7c4f9d
(画像お借りしました)

ね?見たことあるっていう方も
多いかと思います。
このZERO-CUBEを手掛けてるのが
オリバーさんなんやわ。


で、そもそもコトの発端は
BlogPaint
12月にね、ここ富山のDIY仲間の
よっちゃんが声をかけてくれたんやわ。
『マカさんも一緒に
企業からのオファー、
やってみませんか』と。

よっちゃんは もう随分前から
色んな企業さんからオファーを
受けてDIY活動をしてる大先輩で
そんなよっちゃんが私なんかに
声をかけてくれてやね。

で、この時に初めて
よっちゃんと色んな話をして、
それこそ私なんかで
ほんまにいいんやったら
是非 一緒にさせてもらいたいわあ、
てことで話はアッという間に合致して。


ゆーか、今までにも
有難いことに企業さんからの
オファーはあったんやけど
あまりにもデカいお話ばっかりで
1年前の私はすっかり
ビビってしまって
軒並み、断ってたんやわ。
『他に もっと凄いクリエイターさんが
たくさんおられますから』ゆーて。

1年前は
オファーに応えられるだけの
技術もセンスも完全に
持ってなかったし
なにはさて置きおかんのこと
それどころじゃなかったから
全く余裕が無かってん。

で、今もJK(高3の長女)の
大学受験やら なんやらで
常に余裕は無いんやけど
そんなん言うてたら
働き盛りで子育て世代な
私みたいな年齢の人間なら
世の中みーんな余裕無いと
思うんやわ。

余裕が無いから、
自信が無いから、
時間が無いから、

そんなん言うてたら
寿命が200歳まであったとしても
いつまで経っても
腰が上がらんままで
終わってまうわと思って、
最近ようやくオファーを
受けるっていうことに対して
現実味が湧いてきた、ちゅーか
積極的にやってみようかなと
思い始めた、ちゅーか。

そんな感じです。

いや、センスと技術なんて
多分あと何年やっても
自分に納得できる時なんて
来ないんやろな、とも思うし。

あと、この件に際して
アホほど親身になって
アドバイスをくれたのが
negoさん

negoさんとLINEで
やり取りしていく中で
『あんな、まかちゃん、
違うねん、そうやないねん。
上から言うてるみたいに
聞こえたらごめんなー』
って、何回書いてんねんてくらい
ほんまに気遣いの塊みたいな人で、

仮に上から聞こえたところで
ねごさんクラスの方なら
なんの違和感も無いし
むしろ上から言うてくれて
全然ええくらいの人やのに、

実るほどに頭を垂れる稲の穂とは
まさに、このことやなと。

ほんで ねごさんがね
『私でさえ色々やってるんやから
まかちゃんも そんなに構えんと
いろんなこと、やってみよーや』
て言うて下さったんやけど、

あのー、ねごさん それ、
おかしいて。

私でさえ→だからまかちゃんも、
ていう流れ。
全っ然【だから】になってない。
日本語、間違え過ぎやわ、もー。
どんだけほど実績のある
ねごさんと、
1ミリの実績も無い私と
どうして比較対象になれようか。
なれるはずあるまいがな。
(まいがな)

てことでよっちゃんから
有難いことにオファーを戴いて、
さらにはnegoさんが親身になって
私のくだらん話に耳を傾けて
下さったお陰で、
ネットで発信するばっかりじゃなくて
少しずつ動き出してみようかな
てなったのが年末のことやってん。


はい、オリバーさんの話に戻ります。

えっとオリバーさんは
LIFE LABELの加盟店なんやけど
LIFE LABELって何かって言うと
👇ここ、ここ。
LIFE LABELのコンセプト
これ、読んで欲しいわー。

