はい、どうも。



3連休ですが

レジャーの予定とかもなく

一応 誰にも迷惑かけずに
淡々と暮らしてます。



あ、久々に
セリアに行ってきました。

セリアに行ったら、私と同年代と
思われる(30歳前後)(←こら)男性が、

コルクボードを2つ 手に持って
蝶番を選んでたんやわ。


『もしかして、学校のプリント隠しを
作ってくれって奥様に頼まれたん
ですか?だとしたら、こっちの
蝶番の方がいいと思いますよ。』

って言いたくて しゃーないのを
はち切れんばかりに我慢して
私が欲しいもんだけ買って
とっとと その場を去ったけど、

あの男性が

あの蝶番を選んでたとしたら、


んー、惜しい!


あの蝶番やったら、コルクボードの
枠から結構ハミ出てしまう羽目に
なるからなー。


事前勉強してから買いに
来られたんやろうけど、

もうちょっとやったなー。


(上からなお前のほうが
もうちょっと、やわ)





はい、そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*



ボックス3つが出来たので、

DSC01882

ここに、ニッペの
VINTAGE WAX ウォルナット
を塗ります。


VINTAGE WAX
杉板と相性が抜群やから
合うやろなーと思って。



はい、塗りました。

DSC01884

うん。色はいいとして。

これ 内側、どーしよ。

塗ったら変になるやろか。

おもちゃを入れるから
塗らんほうがいい気もするけど、



んー、塗ろ。

DSC01885

うん、まあ、せやなー。


これで正解やったかどうかは、

分からんけど。



こんなこと 一つにしても
結構、迷うもんなんやわ。

『完成しました!』ていう図だけを
見ると、『へえー』としか思わん
やろうけど、

みんな それなりに

ちっさい場面でも いちいち
『んー、どーすっかなー』
で揺れながら
やってると思うんやけど、

んなことないんかなあ。




そして また、ここからやわ。

ここからのアレンジ次第で
勝敗が決まるからなー。



はい、決めました。

DSC01891

白のペンキをサッと塗って
そのあと すぐに
塗れ雑巾で部分的に拭くと、




こんな感じ。

DSC01892

サンダーを使わなくても
そこそこなエイジングには
なってくれます。




あとは、

DSC01894

これ、グラフィティーのグレー
なんやけど、光の具合で
さっきの白と一緒に見えるな。


えっと、2面に塗ってみました。



で、ラスト1個は

DSC01896

グラフィティーの30番、
赤っぽい茶色にしてみました。

最近、グレー×赤、が個人的に
すごいハマってるもんで。




はい、そしたら持ち手ね。

DSC01897

もう、この写真も最近
頻出してるから
見飽きたかもしれませんが、

もしかしたら今日 初めて
このブログに来られた方も
おられるかもしれんから
説明しておくと、

これはSPFの1×2です。



で、ビスを さっきみたいに
あらかじめ打っておいて、

DSC01898

それを打ち付ければ、
こうなって。





これに

DSC01899

グラフィティーの黒を
スポンジにつけて塗って、




その黒が乾かんうちに、

DSC01902

ダイソーのアクリル絵の具の茶色を
部分的に塗っていくと、




こんな風に、

DSC01904

ちょっといい感じの錆塗装が
簡単にできてしまうというね。




これを

DSC01906

ボックスの内側から
ビスを2本打てば、

持ち手は これでオッケーで。



てことで、

仕上げのステンシルの
段階にきました。


このステージに来ると未だに

ものすんごい考えます。



どんなデザインにするかを
決めるのに かかった時間は

なんと、1時間半やわ。

DSC01905

ステンシルシートを
いろんな場所にあててみて

『んー、これ違うな』

を ひたすら繰り返して
自分の中で、
『キタ!』ていう瞬間が来るまで
何っ回も吟味するんやわ。




はい、デザインが決まったら、

DSC01908

キャスターをつけてないボックスの
裏面にフェルトをボンドで
貼っておけば、床の上で
手でスーっと動かせますよ、と。




そんなこんなで、

DSC01909

こうなって、ようやく完成です。

あ、今フェルトを貼ったところって、
前回、ボックスの内側から
ビスを打ったのを覚えて
おられるでしょうか。

いくらフェルトを貼ったとしても
床の上でスーっと
動かしていくうちに
ビスの頭が出てきて
床が傷つくことが予測されたので、

それで内側からビスを
打ったというわけです。



DIYに興味ない方は
よく辛抱して読んで下さいました。




で、完成写真を たくさん
