LIVE LOVE LAUGH - maca home -

新築の家を丸ごとセルフリノベしているDIYブログです。

はじめての方は上の【はじめに】をお読み下さい


---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方はこちら👉【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今オーダーを お受けしてから発送するまで4ヵ月待ちとなっております。
---------------------------------------------

はい、どうも。

今日は裁縫箱の製作現場を
お届けします。

つい こないだ、
70個ほど作ったから残りは20個に
なりました、て言うてたんやけど、

大ー変 ありがたいことに
残り20個のところが
あれよあれよと言うまに
残り40個となりまして。


おぉーう、ここまで来ると
疲労で なんか もう
テンションが おかしなってきてるわ。

ですが引き続き
有り難く頑張らせて
いただきますさかいに。←

ただ、

オーダーに興味のない方には
ブログネタ(リノベとか小物作りとか)
が、なかなか進まなくて
ほんーまに申し訳ないです。

今、製作の合間をぬって
キッチン改造に着手したり
小物を作ってみたりして
ブログネタを どうにか
溜めているところですので、

皆さん持ち前の
海より深い その懐と
竹内結子をも しのぐ その美貌と
高橋一生なんて およびじゃない
そのダンディーさで
受け止めて下さいますと幸いです。

あ~、ここの読者の皆さんが
容姿端麗・頭脳明晰な方しか
おらんで、ほんま良かったわー。

(皆さん→(-_-))


はい、
そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

裁縫箱、いきまーす。
DSC03302
とりあえず いつもの
このスペースに4個しか乗らん
かったから4個しか写ってないけど
7個同時に作ってます。


まずは、
DSC03303
しれっと面倒くさい
マスキングの作業ね。

自分用やったら すぐ
省くんやけど。


で、
DSC03304
BRIWAXのジャコビアンを
塗っていきます。



塗り終わったヤツから
BlogPaint
ウッドデッキに出して
乾かしていきます。

この日は私の妹の子供3人を
預かってたんやわ。

うちのJS(小1の次女)と合わせて
計4人の子供つきで やる製作は
そりゃあ もう、心も弾みながらやね。


んなわけー!

めちゃめちゃストレス溜まるわ。

だもんで
『こらー!そこ登ったらあかんよー』
とか言いながらの作業やわ。


で、BRIWAXは すぐ乾くから
DSC03306
乾いたらマステを貼って。

あ、このマステを貼る位置も
レシピノートに細かく
書いてあります。

上から何センチ、とかって。


そして
DSC03307
ひとまず白をザックリと塗って。

ザックリと塗る、とは言うても
この時点で結構 考えて塗ってます。
刷毛で塗るんやけど
薄めのところ、濃いめのところ、
何気に濃淡をつけながら
塗ってます。

こう見えても。←


次ー!
DSC03308
白が乾いたらグラフィティー
のグレーとグリーンを
塗っていきます。


この時は、白より もっと
考えながら塗ってます。

白はイマジンウォールペイント
やから、エイジングが
しやすいんやけど
グラフィティーは吸着性が
強いせいで、サンダーで
やすっても いい感じの
エイジングに なりにくいんやわ。

だから最初に塗る時点で
塗り残しの部分を作っておく
感じで塗らないと
サンダーだけでは
いい感じには ならんもんで。


多分 ここまでで、この日は
一旦作業を終えてるはず。

次はここにサンダーをかけて
エイジングをしていきます。
DSC03311
はい、こんな感じになりました。

エイジングをする時は
ほんまに全力で集中してます。
サンダーを当てる角度・強さ・位置、
全部を考えながら やってます。

これでも。←


で、ステンシルを入れる前に、
DSC03408
トレー4枚とコースター4枚の
目地入れも いってみよーか。

イケるか?

分からん。

けど、やるしかないな。

目地を作って目地を入れて
しばらく放置してる間に
DSC03413
気合い入れて
ステンシルを入れていきます。

この数にステンシルを
入れると2時間ほど
かかります。

その2時間のあいだに
目地を拭き取ったり
ステンシルを入れたりして
両方を往復してます。


ステンシルの
DSC03416
こういう隙間を、


DSC03417
筆で書いたりとか。


そんなこんなで、どうにか
BlogPaint
ステンシルも 目地の拭き取りも
完成したのが ちょうどいい時間
やったから(矢印の時間)、

この日の作業は、これで終了。

今から ここを全部片づけて
夕飯作りから始まって
家事・育児のゴールデンタイムに
突入やわ。

ここから第2の仕事が
始まるのが、女の宿命やなー。

皆さんも そうやと思うけど
仕事が終わって疲れて
家に帰ってきても
『あー今日も1日、終わったー』
て、ならんやんなあ。

むしろ、ヘトヘトになった身体に
ムチ打って、そこからの
第2ラウンドが ほんま
キツくないですか。

あ、タイル系の製作現場の記事も
あるので、気になった方は
こちら→★から どうぞ。



はい、裁縫箱のフタ、いきます。
DSC03423
大量にカットした板にボンドを
つけて、


DSC03424
2枚の板をつなぐための角材にも
ボンドをつけて、


DSC03425
これで裁縫箱7個ぶんです。

ゆーか、製作現場密着24時では
組み立てからしか追ってないけど
木材の採寸・カット・サンダーが
これと同じくらい時間かかってて。

なので

ブログの更新が遅れがちに
なってる時とか、

SNSでコメント欄を
やむなく閉じたり
コメント返信が遅くなってる時は

たいてい、採寸・カット・サンダーで
潰れてる時やわ。

へたれで、申し訳ないです。


ほんでフタの角材のところを
DSC03426
小さいビスで固定していって


あとは
DSC03431
塗装して、


ついでに
DSC03434
トレーたちの枠も塗装して、


夜な夜な、
DSC03527
裁縫箱にラベルを貼って、


DSC03530
裁縫箱のペイント面とか
さっきのラベルのとことか
トレーに貼ったラベルとか、

ニスを塗らなあかんチームの皆さんに
ニスを塗って、
DSC03531
ニスは臭いがキツいから
ウッドデッキで乾かして。


網戸越しやから上手いこと
写真が撮れんかってんけど、
DSC03532
夜の庭に癒されながら。


次の日か分からんけど
次の日ー。
DSC03551
蝶番をつけたり、


DSC03554
持ち手を とめてるビスの
閉め具合を1個ずつ調節したりして、


DSC03552
ここまで来ると
『やん!かわいい♡』てなります。

もう部屋、滅茶苦茶やわ。

これを富山弁で俗に
『まっで、ばやく』
『カッチャカチャやわ』と言います。
(富山の方のみ反応大)


てことで、ようやく完成です。
DSC03565
ホームセンターで売ってた
なんでもない板が
こんな風に立体的で温度の
あるものとして産まれる瞬間が

作り手としては
たまらなく嬉しいもんです。

それと

買って下さった方が
SNSに上げて下さっているのを
見るたびに、

製作の苦悩が
相当 吹き飛びます。

だから、SNSに上げて下さった方
のところに行って、出来るだけ
コメントを残しにいきたいんやけど、
それも追いつかんように
なってしまってて、

ほんーまに申し訳ないです。


しかも このクソ忙しい時に
腰をヤラかしてやね。

私は人生で1度も
腰痛で悩んだことが無い
ってことだけが唯一
顔以外で自慢できるとこやってんけど、
(皆さん→(-_-))

最近はじめて腰痛というものに
出くわして、まあまあ
動きが鈍くなってます。

おもちゃ箱ワゴンを
梱包するとね、ちょっとしたお風呂の
浴槽くらいの大きさになるんやけど
梱包したあと2階に運ぶ時に
その、にわか風呂(←)を
持って階段を のぼってたら

その時の姿勢が横から見たら
イナバウアーみたいに
なってたんやわ。

ロクに運動もしてない
四十の身体でイナバウアーを
すると、どうなるかって言うと

腰がヤラれるみたいだね。←


なので皆さんも
にわか風呂でイナバウアーには
お気をつけ下さい。

(にわか風呂でイナバウアーて、なに)


はい、裁縫箱は こんな感じで
作らせて頂いてます。

これは前半ぶんで
発送も2週間ほど前には
終わってます。


次回は、インテリアネタに
いける予定です。

いけんかったら
マカ子の半生、を お届けしようかなあ。
(読者、減るわ)



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------


*--------------------------------------*
【ご連絡】マイさん へ
今日の記事の最後に
メッセージを書いておいたので
読んでみて下さい。
*--------------------------------------*

はい、どうも。

清々しい3連休明けですね。
こんなブログ日和、ありますか。←


なかなか記事が書けなくて
すみません。

ここ10日間ほどは
ブログネタに専念してたので
この3連休は また
オーダー製作に明け暮れてました。

私は たいてい、夜遅くに
記事を書いてるんですが
オーダー製作で気力体力を
消耗し過ぎて、寝落ちしてしまって
記事が書けなくてですね。


そんな記事が上がらない日でも
ポチっとして下さる方が
たくさん おられて
本当に頭が下がります。

あ、ポチっと、ていうのは
この下に出てくる、
『こちらを押してくださいね~』
ていうところをタッチorクリック
すると、ランキングの画面に
飛ぶんやわ。

その画面に飛んだら
ポチっとが完了した、ていう
証拠なんやけど、

それをすると皆さんに
何の得があるんかっていうと
何の得も無いです。

私に得があるだけです。

皆さんがポチっとしてくれる数で
このブログのランキングが
決まるので
その数が多いと私は単純に
『よっしゃー!次の記事も
書くぞー』てなるわけです。


けど、そこを押すとランキングの
画面に飛んで、また記事に
戻ってこなあかんから
面倒くさいんやわ。

その面倒くさいことをやね、
記事を上げてない日でも
して下さる方が たくさん
居て下さるわけやわ。


もう、日本全国、どこにも
足を向けて寝れないので
うちのベッドは回転式のヤツに
買い替えたもんね。
(こらー)

ライトも7色にグラデーションで
光るヤツに替えたし。
(こら こらー)

こうなったら
お風呂もガラス張りに
替えなあかんかなーと。
(こぉら♡)


はい、
そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


今日はこちら。
BlogPaint
うちのリビングの階段下には
クローゼット収納があるんですが
ここの中を、アイリスオーヤマ
商品を使って収納改善してみました。


え、またモニタかよって?

いえいえ、モニターではないです。

アイリスさんから商品を提供して
頂いたので、
それを使ったレポートを
発信してるだけです。
(それ、モニター)

あ、前に、ブロガーやインスタグラマー
を使った昨今のモニター過熱ぶりに
ついて、個人的な意見を書いた
記事があるので、そんなん
読んだ記憶ないわーという方は
良かったら読んでみて下さい。

この記事→★の後半部分です。

それと、このフレンチシャビーな扉の
ハウツーは

海外みたいなドアを目指してクローゼット扉をベニヤ板とペイントでリメイク

海外風フレンチかっこいい扉リメイク完成!はい決まったー!

です。


はい、なんやったっけ。(おい)
あ、クローゼット収納ね。

こちら。
DSC03249
素敵な扉を開いてみると
そこには こ汚い景色があった。
(文学小説風に)


これ、手前のほうがね
BlogPaint
こうなってるんやけど
引き出したちには延長コードとか
カメラの充電器とかが
入ってて、使用頻度としては
そんなに低くもなく
けど高すぎもせず、てとこで。

つまり、そこそこ使うもんが
入ってるというのに
手前に、紙袋を入れてる段ボールやら
掃除機やらがあって、

引き出しの中のもんを
取り出したい時に
いちいち取りづらいんやわ。

取り出す時は
DSC03253
こんな感じに なんねん。
毎回。


それと、上のほう。
DSC03252
わー、広ーい。
ここで野球でも出来そうなほどの
無駄なスペースがあって。

これ、階段下収納の
あるあるやと思うわー。

上のほうが無駄になってる、
ていうヤツ。


てことで、今回
この収納を改善するべく
アイリスさんから


この2点を提供して頂きまして。


メタルラックは
組み立てたことあるよーていう方も
結構おられるかと思うんやけど、
DSC03255
174cmの高いメタルラックでも
こんな感じで、コンパクトに届いて、


棚板は
DSC03259
こういう黒いパーツで
受けるんやけど

この黒いパーツも
DSC03267
4個ずつ小分けになってるから
作業しやすいんやわ。

あ、棚板1枚につき
黒いパーツが4個 要るもんで。

説明書も丁寧やから
あっという間に
DSC03268
ここまで組み上がって。

最後に、一番下のところに
キャスターをつけるんやけど
DSC03269
あのデッカイ棚を横に寝かせて
キャスターをつけなあかんねやわ。

けど、か弱いことで有名な私(←)でも
余裕で一人で横に倒したり
起こしたり出来てやね。

これ、商品名がメタルラックミニ、
ていうんやけど、サイズが
ミニなんじゃなくて
ポールの径が細いんやわ。

せやからラック自体がまず
軽いねん。

しかもポールが細い、ちゅーことは
場所も取らんやん。
ポールの太さぐらいで
そんなに変わるもん?て思うかも
しれんけど、

変わる。

私もアパート時代が長かった身やから
メタルラックは何種類も使ってきた
経験があるけど、

ポールが細いっていうだけで
こんなに圧迫感て減るもんなんや、
ゆーて、組み立てが終わった時に
痛感したもんね。ほんまほんま。

ここに実際にモノを入れた
時なんて、もっと痛感したわ。

で、さっきの写真にもあったと
思うけど、レンチ、ていう道具も
付属で ついてくるから
家に工具が1個もない、ていう人でも
全然 大丈夫やわ。


その気持ちさえあれば。←


組み立てにかかった時間は
30分ほどやったかなあ。

難しいことも1個もないし。

組み立ての間に冷たいお茶を
飲んでオシッコもして、
やからね?
(オシッコ言うなって)

お茶はセリアのコップに
入れて、やからね?
(知らんがな)


あとは、もう一つのチェスト。
DSC03271
これは、このまんま送られて
きたから、キャスターを
つけるだけやわ。

これ、
DSC03277
ほんまはキッチン用として
売り出されてるものなんやけど
スリムで奥行が結構ある
てことは、押し入れとか
クローゼット内にも もってこいな
商品やん、と思って。


で、
DSC03280
クローゼット内の物を
どんどん出して
あとは、この6つの引き出しに
入ってるものを
さっきのチェストに入れれる
だけやわ。


もー、これが また
DSC03283
余裕で入るんやもーん♡


てことで、準備が整ったので
クローゼットの中に入れてみます。
DSC03286
やーん♡
階段下の斜め具合に
ピッタリやーん。

そして、中身を入れてみると
DSC03334
どお、これ。

美しすぎるやろ。

なに、このフィット感♡


左横の壁には
DSC03335
お掃除用具を引っ掛けて。


あと、
BlogPaint
ここには掃除機を
立て掛けてあるように
見えるんやけど、

これ
BlogPaint
偶然にも、ちょっと前に
格安で買ったアイリスの
掃除機で、裏面に強力な
マグネットがついてるお陰で
BlogPaint
メタルラックにピターっと
くっついちゃってやね。

これに関しては、この掃除機の
マグネットの高さに合わせて
棚板を調整したわけじゃなくて、

ラックをクローゼット内に入れて
モノも入れて、最後に この
掃除機をここに立て掛けておこうか
と思った時に、

ピタ!て くっついたもんやから
びっくりして裏面を見たら
マグネットがついてたという、
ラッキーな事象やってん。

それまでは
DSC00372
うちのパソコンデスクのとこに
立て掛けてあってんけど
この状態でも、デザイン性もいいし
スリムやしで、結構 絵になる感じで。

ちなみに この掃除機は
ホームセンターで確か
6,980円やったんやけど
楽天とかアマゾンやったら
もっと安かったはず。

気になる使用感はというと、

・吸引力→
木くず・消しゴムのかすまでは
吸い取るけど、500円玉は無理。
当然、絨毯なんて まず無理。

・軽さ→
まー、抜群。とにかく軽い。

・ヘッド→
最高。薄くて小回りが効くから
狭い隙間もスイスイと。

・ゴミの溜め方→
紙パック式

・音→
なかなかデカい

・デザイン性→
先に述べた通り、写真の通り、
まー抜群。場所も取らんし。

・コード状態→
コード式

て感じです。

私の個人的な見解としては
このお値段で これだけの
仕事をしてくれるんやったら
上出来じゃないかなと、
ものすごい気に入ってます。

このお値段で、絨毯もイケて
音も静かで充電式で、
て言うたら、そら無理やろ。

元々、家で木工作業をする時の
木くず掃除用として
コンパクトで安いヤツを求めてて
それで買ったヤツやから、

私的には すごい好きです。

マグネットがついてるって
大したことないように思うかも
しれんけど、冷蔵庫横とかにも
ピタっと くっつけておけるやん。

そこ、ポイントでかいと思うわー。


なんせスリムやから
DSC03353
メタルラックに くっつけても
引き出しが問題なく
開けられちゃいますよ、と。

もー、この引き出しも
どんだけスムーズなん?
ていうくらい、軽い力で
引き出せるから、
『なにこれ、やだー♡』
て言うたもんね。

一人で。


チェストの上には
DSC03357
コロコロとか、この白いヤツ、
なんて言うんやったっけ。
ハンドモシャモシャ?