まさに我々の世代には
どんぴしゃなことが書いてあるから
ものすごい響く。

LIFE LABELのインスタ
👆これもまた、インスタを
やっておられる方は
要チェックかもしれん。

写真が いちいちオシャレやし
『お!』と思うような情報も
発信してるし。


で、ご依頼の内容は こちら。
Screenshot_20180126-201253
まだ建設途中の写真やから
あれやけど、それでも
かっこ良さが もう出てるやろ。

これ、アパートなんやわ。

【ビームスクエア】ていう名前の
アパートで、この黒い外観のほうが
男前インテリアを基調としてて、

こちら。
Screenshot_20180126-201301
こっちの白い外観のほうは
ナチュラルテイストな
内装になってるんやわ。

どっちも外観からして
すでにオシャレやん。

内装もまだ完全には
仕上がってないんやけど
男前インテリアの棟は
DSC05958
こんな感じで
まー、洒落乙。

この床がね
DSC05956
こんなん なってんねん。

なに この床。
こんなん、見たことないわ♡
DSC05957
壁も木毛セメント板っていう、
木材にセメントを織り交ぜた
OSB合板みたいな こだわりの部材を
使っててやね。

DSC05984
これは よっちゃんが
写真を撮ってるところやな。
この日の打ち合わせは
よっちゃんと一緒に行ったもんで。

1516962235064
私もたくさん写真を
撮らせてもらいました。

で、
1516962269048
これは本日1発目の写真と
同じ部屋なんやけど
ナチュラルインテリアの棟、
つまり外観が白いほうの棟で
社長さんたちと打ち合わせを
してる風景です。

つか、この壁紙、かわいいな。

で、日射しもあるから
明るい室内で和やかな
打ち合わせの場面に見えるかも
しれんけど、
まあ和やかは、和やかやわ。

ただ ひとつ。

くっそ寒いねん。
冒頭でも書いたけど
氷点下やねん。

そしたら、あまりの寒さに
だんだん ろれつが
回らんようになってきて
最後、帰り際に
『引き続きよろしくお願いします』
て外で言うた時には
びっくりするほど桃井かおりに
激似やったもんね、口調が。


それほどの極寒の中で
どんな打ち合わせを
してたんかと言うと、

普通、アパートを決める時って
会社の近くとか
子供の学区内とか
そういう風にして、生活の動線に
合わせて決めるやん。

けど このアパートは
そうじゃなくて
『ここに住みたい』
『ここで暮らしてみたい』
って思ってもらえるような
そんな居住空間を提案したい、
ていう想いから生まれたものなんやわ。

で、そのためには
ガツンとインパクトのあるインテリア、
手作り感のあるインテリア、
そういうものが欲しい。

てことで、美しい仕事を
手掛けておられる業者さんとは
一味も二味も違った
DIY女子ならではの
エッセンスを加えて欲しい、
というオファーを頂いたというわけです。

男前のほうを1部屋と
ナチュラルのほうを1部屋、
これから約1か月間かけて
手掛けていく予定です。

このアパートの途中経過を
その都度 お届けしていこうかな
とは思ってますが
安心して下さい、
皆さんが飽きんように
うちのDIYネタも ちゃんと
入れていきますので。

え、もしかして
うちのDIYネタのほうが
飽きてるとか?

知らんのは私だけとか?


あー、つらい。


はい、以上です。

今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

雪で世の中、あっちもこっちも
大変なことになってますね。

こちら北陸も もちろん
皆が雪疲れ、してます。

個人的には

JK(高3の長女)の大学受験に
際して、消印有効の願書を
有効期限当日に慌てて
出しに行ったら
同じような境遇のお母様たちが
同じような封筒を持って
郵便局で長い列をなしてたりとか、

だいぶ前に言うてた
企業さんとの打ち合わせが
動き出してきたりとか、

町内の班長とかいう
輝かしい任務のせいで
班の新年会の幹事をやらなあかんくて
氷見(ひみ)ていうところの民宿で
1日が潰れたりとか、

『あともうちょいやな』と
思ってたら、有り難いことに
意外とボリューミーやった
オーダーの残り分を作ったりとか、

その他もろもろで
まあまあ陽気にやってます。
(どこが)


