ホワイトデーですね。


良かったですね。

(なにが?)





はい、前回の続きです。


DSC04632 (2)

こんなメモ帳を作ってて、

残る作業は
この黒い表紙?カバー?を
作るところからです。




まず、

DSC04388

段ボールを、

作りたいカバーより
ちょっと小さめに切ります。

あ、この時点で、目玉クリップは
すでにセメダインで接着
して
あります。



で、

DSC03649

この家に入居したての頃に
大急ぎで作った、このベンチ。


このベンチに使った黒の
合皮が余ってて、

しかも、縫い目つきのとこが。



なので、それを そのまま
使うことにしました。

DSC04389

こんな風に、ボンドをつけて



表に ひっくり返すと、

DSC04390

こうなりました。

この縦の縫い目は、

ベンチの合皮の切れ端に
そのままついてた縫い目で、

横の縫い目は、

普通の針と糸で、今回 縫ったものです。




これに、

DSC04391


自作ラベルを貼れば

完成です。




また、beforeafterを
載せるほどでもないですが、



before

DSC04398




after

DSC04402

なんやろ、こういう
ちょっとしたもんでも、

自分好みのモノを作ると

結構 雰囲気も変わります。



メモ紙は、裏紙を切ったヤツ
を挟んでます。






はい、今日のインテリア記事は
ここまでです。






ここからは、

老眼についての話です。





私は、視力が0.04とかで
ものすごく 目が悪いので、

コンタクトか眼鏡が必須です。


なので、裸眼になると


やすし やわ。

『めがね、めがね』 ってなるわ。

(ヤングな読者さま、
 分からんわなー)


で、ぼやけて見える世界
に関しては、もう、全然 慣れて
るんですが、


老眼て、あれ、急に来るんやなー。


ある日 突然、近くのものが
見えんようになって。

『え、なに、これ』

って思って。



ほんで、ちょっと離らかしたら

はっきり見えんねん。



その症状を、しばらくは ずっと

ただの目のカスミやと思ってて。



けど、一向に治る気配が
ないから、


『うそやろ? もしかして老眼?』

って、気付いた時の、ショックさね。



私は今、39歳で、

38の夏に、老眼が始まったんやわ。

(19の夏、とかなら
 ステキやけど、38の夏て)




そもそも【老眼】て、
老人の眼って書くやん。

せやから、初老に始まるイメージが
あったもんやから、

まだ初老というには早いはずの
自分が、老眼だなんて、そんな。。。

って、


恋人から突然 何の
前触れもなく、

『別れよう』って言われた時みたいな


そんな、どこにもブツけようのない
切なさとショックを受けて。




だいぶ個人差が
あるみたいやねんけど、

早い人は30過ぎから始まる
っていうんやから、

まあ、私が老眼デビューしたのも

そんなにイレギュラーなことでは
ないんやな、と。




だからね、

これ、【老眼】ていうネーミングに

そもそも落ち度があると思うねん。




これが、もし、英語やったら、

老眼 → presbyopia

ということで、読めなかったので、


(もー、なんやねん)




老人 → old man、old people

眼 → 
eye


やから、オールド マン アイ

で、オーマンアイ


『私、オーマンアイやねん』

うん、いいね。



或いは、オールド ピープル アイ

で、オーピーアイ

で、ピーアイ


『私、ピーアイやねん』

うん、いいじゃない。




ピーアイなら、ショックも
さほど少なくて済むし、

人にも、カミングアウト
し易いわ。


ほんで、なんかちょっと

可愛らしいよね



ピーアイっていう響きが。



好感が持てるというか、

むしろ望んで使いたくなるような。


心も 弾む感じ。


『イエス! ピーアイ!』

って、思わずウインクしたく
なるような。




なんなら、

チアガールたち
どっかのイベントで、


『GO! GO! ピーアイ!』

『GO! GO! ピーアイ!』

『ヘイ!』


って出てきても、

絶対 誰も【老眼】やとは

思うわんと思うわ。



あ、あかんわ。。。



こういう、有りもしない
実に くだらない妄想をするクセ、



どんどん出てくる上に

本人だけが楽しくて

聞いてる人ら、とっくに引いてる


っていうパターンやから、



非常に名残惜しいですが


この辺で、やめときます。




心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)