あれ、ごめんなさい、
ど忘れして、出てこんわ。

ハンドモワモワ、かなあ。
(もう ええ)

あ、はんともふぁもふぁ、か。
(言いにくいわ)
(マックなノリで)

なんせ、お掃除用品を置いて
サっと取り出せる感じでね。


あ、階段下収納ならではの
奥の狭いとこには
DSC03339
季節外の家電とか絨毯を
置いてます。


もーね、
DSC03344
棚の1区間を広めにして
棚板を設置したから
ラックの中のものが
いちいち取り出しやすくて、また
『もー、やだー♡』
てなったわ。

快適すぎる。


今日は写真が多すぎやから
通信障害とか起こったら
どうしようと思ったんやけど、

でも今日の記事を
分割するのは、あまりにも
忍びなかったので
1記事に ぶち込んでみました。

もう、ここまで写真多いんなら
どうせやからbeforeafterも
ぶち込んでみよか。

before
DSC03249


after
DSC03354
ふ、ふつくし、い。←


はい、今日の記事を
アイリス収納インテリアドットコム
というサイトに
まとめて頂きました。

素敵なお部屋のモニタリング
ていうコーナーの第11回として
載せて頂いたんやけど
これまた、そうそうたる方々ばっかりで
見ごたえ抜群です。


私が書く記事とは
使ってる写真も全然違うし
文章も もっと ちゃんとしてるので、
(そら そやろ)

こっち見たから いーや、
て思うかもしれませんが
素敵なお部屋のモニタリング
のほうも見てみると
いいかもしれません。


また違った私が
見えてくるんじゃないでしょうか。
(なんや それ)



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで4ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------

マイさん へ
メッセージ、ありがとうございました。
メッセージを頂いた その日に
マイさんのメアドに ご連絡したんですが、
届いてますでしょうか。
もし私からのメールが届いて
ないようでしたら、もしかしたら
マイさんの携帯の設定に
なにかしらのブロックがかかっいるとか
書いて頂いたマイさんのメアドが
間違っているとか、かもしれないので
大変お手数で申し訳ないんですが
そこらへんのとこを確認して
もう一度、お問い合わせ欄から
ご連絡して頂けますでしょうか。
あ、結論から言うと、ロゴ無し、
全然オッケーです!



はい、どうも。

昨日の続き、いきまーす。


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


ちょっと まずは
ペイントする前の下処理の話を
もうちょい詳しく書いてみようかなと。


私がやってる下処理って
パーツクリーナーで表面の
油分や汚れを拭き取ってから、


ミッチャクロンを

キッチンペーパーで薄く塗るっていう
方法なんやけど、

インスタから戴いたコメントで

『素焼きの鉢に
グラフィティーペイントを塗ったけど
外に置いておいたら
剥げてきちゃった』

これなんやけど、屋外は確かに
剥げやすいんやわ。

けどグラフィティーペイントって

私が使ったペンキの中では
群を抜いて、断トツで吸着力が
すごいペンキやから
ちょっとや そっとじゃ
剥がれんくらい優秀なんやわ。

それでも さすがに屋外やと
雨・風・日光・紫外線、これらって
塗料にとっては強敵やから
もちろん屋外用のガッツリとした
油性の塗料とかもあるけど、

そんなんじゃなくて

今、我々が馴染みのあるペンキで
いろいろ楽しみたいやん。

そうなると、ミッチャクロンみたいな
強力な下地剤があると
禿げる(←)症状は
かなり激減するはず。


あと もう一つ。

『下処理せずにダイレクトで
素焼きの鉢にデコボコベースを
塗ろうと思ってたんやけど、
やっぱりパーツクリーナーで
拭いたほうがいい?』

えーっと、

プラスチックとか陶器みたいに
表面がツルツルしたものは
パーツクリーナーで表面の
汚れを取ってからミッチャクロンを
したほうが断然、剥がれにくいと
思うけど、

素焼きの鉢は

パーツクリーナーは要らなくて
ミッチャクロンが要る、です。
(いるです)
ミッチャクロンじゃなくてもいいから
とにかく下地剤やな。

それを塗ってからデコボコベースを
塗れば、剥がれにくいペイントが
できると思います。



はい、飾りつけ、いくよー。
DSC03112
昨日の鉢が気に入ったので
同じようなテイストで いこ。

麻紐にウッドビーズを通して
それを巻き付けて、
DSC03113
ラベルを貼って、

このラベルを塗れ雑巾で
DSC03114
表面を拭いたり、ラベルの周囲を
ちょっと強めに擦ったりすると、


DSC03115
いい感じのエイジング具合に
なってやね。

あ、濡れ雑巾で拭く作業の前に


このニスをラベルの上に塗ってます。

そうしないと、印刷しただけの
状態のラベルを塗れ雑巾で
擦ったら、フツーに印字が滲んで
エイジングもなにも、ただの
変な仕上がりになってしまうので。


そして仕上げに
DSC03117
紐のところにもニスを塗っておけば
肩紐(←)が ずり落ちて
『やーん♡』てなることも
ないですよと。

ニスってボンド的な役目も
果たしてくれるんやわ。

だから
裏の結び目のところにも
DSC03118
結構たっぷりめにニスを
塗っておきました。

これでほんまにガチガチに
固まるんやわ。


あと、
DSC03121
この鉢には可愛らしいボタンを
麻紐に通したんやけど
どんなにキツく縛っても
これだけ急な斜面は
肩紐が(←)やっぱり『やーん♡』
てなるから、

逆さまにしたままラベルを貼って
同じように塗れ雑巾で拭いて
ラベルをエイジングして、
DSC03123
逆さまのままニスを塗って
仕上げればオッケーやわ。


紐の結び目にも入念に
DSC03124
ニスを塗って。

これでほんまに、肩紐やーん♡、は
ガチガチに固まったもんね。

ニス、使えるわー。


もう一つの鉢も
DSC03119
麻紐×ボタン仕様で
完成です。



はい、3つ、できました。
DSC03128
きゃわゆーいーーー♡


で、この鉢に土を入れて
本物のグリーンを植えたんやけど
その時の作業は さすがに
外で したんやわ。

ポロポロと土が こぼれて
鉢に ついたりしたから
土に水をやる時に
鉢ごと、ジャブジャブと水洗い
したんやけど、
DSC03132
どお、この、丸ごと水洗いしたと
いうのに、一切 変わらぬ佇まい。

ちなみに この鉢は
ボタンの上にもベタベタと
ニスを塗りまくってます。

ニス、強し。


え?引きの画ですか。

んもー皆さん、欲しがるんやからー。
(皆さん→(-_-))
DSC03130
す、て、  き。
(皆さん→(-_-))


え?もうちょい寄りですか。

んもー♡
(皆さん→(-_-))
DSC03245
うん、いいと思います。


他の鉢たちも
昨日の鉢と合わせると
DSC03238
やーん、こっちも かわゆいー♡

右と真ん中がデコボコベースで
左がザラザラベースです。

右と真ん中も、水でジャブジャブと
丸洗いしたけど、全っ然 ビクとも
せんかったもんね。


これさー、
DSC03237
元 海苔容器やからね。

デコボコベースの威力よ。


ウッドビーズも可愛いけど
DSC03235
やっぱりボタンも個人的に
すごい好きやわ。

デコボコのところに
ブライワックスを ぬったのが
すごく いいなあと思いました。
(↑小2の作文か)


DSC03233
白の板壁に、合うよねー。


ということで、2話に渡って
お送りした リメ鉢。

お付き合い下さった皆さま、
ほんーまに ありがとうございました。



全然 話、変わるんやけど

しかも、これ共感する人
絶対少ないやろ、ていう話なんやけど、

私、相当な、反 猫舌、なんやわ。
猫舌じゃ無さ過ぎる、てこと。

アッツアツのお味噌汁、お茶、
ラーメン、たこ焼き、
極め付きは小籠包まで、

一切、フーフー無しで
そのままイケるん。

熱さを感じないんじゃなくて
口の中が熱すぎるのが
好きやし得意やから、
ちっさい頃から熱い食べ物を
冷まして食べたことが無いねん。

もし、アッツアツ選手権があったら
絶対 いい線までいくと思うもん。

熱いは、熱いんやけど
舌がやけどするのが好きで。

(皆さん→うん、それ変やわ(-_-))


【てことは、男性の前でも
フーフーしないでアッツアツを
ダイレクトで いくんですか?】


いかないです、
めっちゃフーフーします。
『あっつ!♡』とか言いながら
時間かけて食べます。

(皆さん→この女は(-_-))



はい、以上です。



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



はい、どうも。


記事がなかなか上げられなくて
すみません。

気づいて気づかぬフリを
してきましたが
オーダーをハイペースで作ってきた
疲労感が、ここへ来て
どうも顕著に出てきてまして。

記事のペースも落ちてるけど
ルームクリップが かなり手薄に
なってしまってて
ルームクリップ派の皆さんには
ほんと申し訳ないなあと思ってます。


あ、しんどそうな弱気発言を
書いてはいますが
まったくもって
やる気は満々ですので、

ブログを楽しみにして
下さっている方、
(居る前提で)

ルームクリップで
私からの【いいね】を
楽しみにしておられる方、

(何回か言われたことあるねんて、
『マカさんからいいねが来ると
嬉しいです』ゆーて)
(誰もなんも言うてないがな)

オーダーを楽しみに
待ってくださっている方、

(これは ほら、オーダーした以上は
心待ちにしてるって思っても
別に間違ってはないやろ)
(だから誰もなんも言うてないて)

四六時中、私のことばっかりを
考えて夜も眠れないという方、

(それは男性読者の方だけやわ)
 ↑

どうか、かなり上から俯瞰図目線で
見下して、見下ろして、見守って
頂けますと、本当に幸いです。



はい そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


今日は こちら。

ニッペのデコボコベースを使って
リメ鉢を作っていきます。


使うのは、
DSC03024
海苔の空き容器。

前回の記事でも
リメ鉢を作ったんやけど
それはフェイクグリーンを
飾るためのものやったから
入れもん(←)の底に穴は
要らんかったんやけど、

今回は生緑(読み仮名:なまみどり)を
入れようと思うので
DSC03025
容器の底に、ドリルで穴を
あけておきます。

ドリルじゃなくてキリでも
全然オッケーです。


で、また
DSC03027
パーツクリーナーで表面の
油分や汚れを拭き取ってから、


ミッチャクロンを
キッチンペーパーで薄く塗って。



で、他にも生緑用の鉢を
いくつか作ります。

ま、2個やけど。
DSC03029
これさー、ダイソーで買った
カラフルな鉢に
ダイソーの黒いペンキを
下処理なしで塗った鉢なんやけど
パーツクリーナーで軽く
拭いていったら、

こんなに簡単にペンキが
剥がれてやね。

パーツクリーナー、
おそるべし、やわ。

パーツクリーナーは198円ていう
安さでホームセンターで
簡単に手に入る割には
これ何回も書いてるけど、
結構 強力なものやから
注意書きを読んで自己責任で
使用して下さいますよう
宜しくお願い致します、そうろう。

あ、そうろうって【候】のほうね。
卑猥なほうじゃなくて。

いや、候、て書いても
皆さん読めんかなーと思ったもんで。
(読めんのは お前やろ)

ボケたつもりが
せっせと説明するハメになって
かっこ悪いし虚しいしで
忙しいわ。←


はい、あっという間に
DSC03030
こんなにキレイに
剥がれてしまいました。

で、ここにもやっぱり
ミッチャクロンを塗っておいて。


あと もう一つ。
DSC03031
この鉢も、元は よくあるレンガ色?の
鉢やったものにペンキを塗ったヤツ
なんやけど、

これは いろんな色を何度も
上塗りしてあるヤツなので
そんなにツルリンとは剥がれん
かったけど、それでも まあまあ
ペンキが取れたから

やっぱパーツクリーナーの威力は
すごいので、自己責任で
お使い下さい、候。←また



はい、下準備ができたので
デコボコベース、
塗っていきまーす。
DSC03035
相変わらず、ふわっふわな
塗り心地が独特やし
気持ちいいわ。


これを側面全体に塗ると
DSC03036
こうね。

ものすっごい厚塗りしてる
ように見えるかもしれんけど
全然 薄く塗っての、
このモワモワ感やもんね。

前回のザラザラベースも
そうやけど、このデコボコベースも
まだ たっぷり残ってるわ。


続いて
DSC03037
この鉢にもデコボコベースを塗って

さらに
DSC03038
この鉢にもね。

デコボコベースは乾くのに
少々時間が かかります。

ペンキと違って、一応 立体的に
塗料を塗るわけやから
そりゃあ乾くのも遅くて
当たり前かなと。


で、デコボコベースが乾いたら
DSC03067
グラフィティーペイントの27番
グレーを塗っていきます。


3つの鉢、全部、
グレーにしてみました。

つい、他の色を塗りたくなるんやけど
こーゆうとこかもしれん、
部屋の統一感に かかってくるのは。

だから鉢なんて案外、
同色ばっかでオッケー
なんじゃないかなと思うわ。

けど『わあ!オシャレー!』て
思ったインテリア写真とか
友達と行ったカフェとかに
色とりどりの鉢がズラリと
並んでたとするやん。

そしたらまた、その映像が
頭の中に色濃く残ってしまって
自分で鉢をペイントする時も
つい、いろんな色に
塗ってしまいたくなるんやわ。

鉢に限らず、他の小物に
関しても同様にして部屋に
並べて飾っていった結果、

やっぱり これまた

わっしょいリビング
いっちょ上がり!ヘイ!←
みたいになってしまうんかもしれん。


で、色とりどりの鉢を見て
『わあ!オシャレー!』て思った
インテリア写真やったり
カフェの空間を、よくよく思い出して
みると、壁も床も一面が
コンクリートやったとか、
背景がもう、ビシーっと統一感ある
状態やと思うんやわ。

いや、インテリア上級者の方って
何をどう置いても上手いこと
まとめ上げてくるから、
そこはもう、あくまでも参考程度に
することにしてやね。

私なんてすでに、家の中に
差し色をいっぱい使ってるから
今回の鉢をバラエティに富んだ
色に塗ってしまった日には
ワッショイ祭りになってまうわ、と思って
全部グレーに してみました。


はい、わっしょいトークは以上です。
(わっしょいトーク)


グレーに塗った鉢に
DSC03079
BRIWAXのジャコビアンを
サササーっと軽ーく
塗っていくと、


DSC03080
ちょっと、もーう♡
すでに かわいいやーん。

BRIWAXをちょっと足すだけで
デコボコベースの凹凸具合が
ますます いい感じに見えるわ。


えーっと、どうしよ。

このリメ鉢を最後まで完成させると
記事中の写真が30枚を
超えてしまいます。

大抵1記事、多くても15枚程度で
抑えるようにしながら
毎回書いてるんやけど
かと言って、こんな小物作りの
記事を分割する、ちゅーのも
できれば避けたいとこやしなあ。

あ、写真枚数が多くなって
記事の容量が重くなると
何があかんかって言うと

このブログを配信する時に
通信障害が起きたり
エラーが出たりすることが
あるらしいんやわ。

だいーぶ前にライブドアに
質問した時に、そんなん言われた
記憶があるんやけど、

けど、迷うな。

通信障害なんて起こらんかも
しれんし、どーしよ。


すみません、後半の仕上げは
明日、記事を上げることにしても
いいですか。

まとめ読みの方はオッケーやとして
毎回 記事が上がるたびに
読んで下さってる方には
ほんーまに申し訳ないです。


てか明日、記事、上げれるんか?