ぶち込みたいんですが、

今日の写真枚数が
すでに16枚かー。


容量的に厳しいな。



てことで大変申し訳ないんですが、
次回、目にも鮮やかな
完成写真の数々を
お見せしますので、

今日はここまでにしておきます。




あ、さっきの

デザインに悩むっていう
話なんやけど、

ちょっと前にインスタで

『マカさんはどうやって
ロゴとかデザインを考えてますか』

ていう質問を戴いたので、
それにお答えしてみようかなと。



あ、全く面白くない話です。

オチも特に無いし。



えーっと、これ、

実はすごい難しい話やと
思うんやわ。


まず一つ言えるのが

デザインやロゴがカッコよく見える
っていうのは、
そのクリエイターさんの
イメージとか知名度、

ていう部分が ある程度
デカいと思うんやわ。


例えば、すっごい極端な例を
挙げるとすると、

BEAMSでTシャツを
買ったとするやん。

そのTシャツの胸のところに
でっかく【HAPPY】て
書いてあったとして。


けど、BEAMSていうブランドが
放つ価値が、そもそもあるから
【HAPPY】に違和感は感じんはず
なんやわ。


けど、けどやね、

自分でTシャツを買ってきて
そこに【HAPPY】てステンシル
したとしたら、

それ、自信持って
外に着てけんやん。


なんやろ、自分で考えただけに、
ハッピーて・・・、てなるっていうか。


それがBEAMS発やったら
不思議とオシャレに見えて
しまうんやから、

ブランドの価値って
どうしてもあるわけで。



だから変な言い方かも
しれんけど、

素敵なクリエイターさんが
どんなロゴやデザインを使っても、
ある程度は、そのクリエイターさんの
ブランド力で持ち上げられて
しまうとこがあると思うんやわ。



あと もう一つ 言えるのは

どのクリエイターさんも
そうやと思うんやけど、

ロゴとかデザインを決める時って
相当 時間をかけておられるはず。



文字の配列・字体・フォント・
余白をどれくらい取るか、

もう全部を相当考えて
作ってると思うから

そう簡単に

『こうすれば確実にオシャレな
デザインになりますよ』
ていう虎の巻を、

公開しないんじゃなくて、

公開のしようが無いんやわ。



で、私の場合は

困った時は、ていうか
デザインに関しては
ほぼほぼ困った時しか無いんやけど、

そんな時は何を参考に
してるんかと言うと、

新聞や雑誌、家にポスティング
されてくるチラシ、どっかで
貰ってきたパンフレット、とかです。



そういうものって
プロが作ってるから

全体の構図を見た時に

間違いないんやわ。



読者目線で何気なくチラシを
見るんじゃなくて、

どの文字を、どこに、どんな大きさで
配置してるんかを、

私の場合、すごい見てます。



新聞にしても雑誌にしても
パンフレットにしても、
いかに見る側を惹きつけるかを
考えた構図になってるはずやから、

ものすっごい参考になるんやわ。



で、1回や2回、見たところで
眼力は養われんくて、

めちゃめちゃ見まくって
かっこいい構図を頭に
叩きこむ、ていうんかなあ。



デザインの勉強なんて
したことないから

そうやって独学で
習得してくしか、ないわなあ。



で、ロゴに関しては
自分の誕生日とかイニシャルを
使っておられる方も多いんじゃ
ないかなと思うんやけど、

それはベタやからイヤやな
ていう場合は
手っ取り早い方法として、

【コンテナ】で画像検索すれば

輸送用のコンテナって
かっこいい英数字が書いて
あるから、それを丸パクリする。


それをパクったところで
誰にもなんも言われんしね。



そんな感じやろか。



なんせ、ロゴやデザインを
自分で考えるのは
ほんまに難しいし、

もし虎の巻があるんなら

私も今すぐ欲しいくらいやわ。



私なんて、結構 考えて
やってるつもりやけど、
それでも自分が作ったものって

『ださ(-_-)』て見えるもんなー。



ゆーか、単刀直入に
ダサいんやと思うけど、

そこを直視すると もう
モノ作りなんて出来んように
なってしまうから、

そこはなるべく
考えんようにしてます。



だって、考えだしたら
ヤケになって、

『酒 持ってこーい!』てなるもん。




お酒、全っ然 飲めんけど。

飲めても、せいぜい酎ハイ1/3で
しゃっくりが止まらんようになって
足元が ふらつくというね。



意外と可愛い一面がある私です。(←)



そら、世の男性陣も
悩殺されるはずです。(←)





はい、以上です。




今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタ始めました👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------