はい、どうも。




先週の木・金と、2日間
販売の記事を書かせて
もらったんですが、

有り難いことに

全て完売しまして。




私にとっては初めての販売
やったんやけど、

これが まー

舞台裏(私サイド)では
いっろいろ あったので、

今日の後半は
その話をさせて下さい。






はい、そんな今日も

こちらと、

にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


*--------------------------------------*


私は小物作りの中で よく
錆加工をするんやけど、

元の材質が 何かによって

その錆加工が
剥がれやすい時が
結構あるんやわ。



えーっとねー

だいーぶ前なんやけど、

DSC06199

このテーブルの脚を
錆加工するために、




こちら、

DSC06178

こんな風に

ダイソーのアクリル絵の具の
茶色と黒をスポンジにつけて
ポンポンと叩くようにして塗って。




で、

DSC06185

まあ、いい感じには
なったんやけど、

これ

ちょっと触っただけで
すぐ錆塗装が剥がれて
くるんやわ。




だもんで

DSC06187

ニッペの水性ウレタンニスを
錆塗装の上から塗って、

塗装が剥がれてこんように
してたんやわ。


ニスを塗った表面て
硬い塗膜ができるから

ラミネートで覆ったみたいな
効果があって

あのテーブルは
リメイクしてから もう、
1年経つけど

全っ然 錆加工が
剥がれてなくて。



だから あれはあれで
すごい気に入って
使ってたんやけど、

1個だけ欠点があって、

それは何かって言うたら

ニスを塗る時に
そーっとニスをのせるような感じで
ポンポンと優しく塗らないと

せっかく塗った錆加工の色が
流れてしまうってこと。



なんて言うたら ええんやろ、

錆塗装の茶色とニスが
混ざってしまう感じになるんやわ、

スーっと塗るとね。



だから そうならんために

そーっと ポンポンと
ニスをのせるような感じで
塗ってて、今までは。





ところが、こちら。

DSC09893

同じくニッペのWOOD LOVE
シリーズの、つや消しニス


これがねー

水彩絵の具の上に塗っても
色が にじみませんよ、て
掲げてる商品なんやわ。




え、それが ほんとなら
すごいやん、とか思って

早速、

DSC09900

うちに飾ってあるプレートの
タグの部分に塗ってみたんやわ。


このタグって

合皮の上に、ただのクラフト紙に
印刷したラベルをボンドで
貼っただけのものなんやけど、

このニス、紙の上で
滑らせて塗っても

ほんまに、にじまないんやわ。




ここらへんの説明は
経験ある人にしか
分からんとこやと思うんやけど、

自作ラベルとかって
塗れた手でちょっと触っただけでも

すぐ印刷が にじんでしまうやん。



で、もし、水濡れの心配が
ないようなもんやとしても、

いつ、濡れた手で触るか
分からんやん。


特に我々なんて
家事をするから どうしても
手が塗れてる率が高いし。




私は、自作ラベルを貼った
ものを塗れた手で触って
印刷が にじんでしまって
『もー』てなった場面が
結構あって、

まあまあストレスやったんやわ。



せやから、最近作った
小物たちに貼ったラベルには

全部、このニスを塗ってます。


これが ほんまに

印刷物にスーっと塗っても
印刷が にじまんし、

ツヤが無いとこも いいし、

紙ねんどとかにもイケる
みたいやから、


今回、ニッペさんから戴いた
商品の中では個人的には
だいーぶ、推し、強いです。



あと、もう一つ。

DSC09884

ローズガーデンカラーズていう
ペンキシリーズの中の

刷毛。


この刷毛が どんな風に
すごいんかを書く前に、

まず、これ

ものすっごい、可愛くないですか。



私は、これ、

ツボやってん。



刷毛にときめく、て
そうそう あるもんじゃないと
思うんやけど、

これねー

外観が もう、ときめくわ。





で、私が今まで使ってきた刷毛は

DSC00209

左の、ダイソーのヤツなんやけど、

これ、別に そんな使い込んだ
ていうわけじゃ無いのに

数回 使っただけで もう
こんなん なったんやわ。


こんなん、て、どんなんかと言うと、


毛がボッサボサで
ゴワゴワな感じ。




えーっと

DSC00214

これ、かなり力を入れて
毛のところ全体を
曲げてる写真なんやけど、

毛の曲がり具合は

これが限界で。


これ以上は、曲がらんねやわ。


毛の根元が
カッチカチになってて

全っ然、曲がらん。




ペンキがついたまま
半日以上放置したあとに洗った
とか、そんなんじゃなくて、

フツーの使い方をして

使い終わったら
フツーに すぐ洗ってたんやけど、


でも、こんなん なってもうて。




けど、刷毛なんて100均で
十分やと思ってたし、

カッチカチになってきたら また
買えばええやん、ぐらいにしか
思ってなかったから

今回、ニッペさんから いただいて
おきながら こんなん言うのも
アレなんやけど、

『ふーん…、刷毛ねー。
 ま、使ってみるかー』

ぐらいの、期待うっす、な感じで
使ってみたんやわ。



そしたら

まー、衝撃やって。




最近、鉢のリメイクやら
いろんなもんを
さっきの刷毛で塗ってみた結果、

DSC00216

このフワッフワ感やねん。


使い終わったら すぐに急いで
洗った、とかいうわけでもなく、

今まで通りの使い方をしたのに、

このフワッフワさね。



これにはビックリしたわ。



で、塗り心地も
『え!塗りやっす!』てなって

さらには、洗う時やわ。



刷毛を洗う時って
習字の筆を洗う時と一緒で、

