はい、どうも。



昨日は七夕でしたね。



私も昨夜は

久々に逢ってきました。


(誰にや)

(【逢う】の漢字もやめえや)




ドアリメイク、これまでの2コケも
辛抱強く読んで下さって

本当にありがとうございます。



今日こそは ほんまに
会心のデキをお届けできますので

どうぞ ご安心下さい。




てか、昨夜のことを考えたら
余韻が強すぎて

記事どころじゃないねんけど。

(やめなさいって)





はい、そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*



えーっと、前回、

DSC02043

エイジングを派手にヤラかして
大コケした このドアなんですが、

こういう場合は

これを ほぼほぼ覆ってしまおう
ぐらいの勢いで
この上からペンキを塗り直して
しまうしか無いな。




手持ちのペンキの白に
黒をちょっとだけ足して
薄っいグレーを作って、

今あるエイジングを
ものすっごい少しだけ残しながら
ペンキを塗っていった結果、

DSC02045

よし。

すでに キタな、これ。

手ごたえ あり過ぎて
おかしくなりそうなテンションを
抑えるのに必死やったもんね。


この調子で進めていけば
確実に決まるなっていう予測が
揺るぎない時って、

ドヤ顔と にやけ顔が混ざって
人には よお見せれん顔してるわ。



なんか、

変な薬でも配合してるんじゃないか、
みたいな顔。

(怖いから)





てことで、

笑いが止まりませんな、ていう
ペイント術が、

こちら。

DSC02046

はい、オッケーイ!





で、これを早速
元の場所に設置してみると、

DSC02092

やーん、完璧っ♡


やっぱ あたし
エイジングのセンス、抜群だよねー。

(大コケのくだりは
無かったこととみなす思考回路)




このままでも十分やとは
思うんやけど、

ここにステンシルしたら

変になるやろか。




迷うとこやわー。




迷いつつも、

DSC02093

今回初めて、ちゃんとした
ステンシルシートをオーダー
してみました。




これを使って、

DSC02094

ステンシルしてみます。


あ、最近ステンシルをする時は
グラフィティーペイントを使ってます。

今回は、黒に赤をちょっとだけ足して
こげ茶っぽい感じの色で
ステンシルすることにしました。


黒より こげ茶のほうが
かわいいかなと思って。



普通のペンキは滲みやすいから
ペンキでステンシルするのは
あんまりお勧め できないんやけど、

グラフィティーだけは、イケるわ。




で、スポンジにペンキを
ちょっとだけつけて、

紙でも木でもいいから
ペンキがついてもオッケーな
ものの上で相当ペンキを落として、

DSC02095

スポンジで叩いていくと
こうなって。


こんな ちっさい文字は
自分では切り抜けんもんなー。


そりゃあ、今すぐ切り抜かないと
地球が爆発する、とか言われたら
ソッコーでキレーに切り抜けると
思うけど、

普段のモチベーションでは
この小ささは無理やわ。



いや逆に、手が震えて
切り抜けんかもしれんな。





さて、どうやろか。

DSC02096

やーん♡

気持ち良すぎるーーー♡



このままでも いいんやけど

DSC02099

絵の具の筆で
ステンシル文字特有の隙間を
手書きで埋めていってやね。




そしたら、

DSC02100

こんな感じになりました。


美し、すぎ、、、る。




これ、どれくらい小さいのか。
そして、ステンシルをして
良かったのか。

引きの画で見てみよか。


こちら。

DSC02127

っしゃ、決まったー!

これ、キタやろ♡




リビングの引きは
どうやろか。

DSC02116

やーん♡

あー、泣ける。

散々、だだスベリしてきただけに
この扉は、泣ける。



私は今まで何パターンも
ステンシルシートを自作して
きたんやけど、

自分で作ったシートって所詮
ふつーのA4のコピー用紙に
印刷したものを
切り抜いただけのヤツやから、

何回も使い回しすると
塗料が固まってきて
文字が上手いこと、出んように
なってくるんやわ。



もう、ステンシルシートを
自作する気力も時間も無いし、
こりゃ いよいよステンシルシートを
オーダーせなかんなと
思ってた時に、

私のブログをずっと応援してくれてる
LiLyくんて人がね、ステンシルの
カッティングマシンを持ってて、

『どんだけでも作りますから
いつでも言うて下さい!』

て言うてくれて。



なら、ひとまず私が今使ってる
デザインを全部 頼もうかなあと
思って、いくらほどになるんか
金額を聞いてみたら、

『マカさんから お金なんて
貰えるわけないじゃないですか』

て言うもんやから、


いやいやいやいや、
そんなん言われたところで
『ほな頼むわ!』て
よお言われへんわ、

余計 頼みにくいわ、と思って。



タダで作ってもらうわけには
いかんし、

『それ困るわー』

『遠慮せんといて下さい』

のラリーを800回(←)ほど
したやろか。



ほな、もー分かった。

こうなったら
体で払うしかないなと。


体でカタをつけるのは
『もうこれで最後にしよ…』
って、5年前に
決めたことやったのに。(←)



で、LiLyくんに それを言うてみたら、

『体だけは勘弁して下さい。
それなら ふつーに
カネ払って下さい。』

て、なんかもう
どんだけイヤやねん、
ていう全力の拒否りようで。




ま、そんなラリーは
もちろん してないけどやね、

ゆーても

『わーい!お願いしまーす♡』
ていうわけにはいかんし、

かと言ってLiLyくんは
家具屋か!てくらい、
相当クオリティーの高いもんを
サクサク作ってるような人やから、

私がお返しに作れるもんなんて
ひとっつも無いんやわ。




どーしようかな、と散々考えて
LiLyくんに作ったものが、

こちら。

DSC02089

無いセンスを最大まで
引き上げてデザインした、
ポストカードです。

LiLyくんはミンネで販売を
してるから、そのショップ名とか
LiLyくんの作品のイメージに
精一杯 寄せてみたつもり
やったんやけど、

『ありがとうございます!
マカさんのテイストが入ってる
あたりが、いいですね。』

ゆーて。



え、入ってる?

うそやん、
めっちゃ寄せたっちゅーに。


やっぱ どんだけ寄せても
自分が作るものって
どうしても自分のテイストが
入ってしまうもんなんやなー。



なんか、申し訳ないわ。



そんなワケで

LiLyくんのminnne
↑ここでクオリティーが高すぎる
家具とか小物を販売してて、

LiLyくんのルームクリップ
↑ここからも素敵作品の数々を
見れちゃいますよと。

LiLyくんのインスタ
↑ここにも載せてるみたいやわ。



丁寧な作りと対応が人気で
オーダーがいっぱい入ってる
みたいなんやけど、

細かいオーダーにも
応えてくれるみたいやから

小さいもんでも大きいもんでも
家具を作れる人を探してた
ていう人にはオススメやわ。



あ、

今日のドアにステンシルしたヤツは
LiLyくんが販売している
ステンシルシートです。





はい、

次回は どのネタでいくか
まだ決めてないので、

これから寝ずに考えます。






今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------