んー、分からん。
(がんばれよ)



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------





はい、どうも。


10月かー。

月が変わるたびに、これ
毎回言うてるような気ぃするけど、

早いなー。

だって つい こないだ
冷感シーツ、流行ってなかった?

せやのに もう、寒いやん。


私は皆さんより遥かに
流行に敏感なので
お盆過ぎあたりから すでに
ヒートテックを着て、まし、た。

(↑それ、流行に敏感とは言わん)



はい そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


今日は、こちら。
DSC03023
結構 前に、私のことを
応援してくれてる方から
いなざうるす屋さんのアロエを
戴いたんやけど、

これを、どうやって可愛く
飾ろうかなって考えてるうちに
あれよあれよと日は過ぎていき、

ようやく着手するに至りました。

この、要らんようになった瓶を
どうやってアレンジするかは
センスが問われるとこやなー。



はい、イメージが決まりました。
DSC03026
パーツクリーナーで表面の
汚れを拭き取ってから
ミッチャクロンを
キッチンペーパーにつけて
塗っていきます。


ミッチャクロンは液体タイプと
スプレータイプがあって
私は液体派なんやけど、

このミッチャクロンは
ブログの中でも結構
登場してるやん。

相当 使ってるはずなんやけど
まだ無くなってないんやわ。

人生で初めて買った
ミッチャクロンが、まだ半分も
残ってるって、結構すごくないですか。

コスパ、いいなあと思って。


あ、ごめんなさい、
それだけなんやけど。



で、下準備が出来たら、
DSC03032
ニッペのザラザラベースを
塗っていきます。

これもまだ、全然残ってるわ。



どお、
DSC03033
ザラザラな感じ、見えますか。



で、ザラザラベースが乾いたら、
DSC03064
グラフィティーペイントの27番
グレーを塗っていきます。


ペンキを塗ると また
DSC03066
ザラザラな質感が
際立つんやわ。


で、ここに
BRIWAXを軽ーく 塗ってみたら
DSC03077
『やだー♡すでに いいじゃなーい♡』
てなって。

けど、ここからやわ。

ここからのアレンジを
大観衆が凝視してるからねー。←



こちら。
DSC03099
私、ボタンが好きでして。

あのねー、ボタンが好きとかって
ほんまは あんまり
書きたくないんやわ。

だってボタンが好きって
なんか、女子っぽくないですか。
そしたら男性読者の皆さんを
また掻き立ててしまうっしょ?

(男性読者の皆さん→
『全然 大丈夫です(-_-)』)


この中から好きなボタンを、
DSC03100
まあ結局ボタンじゃなくて
ウッドビーズにしたんやけど。
(なんやねん)

ウッドビーズを麻紐に通しつつ
麻紐を ちょいズレ的な感じで
巻きつけて縛って。



で、
DSC03101
好きなラベルをボンドで貼って。

昔は よく、ラベルの周りを
火であぶって ちょっと焦がして
ビンテージな雰囲気を
出してみたりしてたけど、

私、その方法、すごい下手で。

もちろん危なくないように
シンクの中で水を出しながら
紙に火がついたら
すぐ紙を振って消してたんやけど、

想定してたよりも
全っ然 燃えるん。

ちょっとだけ、の予定が
すっごい燃えてしまうし
火が燃え広がるっちゅーのは
やっぱ怖いし。


なので
DSC03102
こうしよ。

塗れ雑巾で
紙を こするようにして
拭いていけば、

いい感じになってきたんじゃ
ないでしょうか。



で、仕上げに
DSC03103
ニッペのニスを塗っておけば
オッケーやろ。


ちなみにニスは
麻紐のところにも
塗りまくってます。

そうすれば麻紐が
ズレ落ちてくることもないので。


このニスなんて
すぐに乾いてしまうから、
DSC03105
あとは新聞紙をフワっと
丸めて中に入れて、


その中心部に、
DSC03106
キリでも何でもいから
グリグリと刺して穴をあけて、

この穴のところに
アロエを突き刺して、
DSC03107
こんなモシャモシャなやつを
新聞の上にフワっと乗せれば、

完成です。



こちら。
DSC03242
やーん、可愛すぎるー♡


なんか もう
DSC03239
この感じが、好き過ぎる。



これをね、窓辺に置いてみると また
DSC03444
可愛いんやわ。

あ、アロエの隣に置いてあるのは
デコボコベースを使って
リメイクしたヤツです。

これもまた、質感が全然違って
いい感じになったかと思うので
次回は そのハウツーを お届けします。

そして その隣に飾ってある
木目のプレートは
だいーぶ前に、このブログを
すごい応援してくれてるLiLyくん
ステンシルシートを作ってくれた時に、
(その時の記事は→こちら★)

サプライズで作ってくれた
サインプレートです。


いや、しまった!サインプレートを
アップで撮った写真が無いやん。

まあ なんせ、仕事が丁寧なんやわ。
(レポ、てきとー)

どうやったら こんな表面に
なるんやろ、ていうツルッツルさやし
ステンシルも美し過ぎるしやね。

私が作るものとは違い過ぎる。


けど私は ほら、

ズレや歪みや こ汚さを重視して
作ってるもんで。
(あかんがな)

LiLyくんのminnne
ルームクリップ
インスタ

↑ここから その丁寧な作品が
見られるんやけど、
なんか もう人気があって
オーダー祭りになってるみたいやわ。


はい、今日は
ここまでにしておきます。

雑談を書く力が残ってなくて
すみません。


雑談、書きてえーな、ちくしょう。
(キムタク風に言ってみたかった)



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。


ウッドデッキ編の記事を上げながら
その舞台裏では、
ウッドデッキよりも遥かにハードな
オーダー祭が しめやかに
されど大賑わいで開催されてました。


ちょっと前に
BlogPaint
おもちゃ箱ワゴンの製作現場は
載せたので(その時の記事はこちら)、

今日はキッチンワゴンとか
タイルトレー、コースターといった
タイル系の製作現場を
お届けして参ります。


はい そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


こちら。
DSC03176
おもちゃ箱ワゴン2セット分を
カットした山と、

カフェトレー2枚は組み上がってて、

あとはコースター6枚分を
カットしたヤツです。

採寸・カット・サンダーを
一気にやって
組み立ても まとめてやってます。


まず、
BlogPaint
コースターのベニヤ板に
角材をボンドで貼っていきます。

短い棒が12本、長い棒が12本、
計24本でコースター6セット分です。

1本1本、野地板から切り出して
サンダーをかけてるんやけど
この角棒を作る作業が
なかなかパンチ効いてます。


で、
DSC03178
6枚をボンドで乾かしてる間に
おもちゃ箱ワゴンを
組み立てたりとか。

あ、枠の内側にボンドが
はみ出したままのヤツがあるけど
ここにはタイルを貼るので
神経質に拭き取ったりせんでも
大丈夫です。



そして、
BlogPaint
キッチンワゴンの箱の部分とか
トレーやコースターの枠とかに
BRIWAXを塗って。

いろいろ同時進行で
やってるから、この時 一緒に
おもちゃ箱チームの塗装も
しながら。


で、BRIWAXが乾いたら
DSC03222
とりあえずキッチンワゴンの
本体を組み立てるやん。

この時点で
『よっしゃー!完成っ』て
なりたいとこやけど、

キッチンワゴンのメインは
天板がタイル貼りってとこやから
キッチンワゴンを作り始める時から
すでに、心構えとして
ここをゴールには してなくて、
なんなら ここは、3合目やわ。

ワゴン本体は仕上がっても
山頂までは まだ果てしなく遠いな。

タイル系はどれも そうなんやけど
ワゴンとかトレーとか、その
本体の部分が完成しても
そこはまだ、3合目やもんで。


てことで、タイル貼り、いきます。
DSC03223
まずはボンドを塗って、


ボンドの上に
DSC03224
タイルを乗せて。

で、ひと晩、寝かせて
タイルがガチガチに
固まるのを待ちます。


次の日かどうかは忘れたけど、
はい、次の日ー。
DSC03225
ボンドが乾いたから
いよいよ目地を入れていきます。


目地を入れる前に
DSC03287
マスキングをして。

てか、この量を一気に目地入れ
できるかどうか、迷うとこやな。

迷うとこやけど
いってみよか。

マスキングして目地入れしよ、
て やり始めたのが、夜の10時やわ。
BlogPaint
あ、目地を混ぜるために
使ってる容器は新しい容器です。

ご近所さんから『おはぎ、食べて!』
て もらった容器を洗って取っておいた
ヤツとかじゃないので、
ご安心ください。

トレーたちに目地を入れたら
目地が無くなったので
DSC03292
もっ回、キッチンワゴン用に
目地を作って。


で、それを、
DSC03295
ワゴンの天板に ぶちまけて、



DSC03296
目地を まんべんなく広げて。

タイルの隙間に隅々まで
目地を入り込ませるために
トレーとかコースターは
何回もトントンと上から落として
目地を沈めて、目地が入ってない
とこには また足して、を繰り返して
いかなあかんねやわ。

なんかねー、この目地、
仕上がりの質感も そうなんやけど
モルタルっぽい、ていうか
独特の感じで
結構 扱いにくいんやわ。

キッチンワゴンは、ワゴンごと
上から落とすわけにはいかんから
ひたすら1列ずつ、ヘラみたいな
ヤツを使って目地を押し込んで
そこにまたスプーンで目地を
足していく、ていうのを繰り返して。

目地入れだけで早くも23時半やわ。

けど、ここで寝るわけには
いかんから、

一旦、目地を乾かすために
キーホルダーの紐をつけたりとか
別の作業をして30分ほど経ったら、
DSC03290
目地を拭き取っていきます。


ひとまず
DSC03297
おおかた拭き取ったら
もう、マステは剥がして、

ここから、
DSC03298
仕上げの拭き取りに入ります。


私は、タイル歴が長いわけじゃ
ないから、角のところは
DSC03299
集中してやっても
全然 まだまだ、やわ。


トレーとコースターの拭き取りが
終わったら、
DSC03301
次は、キッチンワゴンも
拭き取っていきます。

トレーとかコースターは
しゃがんだ体勢で出来るから
いいけど、

キッチンワゴンの高さが
これまた ちょうど
拭き取り作業的には
腰が痛くなる高さで。

拭き取り作業は長い時間
集中力と根気が要るから
腰に負担が かかってることを
作業中は忘れてるんやわ。

で、ふと手を休めた時に
『腰っ!』て気付く感じ。

だから途中からは
椅子に座りながら
タイルの拭き取りをしてたから、

もう あれやわ、

青山のカリスマ美容師、
さながらに。


22時から やり始めて
これらの目地の拭き取りが
終わったのは
夜中の2時半を過ぎてたなあ。

えーっと、出産後、みたいになります、
目地の拭き取り作業のあとは、
冗談抜きで。


『終わったー』つって
崩れるようにして
リビングで横になってたら
2階で勉強してたJK(高3の長女)が
下りてきたから

『母ちゃん、もう、あかんわ。
オーダー、作れんかもしれん。
そもそも最初っから
記事(ブログとLIMIA)書いて
SNS(インスタとルームクリップ)やって
オーダーも やるなんて
無理やってん。
このままやったら
2兎を追う者は1兎をも得ず、
になるわ』

て、弱音がボロボロと出てきて。

疲労とか、緊張が張り詰めてる
時間が長かったりとか、
そういうのが蓄積してくると
人間、どうしても負の思考に
なってくるもんやわ。

弱いな。


そしたらJKに
『母ちゃんの人生 今までずっと
5兎ぐらい追ってきたやん。
2兎しか追わん者は1兎も
得られんけど、
5兎追える者は6兎でも10兎でも
追えると思うで?』

て言われてやね。


いや、そりゃあ
2股、3股は、今まで
なんぼでも してきたけどさあ。

(んもー、せっかく読者の皆さん、
今のJKの言葉で しんみり
してたところに、
水、さすよねー)

(水、さすよねーのとこで
また不快になるわ)


はい、モチベーション上げて
最後の仕上げ、いくよー。
DSC03374
目地は4,5日かけて、毎日、
拭き取り続けるんやわ。

全部 拭き取ったと思っても
次の日 乾いて見てみたら、
薄っすらと拭き跡が残ってたりするもんで。

で、4,5日後に、もっ回
タイルチームの木枠のところに
BRIWAXを擦り込んで、

ラベルをボンドで貼って
そこにニスを2,3回塗れば
トレーとコースターは
これでオッケーやから、

続いてキッチンワゴンも仕上げるよー。
DSC03380
これは、キッチンワゴン1発目の
オーダー分なんですが
今回の2台をオーダーされた方では
ない方から、
『キッチンワゴンにmaca PRODUCTSの
ロゴを入れて欲しい』ていう要望を
頂いたので、

もしかしたら今回の2台をオーダー
された方も、ロゴ入りのほうが
いいんかもしれんなあと思って
念のため お二人に聞いてみたら、

お二人とも、ロゴ入りで、
ていうことだったので
白か黒、希望の色をお聞きして、
DSC03382
それぞれ、白と黒でロゴを
入れてみました。

ステンシルの隙間は
細い筆で埋めて。


あとは、
DSC03385
作業過程の中で
塗装が禿げて(←)しまったとこを
入念に見て、塗って、


ようやく
DSC03387
キッチンワゴン2台、完成です。


それと、
DSC03397
さっきのトレーとコースターも
完成です。

あ、トレーとコースターは
洗剤つけてジャブジャブと
水洗いして乾燥させてます。

だって作業現場、汚っいもんで。

洗剤つけて丸洗いしたら
あかんかもしれんけど
でも、キッチン用品なだけに
やっぱ、こ汚いとイヤやし。

キッチンワゴンは さすがに
丸洗いは出来んねやけど。


トレーやコースターなどの小物類は
DSC03405
もうほんとに簡単なラッピングしか
できんけど、こんな感じで発送してます。

その都度、包装紙の色が違ったり
その時の気分でラッピングしてるから
この写真のものを どなたに送ったか、
記憶は定かでは無いんやけど。


で、今は、

タイル系の今日の流れを
第3弾までやって、その発送が
終わったところです。


オーダーを開始したのが
8月19日のことで。

あれから1ヵ月ちょっと
経過したんやけど、その間に
68個、作らせて頂きました。

今の時点で、あと20個
オーダーが溜まってて、
68個を1ヵ月ちょいでイケたんなら
あと20個は、すぐちゃう?
と思うかもしれませんが、

この20個は ほぼ全部
大型商品なので
『完成しました!』ていう連絡が
私から まだ来てない方は

大変お待たせして
申し訳ないです。

もうしばらく
お待ち下さいますよう
何卒、何卒、
宜しくお願い申し上げます。


オーダーを開始した当初は
4ヵ月待ち、という
旗を上げてたほど、

正直『いや、これ、どーしよ』と
不安しかなかったんですが

その不安は

お買い上げ頂いた方からの
感想の声を聞くことで
少しずつ雪が解けていくかのように
流れていったような気がします。

完成したものを並べて
集合写真を撮る時と、
感想の声を頂いた時に、

不思議なもんで
製作の苦悩は瞬時に
吹き飛ぶんやわ。

やっぱ、出産に近いな。


こんなん書くと
買って頂いた方に失礼に
なってしまうんやけど、

私が作るものは、まだまだ下手です。

68個作っても自分の中で
100点が出たものは1個も無いわ。

に対して、自分用に作るものって
ものすっごい早い段階で
すぐに100点が出るんやけど、
やっぱオーダーは
そういうわけには いかないです。

どこかに なにかしら
もうちょっとやな、ていう箇所が
あるもので。

ハンドメイドの世界やから
そんなもんや、て言えば
それまでなんかもしれんけど
でも下手なりに100点に近づけるよう
渾身込めて作ってることだけは
自信持って言えます。


