はい、どうも。

今日はオリバーDIYプロジェクト
現場作業をお届けします。

そんな今日も こちらと、

にほんブログ村ランキングへ

こちらを、

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

作業するのは、こちら。
DSC05972
これは玄関ドアを開けたら
見える景色なんやけど
1番最初に現場を見に行った時、
えーっと1月末かな、の様子やから
現場もまだ綺麗やわ。

ここから1ヵ月ほどかけて
私とよっちゃんで作業をしていくうちに
現場も段々ぐちゃぐちゃに
なってきた、ていうんじゃなくて
この写真を撮った時って まだ
照明とかエアコンとか建具とか
いろんな業者の方が
入ってない状態の時やから
この1ヵ月ほどの間に
まー、いろんな業者の方が
入れ代わり立ち代わり出入りして、
しかも今回の豪雪で身動きが
取れん日が何日もあったから
業者さんの作業も ものすごい押してて
2月は、巻いて巻いてで大騒ぎな
感じやったわ。

現場作業の1発目は玄関の壁。

あ、この玄関は、こちら。
Screenshot_20180126-201253
このメンズライクな棟の玄関です。

で、今回のご依頼は

メンズライクな棟とレディース仕様の棟、
同じ敷地内に2棟のアパートが
建ってて、2階建てのメゾネットタイプの
部屋が各棟4部屋、つまり
全部で8部屋あるんやけど

その中の
メンズ棟1部屋・レディース棟1部屋を
ペイントや雑貨でデコレーション
して欲しい、ていうもので

オリバーさんから具体的に
要望があったのは

・手掛けるのは計2部屋だけど
できれば玄関だけは
統一した何かがあったらいいなあ

・どんな風にデコってもオッケー。
とにかく見る人に『わあ!』て
インパクトを与えられるような
そんな空間にして欲しい

・業者には出来ない、手作り感のある
空間にして欲しい

・全部屋の表札を作って欲しい

・展示会用の看板を作って欲しい

・展示会用のガーランドを
作って欲しい

こんな感じです。

で、作業を開始する前によっちゃん
『構想も進行も全部マカさんに任せます。
私は助手だと思って下さい』と。

よっちゃんオリバーDIYプロジェクト
記事でも書いたけど
すでに色んな物件のリノベを
手掛けてる人なんやわ。
に対して私は これが初めてやん。
だから もう、大先輩なわけで。

そんな私に『任せます』って言う
よっちゃんの人間性ね。

だからやっぱ
そう言って頂いたからには
『マカさんに任せて良かった』と
思ってもらいたいやん。

てことで この1ヵ月は
疲労とプレッシャーで
おかしくなりそうなほど
頭の中を常にフル回転させてた
気がします。


はい、玄関いきまーす。
BlogPaint
これはA4のコピー用紙54枚を
貼り合わせたものです。

どんなテイストにしたいですかって
オリバーさんに伺ってた時に
何回も【英字】とか【ステンシル】ていう
言葉を言われてたから、

よし ほんなら今回は
英数字テンコ盛り盛りで
いこうやないかと。

やっぱ見た瞬間に分かりやすく
『わあ!』て思わせられるのって
英数字がインパクトあるわなと。

てことで玄関には
インパクト大なコンテナ風の
デザインをペイントすることに
したんやけど、
これ、縦6枚・横9枚で
もーね、こんだけでっかいと
頭の中のイメージ通りに
仕上がるんかどうか
ほんまに想像がつかんねやわ。

54枚の紙を貼り合わせるだけでも
どっかから斜めになってきたりで
うまいこといかんし
『こんなん、ほんまに描けるんやろか』
と思いながら家で貼り合わせてて。

ほんで、今の写真の
赤い矢印のところに
文字を切り抜いた残骸が写ってるんやけど
最初は、
BlogPaint
切り抜く予定ではなかってん。
こんな巨大なもんを切り抜くのは
大変やし、と思って。
だから【ここ】って書いたところに
カーボン紙を挟んで
英数字の輪郭を転写して
ペイントする方法で書くつもりやって。

