はい、どうも。




今日からは、こちら。

DSC00311

左の緑の扉。

これがね、変やってことに
ようやく気がついて。


前々から、この引きの写真を
見るたびに、

『なんかが おかしい』とは
思ってたんやけど、

扉が原因てことには
なかなか気づかんかったんやわ。




てことで今日からは
この扉のリメイクに入ります。



えーっと、先に言っておくと

2回ほど大コケするので
その様子もまた
気長に見て頂けますと、幸いです。




はい、そんな今日も

こちらと、

にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*




そんなわけで、

DSC01525

もーね、この扉を外して
運び出す作業も
いよいよ日常に溶け込み過ぎて
自分でも全く違和感ないってくらい、

何回目か 分からんわ。



ここまで来ると
面倒くささは 無いな。


むしろ不思議なもんで

『さて、茶碗、洗うかー』
『ほな、ドア外すかー』

ぐらいのフットワークの軽さやわ。



どうかしてるぜ。(←)




で、

DSC01526

前回、不発なまま終わってしまった
ニッペのパリパリベース
使ってみようかなと。

(不発な記事はこちらから→★)





これをね

DSC01529

たっぷりと。

そう、今度こそケチらずに
たっぷりと。




ドアは範囲が広いから

DSC01530

まずはドアの4分の1くらいだけ
パリパリベースを塗って。

で、3~5分、放っておくやん。




ほんで

DSC01534

ペンキ:水を、3:1ぐらいの割合で
薄めたヤツを塗っていきます。

使ったのはグラフィティーペイントの
27番、グレーやわ。




そしたら なんと、

DSC01537

やーん♡

きたきた、これこれ、こーれっ!


しかも、緑の下地が見える
あたりもまた、いい感じやーん。




この調子で

DSC01540

4分の1ずつ作業を
進めていってやね。



いい!今のとこ非常ーに、いい♡



もう、輝かしい未来しか
待ってる気、せんもん。




そんなわけで

塗装が乾いたあと、ドアを軽快に
家の中に運び入れました。


こちら。

DSC01657

うん、いーよー!




アップで見た感じなんて、

DSC01658

すごくいいと思う♡





この、

DSC01660

ジャンク塗装の板壁とも
すごく合ってる気がするし。




はい、引き行ってみよー!

DSC01661

え。


パリパリ、どこいったん。





あれ?なんでなん。

DSC01662

あの ほら、さっき ものすっごい
パリパリしてたヤツ。



んもー。

引きやと全然 見えんやーん。



いや、今回は完ー全に
成功したからね。

誰が見ても満場一致で
成功って言えると思うもん。



私のやり方にも、
ニッペのパリパリベースにも、

一切の落ち度は無かったはず。



てことは、

私の予見が見誤ってたってことかー。



どうやらパリパリベース
サインプレートとか、小さい椅子とか、
そういうものに向いてるらしいわ。



あー もうっ。



え、でも、このままでも
いいような気もするしなー。


っていう ↑この心境って、

DIYでコケた時に ありがちな、

『うん、これはこれで
アリかもしれんなー。』

と無理矢理 自分を
納得させたい願望やな。



あかん、あかん。


納得いかん気持ちを強引に
隠蔽(いんぺい)するわけには
いかんわ。




ということで、冒頭で言うてた
大コケの1コケ目が、これです。

てことは次回は
2コケ目のネタです。



相変わらず1発で決まらんあたり、
ほんーま申し訳ないです。



ただ、ほら、

弘法も筆の誤り、ていうことわざも
あるじゃないですか。

(誰が弘法や)

(めでたい思考回路やな)




あー もうっ、決まると
思ったんやけどなー。




はい、今日のDIYネタは
ここまでにしておきます。




えーっと

今日は【真似っこ】について
個人的な意見を
書いてみようかなと。


これに関しては今までにも何回か
書いたことはあるんやけど、

大事なことやし

最近このブログを読み始めた
ていう方にも是非知って頂きたいな
と思って。



私が知る限りでは
【真似っこ】ていう言葉を
世に浸透させたのは
chikoさんじゃないかなと
思ってるんやけど、
違ってたら すみません。



で、私が読み手側やった頃に
chikoさんが、

『私の作品を真似して
それをSNSに載せる時には
【chikoさんの真似っこ】っていう
タグをつけて下さいね』

てブログで呼びかけておられる
記事を読んで。

それを読んだ私は、

『そりゃそうやわなー。
chikoさんのアイデアを
使っておきながら、
さも自分のアイデアかのように
「こんなん作りました!」ていうのは
chikoさんにしてみれば
不愉快やわなー。
それに、タグをつけることによって
chikoさんの名もどんどん広がるやろうし、
アイデアを借りる代わりに
タグをつける、ゆーのは
当然の礼儀やわなー。』