この1ヵ月ちょっとの間に
いろんなとこから
『マカちゃん、あんまり
頑張り過ぎたらあかんよ!』
て言われたんやけど、

頑張っては ないです。

頑張らせて頂いてるだけです。

キレイに言うてるように
聞こえるかもしれんけど
いや これ、ほんまに そうなんやわ。

このペースで作るためには
当たり前やけど
1日4時間寝れたら いいほうで
単純に睡眠を削るっていう
方法でしか、時間を捻出することは
出来んねやけど、

そうまでさせてくれるのは
私の未熟なものを
お金を出してでも欲しいていう声が
あってのことやから、

有難いことでしか無いんやわ。


このフィーバーが静まって
2か月に1個、オーダーが
来るか来んか、みたいな時が
近いうちに必ずくると思うので、

頑張らせて頂けるのも
今のうちだけやろなと思ってます。


はい、そんな感じで
ブログの舞台裏では、

泣いたり
笑ったり
はにかんだり(←)
むしばんだり(←)
あれしたり(←)

な、オーダー戦が
繰り広げられてました。

今もオーダー戦は続行中ですが
どうにかブログネタを
途切れさせんようにして
参りますので、

引き続き何卒よろしくお願い致します。



はい、今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。


アメトークの録画が溜まってるわー。
水曜日のダウンタウンも。
あ、クレイジージャーニーもや。

けど、年内は観れそうにないな。



はい

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


前回で、
DSC02997 (2)
屋根にポリカーの波板を張って
無事にウッドデッキが完成しました。

あ、手前の黒いところは
うちの屋根なんやけど
この、黒いところから
ウッドデッキの屋根に のぼったり
父ちゃん(主人)が写真を撮ったり
してました。

屋根に出入りできる窓が
あるもんで。



そんなわけで
ビフォーアフターです。


before
DSC02593



after
BlogPaint
やーん、泣ける。

これ、前回も説明したけど
柱とか屋根の木材を
家の外壁に1か所も
固定してないから、

ウッドデッキというか
小屋かもしれんわ。

だって独立してるもんなー。

やや小屋、や。(や、多い)


で、柱を手で揺さぶると
揺れます。屋根の部分が。

だから台風が来た時に
屋根の下から強風が突き上げて
屋根を揺らすことがあった場合に
家の外壁に屋根がガツンガツンと
当たって、その音がうるさい、
とかになったらイヤやな
ということで、

屋根の部分は家の外壁から
3~5cmほど あけてあります。

これを作ってから1回だけ
大型の台風が来たんやけど
今のところ、屋根が揺れて外壁に
当たることも無く、

まあ大丈夫そうかなと。

雨がウッドデッキに入ってこないか
に関しても、普通レベルの雨なら
手前の2辺が若干 濡れる程度やから
全然、ウッドデッキに出られます。

ゲリラ豪雨の時は さすがに
床が全体的にビチャビチャに
なってたけど。


雨の日にウッドデッキに出て
もの思いに ふけるのも
これまた風流ですけり。
(ですけり)


どお、この、
BlogPaint
2階のでっかい窓に写る
空の青さと、ウッドデッキの
コラボレーションアソシエイト(←)。


ウッドデッキに
BlogPaint
光が射し込む感じも、また。


今まで3年間、
beforeのウッドデッキがイヤ過ぎて
家の中から庭にかけてを
撮ったことがなかったんやけど、

今なら、撮れる。
BlogPaint
そう、今なら。

あ、こんな風に家の中から
庭を見た時に
屋根が景色を極力 邪魔しないように
結構 高めに屋根を作ったんやわ。


これは ほんま、
BlogPaint
お金かけて良かったなーと思うわ。


ウッドデッキが決まると
DSC03050 (2)
こんな写真も撮れちゃったりして。

うちのJS(小1の次女)と
男児2名は、私の妹の子供です。

今この写真で気づいたけど
男の子って ちっさい頃から
あぐらかいて座るんやなあ。

かっこいいな。

あ、ここで1句、できたわ。
【万緑の中や吾子の歯
生え初むる】

(まんまパクリか)
(1個もひねってない)
(ビックリするわ)


あとは
DSC02944
こんな写真も、絵になるわー♡

やっぱ天然木の威力は
すごいな。

いや、今 流行りの人工木も
耐久性とかメンテナンスを考えたら
メリットは でかいと思うんやけど、

ゆーても天然木が放つ
この圧倒的なオーラには
到底、敵わんな。


あと、これは関係ないけど
DSC03042
夏の思い出の ひとコマです。
JSの夏休みの宿題用に
お手本を書いたヤツと、

書きたくなって書いてみた
6年生課題の【緑の大地】。

JSが しきりに
『母ちゃん、なんで、まかこなん?』
て聞いてたわ。


母親の源氏名には触れないで!


私、習字が好きでして。
墨の匂いとか、書いてる時の
凛とした空気とかが。
これでも20年以上前に
師範をとったんやわ。
可哀想なくらい、これでも。

けどもう全然 書いてないから
今となっては残念な感じで。

ピアノとかも そうやん。
昔は弾けたんやけど
今は全然ひけん、とか聞くもんな。


今 出てきた写真たちは
インスタには載せてるんやけど
ルームクリップのほうには
載せてないので、

ルームクリップ及びブログ派の
方のために載せてみました。


なんせウッドデッキのお陰で
いちいち写真が決まるわー。


えっと、今回のウッドデッキ編は
beforeのウッドデッキを解体する
作業と木材の買い出しを除いたら、

土台から屋根までを
3日で仕上げました。

今年はゲリラ豪雨が多発した
夏やったから、いつ雨が降るかと
思って急ピッチで作業したんやわ。


で、天然木のウッドデッキを
作るにあたって、

レッドシダーていう木材を使ったり

こんな塗料を使ったりして
木が腐らんようにするための策を
色々 とってみたんやけど、

私が個人的に いち推しの
このガードラックアクアを
BlogPaint
3年前に、ウッドデッキ用に
作った この階段にも
塗ったんやけど、

3年間、野ざらしにした結果、
赤い丸のところがね
DSC03009
こんなに腐ってしまってやね。

結局、塗料選びも大事かも
しれんけど、それよりも
まず、木材選び。

これが1番、屋外DIYでは
重要になってくるんかなあと
少ない経験から、思ったことかなあ。

この階段はフツーの安い
杉板で作ったんやわ。


だから今回、そこそこ高かった
レッドシダーは、こんなことに
ならずに、どうか長いこと
頑張ってくれたらいいなあ、と。


はい、長かったウッドデッキ編も
今日で終わりまして
次回は、オーダー製作密着24時を
お届けしようかなと思ってます。


そうそう、ウッドデッキ編で
父ちゃんの足が短いっていう話が
出てきたんやけど、

そしたら、その日の
インスタのコメントで

『私のスマホにも
短足アプリが入ってるみたいです』と。

短足アプリ。

なんやねん、それー♡←

そのアプリ、あれやろ、
注意書きに書いてあるんやろ、

【もともと短足の方は
それほど効果は得られません】
ゆーて。

イヤやわー、そんなアプリ。

効果、得られたいわ。
(日本語)

是非とも効果を得て
『わ!めっちゃ短足なってるー』
ゆーて盛り上がりたいわ。


また ある方からは
こんなコメントも。

『私も主人の写真を撮りながら
【ちゃんと立って!膝、曲げてる?】
て言ったことあります』

膝、曲げてる?、とか。
爆笑しました。

集合写真の2列目じゃあるまいし
なんで余白の多い場面で
膝曲げて写真撮るねん。


いや、皆さん、
このブログを面白いって
言うて下さるし、
『マカさんは どうしてそんな
面白いことを書けるんですか』
て言うて下さるんやけど、

皆さんのほうが よっぽど
面白いです。

皆さんから頂くコメントとか
メッセージが おもしろ過ぎて
凹むこと、結構あるもんね。



はい、そんな感じです。←



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。


すっかり秋めいてきましたね。←

さて今日は いよいよ
ウッドデッキ最終章です。

ウッドデッキなんて載せても
皆さん環境も それぞれやし
『よし、作ってみよー』とは
ならんやろうから
最初は載せんつもりでいたんですが

あちらこちらから
ウッドデッキ編が面白いと
好評を頂いておりまして、

いやはや意外というか
思いがけない有難い反応に
書いてる本人が1番驚きつつ、

ウッドデッキも今日で最後かと
感慨深くもあります。
(なんか薄っぺらく聞こえるねんなー)



はい

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


ウッドデッキ最終章は
DSC02967
屋根の骨組みのところに
ポリカーボネートていう
波板を張っていきます。


用意したのは、こちら。
DSC02969
これは波板を固定する時に使う
釘です。


それと、これ。
DSC02970
透明やから見にくいけど
これがポリカーボネートていう
素材の波板です。


これ、すごい強い素材なんやわ。
えーっとねー、
どれくらい強いんかと言うと
言葉では表現できんほど。
(なんやそれ)

あ、これを書けば分かるかもしれん。

熱伝導率が 0.19W/mk らしいわ。
(イヤやわ)

あ、こっちのほうが
分かり易いかもしれん。

屈折率が 1.585±0.001 なんやわ。
(イヤやって)

1.585やからね?
(知らんがな)


なんせ、強いねん。
ここ北陸は雪国でもあるから
どの家庭も雪かきスコップを
必ず持ってて。

で、雪かき用のスコップって
ただのプラスチック製のものとか
ポリカー製のものとか
金属製のもの、まあ色々あるんやけど、

私は これまでに
プラスチック製のスコップを何個も
雪かき中に壊してきたんやわ。
プラスチックが割れて。

これ、私の使い方が悪いわけじゃなくて
プラスチックが雪に負けるんやわ。
柔らかいフカフカの雪じゃなくて
固まってガチガチになった雪に
ザクっとスコップを刺した時に
割れたり、あとは、
道路のアスファルトに負けて
割れたりとか。

それもあるし、雪が降らん季節に
日当たりのいい場所(外)に
置いておくとするやん。
そしたら日射とかで割れてしまって
次のシーズンには使えんように
なってたりとか。

ところがポリカーのスコップは
これら全部に対して
全っ然 平気なんやわ。

その代わり普通のプラスチックの
スコップに比べると
ポリカーのスコップは若干、高い。

けど、若干やからね。

なにも、庶民には手が出んほど高い、
ゆーものではないから
屋根材としてポリカーは
もってこいな材質、ちゅーわけやわ。

DSC02972
買ったのはアイリスのヤツで
畳1枚より一回り大きいサイズで
1枚1500円ほどやったかな。

これを5枚買いました。


はい、屋根に つけていきます。
BlogPaint
1枚目は脚立に のぼって
屋根の格子の間から
こんにちは、つって。←

で、波板用の釘って
DSC02973
これ ちょっと分かりにくいけど
波板の山のところの形に合うように
釘の上の部分が傘みたいな
形をしてるんやわ。

その傘の下にスポンジが
ついてて。


この釘をガンガンと
骨組みの木材のところに、
DSC02974
打っていきます。

この時、打ち過ぎて傘の形が
潰れてしまうとあかんから
潰れる手前で、寸止めする感じ。

で、
DSC02975
これねー、波板の山のところに
釘の傘型の湾曲が
上手くフィットしてる
写真なんやけど、

分かりにくいわなあ。

なんせ、釘を打つことによって
スポンジの部分がギュっと
潰れるんやわ。それが
釘の頭と波板の間の
クッション材の役目を
果たしてくれる、て言うんかなあ。


てか今の3枚。
脚立にのぼった状態で
右手で釘を打ちながら
左手で自撮りしてるから、

もう、何もかもが無理。

もっと分かり易い写真を、ゆーて
撮り直す余裕、そんなん無理。

脚立は揺れるし
高いところで片手で金づち持って
片手でカメラを持った日には、

一体 誰が私を
支えてくれるっていうの。←

もう信じられるのは
自分しか いないなって。←


で、1枚を張り終えたら
2枚目からは
DSC02983 (2)
完全に屋根に のぼっての
作業やわ。

格子の間からこんにちは、の
やり方やと、まー やりにくいんやわ。
だから潔く屋根にのぼって作業
してしまったほうがラクかなと。

あ、向こう側にある1枚は
まだ固定してないです。
置いてあるだけです。

下穴を開けてから
屋根の骨組みの木材 目がけて
釘を打っていくんやけど、

まあ、見ての通り

怖いです。

ただの主婦が地上3メートルの
ところでドライバーを持つことって
そうそう、無いと思うわ。


しかも、こういう屋根つきの
デッキを作る時って大抵は
家の外壁に、柱とか屋根の骨組みの
木材とかを固定するもんなんやわ。

外壁の内側には、家本体の
骨組みがあるやん。
その、家の骨格になってる
柱を目がけて、外壁から
ビスをぶち込んでいく、
ていう方法を取るんやけど、

今回は、それを せんかってん。

理由は、うちの外壁が
ガルバリウムていう素材やから。

一般的な戸建ての外壁で
馴染みのあるものの中で
サイディングって聞いたこと
ありますか。

サイディングが何かは
さて置いて、

もし うちがサイディングやったとしたら
今回のウッドデッキで
壁にあたる部分の木材は
外壁に固定してたと思うわ。

けど、ガルバって高耐久が
1番の魅力やから
穴を開けたとしたら
そこから水が入ってきて
家の周りを覆ってる断熱材を
侵食したりしそうやし
コーキングしたとしても
なんかアレやし。

えーっと、ごめんなさい、

今のくだり全部
テキトーに読んどいて下さい。


なんせ、外壁にビスを打つのが
何となくイヤやったから
今回は外壁に1本もビスを
打たずに、屋根つきのウッドデッキを
作った、というわけです。

なので、屋根に のぼって
ポリカーを張る作業は
皆さんが思ってるより遥かに

揺れます。


そんなわけで どんどん打ってくと
BlogPaint
ようやく最後の1枚まできました。

釘を上手く打てなくて
曲がってしまった時とかは
ペンチで釘をグイっと
真っ直ぐに戻すんやけど、

このペンチを取る時が、また。

まず、こういう屋根に
のぼる時って
屋根の骨組みの木材が
十字になってるところ。

そこが一番、上から荷重をかけても
頑丈になってるとこやから
そこに体を乗せて作業するんやけど、

『えーっと、ペンチ、ペンチ』
て見渡した時に
そこそこ離れた場所に
ペンチを発見した場合ね。

『なるほどー。あいつ(ペンチ)を
どうやって取るか、やな』

てな感じで、ほんーま
どこまでも慎重に慎重に、やわ。


だから、これ。
DSC02994 (2)
体勢も へったくれも
あったもんじゃない。

一応、設計上は
父ちゃん(重量級の主人)が乗っても
大丈夫なようには なってる
はずなんやけど、

設計した父ちゃん自身が
『俺が乗ったら
パキーンて折れそうやな。』
て言うから、重量の関係で
屋根張りの作業は やむなく私が。


周りは民家だからけやから
引きの写真やと
モザイクだらけで見づらいかも
しれませんが、

引きは、こんな感じです。
BlogPaint
今、この状態で 間違っても

背中ちょん、とか

やめて下さいね。

フツーに、落ちる。

全然、笑えん。

『絶対 押すなよ』を連発した場合、
それは『絶対押してね』の合図やと
いうことを我々はダチョウから
学んでるけど、
(ダチョウ=ダチョウ俱楽部)

