はい、どうも。

今日からウチは家族揃って
父ちゃん(主人)の実家がある
福井に帰省してます。

福井にあるLovin'LIFE(メゾンデザイン工房)さん
つるじょの皆さんがイベントをされるから
そこに行くためにやね。

だから この記事は数日前に
書いたものです。
記事を予約で上げることが
できるんやわ、今更やけど。

私が読む側やった頃は
そんなこと知らんかったから
いつもブロガーさんたちは
タイムリーに記事を書いてるんやと
思ってたなあ。

おはようございます、から
始まってるブログやったりしたら
『朝早くから記事を書くなんて凄いなあ』
て思ってました。

えーっと、それだけです。


そんな今日も こちらと

にほんブログ村ランキングへ

こちらを

手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日は富山テレビの話と
アイリスコンテストの話の
2本立てでお送りするんやけど、
(サザエさんか)

どっちから いこうか。

どっちでもいいですね。

分かってます、分かってます。

Screenshot_20180318-182717

前に記事の中で
アイリスさんでコンテストが
ありまっせー、て皆さんに
お知らせしたところ
またまた『入賞しました!』ていう
嬉しいコメントをSNSのほうから
頂きまして。

これは書き手としては
ほんまに嬉しいヤツなんやわ。


こちら。
Screenshot_20180318-182740

これはfumiちゃんのリメイクなんやけど
このノスタルジックな感じね。
もう大正ロマン。

で、文章を読んだら
カラボを半分にカットしたとか
書いてあるやん。

え、なに その発想。
凄すぎる。

カラボが こんなアンティーク家具に
なってしまうんやもんなー。


続いては

Screenshot_20180318-182810

miiisatoちゃん

三つ子ちゃんが遊べるように
ものすごい考えられてんねんなー、これ。

そしてキャスターがついてるから
これごと押し入れに収納できるあたりも
ものすっごい機能的やん♡

シンプルな佇まいも好みやわあ。


最後は

Screenshot_20180318-182821

miwaちゃん

こんなチェストがカラボで作れたら
もう高い家具は買えんな。

ほんで細かいとこにも
センスが光ってるんやわ♡

横開きってとこが使い勝手もいいしやね。


で、私が分かる範囲では
以上の方やけど、もし他にも
受賞された方がおられましたら
そこは ほんまにすみません。

しかしカラボリメイクも いよいよ
レベルが高くなってきたなあと思って。

私も最近、カラボリメイクを
初めてやってみたんやけど
やっぱ作りやすいです。

ホームセンターから木材を買ってきて
縦・横を垂直・水平にバチっと作るのって
実はすごい難易度が高くて
しかも ある程度 頑丈なものを
作ろうと思ったら、例えば集成材とか、
そういう高い木材を使わなあかんねやわ。

それを考えたら
最初から水平・垂直になってて
尚且つ お値段の安いカラボを
使うのって、確実に理にかなった方法やと思うわ。

カラボリメイクの記事は
👇こちらから。
■ニトリのカラボ3つをビンテージなチェストに劇的リメイク・採寸つき
■完成!ニトリのカラボをビンテージなチェストに劇的リメイク!


次ー。
富山テレビの話です。
DSC06794
こちらは富山テレビの
アナウンサーの青木さん。

当たり前やけど そりゃあ もう
お美しいです。

これは1ヵ月前くらいのことで
この日は青木さんから取材を受けてたんやわ。


で、
DSC07026
オリバーDIYプロジェクトで完成した部屋を
撮影したり、ウチでも撮影したりして
3日間もかけて撮って
放送時間は2分ほど(短っ)、
いや もうちょっと
長かったかもしれんけど
IMGP9393
なにせ地元のテレビに出させて頂きました。


IMGP9401
作業風景とかも撮って頂いて。


ここからはアナウンサーの青木さんと
オフレコで話したことなんやけど
青木さんは、こういう活動をする人間に
初めて触れるから

『大変失礼な質問なんですけど
収入っていうのは月に
どのくらいなんですか』と。

私は、このブログの収入とか
どこかのサイトから依頼を受けた記事執筆料とか
最近させて頂いたワークショップとか
企業(オリバーさん)とタイアップしたお仕事とか
オーダー収入とか。

そういうのを赤裸々に話したんやけど
とにかく ものすごいビックリしておられたわ、
その金額に。

特にビックリしておられたのが
このブログの収入。

私『〇〇ぐらいですね』

青木さん『あー、微々たるものですね、
1記事に3時間も4時間もかけて書いて
そんな わずかな収入にしか
ならないなんて』

私『あ、いえ、1記事ではなくて
〇〇は1ヵ月分なんです。』

青木さん『え、うそでしょ』と。


今私がやっていることを全部合わせても
一般的な主婦の半日パートにも満たない、
ていうことを知った青木さんは

『私もインテリアは好きで
ブログなんかもよく見るんですが
こんな厳しい現実だとは
思いませんでした』と。

いや、ブログいうても
その種類もジャンルも
ほんまにいっぱいあるから
ブロガーさんによって
どこに重きを置くかも違うやろうし
やり方やスタンスも全然違うやろうから
単に私のやり方が下手なんかもしれんけど、

