---------------------------------------------
★オーダーをご希望の方はこちら👉
【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今オーダーを お受けしてから発送するまで4ヵ月待ちとなっております。
---------------------------------------------
【ご連絡】necoさんへ
今日の記事の一番最後に
メッセージを書いておきましたので
読んでみて下さい。

---------------------------------------------

はい、どうも。

今日は前回の続きなんやけど
SNSから戴いたコメントを読む限り
やっぱ全国共通で皆さん
リメイクシートには苦戦してる
みたいで、安心しました。

いただいたコメントで、
『私はリメイクシートはいつも
1発勝負だから
失敗してもそのままです』

うん、せやな。
もー貼り直してぐちゃぐちゃに
なるくらいなら1発勝負のほうが
いいかもしれんなあ。


『私は丸めたタオルや壁紙用の刷毛で
空気を抜きながらやってます』

へえー、丸めたタオルかー。
そんなやり方、知らんかったなあ。


『元はキッチンパネルですか』

あ、それ書くの忘れてたわ!
はい、キッチンパネルです。
掃除のしやすさで秀でた。
せやから今まで手をかけるかどうか
迷ってたんやわー。


そして こちら。
『記事の内容が私の実体験の
フラッシュバックのようで
手が震えました。
あ、ヤン車とかに貼る用の
カッティングシートを使った時は
貼りやすかったです。』

手が震えたとか、なんやねん♡
ここに集まって下さる皆さんは
ほんま、ノリがいいので有難いです。
そして【ヤン車】。
言い方、好きです。

20年前、オールスモークの
シャコタンのシーマとか
マーバン・セドリック・グロリア
このあたりにクラっときた
あの頃を思い出しました。

(若い頃とは言え、車の趣味…)

(うん、当時『趣味悪くね?』て
周囲から散々言われたわ)



