はい、どうも。

今日のタイトルは
【アンティークでフレンチシャビーなテーブルをDIY】
やねんけど
フレンチシャビーって なに。

分からんなー。

ま、フレンチでシャビーなんやろな。←


そんな今日も👇こちらと

にほんブログ村ランキングへ

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

こちら。
DSC00189
DIYGirlsの社長から
届いた木材たちです。

これはDIYショーのブース用の木材
なんやけど、私の担当はデザインと
塗装と その他 細かいモノたちで
社長の担当は木材のカットとか
ブースのパネルの骨組みを
作ったりとか。

てことでドカンと届きまして。

DIYショーの話は👇こちらから。
■JAPAN DIY SHOW2018@幕張メッセ


今日は あの木材たちを
塗装していきます。
DSC00190
これは ただの合板を
カットしたヤツなんやけど
表面に木目があるから
さも素敵な板みたいに見えるな。

あ、だいーぶ前に読者の方から
『ベニヤ板・コンパネ・合板の
違いを教えて下さい』て
聞かれたことがあるんやけど
えっとー、それねー
知らんでいいと思います。

またちょっと余談に
なってしまうんやけど、
読者の方からもワークショップとかでも

『ホームセンターに行っても
どんなネジ(ビス)を買えばいいのか
分からない』とか、
『どんな板を買えばいいのか
分からない』ていうのを
よく聞かれるんやけど、

それ あんま考えんでも
大丈夫やと思うわ。

『え、そしたら、安いから
これにしてみたとかでも
全然いいってこと?』

はい、いいと思います。

DIYをやり始めたばっかりとか
少しずつ出来るようには
なってきたけど まだそこまで
詳しくは分からないとか、

そういう階層の方って
たくさんおられると思うんやわ。

てかDIYの達人から見れば
なんなら私も その階層やわ。

どんな物事に関しても
そうやと思うけど
どこまで知り尽くしたら
その分野の博学者と確実に
言えるのかなんて、そんなもん
境界線が無いようなもんやん。
達人の人でさえ自分をまだまだや、
て言うしね。
むしろ達人の人に限って
目標値が高過ぎるせいで
自己を【まだまだ】と評価するしね。

ほんで私はと言うと
やっぱ興味があったし
もっと知りたいと思ったから、

達人の方からしてみれば
相当まだまだやけど
『は?』てくらい まだまだやけど
それでも少しは勉強しました。

で、ほんの少しやけど勉強してみて
今のところ思うのは
これ いっつも言うてることやけど
【爆発と怪我をせんかったらそれで良し】
てことに辿り着いて。

辿り着いて、て言えるほどの
経験値も知識もな全然ないんやけど
もし達人の方が読んで
おられたとしたら
私みたいな【にわか】が存在
するからこそ、DIY文化が
広まっていくんや、ていう風に
達観して頂けましたら幸いです。

だからビスにしても木材にしても
あとは塗装もやな、どれもこれも
知識は果てしないし
そんなもんを完全に習得なんて
できるはずが無くて。

さっきの
【爆発と怪我をせんかったらそれで良し】
ていうのは、そこから来た考えで
例えばDIYに詳しい方から見れば
『普通はそこにそんなビスは
使わんやろ』と思うようなビスを
使って何かを作ったとして。

けどそれはアカンのか、て言うたら
全然アカンわけじゃなくて。
それこそ爆発するわけじゃなければ、
怪我をする危険性が無いのなら、
それで全然いいと思うんやわ。

てことでベニヤ板・コンパネ・合板、
の違いが分からんまま買ってきて
分からんまま何かを作っても
全然いいと思います。


ちなみにさっきの
社長から送られてきたヤツは
構造用合板やと思うんやけど
違うかもしれん。
合ってますか、社長。←

ま、いーわ。←


はい、塗りまーす。
DSC00191
STYLEのコットンを使います。
STYLEにも もちろんフツーの白は
あるんやけど、私はコットンを
使うことが圧倒的に多くて。

理由はフツーの白より
ちょっとだけやんわりした白やから。
アイボリーとまでは
いかんくらいの感じ。
キーンとした真っ白より
コットンのほうが、なんやろ、
ビンテージ感がある、ていうか。

懐かしい感じ。

あの日、雨上がりの空を見上げて
『がんばれアタシ』て小さく
つぶやいた、そんな感じ。
(シチュエーションださい)


コットンをザックリと塗ったら、
DSC00193
こうで。

ここに、
DSC00194
黒とココアていう茶色を
足していこうかなと。


DSC00195
こうなってるところに、


BlogPaint
薄ーく かすれた感じで
シャーシャーと黒やら茶色やらを
塗っていきます。

もうちょい足そか。
DSC00197
うん、いい感じやん。

と思いきや、
BlogPaint
ダメだわ、これ。
全っ然あかん。
ビンテージにも
シャビーにも なれてない。

てことを、塗る前から
まあまあ予測はしててん。

ビンテージ感を出したい時って
一旦、下地を塗って、その上から
本番の色を塗ったほうが
断然うまくいくんやわ。
今みたいに、本番の色を先に塗って
その上からエイジング塗装を
施すよりは、断然。圧倒的に。