何回 すすいでも

塗料が完全に無くなった状態には
なってくれんやん。



ほら、あの、

もう すすげたかなー、と思って
手でギューっと毛をしぼったら、

まだ全然、墨が出てくる感じ。




私の人生経験において

毛をギューっと手でしぼった時に
塗料がゼロになる瞬間て

考えてみたら

出会ったことが
無かったような気がするんやわ。



そこへ、この刷毛ときたら、もう。



すすぎが
考えられんくらい早い上に、

塗料ゼロに なるんやわ、ほんま。



ビックリしたもん。



『え!』つって。




結構、あれや これやと
塗ったあとの毛の状態が

DSC00217

こんなに違うんやから、

これは ほんま、すごい。



なんなら、

私が使ってるダイソーの
チークブラシより柔らかいわ。

(ダイソーばっかやな)




私は、ペンキをスポンジで
塗ることが多かったんやけど、

その理由って

すすぎにかかる水道代と
時間の長さ。


それがイヤで

スポンジやったら そのまま
捨てれるし、と思って

スポンジばっかり
使ってきたんやけど、


この刷毛は
あまりにも すすぎが早いから

その快適さを知ってからは

ちょい塗り以外は ほぼ、
この刷毛を使うようになったもん。


これは、相当おすすめやわ。



あれ?

ちょっと皆さん、

ニスだの刷毛だのの話になると、


反応、うっすいんやからー。



まあ、気持ちは分かります。



ペンキー!とか、壁紙ー!とか
以外のものなんて

そこまで興味ないかも
しれませんが、

意外と大事やわ、うん。



作業効率と作業の快適さが
断然、変わってくるもん。






はい、今日はここまでに
しておきます。





そうそう、

初めての販売。



私は大体、2日に1回のペースで
記事を上げてるんですが、

販売の記事は

立て続けに木・金、と続けて
記事を上げたんやわ。


その理由は

木・金、のあと、土・日の間に
記事をゆっくり見てもらえたら

『欲しいです』って人が
出てくるかもしれんなーと
思ったからで。



ところが実際は
私の予想とは全然 違ってて

木曜の裁縫箱も
金曜の小物も

販売開始の21時から
数分で完売になって。



まー、ビビったわ。



お買い上げ頂いた方も
先着にモレてしまった方も、

皆さん、ほんーまに

ありがとうございました。




これで、写真集出版の夢に
ほんの少し、近づくことが
できたかな と思います。


(夢、変わっとるがな)




で、小物販売なんですが

あちらこちらから

『安過ぎる』という声が
上がってまして。



さてはマカさん、
売れ残ったらカッコ悪いから
完売を目指すために安くしたとか?

或いは、

安さを魅力にして
売ろうと思ったとか?


と、いろいろ憶測された方も
おられるかもしれませんが


安くしただけの理由が
ありまして。




まず、裁縫箱。

あれは作る段階から完全に
【売ること】を考えて作りました。

だから、出来る限りの力を
出し尽くして、
精一杯の仕事をしてます。


デザインにしても

どんなデザインやったら
皆さんにヒットするやろか、

って結構 考えたりとか。


なので、それ相応の値段を
つけさせてもらいました。




に対して、小物たち。

あれらは

私が自分の家用にと思って
作ったものばっかりです。



つまり、

買う人のことを考えてない
身構えで作ったもの
ばっかりってことです。



なので、そこには
【お金を戴くからには】っていう
芯の通った志、ていうんかなあ、

そういうもんが無い状態の
ものでしか無かったから、

お安いお値段を
つけさせてもらった、

というわけです。



けど、ハンドメイドのものって

値段の安さを魅力に
するものでは無いと
思ってるので、

もし、今度 再販することが
あったとしたら、

その時は【売ること】を
考えた身構えで精一杯 作って、

それに見合った お値段を
つけさせてもらおうと
思ってます。




で、値段の話はここまでにして

木曜・金曜の21時以降の
私の状態やわ。



『買いたいです!』ていう連絡が
まさか21時00分に殺到するとは
思ってもみんかったから、

ほんまに、ビックリやって。




で、木曜は裁縫箱だけの
販売やったから

対応も そんなに大変では
無かったんやけど

小物販売の金曜ね。



すごい数のメッセージが
一斉にきて、

結局、買えた方にも
買えんかった方にも、

『OKです!買えましたよ!』とか
『ごめんなさい、もう売れました』とか

全員に連絡をしたんやけど

21時過ぎから連絡をし始めて、
連絡し終わったのが0時過ぎで。



そんな すごい数の方たちと
短時間でメッセージの
やり取りをしてたら、

なんか もう

武道館で声援でも浴びてるような
勘違いを し始めてやね。

キラキラのハチマキして
ローラースケート履いて
ファン一人一人に握手してるんじゃ
ないか、みたいな錯覚に
おちいってやね。


(それ、かーくん)


(あっくん やろ)


(じゃなくて)



なんせ、もー、ほんま
びっくりしました。




ということで、有り難いことに
今は梱包作業に
追われております。




なんとか夏前には
発送したいな、と思ってるので。


(夏前て)

(梱包にどんだけ)





ちょ、今思ったんやけど

今日の記事、

長いわー。




そら、尻も 痛なるわ。

(尻)





はい、

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。






お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
----------------------------------------------