あかん、あかん。
この場面で、それはあかん。


で、屋根には もちろん傾斜を
つけてあるから
この写真がラストの釘打ちの
場面なんやけど、

この場所が最強に怖かったです。

幸い私は、高所には
まあまあ強いので
どうにか最後まで やれたけど。


あ、これは あくまでも
個人が趣味の範疇で
やっていることなので
『こんな風にしてやってる人も
おるんやなー』程度の感じで
見ておいて下さい。

危険性や安全対策に関しての
ご意見は、個々の胸の内に
納めて頂けますと、幸いです。

また、もし参考にされる方が
おられましたら
自己責任でお願い致します。


ということで、完成です。

すみませんが、
完成のビフォーアフターは
次回にさせてもらっても
いいですか。


あ、このウッドデッキ編が
始まってからは
私が写ってる写真を
インスタにも載せてるんやけど、

『細ーい!』ていう声が
結構 多くてやね。


はい、細いです。
自分で言うくらいやから
ほんまに細いです。

身長160cmで体重は40kgやわ。

で、これ
全っ然 羨ましくない細さなんやわ。

私が細い件に関しては
1年以上前に
これまた やっぱり私が
登場する写真を見た読者の方から
『ほそーい』ていう声が
たくさん挙がったので
その時に、どうして細いのかについて
書いたことがあるんやけど、

もう1年以上前の記事やから
あれから更に たくさんの方に
読んで頂けるようになって
読者の方も入れ代わり立ち代わり
してると思うので
また理由を書いておくと、

10年以上前に大病をしてから
この体重になってしまったんやわ。

もう14,5年、経つやろか。

それまでは、ラーメン・ライス、
余裕で食べてたんやけど
それ以来 1回の食事量は
6枚切りの食パン半分が精一杯で。
胃の突き当りが すぐに
やってきてしまう感じ。

当然そんな量では1日持たんから
とにかく少しでもお腹がすいたな
て感じたら食べるようにはしてて。

だから、あれやわ、

やっぱ1年の中でも季節の
変わり目とか、不調が続く時が
あるやん。そういう時って
冗談抜きで2階まで上がるために
家の階段の途中で2回ほど
休まないと上がれない。

茶碗も、椅子に座りながら
洗ったりとか。

だからDIY中でも しんどくなって
動けんようになることが
しょっちゅうあるから、

記事の中で
塗装して→それが乾いたら~、
て次の写真が出てくるまでの間に
2時間ほど薬を飲んで
横になってること、結構あるんやわ。


けど、この体で生活することも
もう14,5年目やから
全然、慣れてます。

主治医の先生とも
長い付き合いやから
その都度 薬を調整したりして
別に なんら不自由なく
生活できてます。


だから、たくさん食べて
たくさん運動もして
それでいて細い、ていう
健康的なモデルさんとかとは
ワケが違って、

不健康極まりない細さやってことです。


そしてまた話が飛ぶんやけど
この1ヵ月、オーダー製作に
明け暮れてたら
溜めておいたブログネタも
いよいよ尽きてきて
この先どうしようかなあ
みないなことをインスタで書いたら、

『どうやったら そのハイペースで
製作ができるのか、
マカさんの1日のスケジュールを
知りたいです』

とか

『素敵写真の撮り方を
知りたいです』

とか

いろいろとネタを提供して
頂いたので、ほんまに書くことが
なくなったら、そんなんでも
書いてみようかな、と。


ゆーか、私の私生活密着24時なんて
誰が読みたいねん。

しかも書けんことだらけやわ。
(何をしてんねん)

父ちゃんに読まれたら
マズいことだらけやわ。
(だから何をしてんねんて)


中には、こんなリクエストも。

『マカさんの私生活ネタ、
特に夜ネタを知りたいです!』


もー、なんやねん それ~♡←

いや、書けるもんなら
全然 書くけど、

夜部門に関しては
ご無沙汰過ぎて
すっかり手際、忘れてるからなあ。

あれ?最初って手、どこに
置いとけばいいんやったっけ、

みたいな。



はい、終わります。←


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。


前回の記事で、子供の勉強について
の雑談を書いたんですが
SNSのほうから共感やご意見を
たくさん頂きまして
ありがとうございました。

私はDIYネタと同等レベルで
余談に関しても渾身込めて
記事を書いてるので、

そこに反応してもらえる、ちゅーのは
本当に嬉しいし有難いです。

で、SNSのコメントの返信を
しようと思って、その画面を
スマホで開いてたんやわ。

そしたら、たまたまJK(高3の長女)が
私のスマホをチラっと見て

『え、それインスタやろ?
コメントが長すぎるー!
画面に2人分しか入ってないやん』

て言うんやわ。


ええ、長いですが、なにか(-_-)

2人分しか入ってないですけど、
なにか(-_-)

そして私の返信も くっそ長いですが、
なにか(-_-)


ここの部分、SNSをされてない方には
伝わりにくいとこで すみません。

うちのJK、前にも、
『母ちゃんのSNSのコメント欄、
長すぎるー!
今すぐみんなでLINEせえや』

て言うてたことあってんけど、
17,8や そこらの年齢には これ、
分からんやろなー。
だってJK世代のコメントって

『おけ』
『やば』
『うざ』
『うけ』
『ほな』←
『さいなら』←
(最後2つ)

みたいな感じで、くっそ短いねん。


あのねー、我々、喋りたいねん。
この年齢は みーんな
喋りたいねんて。

共通点があったりした日には
『うん、分かる分かる~!』ゆーて
そこから盛り上がりたいねん。
時にはハンカチーフ(←)片手に
涙しながら喋りたいねん。


はい、

そんな お年頃な今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


屋根、いきますね。←

こちら。
BlogPaint
屋根に使う木材たちです。

ウッドデッキの土台・床・柱は全部
レッドシダーていう木材を
使ったんやけど
屋根には、ひのきと松も使います。

ひのきは垂木(たるき)
松は胴縁(どうぶち)っていう
呼び方をするんやけど

何かは深く考えんでいいです。

なんせ、屋根とか壁とかの
下地に使う木材やわ。


屋根は一番 雨が かからん場所やから
レッドシダーじゃなくてもいいやろ
ていう、コストを抑えるための選択です。

レッドシダーに比べたら
全っ然 安いもんなー。


で、また塗装やわ。
DSC02936
写真で こんなにパっと
afterの姿が出てる場合、ちゃうねん。

んもー、この塗装が
何回も しつこいけど
ほんーまキツい。

使った塗料は、こちら。


この塗料がおすすめな理由を
書いた記事は→こちら★


この塗装の様子だけで
5記事は書けるわ。

てくらい時間もかかるし
しんどいんやわ。


で、ガードラックアクアは
すぐ乾くから、その間に
BlogPaint
でっかい脚立を組み立てて
置いておいたら、

またJS(小1の次女)が頼んでも
ないのに、せんでもいいことを
してくれててやね。

もー、床張りから ぶっ通しで
屋根の塗装に突入してるから
こっちはヘロヘロやねん。
余裕ないねん。
『こぉら♡』て やり取りできるほどの力、
残ってないねん。


真顔で片づけたわ。


そしてウッドデッキは土禁やのに
DSC02934
なにを置いてくれてんねん。

お!ソフィアの水筒か。
いいの持ってるなー。

けど母ちゃんとしては
出来ればスタンレーの水筒が
いいと思うぞ。←

これこれ。

高いけど、欲しい。
欲しいけど、高い。



はい、屋根材1本目、
いきまーす。←
DSC02946
レッドシダーをビスで打って
固定します。

あのー、あれ、足つぼあるやん、
足つぼをマッサージするための
いぼいぼになったヤツ。

この脚立に のぼってる時がね
足つぼの強力バージョンなんやわ。

ずっと。

私は足つぼに すごい強くて
まあ多少は 痛いなとは思うけど
ゆーても割と平気なんやわ。

それでも長いこと裸足で のぼってると
それなりに痛くはなってくるから
脚立に触れる足の裏の部分を
かかと寄りにしたり
つま先寄りにしたりして
頻繁に場所を変えるんやけど、

足つぼに強い私でさえ
結構 痛くなってくるんやわ。


で、この写真に写ってないとこでは
父ちゃん(主人)が もう一方を
ビス打ちしてるんやけど、

父ちゃん

足つぼが ものすごくダメな人で。

だから、いてー いてー、言いながら
忍者みたいにシュっと のぼって
シュっとビスを1本打って
『もうあかん、あと お前打ってや』
て 下りてくんねん。

そんなわけで
ここからの屋根の骨組みは
ほぼほぼ私が一人でやってます。



はい、
BlogPaint
1本目を固定しました。

なんせ周囲が民家だらけやもんで
モザイクが多いわ。


次は手前に つけるよー。←
BlogPaint
はい、ついたよー。←

ここまではレッドシダーで、

次からは
縦に ひのき打ってくよー。←
BlogPaint
あのねー、とにもかくにも
足の裏が痛い。

足つぼに関しては相当
自信ある私でさえ痛いんやから
足つぼがあかん人は
これ厳しいと思うわー。


この ひのきは、
DSC02961
こんな風に金具で固定しました。



そんなこんなで、
DSC02962
全部 いったよー。←



そして、
BlogPaint
さっきの写真と変わらんように
見えるかもしれんけど、
【これ】を つけました。

なんかよお分からんけど
屋根の手前のほうには
2本、走らせるみたいやわ。

これに関しては父ちゃんも
『みんな(ネットで調べたハウツー)
2本つけてるから・・・』
てモヤっと言うてたから、

どうやら確信をつくような理由は
分からんらしいわ。


次は横に細い松、いくよー。←
BlogPaint
これが1本目で、これより手前側に
どんどん打っていくと、



BlogPaint
はい、松、全部いったでー。←


これで屋根の骨組みが
完成しました。


こちら。
DSC02968
やーん、感動。


もうちょい引きで。
DSC02967
やーん、泣ける。

ここまで来るの、ツラかったー。

人生で500番目にキツかったわ。
(これまでの人生、何があってん)

この作業を終えた頃には
足つぼを し過ぎて
体のどっかが快調になったような
気がしたもんね。

どこかは分からんけど。


で、ついに次回は

この骨組みの上に
ポリカーボネートていう素材を張って
屋根完成、すなわち全部完成です。


長いこと お付き合い下さいまして
本当にありがとうございます。

そして

もうしばらく お付き合い下さいますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。

今日は後半の余談が長いので
とっとと いきまーす。←


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

この土台に
DSC02873
床板を張っていきます。


どんどん床板を打っていくと
BlogPaint
丸で囲んだビスが またしても
全っ然 進んでいかんようになったから
インパクトを押したり引いたり
いじくり回してるうちに
コーススレッドの頭が残ったまま
折れてしまってやね。

原因は また、節やわ。


もー、節め!←


てことで
DSC02908
なんていう名前の道具か忘れたけど、
超ハイパーペンチで引っこ抜いて。

あ、この道具は
バイスプライヤーていうものです。
(最初から書けよ)

で、床板に残ってしまった
コーススレッドの頭は
板の裏からドリルを突っ込んで
ウィーンとやったら取れました。


もー、節め!←


ほんで、こういう作業をしてる時って
BlogPaint
頼んでもないのに
せんでいいことをしてるんやわ、
JS(小1の次女)が。

泥と葉っぱのミルフィーユ仕立て
 - 砂ソースを添えて -


はい、もうすぐ終点でーす。
BlogPaint
また柱の形に合わせて
コの字にカットした床板を

例によって
DSC02925
ごっついL字金具で下から固定して、


DSC02927
こんな感じ。


で、今回 張った床板は全部、
BlogPaint
こういう向きで張ってます。

えっと、木には年輪があるやん。
木口を見れば年輪が
どんな風になってるのかが
分かるんやけど、

木って

年輪の輪っかの向きと反対の方向に
変形していくもんなんやわ。
写真で言うたら、黄色い矢印の方向に。

だから この写真みたいに
年輪の輪っかが上に向くようにして
床板を張っていけば
年月とともに木が変形していった時に
凹凸の凸の状態になるから、

そうすることで何が良いのかと言うと
木が凸の形に変形してくれれば

雨水が たまらない。

すなわち、

長持ちする、ということです。


はい、説明、決まったー。


そんなこんなで
ようやく板張りが終わりました。

こちら。
DSC02930
やーん♡

木の葉の陰影が、もう♡


あ、壁際は
DSC03016
やっぱり結構 隙間を空けてあります。
雨水が逃げていけるように。
この2cmほどの隙間に
わざわざ足を乗せるってことも
人間の動作から考えて
まず、無いしね。


あと、終点の床板は、
DSC02929
板を縦に細くカットして張りました。


で、床板に打った
コーススレッドなんやけど
BlogPaint
手前と奥に、ダーっと並んでるのが
分かるでしょうか。

ここで疑問なのは
どうして真ん中にコーススレッドを
打たなかったのか、てこと。

写真に黄色い点を
描いてみたんやけど
真ん中にも土台の木材が
通ってるんやから
黄色い点みたいにコーススレッドを
打っていっても いいんやわ。

いいんやわ、ていうか
普通は打つと思うわ。

けど今回、真ん中を打ってないのは
やっぱり雨水や湿気を逃すためで。

だから床の上を歩くと
場所によっては
パカパカとなる感じ。
ほんの少しやけど。

これを もし業者に頼んで
作ってもらったとしたら
歩いた時にパカパカ鳴る床板なんて
絶対クレームが来るから
真ん中を打たない施工なんて
まず せんと思うわ。



はい、長いウッドデッキ編が
ラストは屋根のくだりを
残すところとなりました。

ここらで一旦
雑談を挟んでもいいですか。


2つ前くらいの記事で
職人やった私のおとん(実父)が
カタカナの【ヲ】を知らないのに
直角を出す方法を知ってた、

ていう話に関してなんやけど。


大人社会では
学歴が、イコール、
仕事のできる人・人生の成功者、
にはならないっていうことを

我々大人たちは
自己の経験から それを知ってるやん。

会社は もちろん
学校や地域のちょっとした活動でも
『デキるなー』ていう人って、
要所要所に おって。

社会における【デキる人】って
学歴うんぬんじゃなくて
伝達の仕方が上手いとか
物事を1手2手先まで読めるとか
文章能力があったりとか
周囲の人間を動かすのが上手いとか
抜きんでたカリスマ性があるとか

そういう、いろんな要素を全部
総合的に見た結果の【デキる人】やと
思うんやわ。


だから極論としては
【デキる人】の要素から学歴は
弾かれるっていうか
『いい大学に入ったからと言って
成功者になるとは限らん』
ていう結論に達するんやろな。


で、我々は、自己の人生経験から
それを体験し痛感してるんやけど、

それをね

まだ、社会という大海を知らない
子供に言うたところで
そんなもん、土台、分かるはずが
無いと思うんやわ。


死んだおかん(実母)は
子供に ことの外 学歴を望んだ人
やったんやけど、
おかんの口癖で、私がおかんから
言われて1番イヤやったのが、

『勉強は母ちゃんのために
するもんやない、
自分のためにするもんや。』

ていう言葉。

この言葉のどこが
イヤやったかって言うと
幼少期の私は確実に
おかんの顔色を見て
おかんのために勉強をしてたから。

まだ大海を見たことのない幼い私に
【勉強は自分のためや】
って言うたところで
ピンと来るわけが無いし
ピンと来んだけなら まだしも
逆に『母ちゃんのために勉強してるのに』
ゆーて、ものすごい反発心が
あったのを覚えてるわ。


そもそも

幼い頃から将来の目的が定まっていて
それに向かって勉強してる子なんて
ほんの ひと握りやと思うんやわ。
あとは、誰かに負けたくないからとか
周囲から褒められるのが嬉しいからとか
これもまた、自発的に勉強する子の
心理やわな。

だから子供が勉強する理由の大半が
プレゼント目当てやったり
親の顔色を伺って、やったりするのって
ごく自然なことやと思うし、
子供なんて基本的に
勉強が嫌いな生き物で正解やと思う。

