はい、どうも。





今週はJS(女子小学1年の次女)の
入学式があったり、

町内の役員の庶務があったり、

いろいろで



なかなかやわー。



JK(女子高生の長女)も
いよいよ高3やし、

今年度も盛りだくさんな
感じになりそうやわ。





ま、メインは、

写真集の出版やな。




なんの?って。


んなもん、水着の写真集に
決まってるやん。



グアムやったか
サイパンやったか
忘れたから

マネージャーに
確認しとかなあかんわ。



(はよ確認せえ)


(そーじゃないやろ)







はい、そんな今日も

こちらと、

にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


*--------------------------------------*




今日は、こちら。

DSC09780

前回作ったグリーンカートに
これらを乗せたいんやけど、

左の、ニコアンドで買った
ブリキバケツは可愛いとしても

他2つが、イマイチなんやわ。





てことで、

鉢カバーを作ろうか

作るとしたら どんな
鉢カバーにしようか、

いっろいろ迷ったんやけど


迷い過ぎて
考えすぎて

なんか もー、面倒くさく
なってきたから

プラッチック(←)の鉢に
そのまま色を塗って
リメイクしちゃえばいいじゃん、

とか思って。





んなわけで、こちら。

DSC09784

2つとも同じ鉢なんやけど
これに色を塗っていきます。


プラスチックって

色が乗りにくいモノのトップ10
には入るような素材やから

色が剥がれてこんように、

DSC09785

パーツクリーナーを
吹き付けて
キッチンペーパーで
表面の汚れを落として、




それから

DSC09787

液体ミッチャクロンを
表面に塗ります。



てことで、今回も
いつもと同じようなやり方で
2鉢とも 下処理したんやけど、

パーツクリーナーを
使った件に関して
ちょっと注意事項を
言うとかなあかんわ。



そのそも私がパーツクリーナー
を使うようになったのって

塗装を本業としている
その道のプロの方から
教えてもらった方法なんやけど、

でも その人から

【パーツクリーナーを使え】と
指示されたわけではなくて、

【表面の汚れを落としなさい。
 そうしないと、せっかくの
 ミッチャクロンも台無しになる】

てことを教えてもらったんやわ。



それを教えてもらった私が、

表面の汚れを落とすんなら
ウチにパーツクリーナーが
あるから、それを使おう、

てことで、私が勝手に
判断して使ってたモノで。



実際、この下処理を
するようになってからは、

目覚ましいほど
塗装が剥がれんように
なったから、

『これは すごいわ!』と思って
ブログでも意気揚々と
皆さんにお勧めしてたんやけど、

こないだ久々に
その人と話す機会があって
パーツクリーナーで
汚れを落としてるんや、
てことを話したら、

パーツクリーナーって
安価でホイホイと店頭で
売られてる割には
実は かなり強力なモノで、

対象物(プラスチックなど)を
変形させたり溶かしてしまったり
することがあるらしく。


さらには、引火性があるから
料理中のコンロ周りで
使った日には、爆発したりとか。



けど

引火性で言うたら

殺虫剤のアースジェットとかも
引火性あるから、危ないっちゃ
危ないわけで。


あと

私はこれまでに散々
プラスチックに(現に今も)
使ってきたんやけど

変形したりとか、そんなんは
1個もなかってん。

で、缶の注意事項を
よく見てみたら、

【プラスチック・ゴムにも使用可】
って書いてあったから
今まで 特に問題なく使えた
んかもしれんなーと思って。




てことで、
何が言いたいんかっていうと


パーツクリーナーは

プラスチックとか、使ったらあかん
もんもあるから、そこは
注意して使わなあかん、

てことと

引火性があるってこと。



けど、でっかい缶で1本
198円とかで売ってたりするから
注意事項を守って
自己責任で使うぶんには

コスパ最高やし
使えるヤツやと思います。




はい、以上です。




パーツクリーナーに
興味無かった方、

よく 今のくだりを
辛抱されましたね。



ありがとうございます。




あ、その人(男性)とは
どんな関係なんですか、

とか

そんな下世話なことは
聞かんといて下さいね。




墓場まで持ってかなあかん
ような関係なので。


(↑こんなとこでカミングアウト
 してる場合か)






えーっと

どこからやったっけ。




あ、グラフィティーペイント を
塗るとこからやわ。

DSC09789

使った色は、27番グレーです。

これをスポンジにつけて
塗っていって。





続けて、

DSC09790

30番、限りなく茶色っぽい
深い赤を塗っていきます。


この色、好きやわー。


一つは さっきのグレーで
無難な色にしたんやけど、

もう一つは ちょっと
冒険してみたかったもんで。






はい、1回塗りでは

DSC09792

こんな感じ。


さすがのグラフィティーペイントでも
プラスチックには のりにくいな。





ところが2回目を塗ったら

DSC09793

はい、オッケーイ。

赤のほうは
まだ塗りたてホヤホヤやから
ムラがあるように見えるだけで、

このあと乾いたら

ビシーっと きてました。



相変わらずの安定感です。




で、またしても

ここからやわ。



ここから どんなアレンジを
加えるのかが、

センスを問われるとこやねんなー。






決めました。

DSC09804

グレーと赤のコラボで
いってみるわ。


絶対 合うと思うんやけどなー。



グレーに塗った鉢には
下のほうをマスキングして
太めのラインを入れてみたら、

DSC09806

お!ええやん。


グレー×赤の見立て、

間違ってなかったー。



あー、良かった。




なら、赤のほうにも、

DSC09808

こんな形でグレーを
入れてみようか。





どうやろか。

DSC09809

うん、大丈夫やと思う。


けど このままやったら
どっちもスタイリッシュ過ぎるから、




ラベルやな。

DSC09811

はい、キタ♡


めっちゃ ええやーん。





ほんなら グレーの鉢には

DSC09814

こんなラベルを貼っちゃって♡


いい感じやーん。






2つ並べてみると、

DSC09827

うん、いいよ!