て思ってたんやわ。


これ、chikoさんの大ファンの方に
してみれば、お怒りを買うとこかも
しれませんが、

私が、何も知らない読者時代やった
頃の気持ちなんで、
どうか寛大に受け取って頂けますと
幸いです。



で、私がブログを始めて
まだ間もない頃に、chikoさん
【真似っこ】について話す機会があって。


インテリア界で発信する側に
なりたての頃の私なんて、
今でさえ無知なんやけど
今よりも、もっともっと無知やったから、

【真似っこ】に関しては
先に書いたような捉え方を
したままやって。



ところがchikoさんから実際に
教えて頂いた【真似っこ】の真意って、
それまでに私が思ってたのとは
全っ然、違ってたんやわ。



端的に言うと
chikoさんの想いは、

自分の名声のためでも
アイデア貸しへの礼儀でも
なかったんやわ。



chikoさん自身は
真似されることに抵抗はなく、
むしろ、自分のやり方や作品を
真似したいと思ってもらえるように、
少しでも多くの人にDIYの楽しさを
知って欲しいっていう その一心で
レシピを惜しみなく公開しては
『是非作ってみて下さいね』と
ひと言 添える。

その結果【真似をすること】自体を
緩くしてしまったせいで、

作家として確立された地位で
活動しておられる方の
迷惑になったり、

私の知らないところで
私の作品を販売しているとかで
揉め事が発生していたり。

そのためにも、なるべく
【真似っこ】のタグをつけて
くれるようにと呼びかけては
いるんですが、なかなか全域までは
伝わり切れてないので、

macaさんからも伝えて下さると
本当に嬉しいです。



ていうことやったんやわ。



で、私自身は、真似されることに
対して どう思ってるかと言うと、

その頃も今も変わらず、

相当ウエルカムです。



ただ、

chikoさんと そんなお話を
させて頂くまでは、

『真似されるってことは、
私のアイデアが良かった、
てことやん。
いやそれ、嬉しいやーん♡』

て、両手上げて喜んでたくらいの
軽さやって。



けど、今も全然ウエルカムやけど、

その頃と違うのは

【macaさんの真似っこ】ていう
タグをつけて下さいね、

て言うようになりました。




作家さんに迷惑がかかる。

これほんまに納得させられた
部分やって。

作家さんて、アイデアを極限まで
絞って、作品を生み出して
おられると思うんやわ。


その かたわらで、

『真似してくれるの?
わーい!ヤッター!』

言うて盛り上がってたら、


それは果てしなく迷惑なことやと
思うんやわ。



そして、販売。

いくら ご本人が気にしてなかった
としても『あ、それ、chikoさんの
アイデアなのに販売してるー!』
って、どこかでヤイヤイと
騒動が起こってたとしたら、

それはchikoさんとしても絶対
気持ちのいいもんでは無いはずで。



で、実際に私も
『macaさんの真似っこしてもいいですか』
と言われるようになりまして。


これでも、

一応、

あるんです、

はい。



そう言われると、
やっぱり単純に、嬉しいもんです。



てか そもそも、私がゼロから
考えたもんなんて
ぶっちゃけ 一つも無いと
思ってます。


いや だって、

女でもここまでDIYができるんやって
ことを衝撃的に目の当たりに
したのは、久米まりさん
知ってからやし、

100均のアレンジにしても
ブログや雑誌なんかで
取り上げられるようになったのを見て、

なら私も、ゆーて
やってみてるだけのことやし。



日本で初めて

女でDIYをやり始めたわけでも
なければ、

100均リメイクを1番最初に
手掛けた人間でもない。



だから、私がやってることも
なんなら全部丸ごと誰かの真似、
ていう位置づけになると思ってます。


けど、これを大々的に言うて
大々的に蔓延させてしまうと、

結果

chikoさんが懸念されていた
状態を引き起こしてしまう、

てことになるわけで。



だから必ず

【macaさんの真似っこ】ていう
タグをつけて下さいね、

ていうようにしてます。




で、

macaさんの真似をさせて
もらってもいいですか、

ていう質問を よく戴くんやけど、

タグさえつけて貰えるのであれば
私に聞いてもらわんでも
全っ然 大丈夫なので、

勝手に真似して