けど その、嫌いなものに対して
いかに上手く気を向けさせることが
出来るのか否か、は、
親や先生の力量にかかってくると思うんやわ。

それが上手いこと出来てる親御さん、
結構おるもんなー。


で、私はと言うと、全く ど下手で。

特にJK(高3の長女)に関しては
ほんまに下手やった。

1人目の子育て、ゆーことで
力が入り過ぎて
褒めることなんて まず せんで
ずっとダメ出しばっかやわ。

小さい頃のJKに
勉強を強要し続けた結果
JKは私の顔色を伺いながら
小学校の間は高成績をキープして、

それが、中学・高校と
だんだん自我を主張するようになって
力関係が私と同等になってくるにつれて
全く勉強せんようになって、

今では、まー、アホで。


自分自身、勉強を強要されて
あんなにイヤやったはずやのに
結局、我が子に同じことを
してしまってたやん、

て気がついたのは
中高生になったJKが
私に激しく反発してくれたお陰なんやわ。
そこで やっと目が覚めた、ちゅーか。


せやから今はもう
JKには一切、勉強せえ、てことは
言わんようになって
そうすると不思議なもんで
JKはせっせとセンター試験に向けて
怒涛の追い込みを自発的に
やってるんやわ。

まあ、今更センター試験に
追い込みかけたところで、
国公立なんて土台 無理やけど。


【ダメな部分をつつくと
そのダメな芽ばっかりが
ぐんぐん育つ】
て聞いたことあるけど
ほんま、その通りやなーて
今になって つくづく そう思うわ。

そう思えるようになったのも
JKの子育てで申し訳ないほど
たくさんの失敗をさせてもらったから
やな。


あと、これ。

チャレンジをやめる時の
母親vs子供の ひと悶着。

これに関しては
子育てが ど下手な私に限ってじゃ
なくて、結構 皆さんの中にも
おられるんじゃないかなと
思うんやけど、

子供がね、チャレンジを段々
せんようになってきて
手をつけてないヤツが溜まっていくやん。

それを見つけた親は
まー、阿修羅のごとく怒り散らして、

で、子供との話し合いの場を
設けるわけよ。

『もう、こんなにやってないんやったら
チャレンジ、やめる?』
て子供に問うやん。

その時の親の心情って
子供に、横に首を振って欲しいねん。
『もうちょっと頑張ってみる』
て言うて欲しいねん。

子供の本心を探るリトマス紙的な
感じで『もうやめる?』て聞くんやわ。
ヤラしいな。

で、子供は親が怖いから
1発で『やめる』とは言わんくて、
やめたいのは山々やけど
『う~ん…』ゆーて
答えを渋るんやわ。

そこで親は こう出る。

『あんたがほんまに もう
やめたいんやったら
母ちゃん、何も言わんよ?
ただ中途半端があかんから
母ちゃんは それを言うてんねん』

それを聞いた子供は
【もしかして、やめるって言うても
ほんまに怒られんかもしれん】
と恐る恐る判断して
『うん、じゃあ、やめる…』
て言うやん。

そん時の、母親ね。

『ほんまに やめるんか!
最初にやりたい言うたの、
あんたやろ!』
ゆーて、逆上やわ。

中途半端はあかん、とか
もっともらしいことを言うときながら
子供の口を開くためだけに
持ち出してきたウソ臭いセリフなんて
子供が『やめる』言うた瞬間に
キレーにどっか飛んでって、

まーた、阿修羅のごとく
烈火のごとく、ギャーギャーと
説教し出すねん。

もー、無茶苦茶や。
支離滅裂。

子供、いい迷惑やわ。

そもそも、封を開いてない時点で
話し合う必要、無いもんね。
やる気ないっていうのが
結果として もう、出てるやん。

出てるのに
見えてるのに
分かってるのに

それでも どうにかしてチャレンジを
繋ぎとめておきたい、浅はかな親心ね。

そんなもん、

ほんまに勉強を自発的にやる子なら
そもそもチャレンジなんて、いらんて。

いや、チャレンジを否定してるわけじゃ
なくて、チャレンジ自体は間違いなく
いい教材なんやけど、
それを巡っての親子論争の話でね。


悲しいかな 親っちゅーのは
【学歴=成功者】とはならん
ていうことを重々知っておきながら

我が子の勉強のことになると
針の穴ほど視野が狭くなるもんやわ。


というわけで

今までは父ちゃん(主人)が
私の写真(ブログ用の)を
撮ってくれることは無くて
JKが撮ってくれてたんやけど、

この夏休みもJKは
朝から晩まで図書館に行ってたから

今回のウッドデッキ編で
出てくる私のショットは
やむを得ず父ちゃんが
撮ってくれてます。


ほんで、今まであんなに勉強勉強
言うてきたくせに
JKがいざ本格的に勉強し始めると
今度はお金のことばっかり
頭を よぎるんやわ。


親っちゅーのは ほんま
無茶苦茶やわ。


あ、私がダメ親なだけか。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*

はい、どうも。


てっきり皆さん、ウッドデッキなんて
興味ないやろと思ってたんですが
意外にも、そこそこ興味深く
読んで下さってるようなので、

安心しました。

台風で飛んでかんかなーと
心配してた屋根も
なんら問題なく、

それもまた、一安心です。



そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


前回で土台まで完成したんやけど、
BlogPaint
この土台に走らせた木材。

普通は各場所2本ずつ
木材を取り付けるもんなんやわ。
赤い線みたいな感じで。

けど父ちゃん(主人)が
強度計算?した結果
この木材の厚みと幅なら
1本でいいと判断したので
各場所1本ずつしか
使ってないんやけど、

ウッドデッキ・DIY、とかで検索したら
大抵みんな、2本ずつ取り付けてると思うわ。


けど私は こんなデッカイDIYの
強度とかになると さっぱり分からんから
父ちゃんの見解に賭けるしかないな。


あ、
BlogPaint
この①のところを上から近くで見ると


BlogPaint
こうなってて、


②のところを上から近くで見ると
BlogPaint
こうなってます。

あえて隙間を作った設計に
してあるんやわ。

これは雨や湿気を溜めないためで。

キッチリ作ってしまうと
雨や湿気が逃げる場所がなくて
そこに留まってしまう。
そうすると木が腐りやすくなる。

ていう理論から。


らしいです。←


はい、土台に床板を貼っていきまーす。
BlogPaint
1枚目は、ここから、のとこから
打ち始めます。

で、1枚目って両サイドに柱が
立ってるせいで、その柱の部分を
カットせなあかんねやわ。

てことで
DSC02886
ノコギリで せっせとカットしました。

で、その切り口に また
DSC02888
塗料を塗ってやね。

おぉーう、DIYって
くっそ面倒くさいですね。←


そして このカットした板を
DSC02890
柱の奥に通して、
ていう場面なんやけど

この写真を撮ってる時に
たまたまカメラの調子が悪くなって


『あれ?なんかカメラ、おかしいわ』

父ちゃん
『え?どんなん?』


『父ちゃんの足が短すぎる』

父ちゃん
『やかましわ、生まれつきや』


『あ、生まれつきのほうか!
いや、あんまり短かったもんで
合成のアプリでも入ってるんかな、思って』

父ちゃん
『なんで一眼レフにアプリが
入ってんねん。おかしいやろ。
生まれて このかた、この足で
何不自由なく生きてきたわ。』

て言うててんけど

今、記事を書きながら写真を見ても
やっぱり、合成ちゃうかな、ゆーて、
思わずサングラス、上にあげたもんね。

パソコンの画面を
よく確認するために。

(サングラスかけて記事
書いてるんですね)
(あ、はい、そうです)←


で、
DSC02891
気持ちよくハマりましたよ、と。

いやー、このカット、
頑張って良かったー。


カットしたの、父ちゃんやけど。


で、ここもやっぱり
DSC02892
こう、隙間を空けてやね。
雨や湿気を逃すためにね。


で、この板なんやけど
BlogPaint
赤いところに力がかかっても
下に それを受ける木材があるから
オッケーやん。

けど青いところに力がかかったら
あんまり よろしく無いなあてことで
ごっついL字金具で止めることにしました。


下から見ると
DSC02896
こーやわ。


はい、次ー。
DSC02897
これは厚さ4mmのベニヤ板を
手に持ってます。


これをね
BlogPaint
1枚目と2枚目の間に挟んで
どんどん床板を貼っていけば
わざわざ隙間を測ったりせんでも
効率良く、いけますよと。


さらに
BlogPaint
鉛筆で2か所、しるしをつけた
端材を用意して、

これを
DSC02903
床板の上に置いてマジックで
しるしを つければ、


DSC02904
こんな風に常に等間隔で
ビスを打っていけますよーと。


面倒くさいと思うことでも
この準備をしとくだけで、
DSC02922
テンポ良く作業が出来るんやから
やっぱ事前準備って、いるな。

いや、この写真も また
狙ったわけじゃないのに
なんか、あれやわ。

またがってる感じが
なんか、あれやな。

昼間っから、なんか すいません。

決してそんなつもりで
またがったわけでは無いんやけど。
(そんなつもり)



えーっと

板を貼り終わるとこまで
一気に行きたかったんやけど
今日はもう、写真をいっぱい
使ってしまったので

申し訳ないですが
ここまでにさせて下さい。



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*



はい、どうも。


台風が心配ですね。

ここの記事内では
ウッドデッキは施工中やけど
もちろんすでに完成してるので、

ウッドデッキ施工後、初の大型台風。

屋根が飛んでかんか、心配やわー。



そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


前回は、こんな
BlogPaint
逆さま鳥居みたいなヤツを
2つ作ったんやけど
矢印のとこは当然、ビスを打って
固定してあるやん。

ここにビスを打つ時にね、
BlogPaint
節のところにビスを打ったら
もうこれ、前にも後ろにも進まん。

インパクトっていう電動ドライバーを
使ってるんやけど、

インパクトをもってしても
完全にストップやわ。

で、インパクトドライバーと
普通のドライバーって
どう違うんかと言うと、

インパクトっていうネーミングからして
力が単純にパワフルなんやろなー
て思うやん。

けど、そうじゃなくて
ビスを埋め込んでいく時の
仕組みが違うんやわ。
ものすっごい簡単に言うとやね。

せやから、こういう太い木材に
ビスを打ちたい時って
普通のドライバーでは
基本的には打てないんやわ。


てことで、インパクトを使っても
進んでいかんビスを
どうにかする方法は
私の経験値には無いから
BlogPaint
もう、しゃーない。

ビスを ねじくり回したり
こねくり回したりしてる間に
ビスの頭がコロンと取れてしまったから、

強引にペンチで へし折って
節を避けた場所に
新たにビスを打ちました。

それくらい節って
ビスが負けてしまうほど硬いんやわ。


あ、ねじくり回して こねくり回したのは
ビスですからね。

もー皆さん、すぐ違うこと
考えるんやからー。←


はい、そしたら
BlogPaint
次は横に走らせる木材を
クランプで固定してビスを打っていきます。


使うビスは
DSC02863
コーススレッドていうヤツです。


コーススレッドて何かって言うと
別に深く考えんでいいです。
これまた説明すると くそ長くなるので
そこは置いといていいです。

なんせ、ビスの一種やと思っといて下さい。

これ長さが7cm以上もあるんやわ。


で、最後に
DSC02864
奥の1本を固定するんやけど
この時に直角を出す必要が
あるんやわ。

これの前の段階。
囲んでる木材がコの字の状態の時って
別にきちんと直角になってなくても
いいんやけど、

いいんやけど、ゆーか

直角になってないかもしれんわけで。

んー、なんて言えばいいんやろ
真上から見た時に
わずかに ひし形っぽく
斜めってるかもしれんやん。

せやから、ラストの1本を打つ時に
それをピシっと直角に正して
そこそこ正確な長方形にせなあかん、
てわけやわ。


んー、説明が苦しい。


なんせ、直角、出すね?(←軽い)
BlogPaint

短い矢印のところに
麻紐をピンと引っ張ってあります。
釘に引っ掛けて。

で、

青90cm、黄色120cm、赤150cm
てなってます。

なんせ、青:黄:赤が3:4:5になると
三角形の部分の直角が出ますよと。

中学数学やわ。

だから、あの麻紐がピンと張るまで
奥の木材をちょっとズラしたりして
調節していけばいいってことです。

これ、配管の仕事をしてた おとん(実父)が
使ってた方法なんやわ。


あ、麻紐って伸びるやん。
だから、もしこの方法を
使う方が おられたとしたら
おとんは釣り糸みたいな伸びない糸を
使ってました。

是非、伸びない糸を使って下さい。



で、奥の木材も固定したら
DSC02868
次は真ん中、いきまーす。←

もう この時点で ほぼ正確な
長方形になってるはずやから

あとは どんどん
DSC02872
束石に固定してある土台用の木材を
今作った枠に打っていきます。

こう見えても、炎天下です。

こう見えても。


はい、
DSC02873
土台を全部、打ちました。

で、この上に板を貼っていくんやけど
この作業をしたのはお盆休みの間で
今年のお盆休みって、全国各地、
ゲリラ豪雨が多発してたやん。

せやから、ここに貼る板は
DSC02874
木材を買ってきてから数日間は
カーポートの中で こんな風に
でっかいブルーシートに
くるんでおきました。

今から これを広げて並べて
塗装していきます。
DSC02877
もー、並べるだけでもキツいわ。


これを ひたすら塗っていきます。
DSC02878
私はペイントするのは好きなほうやけど
それでも、こんなでっかい木を
塗装するのは、面白くもなんともないわ。

ひたすら しんどい。


はい、
DSC02880
まずは片面を塗りました。

今回 使っている塗料は

この、ガードラックアクアていうヤツなんやけど、
前に これの黒を庭用として買ったのが
余ってたから、片面は その余りを使って、

反対側の面には
DSC02881
柱や土台と一緒なブラウンを
塗りました。

なんべんも言うけど
ほんーま、キツい。

体全体を使って塗る感じやもん。

腰が、もう。

あ、ガードラックアクアの いいところは
性能の他に速乾性もやな。
乾くのが恐ろしく早いわ。



はい、今日はここまでにしておきます。

次回は今塗った板を
土台に貼っていきまーす。←


あ、おとんの話なんやけど
私はどんな場面で3:4:5ていうのを
知ったのかと言うと、

私が小さい頃、小さいゆーても
高校生とかやけど、その頃の記憶で
おとんが家の物置を作る時に
手伝ってくれってことで、

3:4:5になれば直角が出るから
お前そこ何センチか見てくれ
みたいな感じの場面で。

で、

『へえー、3:4:5で直角になるんやー』
て言うたら、おとん、

『お前、高校生なのに
そんなことも分からんのか。
うひゃひゃひゃひゃ』と。


ちなみに おとんは中卒で
学歴コンプレックスがある人で、
分母が違う分数通しを足す時って
通分と言って、分母を揃える計算を
せなあかんやん。

その、通分のやり方を知らん人で。

はたまた、こないだ家にフラっと
おとんが来た時にJS(小1の次女)が
カタカナの宿題をしてたんやけど
そんなJSに おとんは、

『すごいな!英語か!』と。

JS:『違うよ、これカタカナだよ』

おとん:『ウソや~、カタカナで
そんな字、じいちゃん見たことないぞ』

JS:『これは【を】だよ』と。


おとん、【ヲ】を人生で初めて見たらしわ。


そんな おとんやけど
現場仕事をしてきた経験から
3:4:5で直角が出ることを
フツーに知識としてあるんやわ。

かたや私は

お勉強に関しては おとんよりは
遥かにしてきたはずなのに
そんなこと、とっさには出てこんかって。

だから、学歴コンプレックスのある おとんは
私の無知を発見すると
すかさず ここぞとばかりに
その無知さを叩きちぎるんやわ。
昔から。

おとんの そういうとこ、
結構 好きで。


そう考えると、あれやな、
お勉強より社会に出てからの
経験値のほうが
ずっと重要なんかもしれんなあ。

ま、お勉強は、それはそれで
思考回路を広げてくれる
重要なエッセンスやとは思うけど。


そんなこと言っておきながら私は
我が子には ある程度の
学歴を求めてしまう
フツーの母親やけど。



【ヲ】は知らんけど
3:4:5は知ってる、そのバランス。

センスあるわー。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*



はい、どうも。


前回の記事で、演歌の天城越えが
出てきたんですが、

そこのくだりは私としては
今日イチでドカーンと大ウケの
予定やったんです。

ところが

【都はるみの天城越え】と書いてしまって
読者の方から、
『マカちゃーん、天城越えは
都はるみのじゃなくて
石川さゆりだと思うよー』と
ご指摘を頂きまして。

慌ててソッコーで修正したんですが
その時すでに、通常の訪問者数の
半数近くの方が読んでおられてやね。

修正したのは記事を上げた日の
午前中やから、それ以降に
読まれた方は いいんやけど、

【都はるみの天城越え】を
読まれた方はドカーンとウケる前に
『え、天城越えって都はるみやったっけ』
て、そこでモヤモヤしてしまって
ウケるにもウケられんかったと思います。


