はい、どうも。



今日は なんと、

前回の続きです。
(皆さん→本気でイヤやわ)


もー、ここ はよ終わりたいわー。
(お前が言うな)


てか、今年の夏、なに。

今年ってお盆がカレンダーの
いい位置にきてるお陰で
ぶっ通しで超大型連休、ていう方も
結構おられるかと思うんやけど、

にしても この悪天候やと
やれプールだの海だのキャンプだのを
計画してたファミリーの皆さんとか、

ものすっごい気の毒やんなあ。


うちは毎年恒例なんやけど
家族全員、人混みが嫌いなせいで
GWもお盆もお正月も
連休は絶対外して、

その1週間後とかに
お墓参りに行ったりするから
このお盆も、なんーにも予定が
なかったんですが。


で、予定こそ無いけど

お盆休みはずっと
妹の子供(小1男子・年中男児・1才女児)
計3名を預かってるから

これがまた、なかなかやわ。

あ、妹は夫婦で飲食店をやってるから
保育園が休みな お盆の間は
下2名を預からなあかんねやわ。

ちなみに上1名は小学生やから
夏休み期間ずっと預かってます。


なかなかやわ。



はい、今日は写真多めなので
とっととDIYネタ、いきます。




そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*


扉の続きからです。

こちら。
DSC02307
前回で扉のベースはできたので
この扉を今度こそ、今度こそ、
フレンチシャビーな感じに
仕上げていきます。

はい、今度こそ。

端材の山から厚さ2.5mmの
ベニヤ板を取り出して
それを何枚かカットしました。


ベニヤをカッターでカットするの、
相変わらず、嫌いやわー。



で、それらを
DSC02308
ボンドで貼っていくと、



DSC02314
ひとまず こうなって。

うん、見にくいわ。

どこに何が貼ってあるんか
よお分からん。


けど、ペンキを塗っていけば
見えてくるはず。
DSC02326
使うのは、前にクローゼット扉を
フレンチシャビーにリメイクした時

使ったペンキの余ったヤツ。

あの時って、白と黒のペンキを
混ぜて薄いグレーを作ったんやわ。

で、そのペンキが余ったから
いらん瓶に入れて取って置いたヤツです。


あ、この保存方法って自己責任で
やってることやから
『ふーん(-_-)』ぐらいの感じで
見ておいて下さい。

『へえー(-_-)』ぐらいの。



で、この薄いグレーとは別に
DSC02327
黒も塗っていきます。

えーっと、流れが いまいち
分かりづらいな。


こうです。
DSC02328
薄いグレーで塗った扉と
黒で塗った扉がある、ちゅーことです。

どっちも、テキトー塗りで。

これは下地の色で
この上から本番の色を塗って
いくんやけど、

その、本番の色を考慮して
下地の色を変えたんやわ。


まずはグレーの下地のほう。
DSC02330
ここにはグラフィティーペイントの
30番・赤みがかった茶色を塗って
いきます。

下地のグレーが ちょいちょい
見える感じで。

そしたら、
DSC02331
こんなんなって。

これだけでもう、
サンダーをかけることもなく
すでに いい感じやん。


ほんで黒を塗った扉には
DSC02333
これ、白に見えるかもしれませんが
グラフィティーペイントの27番グレーです。

これもまた、下に塗った黒を
ちょいちょい残しながら
雑な感じで塗っていけば、
DSC02334
ね?(←)