私の数少ない経験上やけど。

なら なんでそれをせんかったんか
て言うたら、ちょっとねー、
あまりの暑さで近道をいきたく
なってしまって。

つまり、今の方法のほうが
全然ラクなんやわ、作業工程としては。

暑さに負けて ついラクな方法に
走ってしまったけど
あれじゃ よお使えんわ。


つーことで
DSC00200
全部やり直しー。

幸い、やり直しは半分だけで
済んだから、さっきの白く塗ったヤツは
その上から全部黒に塗り直して
まだ手をつけてなかった板に
黒を塗ってる場面です。

これはかなり適当で大丈夫です。


で、黒を塗って それが乾いたら
DSC00202
その上から白を塗っていく、と。

こうすることで
DSC00203
こんな感じになるんやわ。


ちょっと見比べてみよか。

先に白、そのあとに
黒や茶色を足す方法やと
DSC00197
こうやったやん。

で、先に黒、そのあとに
白を重ねる方法やと、
DSC00207
こうなんやけど、
この写真のね、とくに、
BlogPaint
ここらへん。

この感じが、上から足す方法では
なかなか出せないんやわ。

下に塗った色が見えるからこそ
出せるビンテージ感、て言うんかなあ。


で、少しでも早く乾かすために
BlogPaint
塗り終わったやつを
ウッドデッキに出して。

あ、矢印ですか。
DSC00210
こんなんばっかやわ、家の中。
常に。
インスタやルームクリップに
載せてる写真なんて
生活感あるもんをザザーっと
どかしてからやもん。

そんなもん、生活するっちゅーことは
そういうことやねんて。
そんな美しく生活できる
わけがないやん。

これはJS(小2の次女)が家で
プールした時に一緒に入ってた
お友達やわ。
名前はぽぽちゃん。
違うわ、メルチャン。
え、違ったっけ。
順子ちゃんやったかなあ。
(↑)


あ、炎天下の元、ウッドデッキで
板を乾かすのは かなり
よろしくは無いです。
板が反るんやわ、天日にあてると。

けど巻きで作業してたもんやから
どうしても即効で乾かしたくて
ウッドデッキに出したんやけど
反らんようにするために
2分おきぐらいに板を全部
ひっくり返す、ていうのをしてました。
お陰で反らずに済んだから
あー良かったと。


はい、板は塗り終わったので
今度はこちら。
DSC00213
これはテーブルの天板に
なる板です。

梱包して発送するためには
なるべく郵送の規定内に
おさめなあかんから
なにかと分割した状態で
発送して下さったんやけど(社長がね)、
これは一枚ものになる予定の天板です。

塗りまーす。
DSC00214
まずはワトコオイルの
ダークウォルナットを布につけて
ザっと塗って。


そしたら次は
DSC00215
その上からニッペの
ビンテージワックス、
エボニーブラックを塗ります。


半分だけ塗ってみた感じが
こちら。
DSC00217
深み、増すよねー。←

で、👇この記事の時に
ビンテージワックスで超おしゃんなステンシルボードを簡単DIY

ビンテージワックスを
まっさらな木にそのまま塗ったら
濃くなるんちゃうかな、と言いつつ
結局 検証をせんままやったことが
後ろめたかったもんで
今回は検証してみることにしました。

なにせ

読者の皆さんのお役に立ちたい
一心ですから。
(薄っぺらい)


どやろか。
BlogPaint
うん、せやなあ、濃くなるっていうか
深みが無い、ていうほうが
的確かもしれん。

あ、ビンテージワックスだけ
のやつは、板の裏面に塗ってます。


あとは こちら。
BlogPaint
うん、やっぱ濃さよりも深みやな。
すみません、予測が間違えてました。
濃さ自体はさほど変わらんもんなー。

結構 自信あった予測やってんけど
弘法も筆の誤り、やなー。
(↑よお言うわ)


天板2枚とも
ワトコ+ビンテージワックスを塗って
完成です。

テーブルの骨組みは社長が
作って下さるから
DSC00223
フレンチシャビーとやらに
なってるかどうか、
自分のイメージ通りに
塗装できたかどうかを
ひとまず家のテーブルを使って
見てみることにしよ。

このテーブルが
実際の大きさに近いから
これに立て掛けてみよか。

こちら。
DSC00224
うん、多分いいでしょう。

写真何枚か、お付き合い下さい。
DSC00225


DSC00226


ラスト、引きでー。
DSC00227
よし、オッケーちゃう?
これは間違いなく
フレンチでシャビーやろ。

フレンチでシャビーが
何かは分からんけど。

そしてインスタも
見て下さってる方は
『フレンチシャビーが分からんて
何回言うねん』て
思っておられるやろうけど。

そして私も思ってるけど。←


はい、今日もよく喋り、ま、し、た。

以上です。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------