もー、

せっかくの ここ一番てゆー場面で
スベリちぎってしまったやん。

あーあ、ダダすべりや。


けど、

『え、石川さゆりで読んだけど
特に大ウケは しませんでしたけど?』

ていう方もおられるわなあ。


それ、すべるよりハズわ。




そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


えーっと、ウッドデッキの作り方が
我流過ぎて、記事が書きにくいのなんのって。

しゃーない、
そのまま書いてくしかないな。


まずは、こちら。
DSC02839
今回は

ウッドデッキの土台を作る時に
この4本を4隅に立てて
その上に屋根を作っていく、

ていう方法で やっていこうと思ってて。

これ、1本6000円もするんやわ。

今回ウッドデッキに使う木材は
ウエスタンレッドシダーていうヤツで
米杉、とも言います。


ウッドデッキに適した木材って
雨ざらしでも腐りにくくて、虫に強い木
てことになるんやけど、

そもそも木材って、ソフトウッドと
ハードウッドの2種類があって、
このレッドシダーていう木材は
ソフトウッドです。


このブログは、難しいことは書かない
ていうのを指針にしてるので
難しいことは全ー部 さて置いて、

なんせ

ソフトウッド→柔らかい木
ハードウッド→硬い木、です。

で、柔らかい木ってことは
カットしやすいんやけど
極端に言うと、木の中身が
スカスカやから虫とかに
ヤラれやすいんやわ。

に対して硬い木、ハードウッドは
手ノコ(ノコギリで切ること)では
カットできんほど硬いんやわ。
そして、普通のビスも打てない。
さらに、くっそ重い。

その代わり、木の中が ものすっごい
詰まってるから、虫がカジりたくても
カジれないってことで虫に強いし
同時に、日射しや雨にも俄然強い。

だからウッドデッキに適してる木材は
断然、ハードウッドなんやわ。


『えー!そんなこと考えずに
今までDIY、やってしまってた』
ていう方。

全っ然、大丈夫です。

ホームセンターで我々が手軽に
入手している木材なんて、
まず、ソフトウッドなので。


で、もう一つ言うと、
お値段。

ハードウッドって、くっそ高いんやわ。

くっそ高い上に、ビスもハードウッド
専用のビスを使わなあかんし
重すぎたら組み立てるのも大変過ぎるし、

てことで、それらを考慮した結果、
レッドシダーにしたというわけです。


ちなみにレッドシダーは
調べたとこによると、
ソフトウッドの中では断トツに
耐久性・防腐・防虫、を備えた木材らしいので
数年後に どうなるかは分からんけど
レッドシダーに賭けてみました。

で、お値段のことを先に言うとくと
今回は、畳3畳の広さのウッドデッキに
屋根をつけたんやけど、

土台の石やら、ウッドデッキのために
買った丸ノコやら、屋根の材料やら
全ー部入れて、

13万ほどかかりました。

あー、ツラい。

けど、もし、木材をハードウッドに
したとしたら、

軽く30万は超えるんやわ。


はい、ウッドデッキに興味ない方
今の長いくだりを よく耐えて下さいました。


で、冒頭の長い木材に戻るけど
あの柱の根元には、
DSC02840
こんなヤツをビスで打って
固定してあります。


裏から見ると
DSC02838
こうなってます。

これは何かって言うと
基礎パッキンといって
一般的な家の土台にも
使ってあるヤツなんやけど、

木材を直接コンクリートの上に
置いた状態にしておくと
通気性が悪くなって腐りやすくなるから
それを防ぐためのものです。

この木材にぴったりサイズの
基礎パッキンは売ってなかったから
90mm角の木材に合うように
丸ノコでカットしました。


で、この木材を
BlogPaint
束石に固定していくんやけど、

【これ】て書いたヤツが
今 言うた、基礎パッキンで。

【チョークで書いた線】ていうのは
DSC02841
4つの束石に、こんな風に、
中央になる部分に線を書いて、

これを
BlogPaint
ウッドデッキの土間コンのところにも
チョークで線を引いて、

その、
BlogPaint
コーナーの十字ところに
さっきの束石に書いた黄色い線を
合わせれば、上手くいくんじゃないかと。

こんな風に。
DSC02856
これは さっきと違うコーナーの写真やけど。

もーね、

父ちゃん(主人)と二人で
あーでもない、こーでもない
言いながら、必死やわ。

だってウッドデッキをDIYしてる人って
大抵、土間コンの上じゃなくて
地面の上に作ってるから
こんな方法、やってないもん。

これで合ってるんかも分からんし
こうなったら もう、経験とカンで
やってくしかないわ。


あ、皆さん、上棟って知ってますか。
賃貸の方とかは もしかしたら
知らない方もおられるかもしれんから
念のため説明しとくと、

家を建てる時って、まずコンクリートで
基礎を作って、その上に
柱を立てて家を作っていくんやけど、

その、柱を立てる時のことを
上棟、ていうんやわ。



ということで、真夏の炎天下の元
いよいよ上棟です。

こちら。
DSC02847
首には保冷剤入りのタオルで、
ズボン、ズボンちゃうわ、
ズボンは まくり上げて。
(結局ズボン)

普通、柱が垂直かどうかを
調べる時って上から糸を垂らすんやわ。
糸の下に5円玉とか重りをつけて。

けど今回、水平器を使った理由は

上から糸を垂らすのが
面倒やったからです。

『え!そんな理由で!』て
思われるかもしれませんが、
はい、そんな理由です。

だって この柱自体がすでに
曲がってたりして真っ直ぐな木じゃ
ないから、そんなもん、垂直も
へったくれも無いわ、と思って。


で、水平器で垂直を見ながら
BlogPaint
垂直を調節するために
なんかよお分からんペラペラなヤツを
柱の下に挿し込んでいきます。

手に持ってる黒いヤツ。

これ、1枚が1ミリの厚さなんやわ。
だから1枚入れて『もーちょいやな』
とか言いながら、2枚目を入れてみたり。

いろんな部品があるもんやわ。

で、垂直が決まったら
赤い矢印のところから
ビスを打っていきます。

使うビスは、こちら。
DSC02850
ステンレス製の板金ビスっていうもの。

ウッドデッキみたいな屋外用のものには
ステンレス製のビスを使うんやわ。

サビんようにするために。


はい、ビスを打って束石に柱を固定すれば、
DSC02851
ようやく2本の柱が立ちました。



で、この2本の間に
DSC02854
これまた水平器で水平を見ながら
板を渡していきます。

両端を でっかいクランプで
固定したらビスを打って。

この、逆さま鳥居、みたいなヤツを
もう一つ作って
DSC02860
それぞれを
『せーの』で持ち上げて移動させて
土間コンに書いた
チョークの線の上に合わせれば

ようやく、この状態になりました。


ここのくだり。

長かったわー。

ひとっつも面白くない上に
時間ばっかり かかってやね。

ウッドデッキに関して数か月間
調べまくったんやけど
誰もかれもが、
土台作りはキツい、面白くない、て
書いてあっただけあって、

本っ気で、面白くないわ。



はい、次回は

この2つの逆さま鳥居の間を
板で繋ぐ時に、どうやって直角を出すか、

からの、

土台をどんどん仕上げていきます。


ウッドデッキに興味の無い方に対しては
非常に心苦しい記事が続きますが、
そのうち、でっかい脚立に のぼったり
果ては屋根の上で作業したりもするので、

引き続き
何卒よろしくお願い申し上げます。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*


はい、どうも。


オーダーに興味の無い方、
すみません。

今日は

製作現場密着24時
その時マカ子はなぜ脱いだのか←

を お送りします。



そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


はい、おもちゃ箱ワゴン、
いってみよー。
DSC03179
2台分の木材を採寸・カットして
サンダーかけて、組み立ててます。

よぉーし、1箱できたぞー。
おもちゃ箱ワゴンは1台につき
3箱セットやから、

あと5箱作れば2台分完成やな。

え、あと5箱作っても
2台分にしかならん?


えーっと、

そこ、あんま考えんとこ。


で、6箱 組み立てたら
ワックスを塗って、
DSC03186
裏面にボンドをつけて
板を貼ってキャスターをつけてやね。


この時、
BlogPaint
ボンドが はみ出てたところは、



BlogPaint
拭き取って。


あと、ビスを打った時に
バリバリっとなったところを
DSC03189
やすったりとか。


で、
BlogPaint
おもちゃ箱が ちゃんと
スタッキングできるかどうか
確かめて、ひとまずオッケーで。

後ろには、これまた同時進行している
キッチンワゴン2台分が控えてます。


はい、次はペイントー。
DSC03195
もー、部屋、ぐっちゃぐちゃやわ。

で、おもちゃ箱ワゴンは
私が作った元祖のヤツと
同じ配色でオーダーされる方が
多かったんやけど、

今回はじめて、上2段がグレーで
下段が黒、ていうオーダーを
頂いたので、今までと違う色が
塗れるってことで、これ結構
ウキウキするもんやわ。

けど、実はこの

おもちゃ箱ワゴンのペイント作業が
オーダー品の中では
1番プレッシャーがデカいヤツです。

何がプレッシャーかって、

期待通りのエイジング塗装が
できるかどうか、てこと。


オーダー品の中で
ペイントが入ってるものって
結構あるんやけど、

ペイントの面積が小さいものを
エイジングするのって
ぶっちゃけ どうにかなるんやわ、
あかん言い方かもしれんけど
誤魔化しが効くというか。

だから裁縫箱あたりから
ペイント作業のプレッシャーが
デカくなってくるんやけど
裁縫箱の面積なら、まだそこまで
緊張せんで済むわ。


ところが このおもちゃ箱クラスの
エイジング塗装になると
緊張具合がガツンと上がってやね。

だからエイジング塗装してる間は
アドレナリン全開やし
集中度数もメーターが
振り切れてる感じです。

相当、何っ回も何っ回も
引きで見て調整して、を
自分が納得できるまで やってます。

だって、これをオーダーした方って
私のペイント技に お金を出して
下さってるって言うても
過言じゃないやん。



はい、ペイントが納得できたら
DSC03196
ステンシルを入れて。

ここら辺が、作業の佳境やなー。
疲労の峠、やわ。
エイジング塗装で完全燃焼しつつ
途切れてしまいそうな集中力を
もっ回 起こす感じ。

だってステンシルでヤラかしたら
一度は決まった塗装を
全部サンダーで剥がして
やり直さなあかんもんで。

もー、そのリスクを考えたら
手が震えて、しまいにステンシルできる
状態じゃなくなってくるんやわ。

こんな時に
『お前なら出来るって』て
後ろから斎藤工に抱き締められたら
どんなにいいやろかって思うわー。
(そりゃあ、いいやろ)


そう言えば、家で、
斎藤工かっこいいなあ、て言うてたら
JS(小1の次女)が

『え!母ちゃん、斎藤工、好きなん?』

『うん、好き♡ だってカッコイイやん。
ゆーか、斎藤工 知ってんの?』

『うん、知っとるよ!
ペッペッペー、の人やろ』

『それ、だいぶ違うわ(-_-)
何もかも違うわ(-_-)。逆すぎる。』

ゆーて。



はい、無事にステンシルを
入れ終わって、
DSC03197
あとは持ち手を錆塗装して、


それを
DSC03198
ビスで打って固定すれば
完成なんやけど、


仕上げに
BlogPaint
ペイント面にニスを塗って。

ついでに、どっかの段階で作っておいた
ノベルティ用のフェイクグリーン挿し
(↑chikoさんのWAGONレシピからお借りしてます)
(chikoさんの承諾は得てます)
にも、ニスを塗って。

あ、ノベルティは
裁縫箱・おもちゃ箱ワゴン・
キッチンワゴンをオーダー頂いた方に
おつけしてます。

ちなみにノベルティは
気分によって変わるんやけど
しばらくはフェイクグリーン挿しの気分かなあ。


ノベルティって
意外と面倒くさくないんやわ。
いや、そこそこな手間も時間も
かかってるんやけど、

どっちか言うと、作りたいねん。

理由は、プレッシャーが無いっていうのと
息抜きになるっていうのと。



あ、ノベルティを作ってる写真もあるわ。
DSC03199
ペイントして。

これも濡れ布巾で拭いて
軽くエイジングを入れてあります。


で、
DSC03200
ハンコを押して、



DSC03202
ニスを塗って、



DSC03203
一緒に、キーホルダーたちにも
ニスを塗ったりして。



はい、
おもちゃ箱ワゴンに戻りまーす。←

最後に
DSC03204
この2台の前に作っておいた
おもちゃ箱ワゴンも合わせて
計4台の裏面にフェルトを貼って

ほんとに完成です。


もー、歩く場所も無いわ。

家の中を歩く時に
そこらじゅうに鋭利なもの(ビスとか)が
転がってるし、狭いしで、
『痛い痛い痛い痛い』連発やわ。

てことで

家の中が汚すぎるので
ウッドデッキに4台並べて
撮影してみました。
DSC03205
うん、グレー×黒、かっこいいと思います。


グレー×黒は せっかくなので
クローズアップして撮ってみました。

こちら。
DSC03207
元祖の色の組み合わせ以外で
作るのって、新鮮やわー。



DSC03208
私の中では死力の限りを
尽くしたつもりやけど、
果たしてオーダーして下さった方が
これを見た時に『わあ!』て
思ってくださるかどうかは

分からんからなー。

この不安は、小さいもんでも
大きいもんでも一緒です。
毎回、発送する時は かなり真面目に
『わあ!』て思ってもらえますようにと
祈るような気持ちで、

玄関先に荷物を取りに来た
ゆうパックの職員さんを
見つめてます。
(気持ち悪いわ)

その時の表情は、あれやわ、
石川さゆりの天城越えのモノマネの
【あまぎー、ご~ぉ~え~~~】の、

え~~~、の時の顔やわ。

(↑伝わりますか)
(伝わったところで余計気持ち悪いわ)



4台中3台は発送が完了しまして
あとの1台は裁縫箱仕上がり待ちです。

今は、タイル系 第1弾が終わって
裁縫箱のくだりに入ってるので、
次にオーダー製作密着24時を
お届けするとしたら、タイル系やな。



次回は、ウッドデッキの続きです。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------




*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*
【伝言】
はるかさん。
今日の記事最下部にメッセージを書いておきました。
*--------------------------------------*


はい、どうも。

今日は記事が長めやから
とっとと行きまーす!←


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


前回の続きです。

壊れかけのレディオを解体したので、
ま、レディオていうかウッドデッキやけど。
(絶対ウッドデッキやろ)


木材を買ってきました。

こちら。
DSC02809
写真で見ると全っ然大したこと
ないんやけど、この木材を買って
持って帰ってくるだけで、

この日は1日、終わりました。

DIYで大変な作業の代表格って実は
材料の調達やったりするんやわ。
だってホームセンターが丸ごと
家の敷地内にあって
その場で作業できるんやったら
疲労具合も時間も確実に
3分の1は減ると思うもん。

あの、ほら、ホームセンターの
大物専用の特別なカート、
あれに木材を乗せるだけで
もうヘロヘロ。

そしてあの特別なカートを
押すのが また、ヘロヘロ。

お会計し終わって
ホームセンターの2tトラックを借りて
トラックの荷台に積み込む作業で、
完全にヘロヘロ。

やっとのことで家に帰ってきて
今度は荷台から木材を下ろす作業で
再びヘロヘロ。

巨大なブルーシートを広げて
その上に木材を置こうと思ったら
ブルーシートの端が風でヒラっと
内側に折れ曲がって
それを『もー』言いながら直す作業で
やっぱりヘロヘロ。
(描写が細かい)