はい、そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


前回で
BlogPaint
ここまで出来たので
今度は一番上の柄に ちょっと
重ねる感じで貼っていこうと。

赤い枠みたいな感じでね。


よし、いこか。
BlogPaint
薄っすらと重ね貼りの線が
見えるのが、分かるでしょうか。

で、少しの油断も許さない中、
裏紙を剥がしながら
少しずつ貼り進めていくわけよ。

そしたら、なんと これ
こんな柄なのにタイル5個目ぐらいで
全っ然 柄が合わんようになって。

柄が合わんてことは
タイルの黒い線がズレるってことやん。

こんなでっかい柄で
黒い線がズレた日には
どんだけ五木ひろし顔で
引きで見たとしても、無理やん。

それは あからさまに無理やから
やむなく最初からやり直そうと
思って大幅に剥がしたら、
DSC03851
タイル柄の上のほう。

近くで見ると
DSC03852
んもー。

腹立つわー。

なにを破れてくれてんねん。

で、この時 はじめて
『リピート率、考えてなかったー』
てことに気づいてやね。

リピート率っていうのは
50cm間隔で模様が
繰り返されてますよ、みたいな
数値のことなんやけど
壁紙とか こういう系のものには
必ず、リピート率があるんやわ。

布とかも一緒やわな。

考えてみたら、工場の機械で
印刷してるやろうから
あるパターンを繰り返し印刷
する感じで商品が出来上がって
くるんやろな。

あ、無地の壁紙でも
リピート率って、あります。

ん?あったはず。
どうやったっけ。

けど無地の場合はリピート率を
考えながら貼らんでも
まず大丈夫やけど。


で、今回の柄にリピート率が
あることを忘れてた理由は

柄が柄なだけに。

だって、縦と横に線が描いて
あるだけの規則正しそうな
あんな柄に、まさかリピート率が
あるなんて、そんな気配、
全っ然 感じさせんかったんやもん。


さては、思わせぶり作戦やろ。
ユーザーを惑わせようという。


しゃーない、もっ回 いこ。
DSC03853
剥がしたヤツは使いもんに
ならんかったから
泣く泣くボツにして、

新しくカットしたヤツを
今度はタイルの途中じゃなくて
タイル1枚分を重ねて貼ることにしました。

リピート率が何センチ間隔かは
結局 見てないんやけど
合わせてみたら そこそこ合ってる
っぽかったから、
DSC03854
どうにか ここまで貼って。


もーね
DSC03855
めちゃくちゃやわ。

ゆーても、ここで やめるわけには
いかんから、とにかく貼り終えるしか
選択肢は無いわな。

しかも これを貼る時 ずっと
コンロ上に正座して、やからね。



こんな感じで。
BlogPaint
頭っ。

毛っ。

毛量。

てか、絵 そのものが もう。


だって こんなんしか
描けんかったんやもん。

いや ほんまはビックリするほど
絵は上手いんやけど、
やっぱマウスを操作しながら
ちゅーのは、いつもの画力が
発揮できんもんやなー。
(にしても)

しかし まー
小さいながらにも一軒家を買って、
アラフォーの父ちゃんが
75歳までパンパンにローン組んで
家を買って、
これでも一応 標準的な3LDKの
間取りがある家やというのに、

なにが悲しくて、家のコンロの壁に
向かって正座してんねやろ、ゆーて
まあまあ虚しかったわ。



はい、皆さん いいですか。
続き、いきますね。
DSC03859
結局あとの半分は柄の関係で
タイル1枚分を重ねることは
できんかったんやけど。

そして
BlogPaint
ここらへんを貼ったり、



DSC03861
突き当りの小スペースにも貼って
半ば強引に『もうこれでええわ』
ていう箇所 満載のまま、

完成です。



それでは、beforeの写真と共に
完成写真をご覧下さい。

before
DSC03710


after
DSC04025



before
DSC03716


after
DSC04029
どうでしょうか。

海外のアンティークな
キッチンみたいになったでしょうか。

私としては、あーだこーだと
言うた割には相当気に入ってるので
本人が気に入ってるんなら
それでいいんじゃないかと思います。

(皆さん→うん、まあ、せやな)


今までコンロ周りには
フライパンとかを ぶら下げて
なかったんやけど、
DSC04026
これをするのも結構 念願やったから
本人が気に入ってるんなら
それでいいんじゃないかと思います。

(皆さん→うん、まあ)


あ、キッチン扉リメイクの記事は

原状回復OKな方法でキッチン扉をリメイク!マステ+両面テープではなくて
原状回復OKな方法でキッチン扉をリメイク!②壁紙の上に板を貼る
原状回復OKな方法でキッチン扉をリメイク!③マステ+両面テープの強度における個人的な見解と解決法
原状回復OKな方法でキッチン扉をリメイク!完成・アンティークな海外風に
キッチン扉リメイクと椅子リメイクに関するQ&A・こってりとお答えします

👆こちらを ご参照ください。

あと、キッチン扉に塗った黒は


タイル柄のリメイクシートは



いやー、しかしキッチンリノベは
疲れたわー。

リメイクシートは もう二度と ええわ。
十分 満喫したし堪能した。


ありがとう、リメイクシート。
そして さようなら、リメイクシート。

はい、全員で。

さ よー な ら。


えーっと
次回は どれから いこうかなあ。

オーダーを受け付けた当初は
オーダー製作に かかりっきり
やったせいでブログネタが
無くなりかけて、

ほんで今度は やけに焦って
猛スピードでブログネタを溜めた結果、

2か月分くらい、ネタあるわ。


なんせキッチンリノベは以上です。

長編にお付き合い下さいまして
本当にありがとうございました。


お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------

necoさんへ
メッセージを頂いたその日に ご連絡を差し上げたんですが、何度送信しても『そんな宛先はありません』というようなエラーメッセージが出て、メールがバックしてきてしまいます。
なので大変お手数ですがメアドが正しいかどうか見て頂いて、もう1度 お問い合わせ欄からメッセージを送っていただくか、もしくはインスタのDMからでも全然オッケーですので、ご連絡頂けますでしょうか。
何卒宜しくお願い致します。