前回の記事で

【アノラック】が分からない
という声を ルームクリップ内で
チラホラ聞きまして。

【アノラック】 というのは
まぁ ぶ厚めのジャンパーの
ことなんですが

私としては、

アノラックの部分を書いていた時、

『どやー! はい、ここ絶対
 大爆笑やろー! 決まったわー!』

ぐらいの 得意げな感じで
パソコンを打っていて、


ほんで まさかの

あのスベりようやわ。。。



さぶいわー。



福井出身の父ちゃん(主人)に
聞いてみたところ、

『俺らは ヤッケ て言うてた』

とのこと。

ルームクリップの
関西方面の方たちも、

『ヤッケのことかいな?』

とのこと。



どうやら【アノラック】というのは、
ここ富山だけしか 言わないん
かもしれません。


全国放送、いや、全世界放送の
ブログという媒体で 大スベりやわ。



しかしながら、

前回の記事は 下ネタを軽く
盛り込んであったので

そこに関しては、なかなか
好感触な反響がありまして。



さすがは、

あんなことや こんなことを
ご経験済みの ご婦人方。

みなさん(私含まず)(←こら)、

ありとあらゆる
ナイトフィーバーを
ご経験済みのことでしょう。



また、機会がありましたら
ライブドアから警告が
来ない程度に

シモのほうを ぶち込んでいこうと
思っておりますので、

今後とも、

何卒 宜しくお願い申し上げます。


(なんやねん)










はい、今日は

DSC03904

ダイニングテーブル横の壁。

この殺風景な壁を
どうにかしようと思います。




けど、

ええ感じの雑貨もないし
ここのディスプレイのためだけに
小物を作る気力もないので、

凝ったディスプレイが無理なら

とりあえず、写真でも
飾っとこうかな と。






いやね、

いい加減、BROOKLYN も
LENOX も、普及率がすご過ぎて、
(ゆーても、ウチも かなりの
 BROOKLYNフェスティバルやけど)

ちょっとずつ、

BROOKLYN や LENOX から
抜け出すように努めてみようと
思って。





そういう意味では 写真て、

絶対的なカッコ良さと
1枚しかないという希少価値が
あるから、


うまく飾れば、

オシャレアイテム
いや、

オシャンティーアイテム
いや、

シャレオツアイテム
いや、

シャレオッティーアイテム
いや、

アリエッティーアイテム 
なってくれる気がする。

(なんのことやねん)









用意したのは、こちら。

DSC03905

写真をポストカード風に
加工したものを、

2.5ミリのベニヤに貼っただけ
のヤツです。

加工もエクセルで やってます。





nico and ... は

niko and ... のパロディっぽく
意図的に k を c に
したわけではなく、


ずっと nico and ... やと
思ってたんです。


お店も何回も行ってるのに、
気付かんかったわ。。。

思い込みって 怖いわー。







ほんで、これを飾るにあたって

私は いっつも適当に貼るから
斜めになったり
等間隔じゃなかったり
してしまうので、







まずは、

DSC03906

テーブルの上で、配置を決めて

虫ピンと 金づちを用意して








わざわざ、
DSC03907

窓枠の下10cmのとこに
貼ろう とか、

等間隔になるように
窓の横幅も測って 計算機使って
写真同士を何センチあけるかを
考えたり とか、









散々 いっろいろ やって、

こちら。

DSC03908

なんでやろね。。。


窓枠の下 全体に
ええ感じで 写真が等間隔に
並ぶはずが、

こーやわ。

計算機使って こーなるんやから

もー 終わってるわ。








で、結局、


目で見た感覚だけで貼ったら、

DSC03909

全然 これで良かったという。




空しいわ。






もー ちょい
写真を足すために、


セリアのコルクボードを
解体したヤツを使いました。




こちら。

DSC04439

虫ピンで壁に固定してしまった
あとの写真で
見にくいかもしれませんが、



コルクボードとかって
解体すると、

コルクを挟むための
溝があって。

その溝に 写真とかポストカードを
立て掛けることができるんです。






これは 随分前に作ったものなので、
作業の写真がなくて申し訳ないですが

作り方は とっても簡単です。


解体した枠の溝のとこに
キリで穴をあけて

そこにワイヤーを通して
下をクルッと曲げて

あとは角のとことか
形を整えれば もう完成です。




このワイヤーを つけることで、

溝に立てかけた写真やポストカードが
ヒラリと落ちてくるのを
防ぐことができるし、

ワイヤーってだけで、

ちょいアリエッティ―に
なります。

(何のことやねん)








こんな風に 飾りました。

DSC04051

コンクリート風の壁紙に写真て
合うと思います。


閑静な美術館みたいな。

ギャラリーみたいな。

ギャラクシーみたいな。

(ギャラクシーは完全に違うね)





そこだけ 

時が止まっているかのような。

(そんな たいそうなもんやない)







虫ピンの穴って 本当に
ちっさいので、
これなら、賃貸の人も気にせず
できるんやないかと思います。



簡単にできる
アリエッティ―ギャラクシー

(だから 何のことやねん)



おすすめです。










心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)