大学受験の願書。
他のお母様たちが
持っておられる願書が
どこの大学なんか、
気になったわー。

だって私が出した願書なんて
JKがアホなせいで
『それ、どこ?』みたいな大学やから
誰の目にも触れぬよう
あて名書きの面を内側にして
しっかりと胸に抱き締めて
願書、出してきたわ。

気のせいか
担当の郵便局員さんが
ちょっとクスっと笑ってたような
気がしたもんね。
(気のせいやわ)

素敵な あて名書きの願書を
お持ちのお母様、

羨ましいっす。←


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

はい、いきまーす。
(どこに)
DSC05210
このダイニングテーブルは
天板が6枚板やったから
これを3枚板のテーブル2個に
作り変えたところまでが前回で。

そのハウツーが気になった方は
👇こちらから
■レイアウトを自在に変えられるダイニングテーブルをDIY・カウンターにもなっちゃうよ←
■完成!レイアウトを自在に変えられるダイニングテーブルをDIY

そしたら
DSC05244
こんなテーブルが2個できて。

この写真は塗装が未完成やから
ちょっとあれやけど。


てことで2つのテーブルを
カウンターっぽくレイアウトすると
こんな感じです。
DSC05345
うん、いいんじゃないでしょうか。


うちは父ちゃん(主人)の帰宅が
毎日22時を過ぎることが
ほとんどやから
週末以外は、私とJS(小1の次女)
2人だけで夕飯を食べることが
多いんやわ。

JKもまず時間が合わんしね。

そうなると
DSC05346
この狭さでも十分で。


で、念願やったアトリエの部分は
DSC05312
だいーぶ 広く使えるように
なりました。

あ、この写真で
黒いペンダントライトが
テーブルの曲がり角のところに
きてるのが分かるでしょうか。

前に
■照明を変えたら一気にインダストリアル!アトリエとダイニングテーブルをダクトレールで照らす2つのペンダントライト
👆この記事でライトを変えたことを
書いたんやけど
この時に黒いライトを
やけにキッチン側に寄せていたのは
このためです。

ライトを取り付ける段階で
ダイニングテーブルを
こんな風に改造することを
前提にしてたもんで。

あ、この写真のほうが
分かり易いかもしれん。
DSC05300
テーブルのコーナーの真上に
黒いライトが来るようにしてあるのが。


テーブルをカウンター仕様にすると
DSC05349
引きで見ても結構
印象が変わったし

なにせ
DSC05351
奥が広くなったし
もっと言えば奥が広くなった
ことによって、なぜか その周辺
全域が広くなったように感じるわ。


別の角度から見ると
DSC05352
こうね。

あ、テーブルの上に置いてある
グレーのポットとか
カップボード?みたいなヤツとかは
気にせんといて下さい。

そのうち出てきます。


で、週末には
DSC05353
こうやってテーブルを
ズラして、

DSC05354
こうすれば
家族4人で食事をすることが
できますよと。

テーブルを合わせた境目は
木の反りとかで
どうしても若干の段差はあります。

あるけど、

たいして気にならんかなあ。


元々は
DSC05357
こういう配置やったから
もちろん、こうやって使っても
いいしね。

あとは
DSC05356
こうとか。

いや、これにすると
大衆食堂やな。
各々が各々の景色を
見ながら食事をする感じ。

家族内の雰囲気が殺伐と
してきたら、この配置でも
いいかもしれん。
(良くはない)


しかしテーブルをカスタマイズ
できるって、結構いいもんやわ。

なんかね
DSC05355
こういう配置にしたりすると
JSが喜ぶんやわ。

小さいお子さんがおられる家庭やと
そういうの、無いですか。
ちょっと家具の配置を変えただけで
子供がワクワクする、ていう。

あ、この配置やったら
BlogPaint
7人、いけるやん。

1の場所はキッチンに1番近くて
動きやすい場所やから
必然的に私やな。

で、7の人が喋ったら
そこに顔を向けなあかんから
いちいち『え、なんて?』て
身を乗り出してくる感じ。
(イヤやわ)