少なくとも私が読者の皆さんに
ここまで育てて頂いた【男前インテリア】の
ジャンルで活躍されてる
クリエイターの方々ていうのは

おそらく

推測をブログで発信するのは
良くは無いんやけど、

でも おそらく

収入よりも遥かにDIY熱のほうが
大きいんじゃないかなあ。


あ、収入よりDIY熱が大きい、て書くと
ものすごい美談に聞こえるかもしれんけど
そういう意味じゃなくて
資金ていうのは何事においても
絶対的に大事であって。

前にブログ収入に詳しい
親友のAちゃんから教わった名言。

【ボランティアをするのでさえ
必ず活動資金て要るよ】

うん、ほんま せやな。
だから収入=ヤラしい、と思ったとしたら
世論を気にする各々の心が
そうさせてるんやろなと思うわ。


で、続けて青木さんは
『なにが目的で そこまでされるんですか』
と、ものすごい真剣に聞いてこられたから、


DIYを地方にも根付かせたい
ただ それだけです、と。

でも、一個人の力だけでは
そんな大きな目標は
到底 実現することはできん。
そのためには企業や自治体と
タイアップする必要がある。

企業や自治体とタイアップするためには
【私はこういう人間で、こんなことや
あんなこともやってきました】ていう
名刺変わりになるような
ある程度の実績が要る。

全てはそこに辿り着くために
やってるんやけど
でもボランティアや
綺麗ごとだけでは活動は続かんから
最低限、自分のモチベーションが
維持できる程度の収入ぐらいは
確保しながらやるようにはしてる。

けどハタから見れば
『儲けてそー』
『稼いでそー』
『人気が欲しいんやろなー』
『目立ちたいんやなー』
に見えてしまう。

しかも、DIY熱ていう志しだけのために
そこまでする人間が居るなんて、
なかなか理解は してもらえない。
理解はしてもらえないけど
でも実際に居るんですよ、ここに。


てなことを話したら
青木さんの中では ものすごい
響いた様子で。


いや、あれやで、

私は収入も少ない中で
志し貫いてやってまっせー凄いやろー
てことじゃなくてやね。

志しが強いことで言うなら
DIYに奮闘してるクリエイターさんたちは
皆さん、そうやと思うわ。
私なんかまだまだ足りんレベルの話で。

しかも
『収入が無かろうが何だろうが
自分がやりたくてやってるんやろ?』
ていう意見。

これ100パー、その通りやしね。
誰にも頼まれてないもん。
自分が勝手にやりたくて
やってるんやから
全ては自己責任ちゅーことやわな。


青木さんは取材から編集まで
全部 一貫して
一人でされてたみたいなんやけど
放送日目前になって青木さんから
電話がかかってきて

『マカさんの編集をしていたら
ブログが1位でインスタもたくさんの
フォロワーさんがおられて
ワークショップをしたり
企業さんとタイアップしたり、
もう本当に、あまりにも きらびやかに
見えてしまうんです。
でもマカさんから実際にお聞きした
舞台裏は そんな きらびやかなものでは
なくて、むしろ泥臭い中でやっておられて。
なので誤解が生じるような編集は
避けたいなと思いまして』と。

(↑注意:青木さんが私を持ち上げて
言うて下さったことやから
私が自分で思ってることじゃないですからね)

(いやほんまに、私が自分で思ってること
じゃないですからね)

(人間同士の会話でよくある
社交辞令での言葉やからね)

(皆さん→分かったーて(-_-))

これを聞いた時に
同じ【創り手】として、なんか通ずるものを
感じた、ていうか。

いや、テレビ局の方と私が
通ずるものとか、随分 おこがましい
話なんやけど、

ただ

言い方は悪いかもしれんけど
こんな地方のね、ほんの数分の放送
ごときにも、土日返上で夜通し
何度も私の録画を見ながら編集してる
青木さんの姿を想像したら
単純に『かっこいいな』と。

しょぼい案件でも手を抜かない姿勢に
また一つ、感銘を受けました。


確かにメディアちゅーのは
どこをどう切り取るかで
全く別の世論を生んでしまう、
ある種、ものすごい危険性と
表裏一体な媒体やと思うんやわ。

そこに対して真摯に望む。

プロやなと。


つーことで、テレビを観た方には
『へえー、こんなことを
やってる人もいるんやー』
と思ってもらえたとしたら本望やなあと。


はい、以上です。

今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ

面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------