そして借りたトラックを
ホームセンターに返しに行って
またもやヘロヘロ。

家に上がって冷えたお茶でも飲んで
ひと息つこうと思って冷蔵庫を開けたら
お茶を補充してなくて
『もー』ってなりながら急いで
やかんのお茶を冷水ポットに移し入れて、
ヘロヘロ、

かと思いきや、

疲れと暑さで不機嫌、一気に絶頂やわ。


こうなったらもう
無駄にJS(小1の次女)に当たって、
父ちゃん(主人)も父ちゃんで
同じく疲れと暑さで不機嫌絶頂やから
『うるせえ!そんなことでJSに怒るなや!』
ゆーて、私に怒鳴るという図式ね。

親二人が無駄に不機嫌で
子供が とばっちりを受けるっていう図。

これ、子育て家庭の
土日あるあるやな。



はい、設計図は、こちら。
DSC02811
うん、見えにくい。


なんせ、
DSC02812
父ちゃんが設計すると
こういうことになるんやわ。

私がこの設計図を見ても
全っ然、分からん。

ゆーか、私も父ちゃんも
同じ大学で、同じ工学部やったから
『お前、これ、分からん?
大学で何をやっててん。』
て言うんやけど、

私が工学部の4年間で
1番熱心に打ち込んだ講義は
哲学やったからなー。

何のために工学部に進んだのかは
ナゾやわ。



あとは、他にも揃えた道具が
DSC02813
束石(つかいし)っていうもの。
ウッドデッキの土台になるヤツやわ。

これもまた、運ぶだけでも しんどい。



それと、ついに こちら。
DSC02814
本格的な丸ノコも買いました。

誰かから借りようかとも
考えたんやけど
この先 使うかもしれんし、

まあ、ウッドデッキの予算の一つとして
捉えれば買ってもいいんじゃないかと。

これを買うことを直前まで
しぶっていた私に相反して
かたや父ちゃんは、ウッキウキやわ。

男の人って、家電とか工具を買う
ことに対して、ものすごく積極的じゃ
ないですか。

に対して我々主婦たちは
どうにかして誰かから借りられんかなあとか
なんとか買わずに済む方法を
最後の最後まで粘って考えませんか。



で、これさあ、
DSC02815
私がいつも愛用してるブラデカの
丸ノコと比べたら
こんなに違うんやわ。

あのデッカイ刃がマッハで回転するかと
思ったら、それこそ
『え~、こーわーい~!』ってなるわ、
キャピった感じで。



早速、使ってみました。

カットするのは90mm角の
ぶっとい木材です。

こちら。
DSC02820
こわすぎる。

『やだー!ほんと無理~!』みたいに
キャピるかと思いきや
この年齢(40)で ほんとに無理な場合
『こっっわ!』て低音ボイスの反応になったわ。


このデッカイ刃を もってしても
90mmを1発でカットすることは
できんから、まず1回カットして
木材を反転させて
BlogPaint
もう1回、反対側から刃を入れて
全体をカットする、という方法です。

赤い矢印のとこが
1回目にウィーンと やったところね。


そしたら こんな風に
DSC02824
カットできましたよと。

で、私が このデッカイ丸ノコを
使ってカットしたのは

この1回こっきりです。

理由は、横で見てる父ちゃんが
うるさ過ぎて。

『もっとしっかり押さえな!』
『だから ほら!』
『危ないって!』

ゆーて、ずーっと言うてんねん。

いや、しっかり押さえてるし
誰よりも一生懸命やってるわ!

まあ、父ちゃんがうるさい、ゆーのも
あるけど、でもこれ、ほんまに怖い。

ブラデカでサクサクとカットしてきた
感じと、まるで違うもん。

生半可な気持ちと姿勢では
確実に大怪我するな。

女性でもこれくらいの丸ノコを
扱えるクリエイターさんも
たくさんおられるやろうけど、

予想以上に上級者向けな工具で
私には無理やったなー。



はい次は、カットした木材に
色を塗っていきます。

使う塗料は、こちら。
DSC02825
ガードラックアクアという塗料なんやけど
これを選んだ理由は、

こちら。
BlogPaint
うちの庭のフェンス。

これは3年前に家を建てた時に
猛スピードで作ったフェンスで、
杉板を使ったんやけど、

その時に、どの塗料を塗るかを
ものすんごい調べたんやわ。

で、調べまくって
『これにしよ』て決めたのが
さっきのガードラックアクアていう塗料で、

この塗料は、最近皆さんと共に
勉強したばっかりの
【塗膜を作らないタイプの水性ステイン】
なんやわ。

えーっとねー

屋外用の塗料って
室内用の塗料とは また全然違って
さらに幅も広いし知識も要るし
難しいんやわ。

なにせ、雨風・日差し・木を好む虫、
そういったものたちに対抗せな
あかんやん。

せやから、塗料の成分も
一筋縄では いかんて言うんかなあ。
まー、バリエーションも豊富やし、
調べれば調べるほど
『あれがいい』『これがいい』ゆーて
いろんな見解が書いてあって
結局どれがいいのか
ワケ分からんようになるんやわ。

で、調べたところによると

屋外の木材に使う塗料は
塗膜を作らない塗料のほうが
木が呼吸しやすいから長持ちする、
ていう見解があって、
けど その逆で、塗膜でガッチリと
覆ったほうが絶対いい、ていう
見解もあったんやけど、

3年前の私は

塗膜を作らない塗料のほうに
賭けてみたんやわ。

その結果、
3年間、雨風・日光などに
さらされた結果が、さっきの写真で。

もっと近くで見ると
DSC02830
これねー、3年前と全く一緒。
ひとっつも色落ちしてないねん。

しかも屋外用の塗料って
たいてい2度塗り・3度塗りする
もんなんやけど、

この塗料、【1回塗りでOK】て
宣言してる塗料で、書いてある通り
1回塗りしかしてないのに
全く色褪せず、木が腐ることも無いって、

これはほんまにすごいと思う。

だって いろんな人の事例を
見てみたら、やっぱ『3年目には
こんな状態になったので
メンテナンスのために塗り直しました』
とかって、よお書いてあるもん。

でことで

すっかりガードラックアクアの
信者になってしまったので
今回も迷わず、ガードラックアクアに
したというわけです。


フェンスに使った色は
オリーブていう色で、

今回は

DSC02826
ブラウンていう色にしてみました。

これが組み上がった時に
正解の色になるのか
いまいちな色になるのか
まだ分からんなあ。


で、木口(木の切り口)のところは
1番腐りやすいとこやから

DSC02827
たっぷりつけて念入りに塗って。


あとは

DSC02832
これは土台になる部分の木、やわ。


なんせ

DSC02835
ずっと この体勢やから
腰が痛いのなんのって。

私は、腰痛だけは皆無なことが
体で唯一 自慢できるとこなんやけど、

にしても、この体勢で
ぶっ通しで塗装するのは
ほんーまにキツい。

木が いちいちデカいから
1本塗るだけでも大変なんやわ。

しかも木材って よお考えたら
6面体やん。
よお考えんでも6面体やけど。

だから、表面塗って裏面塗って
側面左を塗って側面右を塗って
木口を2か所塗って、になるから、

言葉で表現できんほどキツいです。


そのうち腰痛の他にも
体に異変が現れるんやわ。

それは、

喋れんようになるってこと。
(そのほうがいいと思う)

家族から話しかけられても
『あ?』とか『へ?』しか
言えんようになんねん。

この状態の私に
『100万ちょうだい』て言えば
『ええよ(-_-)』て即答するわ。
疲れ過ぎて頭も回ってないしね。

だから男性読者の皆さんが
『写真撮ってもいいですか』て聞けば
『どぞ(-_-)』て即答するから、

チャンスやなー♡←

チャンス・オブ ザ・シティーやわ。


あ、オン ザ シティーか。←



はい、今日はここまでにしておきます。

次回は組み立て編の前に
オーダー製作密着24時でも
挟んでみようかなあ。


恐ろしいほどフル回転で
作ってます。

その舞台裏では父ちゃんが
怖ろしいほど家事98パーは
やってるわ。


よ!父ちゃん。
オーダーが落ち着いても
是非、その調子で。
(この嫁は)



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------

はるかさんへ☆
メッセージ、ありがとうございます!礼
コメント欄は、だいーぶ前にコメント返信がオーバーワークになってしまって やむなく閉じることにしたがいぜ~(←)
富山弁、打ちにくいわ。
え!なになに、そんな安いもんなん?ゆーかさあ、射水市、何かにつけ手厚いやんなあ。教育関係とかも。民に優しい地域やわー。
まあ、運ぶのが少々面倒でも、安いんならとっとと捨ててしまいたいしなあ。
そうそう、富山の木工普及活動な!相変わらず依然として静かやなあ、ここは。どうにかしたいねんけど、なかなかそう簡単にはいかんがいちゃねー(←)。だから打ちにくいって。



*--------------------------------------*
【重要】
オーダー下さった方には
どんなに遅くとも その日じゅうには
『承りました』という内容のご連絡を
差し上げてます。

もし、オーダーしたのに
そんな連絡来てないわ、という方が
おられましたら大変ご面倒ですが
もう1度、オーダーのご依頼を
して頂けますでしょうか。

*--------------------------------------*


はい、どうも。


依然としてオーダー製作に
日夜 明け暮れております。

先日 ようやく第1便、
続いて第2便を発送しました。

お待ち頂いてる皆さま、
今しばらく お待ち下さいませ。

相当、飛ばして製作に
あたってるので お陰様で
4ヵ月待ちから3ヵ月待ちになりました。


で、今日からは
長いウッドデッキ編が始まるので、
そろそろ皆さんウッドデッキにも
飽きたんちゃうかな、て頃に また、
オーダー製作密着24時を
お届けしようかなと思ってます。



はい、そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


うちのウッドデッキが、こちら。
DSC02593
楽天のショップでキットとして
売っていたものを買って
この場所で組み立てたんやわ。

人工木って聞いたことありますか。

木の粉にプラスチックを混ぜて
さも天然木かのように見せた
ものなんやけど、

普通の木材を屋外で
野ざらしにしといたら
段々 腐っていくけど、
それに比べて人工木は
メンテナンスしなくても
腐らないから天然木より断然
長持ちします!ゆーて、
どのショップにも同じようなことが
書いてあって。

で、家を建てる時(3年前)に

この場所には自分たちで
ウッドデッキを作るつもりで
土間コンだけは業者さんに
作っておいてもらったんやわ。

で、ウッドデッキのある家が
長年の夢でもあったから
実際に家が建って住んでみたら
すぐにでもウッドデッキが欲しい、てなって。

すぐに欲しいとなると
やっぱりキットのほうが
手っ取り早いし
『人口木は腐りません』て
どのショップもデカデカと
宣伝してるから、

ほな もう、人工木のキットを買ったほうが
時間もかからずに作れて
尚且つ、天然木に比べて
コスパも断然いいんじゃないかと。


そんな、

腐らない・コスパがいい、という
人工木のウッドデッキを
3年間使用した結果が、こちら。
DSC02597 (2)
いやいやいや。

おかしいやん。

話が違うやん。



あとは、こちら。
DSC02598
もー、今にもズボっと
家族の誰かが落ちそうな勢いで。

ドリフやん。

けど、ドリフはズボっと落ちても
怪我をせんような素材?
多分 発泡スチロールとかを
使ってあるやろうから大丈夫やけど、

こんなガチのヤツでズボっと
落ちた日には、それこそ
笑えんような怪我をすることになるやん。


ウッドデッキの床下が、こちら。
BlogPaint
この矢印のところをね
もっと近くで見ると、



DSC02595
こうなんやわ。

これ、元々こんな形やったんじゃなくて
完全に割れて、こんな風になってて。

しかも2年目には もう
割れててん。

2年目の時点で『ヤバいな』とは
思ってたんやけど、
3年目の冬が明けてみたら
いよいよ こんな風に
誰も歩けん状態になってしまっててやね。


こっちの角度から見ても
DSC02599
完全に たわんでるのが
分かるやろか。

もー、このキット、これでも
10万近くは したのにー。

それで3年たらずで
こんなことになってしまうって、
どういうことなん?

けどこのキットを買ったショップの
レビューを見てみても
誰も こんな不具合は訴えてないし
組み立てる前に水平も測ったし、

なんでこんな無残なことに
なってしまったんか
分からんねやわ。


てことで

この春からずっと
ウッドデッキを作るために
設計図を書いたり
木材はどれにするかを考えたり
費用はいくらほどかかるかを計算したり、

かなり時間をかかて熟考しました、


父ちゃん(主人)が。


いや、これ、
私はさすがに無理やわ。

一応、女子やし。(ではない)

設計なんて、無理無理。

強度の計算とか、無理。


で、春からの計画としては
お盆休みに一気に作り切って
しまおうと。


ということで、解体からです。
DSC02601
上の板を剥がしたら、
まー 大変。

この うねりようは、一体。

ビビったわ。

元々こんな波型の板やったん
ちゃうかな、て思うほどの ひどさやん。

いや、記憶が薄れてるだけで
元々こんな波型の板やったんかもしれんわ。
(んなわけ)



はい、全部、解体しました。
DSC02602
全部撤去したあとの土間コンが
まー、汚かったもんで
デッキブラシで こすって
水で流して乾かしてる途中の写真です。


そして、解体し終わった残骸が、こちら。
DSC02603
もー、これ、どーしよ。

最近は全国どの自治体も
ゴミの捨て方は厳しくなってると
思うんやけど、もちろん私が住む
自治体も厳しくなってきてて、

これを自力でゴミに出したい時は
全部をせっせと1m以内にカットして
出さなあかんねやわ。

イヤやな。

けど、有料でゴミに出したとしたら
結構な金額になりそうやし、
やっぱ自力でコツコツと出そう。

今はオーダー製作で手一杯やから
しばらくしたら出すことにしよか。


↑こんなん言うてると
たいていスーっと1年くらい
経つもんやわ。

ましてや今はもう
結構キレイめに全部 縛って
誰も通らん家の横の狭いところに
積んで置いてあるから、

そうなったらスーっと
2年くらいは いきそうやな。



はい、ひとまず今日は
ここまでにしておきます。



あ、前回の塗装技に関して
『分かり易かった!』
ていう声から
『書いてある通りにやってみたけど
やっぱり上手いこといかん…』
ていう声まで、
いろんな反応を頂いたんですが、

結局のところ塗装技って
アレやと思うわ、

おかんが作る煮物。

あ、おかんが作る煮物が
美味し過ぎるという前提で。

おかんが作る煮物も そうやけど
もっと言えば
ばあちゃんが作る煮物ね。

さらに もっと言えば
農家のおばあちゃんが作る煮物。


特別な調味料を使ってる
わけでもないのに
劇的に美味しくないですか。

まあ、自家製の醤油や味噌を
使ってる、ていう おばあちゃんも
おられるやろうけど、

私の父方の ばあちゃんは農家で
その ばあちゃんが作る煮物が
どうにもこうにも美味し過ぎるんやわ。

1回、どんな調味料を使ってるんやろと
思って聞いてみたんやけど、
別に何らフツーの調味料で。

それなのに、レシピを聞いて
私も同じようにして作ってみても、
何かが違うねん。

いまいち、どころか、いま②、いま③
ぐらいの感じにしか ならんねやわ。

多分、ほんまにちょっとの差とか
コツとか感覚とか、
どっか そのあたりの微妙な差が
積もった結果、絶品になるんやろうなと。


だから塗装技の話に戻るけど
塗装技もそれと一緒で

私レベルでさえエイジングする時は
サンダーをかける時の
角度とか力加減とかを、

相当 考えながら やってます。

考えるゆーより
体で覚えた感覚、ゆーんかなあ。

サンダーを使う方法、
雑巾で拭きとる方法、
ブラシでこする方法、
ワックスで汚す方法、

どの方法の時も
体で覚えた感覚を使って
やってるから、

その微妙なサジ加減までは
なかなか伝えにくいんやわ。



ということは、あれやな、
塗装技が上手くなるのは
最低でも70を過ぎてから、

ゆーことやわ。
(イヤやわ)



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方は
こちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今、オーダーを お受けしてから
発送するまで3ヵ月待ちとなっております。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------