そんなこんなで
DSC05347
テーブルの華麗なる七変化は
以上です。

7個もレイアウトがあったかどうかは
数えてないけど。

今、数えればいいんかもしれんけど
そこは かたくなに数えんとくわ。
(なんで)

ほら、こんなん書くと
上にスクロールして数える方、
絶対おるんやからー。


五変化でしたね。
(お前か)


はい、以上です。


今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------

はい、どうも。

今週また寒波が来るらしいやん。
もー、どんだけー。

雪はもう
お腹いっぱいや、ちゅーに。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

前回の続きです。
DSC05233
こんなダイニングテーブルの天板を
2枚作ったとこまでが前回で。

で、
DSC05234
こんなんを作りました。
作りました、ゆーか

これは
BlogPaint
元のダイニングテーブルの脚を
赤い線のところで
真っ二つにカットしたものです。

そこに
DSC05235
こんな風に新たな角材をつけて
新しいテーブルの脚にしようと思って。

DSC05236
ブラデカをインパクトドライバーに
付け変えてコーススレッドを
2か所打って固定します。


で、だいーぶ前に
【ビス・釘・コーススレッドの
使い分けを教えて下さい】
ていう質問を戴いてたんやけど
答えるのが かなり遅くなってしまって
質問を戴いた方、すみません。

ちょうど こんな場面が出てきたから
今こそ説明する時やな。

てことで説明しようと
思うんやけど、

えーっと

説明、できんわ。
(皆さん→(-_-))
(引っ張っておきながら
それは無いやろ)

いや、あのー
これを明確に説明できるほど
私はそこまでDIYを極めてない
ていうのと、
言い換えれば
そこまでDIYを極めてないと
説明できん、てことなんやわ。

で、これに関しては
私も長いこと、分からんまま
やってました。

分からんままやってきたけど
近年は自分なりの使い分けが
できるようにはなってます、
ようやく。

塗料の話が奥深いのと同じように
この件も実に奥深い上に
あくまでも【自分なり】の見解やから
明確には説明できんねやわ。

で、どれくらい専門的な話に
なるんかと言うと
物理学とか材料力学とか
断面係数がどうとか
なんかもう『は(-_-)』なことになるから
そういう説明は全ー部やめて。

専門家の方が読んでおられたとしたら
どうか上から目線で
無知な主婦たちが なんかヤイヤイ
言うてるわー、ぐらいの深い懐で
読んで頂くことを前提に

【サルでも分かる
ビス・釘・コーススレッドの使い分け】
と題して説明するとするなら、

どれを使っても別にいいです。
いいです、ていうか
良くは無いんやけど。
(はっきりせえ)

いや、くっきり はっきりと
言えんねやって、こればっかりは。

あ、コーススレッドを
もうちょい詳しく説明しとくと
コーススレッドはビスより
強度がすごいあるから
大物家具の時が出番やと
思っといてください。

で、100均のDIYコーナーには
コーススレッドが売ってるから
それを使って小さいものを
DIYしてしまった、ていう方。

全っ然、問題ないです。


あのー、結局は
どんなもんでも固定されたら
それでオッケーやから
なんせ、木同士がガチっと
とまってくれればオッケーて
思っておけばいいかなと。

そうやってDIYをやっていく中で
『あ、この木は割れやすいな』とか
『こうやってやるとズレやすいな』とか
そういうのが段々 分かってくると
思うので、その【徐々に】の段階で
なにも専門的なことまで知らんでも
いいと思うんやわ。

