はい、どうも。



お正月明けからの
3連休明けからの、

今日ですね。




そんな今日は

ようやく おもちゃ棚シリーズ、
完結です。





こちらと、

にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。


今日もご面倒なひと手間、
ありがとうございました。

恩にきます。






てことで

DSC07981

ここまできたんですが
1番上の、なんちゃって3枚扉。


これは

彫刻刀で溝を彫って
切れ目があるように
見せたんやけど、

こうやって見ると


いまいち なんやわ。



もうちょい
3枚扉で~す、ていう感じを
全面推し したいとこやなあ。

(で~す、のとこ
 ちょっと腹立つわ)





てことで、

DSC08001

んもー、果てしなく
面倒くさいけど、

端材から、こんな角材を
カットしてきてやね。




これらを

DSC08011

こんな風に

扉の裏からビスで
打っていくことにしました。

面倒くさかったから
扉を外さんと
そのままの状態で。



せやから

蝶番のところは
どうしたんかというと、

DSC08010

こうやわ。

蝶番をつけたままで
強引に、蝶番の上から
そのまま角材を乗せて
ビスで打ったったわ。

『蝶番ぐらい
 どーってことないわ』

くらいの強い気持ちで。





で、ようやく これで完成~、

なんやけど、



扉がね

DSC08012

少し、浮いてるんやわ。


これも、蝶番あるある、ていうか
パタパタ扉あるある、やと
思うんやけど

蝶番をつける位置とか
つける時のビスの
しめ具合とかで

扉が浮いてしまうんです。



まあ、下手なだけって
言われたら、おっしゃる通り、
なんやけど。





ピッチリと扉を閉めたい場合は
マグネット式の部品とかを
使えばいいんやけど、

それって、棚の内部に
取り付けなあかんことに
なるんやわ。



それをつけたとしたら、
まあ、小さいものではあるけど

NC(年長さんの次女)が
おもちゃを出し入れする時に
いちいち 引っ掛かりそうで、

イヤやなと。




せやから

扉を閉めるための部品を
使わずに

どうにかピッチリと扉を
閉めたいな、と思って
考えたのが、こちら。

DSC08014

小さい木片と、ビス。





この木片をね、

DSC08015

ビスで ちょい緩めに打てば、






DSC08016

こうなって。





ほんで、

これを90度回せば、

DSC08017

こうね。



ええやんかー。



また最近の子供は
真新しいプラスチックの
遊具に囲まれてて
それを見慣れてるせいか、

こういう
原始的なものに対して

『わあ~!』って
なかなかの好反応を
示す傾向にあってやね。





ということで

この棚の改造編は
異様に長かったにも
かかわらず

最後までお付き合い
下さいまして
ほんーまに
ありがとうございました。



完成です。





元々は

DSC03145

こんな風に
部屋の真ん中あたりに置いて

カラフルな おもちゃたちが
見えんようにしてたから、




普段、目に入るのは

DSC03069

こういう景色で。



おぉーーう、

ナチュラルやなー。




それから、

DSC05416

インダストリアルな感じに
するために

一旦はシルバーに
塗り替えて。




けど、これもクド過ぎる
気がしてきて
学校っぽさを もっと出したい
と思って、

DSC07281

ひとまず
木目にしてみたんやけど

このあたりから

この棚を【隠す収納】に
しておくことが
限界に思えてきたので、



今回、

棚を全面改造した結果

DSC08019

こうなりましたよと。



長かったわー。



ひとまず、この棚は
これで良しとして、

次のターゲットは
棚の横に写ってる
白いチェストです。

これをリメイクします。





えーっと
話は変わるけど、

先日の、おかんが死んだ時の
記事(→こちら★)に関して

こんなコメントを戴きまして。


---------------------------------

世間一般の家族の
きれい過ぎるイメージが、
家族のことでグレーな気持ちを
持つことを 許してくれへん
みたいなところが、
更に 人を追い詰めてるような
気がします。

---------------------------------

うん、ほんま そうやと思う。


家族って、それぞれの形が
あるから、その家の人間にしか
分からん部分が いっぱいあって。


で、家族ってキレイな部分
ばっかりか、言うたら、
そうとも限らない場合も
たくさんあると思うんやわ。


家族が絶対的な支えになっている
パターンもあれば、

家族が、自分の行く手を
さえぎるような

そういうパターンもあって。



けど、血縁である以上、
死んでも縁は切れんていうかね、
そこがまた、時として
家族内の誰かを追い詰める
元凶になってたりしてやね。



で、

家族のことで苦しい思いを
している人がおっても、

今の社会では
それを表に出すことは
許されないというか、

なんやろ

表に出したところで

ドン引きされて終わるだけ、とか
或いは『家族のことをそんな風に
言うなんて…』ていう感じで

冷ややかに見られつつ、
プラス、好奇な目に晒されるだけ、

ていう反応が返ってくる
だけやと思うんやわ。



それが怖いから、

浮くのが怖いから、

好奇な目に晒されるのが
イヤやから、


結局、みんな、

余計なことは話さんとこ、
ていう風に収縮している風潮が
蔓延してるんやと思う。



いや、

じゃあ、みんなして、

抱えている家族の負の側面を
言い合いっこすればいいんか、

いうたら、それも おかしい。



家族のグレーな部分て、
誰かに言うて、どうにかなる
もんでもないし、

言い合いっこして
共鳴し合って

それで救われるかと言えば、
救われるわけでもない。



けど、

もし 社会全体に、

心の受け皿の
ゆとりがあれば、

誰かが行き詰っている時に
周囲の人間が
それを ドン引きせずに
受け入れることができるから、

浮くこともないし
冷ややかに見られることも
無いんやろうと思う。


その結果、

根本的な解決に
至ることは無かったにせよ、

受け入れてくれる環境が
自分の周りにあれば

社会全体は

こんなにも息苦しくは
ならないと思うんやわ。



けど、今の社会には
それが無いから

息苦しいし、

生きづらい。



何かにつけ、

他者からの評価や反応を
気にしながら、
生きてかなあかん。



だから 誰もが

どっか背伸びしながら
生きてるような、

常にハイヒールを履いて
生きてるような、

そんな気がするんやわ。



その結果、

精神が壊れて病んでしまったり、
或いは
自らの命を絶ってしまったり、

そういった しわ寄せが
膨れ上がった社会に
なってしまってる気がする。





おのおのが
ただ無関心なのではなく

ヒールを脱いでる人を
見かけた時に

冷やかしも批判もせず

『あ、ヒールを脱いでるんやな』と、
ありのままを受け入れられる
そんな世の中になれば

今よりは格段に
生きやすくなると思うんやけど、


ここまで
人間同士の負のループが
根深くなってしまった今となっては、

そう簡単に

社会の霧が晴れることは
無さそうやな、と思うわ。





はい、


今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事、また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村ランキングへ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------