昨日の記事で、

私のブログには、拍手がない
というような内容を書いたんですが、

そしたら、なんと

【12拍手】になってました。



ありがとうございます。


過去最高の数字です。

(12で過去最高とか、しょぼ)





12のうち、1は私なので、

12-1=11名の 心清き方々

どうぞ、壇上へお上がり下さい。




私 お手製の、

折り紙で作ったメダルを

首にかけて差し上げますので。


(いらーーーーん!)









はい、最後は、

DSC04125

この CDプレーヤー。




とりあえずで貼ったセリアのシールが

どぉーも、

とりあえず過ぎて。。。
(その日本語)



この手のシールの普及率が
高すぎるから、
見飽きてしまって。



けど、

こんだけ家を いじくってる割には
家電に塗装する、ていうことに
なんとなく抵抗があって。

人それぞれ、そういうの
あると思うわ。


ハタから見たら

『え?それはOKで、
 そこはあかんねや』

みたいなことが。


誰しもが、当然、日々
自分の物差しで行動してるから

たまたま私の場合は
家電の塗装に抵抗があった
という、ただ それだけのことなんやけど。






で、

『あ、アレあったわ』

と思い出したのが、こちら。

DSC04124

のり付き壁紙を貼りかえた時に
少しだけ余ったのを ラップで
グルグル巻きにして
保管しておいたヤツです。


けど、これ もう、
2カ月くらい前のヤツやから

広げたら、どうなってるんやろ。。






期待半分で広げてみたら、

DSC04126

バッリバリのカッチカチに
なってました。




ま、そーやわな。

とは思ったけど、

もし これがサランラップやったら
ひょっとしたら 糊が みずみずしい
ままで
、保管されてたかもしれん。




サランラップって、

私のような小作人には
なかなか買えん、高級品なので


住民運動会とか PTAの奉仕活動の
あとの粗品とかで
サランラップが貰えると、

ものすっごい シレ―っとした
涼し気な表情で受け取りつつも、



心の中は、

『うん、いいね。非常にいいね。』

っていう、結構なホクホク感に
包まれます。





クレラップも サランラップに準ずるほど
なかなかの品質なんやけど、



やっぱ、サランラップの眩しさには
勝てん ていうか。

(サランラップの眩しさ)





ウチは何使ってたやろか と
思って、今 引き出し 見てみたら、


ローズラップ

やったわ。

確か これ、68円やったんやわ。



ほんで、ローズラップの
買い置き2本の下に

サランラップが1本 あったわ。

粗品で貰ったヤツやわ。

勿体なくて まだ使ってないんやわ。



よ!貧乏くさ子っ!!

(イヤやな。。。)







いやーーー!

久々にサランラップ見たけど、

眩しかったーーーー!!!



若い頃の 早見優の生足ぐらい

眩しかったーーー!

(また古いとこから)

(ほんで、サランラップから
 どんだけ話してんねん)











はい、

ガッチガチには なってたけど、
あの壁紙の残りを

ボンドを使って、
貼ることにしました。


セリアのシールを剥がして、

DSC04127

なんか。。。 

CDプレーヤー、寒そうやな。

恥ずかしそうやわ。


『そんなん されたら、私。。。』

って、言うてそう。








この白いとこに合わせて
長さが足りんとこは
ツギハギしたりして、

DSC04128

一か所、配線のための穴を
開けなあかんかったから

穴あけパンチで 穴を開けてみて、

そしたら穴が ちょっと小さかったから
ハサミで穴をちょっとずつ
大きくカットしたりして、


『えぇい!面倒くさいわ!』

とか なったりしながら、








リメイク、終わりました。

DSC04133

さも、元々こんな商品やったかの
ように見せるために、

自作ラベルを貼ってみたり。








引きで見るほどのことでも
ないですが、

before after も合わせて

こちら。






before

DSC03989




after

DSC04573

達成感としては、

『え、別に どっちでもええかな…』

ていう。

時間かかった割に
薄めの達成感しか
得られない というね。


ま、センスやなー。


こればっかりは、しゃーないわ。





くじけずに 気を取り直して

次、行こう。






今の自分にできることを

考えて。

(それ、昨日の記事やないか)






次は この、

DSC04074

ナチュラリズムな食器棚を

全面、シルバーに塗装します。







乞う ご期待を!




というほどのもんでも ないけど。









心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)