私も未だに
ひび割れすること、
あります あります。

ズレること、
あります あります。

けど、ひび割れしてもズレても
別にええやん。

なんやろ、極端な話、
ひび割れしたら その木が
10分後には爆発するとかね、
なんかもう命を脅かすようなことが
無い限りは、別にええやん。

ちゅーことで

【ビス・釘・コーススレッドの使い分け】
に関しては、どうしてもDIYの経験値に
比例してくるところがデカいから
そない難しく考えんと
とにかく『木同士をとめよう!』ていう
ことを目的にしてやっていけばいいと
思います。


はい、専門家の方は最後まで
お口チャックを通して下さいまして
ありがとうございました。


ダイニングテーブルに
戻るよー(←)。
DSC05237
作った脚2つの上の部分に
ボンドをつけて、

DSC05238
天板にコーススレッドで
固定しました。


あとは脚のグラつきを防ぐために
DSC05240
L字金具を取り付けて。
これもまた、コーススレッドで。

すると
DSC05241
ここまで できました。

最後に
BlogPaint
赤いところに1本
補強材をつければ完成です。

この時、
BlogPaint
【このコーススレッド】と
ぶつからんようにするために
補強材をつける位置自体をズラして
黄色い感じで2本打ちます。


てことで
DSC05243
ほんまに完成です。


ちょっと立ててみようか。
DSC05244
っしゃ、オッケーイ!

あ、塗装が まだやった。
DSC05245
今回はウッドデッキに使った
ガードラックアクアを使いました。


理由は、色が好きやったから。
それだけです。


はい、今日はここまでに
しておきます。

次回は

2つのダイニングテーブルが織りなす
華麗なるレイアウトの数々、
を お届けします。


今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。

しかし安室ちゃん、綺麗でしたねー。
(話題が出遅れ過ぎやろ)

私は40歳やから
年齢を聞かれると

『安室ちゃんと一緒~。
で、浜崎あゆみちゃんの1個上ね♡』

て、よお言うんやわ。

それを聞かされた人としては
『だから(-_-)?』やな。

けど私と同じような年齢の方たちは
この言い回しを結構使ってるん
ちゃうかなー、思うんやけど。

いや、安室ちゃんと一緒な歳だろうが
浜崎あゆみの1個上だろうが
本っ気で『だからなに(-_-)?』
なんやけど。

なにもかもが違い過ぎるもんなー。

我々とは。
(皆さんを巻き込むな)


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日からは、こちら。
DSC05210
このダイニングテーブルなんやけど
このテーブルの後ろのスペースを
アトリエとして使い始めたんやわ、最近。

アトリエを作った時の記事は
👇こちらから
■工具収納棚をDIY!野地板と杉板で大物を作っちゃうよー
■野地板で工具収納棚をDIY!塗装して壁に取り付けるよー
■感動の劇的ビフォーアフター!野地板でペンキと工具の収納棚をDIY

けどテーブルの後ろのスペース
だけでは、やっぱり狭いんやわ。

てかアトリエを作ろうと思った時から
このダイニングテーブルも
作り変えようとは思ってて。


テーブルをひっくり返してみると
DSC05213
こうなってるんやけど
この天板は2×4のSPF材を
6枚つないであって。

せやから これを
天板3枚のテーブルに分割して
2つのテーブルを
作ってしまおうという構想です。


まずはー、
DSC05214
真ん中の脚を1本、
外してみました。

で、ここからは、天板と脚を
完全に切り離さなあかんねやけど
天板と脚はボンドでくっつけてあるから
どーしようかなと。


よし、こーしよ。
DSC05215
ノコギリでいくわ。
これ大変やろなー、思いながら
やり始めたけど案外、

DSC05217
ボンドの付け方が甘かったんか
ノコギリでギコギコとやって
脚に クイっと力を入れてみたら
まあまあ簡単に外れました。

さすがは4年前の作品。
作り方が甘いな。


てことで
DSC05218
そんなに苦戦することもなく
坦々とした調子で両脚が外れて。

あとは、天板を補強するための
角材たちが残ってるんやけど
これを外さんまま天板を真っ二つに
カットしてしまおうじゃないかと。

てことで
BlogPaint
父ちゃん(主人)に頼んで
天板の表側からマキタの
でっかい丸ノコでカットしてもらいました。


けど、マキタの丸ノコをもってしても
天板の厚み38mm+角材45mm
=83mmの厚さはカットできんから
裏を向けたら赤い丸で囲んだところに
青い矢印をしてあるやん。

