はい、どうも。



前回の記事では
どえらい数の方に
ポチっとして頂きまして、

本当にありがとうございました。



その お陰で、

プレッシャーで手が震えて
記事が書けんように、


なったような気がしました。

(皆さん→もー(-_-))



これだけ応援して頂いたからには
下手な記事は上げられんなと
思ったら、

プレッシャーに押しつぶされて


全っ然よく、眠れました。

(皆さん→もー、なんべん
ひな壇から前に出なあかんねん)




すんません。

もう ひな壇に戻って頂いて
大丈夫です。




はい、そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*


いや、こんだけオーディエンス(←)が
多いと、そりゃあ記事書くのも
なかなかのプレッシャーになるって。


また、今日書く内容を知ってる私
としては、

『わ・・・今日の内容、
くそ おもんないヤツやん。
どーやって膨らまそうかな。』って、

書く前から すでに、憂鬱やわ。




はい、グダグダ言うてないで
とっととテンション上げて、書いてこ。




前回は、

DSC01862

ここまで出来ました。



で、

DSC01864

まずは こんな風に
ビスを途中まで打って、




それを

DSC01865

打っていくと、




DSC01866

こうなって。




そしたら次は

DSC01867

長いほうの側面も
同じようにして打っていくと、




ひとまず、

BlogPaint

ここまで出来て。

で、皆さんが覚えておられるか
定かじゃないんやけど、

ゆーか

皆さんの記憶力に
いささか不安要素があるので、
(こら)

改めて書いておくと、

赤で囲んだところの裏側って
タッカーでパチンパチンと
とめてあるんやわ。

けどタッカーって
片面だけ とめても
意味が無いっていうか、

反対側の面からも
タッカーを打たないと
板同士が本みたいに
パカパカと開いてしまうんやわ。



んー、説明が苦しい。



なんせ、そういうことなので、
(説明から あっさり逃げる)

じゃあ どこで
2枚貼り合わせた板を
ガッチリさせるのかというと、

DSC01870

ここで。

この、コーナーの部分を
ビスで打つことによって

物理的にガッチリ来るんやわ。


その計算式は、あえて
省略するけどもやね。

(書けんくせに)




はい、そうすると、

BlogPaint

こんなボックスが完成しました。

短いほうの側面は
板同士を繋ぐための板(青矢印)で
固定してあるからオッケーやとして、

長いほうの側面は
内側だけタッカーで とめてあって
外側にはタッカーを打ってないのが
分かるでしょうか。


ま、こういう やり方も
あるんですよ、ということです。


てか

散々こってりと説明してみたけど、
これが一体、何人の人に
ヒットするんかは、疑問やわ。



少なそー。




はい、次ー。

DSC01873

スタッキングに使う板を
6本用意しました。



これを、

DSC01874

ボックスの裏面にボンドで貼ると、




DSC01875

こうなって。

こんな風に、ボックスの底面と
同じ幅の木材を、きっちりと
端に寄せて貼ることによって、

スタッキングさせた時に

ボックス同士がカチっとハマるんや
っていう、理屈。

これも伝わるやろか。



今日、いちいち苦しいな。



今日もいちいち かっこいいな、

斎藤工。

(急に、なに)



いや、今、記事書いてたら
CMに出てたもんで。

(知らんがな)





はい、あとはボンドが乾いたら

DSC01877

スタッキング用の木材も
底板のコンパネも突き抜けるほど
下穴をあけておけば、




ボックスの内側から
ビスを打つ時に、

DSC01878

その穴が目印になって
くれますよ、と。



で、ボックス2つは
スタッキング用の木材を
内側から打って固定したけど、

DSC01879

1番下のボックスだけは
わざわざ内側からビスを
打たなくても、大丈夫です。


その理由は、次回 出てきます。



あとは、

DSC01880

1番下のボックスだけは
キャスターをつけて、



これで

DSC01881

ボックス3つ、完成です。



はい皆さん、お疲れ様でした。


よく辛抱強く、最後まで
読んで下さいました。


書いてる私でさえ
くそつまらん、今日の記事を。




いや、詳しく書こうと思ったらね、
どうしても くそつまらん回が
出てくるんやわ。


しかも このブログ、

男前が好きな方ばっかじゃなくて、
ナチュラルからモノトーン、
無印・IKEA、果ては賃貸の方まで、

こんなん読んでも
しゃーないやろ、ていうような方も
たくさん読んで下さってるので、

なんかほんま、申し訳ないです。




で、SNSのほうから
日々、いろんなコメントを
戴くんやけど、

『失敗を載せてくれるところが
すごく嬉しいです。
マカさんも失敗すること
あるんだなと思うと、安心します』

ていうコメントを貰うことが
すごく多くて。



これは私が読者時代やった頃に
1番、望んでたことなんやわ。



すごいクリエイターさんたちが
涼し気にサクサクと
素敵なインテリアを仕上げていく
様子を見てると

目の保養になるし

『わあ~!いーなー!
すごいなー!』

てなるんやけど、


なんやろ、


遠いんやわ。


別世界の人に思えて。



キラキラと輝いて見える
クリエイターさんたちと
しょぼ過ぎる自分を比較しては、

私には無理や、ていう
劣等感に見舞われることが

私自身、結構あったもんやから、


もし自分が書く立場になった時には

失敗したことも
ヤラかしたことも
スベったことも
枕を濡らした あの夜も(←)

そのまま書きたいなと
ずっと思ってて。



いや、他のクリエイターさんたちは
そもそもヤラかしてなくて、

単に私だけが

ヤラかし過ぎなだけかも
しれんけど。




あ、そっちか。



なんだ・・・、そっちか。



すみません、涙拭いてました。





はい、今日はここまでに
しておきます。





今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------