あ、カーボン紙は
当然こんなでっかいカーボン紙が
あるはずは無くて、
これはよっちゃんが家で
貼り合わせてきたヤツで。

で、この写真では何も文字が
書いてない白い紙に
見えるかもしれんけど
ちゃんと書いてあるん。

あのー、インク代を節約するために
輪郭だけの英数字が印刷して
あるから、ただの白い紙に見えるわ。

で、セットして
『よっちゃん、あとはお願いします!』
『はあ~い!』
て作業し始めて すぐに
『マカさ~ん!』ゆーて。

え、なになに、て見に行ったら
この壁面て木毛セメント板ていう
ヤツなんやけど
表面がかなりデコボコしてて
カーボン紙が全然写らんねやわ。

現場作業って必ず
こういう予測不能なことが
つきものやなー。

けど こうなったら もう
切り抜くしか方法が無いなあ
て言うてる矢先から
DSC06119
よっちゃんは手持ちのカッターで
すぐに切り抜き始めてん。

この時、外は大寒波やわ。
大寒波なのに玄関を開けて
作業してるのは なんでかって言うと
玄関ドアを閉めたら真っ暗になって
作業が全然できんから。

写真なんかでは伝えきれんくらいの
極寒の中で黙々と切り抜くよっちゃん。
それはもう根性でしかないな。

で、とうとう全部切り抜いたのが
DSC06245
さっきの写真やわ。

ステンシルって普通
ポンポンと叩いて塗料を
乗せていくんやけど
これは紙がフワッフワしてるから
そんなやり方ではできんから
DSC06271
結局、切り抜いたところを
ガイドにしながらフリーペイント
していく感じ。

よっちゃんはフリーペイントの
技術がね
DSC06273
ずば抜けてるんやわ。

あ、今更やけど よっちゃんは
見ての通りアホほど美人です。

もー、男性読者の皆さん、
すーぐ 拡大とかするー。
拡大も待ち受けも、あかんでー。


写真ではサクサクと描いてる
ように見えるかもしれんけど
この壁面、
DSC06246
こんなんなってんねん。

で、ここに
DSC06247
よっちゃんが こうやって
フリーペイントして
紙をめくってみると、

DSC06248
こーやもん。
技術のレベルにビビるやろ。

で、ステンシルって
4とか0とか、真ん中が空洞に
なってるような英数字は
その空洞の部分を残しておくように
せなあかんねやけど
今回みたいなでっかい紙を切り抜くに
あたって、そんなことまで
やってられんわと。

仮に やったとしても
いちいち その部分が切れたり
破れたりして余計面倒なことに
なりそうやなと。

だもんで、空洞になってる部分は
よっちゃんの感覚で
目で見ながら描いてくれんやろか
て提案した結果が、

こちら。
DSC06249
4と0。
輪郭は切り抜いてあるけど
真ん中の部分は紙を残してない状態で
フリーペイントして、

紙をめくったら、
DSC06250
こうね。
ほんまビビるわ。

どうやって描いてんねやろ
と思って、何べんも間近で見たけど
どうやっても へったくれも無くて
ふつーに筆で描いてんねん。

それでこの仕上がりには
絶対ならんからね、凡人は(私含む)。

ということで極寒の玄関に
よっちゃんの渾身の
ペイントが完成です。
DSC06743
やーん、泣ける。
こーれはヤバい。


で、玄関だけは
全部屋 手を加えて欲しいていう
ご依頼やったから、

さっきの一面だけでも
凍え死にそうやったというのに
気力を振り絞って よっちゃん、
隣の部屋にも描いてくれました。
DSC06338
あー、泣ける。

隣の部屋は また違った壁面
なんやわ。
これはOSBボードね。

いや、メンズ部屋あと2つにも
同じデザインを描くんかー、
同じデザインを4回も描くなんて
いくらなんでも気の毒やなあ、

と思って

せめて気分転換になるようにと
違うデザインを急遽 考えて
また54枚貼り合わせて、
1発目はよっちゃんが根性で
切り抜いてくれたから
今度は私が切り抜いて礼儀を
見せなあかんな、てことで、
DSC06339
その隣の部屋は違うデザインで
無事、完成。

こっちは飛行機のチケット風です。

あと ひと部屋の玄関も
このデザインで仕上がってるん
やけど、ごめんなさい、
写真を撮り忘れてしまいました。

しかし何べん見ても
恐ろしく美しいペイントやわ。
しつこいけど中が空洞になってる
文字は全部、よっちゃんの
感覚で描いたヤツやからね。

顔も美しければ
ペイントも美しいって
どういうことなん。


はい、現場作業の第一弾は
玄関ステンシルの様子でした。

オリバーネタ、まだまだ続きます。

今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------