そこに、なんとなく縦に線が
見えるのが分かりますか。

あれは、表側からでっかい丸ノコで
カットした時の刃の跡です。

てことは2×4の天板自体は
もうカットできてるってことやん。
けど角材のところだけが
刃が足りなくてカットし切れんかった、
てことなんやわ。


だからこれをどうするんかというと
ノコギリでカットします。

はい、見る向きが変わるよー。
DSC05222
天板の上にのぼって
さっきの青い矢印のところを
ノコギリでカットしてる様子を
真上から自撮りしてる写真です。

靴下はチェック柄で。

黒・紺・グレー、3色セットの
靴下を買ったから
時々、黒と紺を間違えて
片方ずつ履いてしまってて
しかもその間違えてる期間も
そこそこ長くて
なんなら気付いた後も
『ま、いっかー』で終わってる、

そんな靴下で。


今のシーンを横から見るとね
DSC05224
こうやわ。

天板を横切る角材は2本あったから
2回、この作業をしたら、
DSC05225
はい、切れたー!

そしたら今度は
BlogPaint
四角いところをカットせな
あかんねやわ。

えーっと
BlogPaint
これは元の天板の写真やけど
これを使って説明すると
テーブルを作る時は天板を
補強するための角材が
両端に必要になるから、

そのために
BlogPaint
この四角いところをカットして
角材をつけるスペースを
確保せなあかん、てことです。

どうやろか。
意味、分かったでしょうか。

極寒の真冬のカーポートで
撮った写真やから
寒さで頭もあんまり回ってなくて
説明するためには使いにくい
写真ばっかしかなくて
申し訳ないです。

はい、なんやったっけ。
あ、四角いところのカットやな。
BlogPaint
まずブラデカの丸ノコで
1発、切り込みを入れます。

ブラデカは20mmくらいまでしか
カットできんから
ひとまずそれでカットして。


ここで でっかい丸ノコを
使わんかった理由は
あれを使ってカットすると
もちろん1発でカットできるけど
刃が丸いやん。
丸い刃が回転してカットする、
ちゅーことは、下の2×4材(天板)まで
切り込みが入ってしまう、てことなんやわ。

んー、説明が苦しい。


なんせ続けるね?←

ブラデカで1発、切り込みを
入れた理由は
DSC05227
そうすることで
ノコギリでカットする時の
ガイドになるからです。

もちろん、ノコギリでカットする
労力を軽減できる、てことも
あるけど、それよりも
丸ノコでカットした跡がガイドになる
ていう理由のほうが濃いな。

最初から自力で45mmの角材を
カットすると、かなりな確率で
切り口がうねってしまうんやけど
こうすることで ほぼキレイな
切り口になるんやわ。
DSC05228
ね?←
こんな感じで。


はい、
DSC05230
4か所全部、カットしました。


あとはねー
DSC05231
ボンド残り、やな。

ボンドが残ってることろは
DSC05232
ノコギリでギコギコとやると
結構 簡単に取れてくれます。

でっかいノコギリが
やりにくかったから
小さいノコギリに変えたけど。


で、今ギイギイやったところに
サンダーをかけて
仕上がった2枚の天板を
家の中に運び入れて
BlogPaint
新たに補強のための角材を
ビスで打ったところまでで
今日は終わりにしておきます。


いや、安室ちゃんはほんまに
可愛かったー。
あれで40て。

なんでこうも違うんやろなー、

我々は。
(だから皆さんを含ませるなって)


はい、今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------