勝手にタグ付けて
勝手にSNSに載せちゃって下さい。



例えば、私の知らないところで
【macaさんの真似っこ】ていう
タグをつけた写真が
上がってたとするやん。

けど、タグさえついてれば

私のことを知っている人が
その写真を見たとしても、
『あ、macaさんのヤツを
真似して作ったんだな』て思うだけで、
そこに なにも問題ごとは発生せんやん。



SNSに限らず販売にしても、

どこで誰が見てるかなんて
分からないもので。



だから、タグをつけないで
『こんなん作りましたー!』て
SNSでアップすると、

『あ、それ、macaちゃんのパクリやん』
て、思う人は思うし、

当本人は何とも思ってなくても
『パクリやのに、自分で考えました!
みたいな顔して~!』

て、不穏な空気が流れるやん。



販売にしても、しかり。



というわけで
だいぶ長くなってしまいましたが、

要は タグづけっていうのは、

アイデア料でもなければ
名声のためでも無い。


作家さんに迷惑をかけないための、
作る側たち全員で守っていくべき
暗黙のルールであり、

勝手に販売をすることで
今のインテリア界の空気を
汚さないためのマナーでもある、


と、chikoさんから教えて
頂いたことを、

私はそう解釈してます。




あ、あと、

今までに何回か、macaさんのヤツを
ワークショップで使いたい、
ていう相談をされたことが
あるんやけど、

ワークショップにしても
販売にしても
デザインさえ違っていれば
丸パクリでも全く構わないので、

全っ然オッケーですって
お返事してます。



事前に聞かれて
私が、オッケーです!と
返事さえしておけば、

あとあと『あ、それ、macaさんの…』
て言う人がおったとしても、

『macaさんから承諾は得てます!』
て言えるから、揉め事には
ならんと思うので。



てか

ここまで書いておきながら
こんなん言うのもアレなんやけど、

私が作るものって
そもそも、真似しにくいヤツばっかで。


画期的なアイデアとか
私には無いから、

真似したい!と思われること自体
少ないんやけど。



例えば、

私が だいーぶ前に作った
レンガを洋書風にリメイクしたヤツ。
(その時の記事はこちら→★)


それをね、ルームクリップの中で
真似してもいいですか、ていう方が
おられて、いいですよ~♡(←)て
快諾した結果が、

こちら。

Screenshot_20170703-220334

もー、これ、

真似じゃないやーん。


さっきの【その時の記事はこちら】
を、是非とも見んといて欲しいわ。

私の作ったヤツが、しょぼ過ぎて。


これは元は、庭で使うレンガ
なんやけど、それをペイントして
洋書風に見立てたヤツで。


あ、もちろん
写真のご本人には承諾を得てます。


ちなみに、

これを作られたのは
masu…さんていう方なんやけど、

この洋書の他にも
『なんや それ!』ていう、元レンガとは
思えない逸品をたくさん
作っておられて。

そんなmasu…さんの作品や
素敵なインテリアが気になった方は

masu…さんのお部屋
↑ここから見れちゃいますので
是非 見てみて下さい。



もー、私のヤツを真似したい
って言うてくる人たち、
みんな、そうやねん。

『macaさんの真似させて
もらったヤツ、載せました!』

て言われて、ほいほいと見に行ったら

『ふーん、すごいねー(-_-)』
(乾いた拍手つきで)
(器の小ささ)

ていう、すごいヤツばっか
作るんやわ。


そのたびに

椅子ごとひっくり返ってばっかやわ。





はい、そういうことです。


(さては書くの疲れたな)

(最近の中では今日の記事が
時間最長記録かもしれんわ)



あー、喋り過ぎた。



それでは次回のドアリメイク
大コケも、

乞うご期待下さい。

(皆さん→(-_-))




はい

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------



追伸:カナイさん☆

そうそう、ほんまそう!
ここ、ノリ悪いがいぜねー(←)
空気も湿っぽれば
人間も湿っぽい気ぃするわー。
私は『ここイケそう』て判断した時だけ
マカ節を出すようにしてるので
普段は ひた隠しながら生きてます。
(なんか悪いことしてるみたいやな)