★オーダーをご希望の方はこちら👉【オーダーのご案内】を御覧下さい。

★只今オーダーを お受けしてから発送するまで4ヵ月待ちとなっております。
---------------------------------------------


はい、どうも。

あのねー、


寒いわ。
(そればっかやん)


そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*


古い教室の壁みたいな塗装、
最終章です。


上半分を
DSC04479
ニッペSTYLE
コットンという色をベースに
ジャンク塗装して、


下半分を、
DSC04491
グレージュていう色をベースに
こちらもまたジャンク塗装をして。

あ、ジャンク塗装のやり方は
1個前の記事を参照して下さい。


では、全貌を どうぞ。
DSC04511
どうでしょうか。

古い教室の壁みたいな雰囲気、
出てるでしょうか。


で、👇この記事で
■【壁塗装DIY】ペイントだけで古い校舎の壁を再現してみよー・かべっこの穴をどう塞ぐか

かべっこ(石膏ボード用のアンカー)
で あいてしまったデッカイ穴を
新聞で ふさいだやん。

普通、穴が あいた壁に
ペンキを塗る時って
穴にパテを埋め込んで
パテが固まったら その表面を
やすって平にするもんなんやわ。

けど今回はそれをせんかって。

せんかったどころか
パテを使わずに
新聞紙、詰め込んだからね。

だから当然、その表面は
デコボコしたままなんやけど
その感じがね、
DSC04513
この写真の中に幾つか、
穴をふさいだ箇所が写ってるんやけど
分かるやろか。

今回は、古い教室の壁、ていうのを
テーマにしたからジャンク塗装する
ことを前提にしてて、
だから穴をふさいだ所も、塗装後は
よりジャンクに見えるんじゃないか
ていう予測をしてたんやけど、

それがドンピシャで決まったような
気がします。


はい、ビフォーアフター
いってみよか。

before
DSC04125


after
DSC04512
やーん。

で、ここにベンチを置いたらね、
DSC04514
やだー♡

あー、泣ける。


さらに、カレンダーやら
クッションやらを置いてみると、
DSC04554
やーん、泣けるーーー!
好き過ぎるーーー♡

JS(小1の次女)の授業参観で
JSのことなんて そっちのけで、
校内の壁という壁を見まくって
頭の中でペイントのイメトレを
何回も しまくった甲斐があったわー。
(JSを見てあげて)


そしてカレンダーは
DSC04306 (2)
作った当初は こんなんやったけど、

シルバーを塗り変えて
文字も違うものをステンシルしたりして
DSC04556
こんな風にリニューアル
しておきました。

使った色はSTYLEのオリーブドラブ
ていう色です。
この色、めちゃくちゃ好きやわ。

てかSTYLEの色のラインナップが
ほんまに、合わせやすい。


カレンダーを挟んでるクリップも
DSC04551
アンティークな感じに
塗ってみたりして。

あ、これもニッペの塗料で
塗ったんやけど
それは もうちょい後で出てきます。


ステンシルも
DSC04552
違う文字にしてみました。
bestがvestになってることに
後で気づいて、
手書きで直しておいたっちゅーに。

むなしいわ。


挟んでるカレンダーは
DSC04549
ダイソーのヤツです。



DSC04557
この壁の色にカレンダーの緑が
合うのなんのって。

このカレンダーのハウツーは
👇こちらからどうぞ。
■え!それ売り物じゃないの?って言われるカレンダーを作ろう!
■え!それどこで買ったん?て言われるカレンダーを作ろう!完成


てことで

今回の壁塗装は私の中では
会心のデキになりました。


今までジャンク塗装は
ff0713d5-s[1]
吹き抜けの壁とか、

このハウツーは👇こちら
■いよいよ吹き抜けの塗装!(でっかい脚立のぼるでー)
■吹き抜けを塗装!路地裏みたなジャンク塗装完成!


31bb1de3-s[1]
玄関の壁とか、

このハウツーは👇こちら
■壁をペンキだけでモルタル風に見せちゃうなんて!やるじゃん!


fa771d49-s[1]
キッズスペースの壁とか、

このハウツーは👇こちら
■エイジング塗装するよー!(どうぞ)*ペイントだけで壁一面を漆喰っぽく 古い塗り壁っぽく
■ペイントだけで壁一面を漆喰っぽくDIY! え、もうカフェやん

いろいろやってきて
この3つ全部、違う方法で
今回の壁塗装も この3つとは
違う方法なんやけど、

今回のやり方が
一番 簡単やったし
一番やり易かったし
一番 失敗しにくいと思います。

で。
『マカさんは壁とかドアに
よくペンキを塗っておられますが
塗り重ねていくうちに分厚くなって
例えば扉が閉まりにくくなったり
そんなことにはならないんでしょうか』
ていう質問を戴いたんやけど、

えーっと、

ならないです。

ペンキを塗った その厚みって
思ってるよりも全っ然薄いです。
だから、あれやわ、
ドアに子供が貼ったシール、
これのほうがよっぽど分厚いわ。

てことで全く問題ないです。

もし扉が閉まりにくくなるほど
ペンキを塗ろうと思ったら
多分やけど、塗り重ねて
塗り重ねてを繰り返して
1年ほどかかるんちゃうかな。


もう一つ、読者の方から質問です。
『石膏ボードの穴に詰めた新聞は
本当にカッチカチですか?
濡れて ふやけた新聞が
どうして そんなにカチカチになるのか
不思議に思いまして。』

これに関しては
私も なんでこんなに
カチカチになったのか
専門的なことは
分からんねやけど、

もしかしたら濡れた新聞紙が
石膏を吸って同化したような
感じになったのか、なんなのか、
なんせカチカチなことは確かやわ。

責任は持てんけどもやね。


けど、あれやな、
穴に入れたらカチカチに
なるなんて、私が今までに
経てきた経験では
逆の事象しか知らんもんなー。

普通は ほら、
穴に入れる前までは
カチカチやったのに
穴に入れたら段々ふにゃふにゃに
なってきた、ていうことなら
時折あるやん。

時折っていうか、
その人によってというか、
その時の体調によってというか。


え、ちょっと待ってー。

もー、なんの話ー!


ほんと、もー、皆さん
すーぐ そっちの話に持ってくんやからー。
(お前や)


え?旦那さんはどうですかって?
(やめーーーい)



はい、ここの壁塗装は
これで終わりで
次回は どれからいくか
まだ決めてないです。

今から決めます。



今日も最後まで読んでいただき
本当にありがとうございました。


お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------