あ、すでにステンシルも
入れちゃってます。

どう、これ。

フレンチシャビー以外の
何者でも無いやろ。


ゆーかさあ

この ちょっとした凹凸感を
出したいがために
わざわざベニヤを貼ったり、

シャビーな塗装に仕上げたいがために
わざわざ下地に違う色を塗ったり。


そこまでしないと
この感じは出せないのかと
聞かれたら、

はい出せません、とは
言い切れんねやけど
でも、ここまでDIYをやってきてみて
思うのは、こういう、ちょっとしたことの
積み重ねが あるか無いかが

結構 仕上がりを左右するような
気がするわ。


いや、手を抜いても それなりに
それなりのもんはできるんやけど、

なんかねー

なんかが違うんやわ、

最終的な仕上がりを見た時に。


で、その、なんかが違う、が
家じゅうを埋め尽くした時に
ひと目 見ただけで
『わ!おしゃれー!』ていう
空間に見えるんじゃないかなと。


で、今のシャビー塗装を解説すると

下地の色は、本番の色と真逆の
色を塗るってことなんやけど、

真逆っちゅーのは
本番が濃い色なら下地は白系
本番が薄い色なら下地は黒系
てことで。

で、これが もっと高度なテクニックになると

下地に原色の緑・青・黄色あたりを
持ってきたりするんやわ。

けど これは、私みたいな
ヤラかし率の高い人種は
冒険せんほうが無難やな。

ここは冒険せんと素直に
白か黒を下地に塗ったほうが
断然、成功率が高いもんね。


それと、わざわざ下地に白とか黒を
塗らんでも、本番の色を塗ったあとに
その上から白なり黒を塗れば
ええんちゃう、と思うかもしれませんが、

それに関しては
それで合ってると思います。

つまり、仕上がりに そんな大差は
無いような気がする。


で、大差が無いんなら
上から部分的に白や黒で
エイジングしたほうが
ペンキもケチれるし いいやんて
話なんやけど、

なら なんで私はわざわざ
下地を塗る方法を選んだのかと言うと、

ここ、いつもなら、
『なんとなくです』て言うとこなんやけど

なんとなく、でも無いんやわ。


えっとねー

上からエイジングの色を足すより
下地に塗った色がチラ見えするほうが
仕上がりの重厚感が
増すような気がするんやわ、
ちょっとだけかもしれんけど。


んー、ここらへんのとこの説明って
自分自身の経験から来る感覚で
やってる部分がデカいから、

モヤっとしたことしか言えんなあ。



なので説明するの、

やめときますね。


(なら最初っから やめとけ)

(びっくりするくらい長い説明した
あとに、それか)

(今みんな、ひな壇から前出たわ)


いやほんま、エイジングって
その人の独特なやり方とか
クセもあるから、
一概には言えんねやって。

(だから説明いらんかったやん、て)




はい、どこからやったっけ。
DSC02335
これこれ。

扉に取っ手をつけていきます。

この扉は厚みが薄いから
取っ手をつける時のビスが
扉の裏面から飛び出さんように
するための ちっさい木片も用意して。



これをね
DSC02336
こんな風にして
ビスで打っていきます。



で、取っ手をつけたら
これでもう扉は できたから
あとは扉を蝶番で本体に
つけていけばいいんやけど、

本体の棚がね
DSC02304
横から手で押したら
グラグラと揺れるんやわ。

こんな風に。

写真を見れば一目瞭然やと思うけど。


皆さん→いや全っ然わからん。


ね?全っ然わからんと思いますが
なんせ横に揺れるんやわ。
(皆さん→もー(-_-))


どうしてグラグラするのかと言うと
背面に板を貼ってないからです。

けど、この大きさの棚の背面に
板を貼っていくとなると
新たに板を買ってこなあかんくなるから、

それはイヤやわ。

どうにか家にある木材だけで
いきたい。


となると、
DSC02306
こんな杉板が1枚あったから

これを棚の背面に打って
固定すれば、
DSC02340
こうね。

だいぶ不細工やけど
前から見た時に背面は全く見えんから
全然 問題ないやろ。

ただ、こんな1枚をつけただけで
グラグラするのが完全に
ピターっと動かなくなるものなのか
と言えば、

ならないです。
(なんやねん もー)

完全にガッチリには ならんけど
『え!そんな1枚ごときで
こんなに変わるん?』ていうくらいは
グラグラが無くなります。

ほんま ほんま。



はい、蝶番つけまーす(←)
DSC02342
先に、扉のほうに
蝶番をつけてしまいます。

あ、これはセリアの蝶番です。

で、蝶番をつける場所を決めたら
そこに鉛筆でしるしをつけて
蝶番を1回外して下穴を開けてから
DSC02344
ビスを打っていくと
割とズレることは無いかなと。

割と、やから、
未だにズレることは
結構あるんやけど。


前にね

蝶番をつけるのって実は結構
難しいから、上手く つけられんで
悩んでた時に

『蝶番をつけるのは難しいですよ』

って、この家を建てた大工さんと
会話してた時に
大工さんがそう言ってたから、

『え、大工さんでさえ難しい?
なら私が出来んでも全然ええやん♡』

と思って。



はい、扉に蝶番をつけたら
DSC02345
いよいよ本体に
固定していきます。

この時も、まずは鉛筆でしるしを
つけてから 一旦 扉を外して
ほんで下穴を開けて、

それからビスを打てば、
DSC02346
ね?(←)



はい、これで ようやく完成かと
思いきや、この扉に
マグネットをつける工程が
残ってんねん。

しかも

既製品の部品じゃなくて
またしても貧乏くさい方法で、

愛情たっぷり手作りマグネット(←)

みたいな部品を いちいち作ったり
するもんやから、

もー、一体いつになったら
この章、終わるんや!って話なんやけど、


次回、終わります。

全工程を完結して
完成写真まで ぶち込んで
終わりますので、

読み終わったアカツキには

『おもちゃ棚、2度とええわー!』

と、読み終えた皆さん それぞれが
それぞれの時間帯で
それぞれの場所で言うて頂ければ

全ては丸くいくんじゃないかなと。
(なんやそれ)



あ、次回は、そのDIYネタと
オーダー受け付けの案内も
載せますので、

心待ちにして下さっていた
5名ほどの皆さん(少な)、

大ー変 お待たせしまして
申し訳なかったです。



はい、

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------