実に好きな感じになりました。



あ、ラベルの上からは
液体の水性ニスを塗って
保護してあります。

ただのA4コピー用紙に
印刷しただけのラベルやから

ちょっとでも水に濡れたら
すぐ滲んでしまうもんで。


でも水性ニスで保護しとけば、
完全防水、とまではならんでも
普段使いの水濡れくらいなら
全然大丈夫なんやわ。




グレー×赤。


これ、今年のトレンドで、



来るな。

(皆さん→(-_-))



けど個人的に、この配色は
すごい気に入りました。






で、前回作ったグリーンカート。


あれに、今日の2つの鉢を
乗せてるんやけど、

普段の生活では

DSC09829

こんな感じで

家族がいない日中なんかは
日当たりのいい場所に
置けちゃうんやわ。


ここって、リビングドアの
ど真ん前やから

家族らがおったら
こんなとこには
よお置けんねやけど、

でも家の中で一番
日当たりのいい場所ではあって。



こんな場所にも
置けちゃうなんて、

カート作って良かったー、やわ。


そして、鉢のリメイクも
好きなテイストで決まって
くれて良かったー、やわ。






はい、今日はここまでに
しておきます。





あ、JSの入学式に出て
JSの姿を見ながら思った
ことなんやけど、

『JS、成長したなー』じゃなくて、

JKの入学式の時のことを
JSに重ねて見てました。



あのねー


JKん時は なにかにつけ、

全てにおいて

力が入り過ぎてたんやわ。



JKがちっさい頃って
褒めた記憶よりも
怒鳴った記憶のほうが

遥かに多くて。


例えば入学式にしても
JSには

『入場も上手やったし
 お返事も大きい声で
 言えてたし、
 さすが小学生さんやなあ。
 かっこ良かったでー!』

て言うたんやけど、

実際には

入場も とりわけ すごい
ってこともなければ

返事もちっさい声やったしで、

なんも すごいことなんて
無くて。



けど、そんな風に言うことで

初めての小学校生活に
緊張してるであろうJSに
とっては、自信に繋がるやろうし、

なにはさて置き

けなされるより
褒められるほうが
絶対 ええやん。


大人の我々でさえ

褒められてなんぼ、なとこ、
あんのに。



それに比べてJKん時は

大きい声で返事が
できてない、

教室でチラチラと後ろに
いる私を見たりして
落ち着きがない、

そんな風に、不出来な
部分しか目に留まらんかってん。



ほんで、その、不出来な部分を
随時、JKに言うては

不出来さを正そうとしてた、
みたいな、

そんな子育てしか
出来んかったんやわ。



ダメな部分は片っ端から
とにかく、直してやらなあかん、

ていう考えしかなくて

そう思うことから離れることが
出来んかったなーと。



結果、JKは
どんな素晴らしい子に
育ったか、ゆーたら

全然で。

ほんま、しょーもない
中途半端な人間にしか
ならんかって。



そんなJKを見て
今になって よお思うのは、

なんでもっと褒めてやらん
かったんかなーてことやわ。



ちっさい頃に
けなされてばっかやと、

大きくなった時に


踏ん張りが効く人間やったり、

自分に自信がついて
意欲的で辛抱強くなったり、

人を思いやれたり、


そういう、

人間の根っこの部分が
細くなってしまって、

結果

たくさんの枝葉を張って
大輪の花を咲かせる

てことが出来んように
なってしまうような気が
するんやわ。



でも

子育てが下手な人間の
言い訳でしか無いんやけど、

一人目って、とにかく、

力が入るんやわ。



あ、これは私の場合の
話やから

いや、二人目の時のほうが
余計 力入った、とか

二人目のほうが手こずった
とか、

人によって子育ても
千差万別やろうけど、

私はとにかく

JKん時は、力 入ってたなー。




車のブレーキで言うところの
【あそび】が無い感じ。

止まるか進むか、

その他の選択肢がなくて、

JKに完璧を求めてしまってやね。




【のびのびとした子育て】
なんて二の次で、

【どうにかして この子の
 間違いを正さなきゃ】
ていう考えから
抜け出せんかったんやわ。




しかも、親が思う【間違い】なんて
ほぼ【間違ってない】こと
ばっかやねん。

ほんまに魂込めて
叱らなあかんことって


お友達を理不尽な言動で
傷つけた、とか

入ったらあかん場所に入って
遊んでた、とか

割合で言うたら、そんなことを
するのって少ないはずなんやわ。



にもかかわらず
ほぼ毎日 怒鳴ってたとなると、

それは

叱るべきでは無い場面で
叱ってた、てことなんやわ。



・返事の声が小さい
→別にええやん

・教室でチラチラと
 後ろを見る
→学年が上がっていけば
 自然と直ってくやろ

・部屋を片づけない
→10回中1回できれば
 それで ええやん

・答えを写して宿題をした
→自分だって写したこと
 あるやろ。ウザい説教を
 聞かせる時間があったら
 子供と一緒に宿題を
 やってやれば ええやん


て、今なら思える。



いや、そう言いつつも
JSの子育ても全然
出来てないんやけど、

それでも

JKの時よりは遥かに
受け皿がデカくなった自分が
おる、ていう感覚だけは
あるかな。






JSの姿を見ながら

『JK、ごめん』

て涙ぐんだ、そんな入学式でした。






はい

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。







お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
----------------------------------------------