バレンタインですね。







(それだけで、終わりーーー!)




はい、

前回、食器棚の扉を全部
シルバーに塗装したので、


早速、塗装した扉たちを
食器棚に取り付けていきます。




まずは、

DSC04099

側面のベニヤを貼って、






で、

DSC04100

扉たちも 取り付けて。


うっすら 元のステンシルの
文字が見えますが

これはこれで、かえって味があって
いいかな
、と思ったので

このままに しておきます。





で、

この食器棚をリメイクして
3年くらい 経つやろか。

その間、黒のアクリル絵の具で
塗装した 取っ手を、
全く メンテナンスしてなかったので、

DSC04091

こんな感じで、
結構 ハゲてきてて。


あ、実際に禿げてる方、
ごめんなさい。

(それを書くほうが失礼やわ)




いや、私ね、

髪の量が少ないのが
昔っから、コンプレックスで

少ない上に、髪の毛が細いんやわ。

そう言えば、広末凉子も、
髪の量が少ないのが悩みですって
雑誌で読んだこと あるわ



分かるわー。

一緒やなー。

(同じ土俵に乗るな)



だから、ショートカットとか
人生経験上、
ほとんど したことないねん。


私が ショートにすると

こけし あるやん。

こけしって、丸い頭部に
髪の部分を絵描いてあるやん。

あんな感じに なってまうんやわ。



つまり、量が少ないせいで、

1枚の黒い折り紙をペターっと
頭に貼り付けた
、みたいに
なってまうねん。



せやから、過去何回か
ショートにした時は

パーマネントも あててやね
(パーマネント)

そうじゃないと、ボリュームが
出んからね。

『どないしたん? ヘルメット被って。』

て聞かれてしまうからね。



だから、

【ふんわりエアリーな
 くしゅっとスタイル】

みたいなキャッチコピーが書いてある
スタイリング剤も、

もー 何種類も試してみたけど

セットしたては『おっ!』てなっても
数時間経つと 必ず

やっぱり ペターっと なってんねん。



ほんで、世の中 圧倒的に、
髪の量が多くて悩んでるっていう
女性のほうが多いから、

スタイリング剤も

【雨の日に広がる髪を
 押さえたいあなたへ】


みたいなヤツのほうが
断然 多くて、


私にしたら、

『ただでさえ少ない髪が、
 雨の日は湿気で、
 余計ペタッとなるわ。
 雨の日に広がるって、何?』

とか思って。



もー、こりゃ いよいよ、

0938 お・く・さ・ま~♪

に電話せなあかんかなー、とか


小悪魔ウィッグみたいなんを
買わなあかんかなー、とか。

(それ付けて、どこ行くねん)



なので、色んなヘアスタイルを
楽しみたいという願望は捨てて、

万年変わらず

ストレートロングヘアです。








はい。

禿げた取っ手の、

あ ごめんなさい、

ハゲた取っ手の修復をします。



以前 リメイクした時は
ただの黒塗装しか
してなかったんですが、


今回は、

DSC04093

黒塗装し直した上に、

茶色のアクリル絵の具で
サビっぽく塗装しようと思います。





スポンジに茶色を乗せて
少しずつ 叩いていけば、

DSC04094

分かりづらいな。。。





けど、まあ、

DSC04095

写真では見にくいですが、

黒ベースに茶色を少し
乗せるだけで

結構 サビっぽい感じが出せます




サビ塗装には ググれば
色んな やり方があると
思いますが、

初心者の方は

塩水につける とか
石灰を混ぜる とか

そんな難しいことは考えず、

とにかく

ベースを黒に塗って
それが乾いたら スポンジで
茶色をポンポンと叩いていく


これだけで、そこそこの
サビ感は楽しめます。






で、

乾いた取っ手たちを つけて、

DSC04101


また 一人で、
元の位置まで戻しました。
 

さすがは 元ウエイトリフティング日本代表

(誰が、元ウエイトリフティング日本代表や)

(ボケもツッコミも、無駄に長いわ)






あとは、全体にステインを塗って
ピカピカ具合を抑えて、

リメイクが完成した食器棚を

引きの写真で before after で
紹介する、

という展開なんですが、




容量の関係で
大変 心苦しいですが

(そーでもないけど)


今日は ここまでに しておきます。







それでは

よい バレンタインを お過ごし下さい。










心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)