はい、どうも。

7月からHIMIHIRAKU(ヒミヒラク)さんで
全3回キッチンシリーズのワークショップを
やってて、9(日)がラスト3回目やってんけど
そのワークショップが終わってから
完全に つぶれてまして。

てか幕張のDIYショーが終わったあたりから
もう、体ヤバいな、ていう警告が
出てたんやけど、たまたまDIYショーから
9日までの2週間ほどが
てんこ盛りワッショイ(←)やったもんやから、
きちんと休まんままヒラクさんの
ワークショップに突入したら
案の定、ダウンしてもうて。

今日はそんなワークショップの様子を
お届けします。


是非とも👇こちらと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

1回目は
DSC09883
こういうビンテージなベジタブルボックスで、

2回目は
DSC00836
背面がリバーシブルになる
カフェラックを作って。

ほんで3回目は、これまでと
ちょっと路線を変えて
DSC08003
のこぎりでカットする工程を入れて
みようかなってことで
カッティングボードと、
あとはタイルの鍋敷きです。

1回目の様子は👇こちらから。
▪満員御礼・HIMIHIRAKUキッチンシリーズ第1回ワークショップ終わりました!

2回目は👇こちらから。
▪熱闘ワークショップ@ヒミヒラク・参加して下さった皆様本当にありがとうございました!


DSC01815
今回は定員枠を増やして12名様が
参加して下さいました。

で、カット作業があるから
DSC01813
こういう、カットする場所も
ヒラクさんがセッティングして下さって。

カットするための台をね
わざわざ作って下さったんやわ。

いつも手厚くして頂いて
本当にありがとうございます。


そしてカットの説明をしたんやけど、
DSC01819
のこぎりで真っすぐカットしたい時って
そのための道具(ガイド)が
売ってるから それを使えば
結構簡単に真っすぐ切れるし、
或いは、カットで重要なのは案外
木材を押さえてる手のほうやったり
するから、木材をガチっと固定するための
道具(クランプ)を使えば結構ラクに
カットできるんやけど、

道具って、そりゃあ あれば便利やけど
道具を揃えだしたらキリがないんやわ。

ましてや、今からDIYをやってみようかな
ていう初心者の方に、この道具は
いいですよ、これもあると便利ですよ
て言うてたら、
DIYはあれもこれも揃えないと
できない、みたいな印象になって
しまうような気がするから
私はなるべく、道具は少なく、
最低限の道具で、つまり
参加された方が家でやってみたいな
と思った時にも できるような設定で
やるようにしてまして。

それがいいかどうかは分からんけど
なにせ私は そんな方針でやってるから
DSC01825
このノコギリもダイソーのヤツやし
カットしてる木材もダイソーの板です。

ほんで いつもやったら
まずは電動ドライバーでビスを打つ
練習からしてみましょう、がスタート
なんやけど、今回はカット作業が
結構メインやから
まずはカットの練習をしてみましょうと。

けど やっぱ、カット作業って
ビス打ちに比べたら
DSC01830
ひたすら地味で体力が要るんやわ。

それでも皆さん
DSC01824
一生懸命やって下さって。


だから当然、教える姿も
ビス打ちをフォローする時は
そこそこ絵になるんやけど
ノコギリのフォローは
DSC01829
どうしても こうね。

なんなら
DSC01827
こういう絵図やわ。


はたまた
DSC01831
こういう微笑ましい絵図もあったりね。


でー、今のは練習やから
はい本番ー。
DSC01836
これはダイソーの木材やから
初心者の方には割とカットしやすい
んじゃないかなと思います。

100均で売ってる板って
中がスカスカ?て言うんかなあ
密度が薄いっていうか。
DSC01837
だから結構カットは
しやすいはず。


てことで
DSC01842
カットし終わったら
やすりをかけて。

面倒な やすりがけも
DSC01854
皆さん、熱心にやって下さいました。


ここまででも十分
アクティブなんやけど
ここから どんどん加速して
ますます作業は激しくなっていく、

ていうことを、この段階では
皆さんは想像してなかったやろうし
ネタを考えた当の本人、
私でさえ予想し切れてなかったなあ。


けど この日は
DSC01849
すっかり秋の気配を感じる
涼しい日やったから
アクティブな作業には
向いてたっちゃ 向いてたんやけど。


さ、まだ全行程の10分の1ぐらいやから
巻いてこ。

次はペイントー。
DSC01852
鍋敷きの枠を塗ります。

枠を何色にするかの前に
DSC01856
用意してきた合皮の色が
何種類かあるから
どの色にしますか
て皆さんに聞いたら、

そこは やっぱ
DSC01859
ジャンケンやろ。

だって私も そうやけど
DSC01863
こんなちっさいもの一つでも
色って大事やんなあ。

皆さん真剣に
DSC01864
悩んで選んで下さって。


DSC01861
色とか柄を選ぶ、ていうのも
毎回なるべく工程に入れるようには
してます。

やっぱ女子は ここの場面が
テンション上がるからね。


で、合皮の色を決めたら
DSC01866
それに合うような枠の色を
ペイントしていきましょうねと。

茶色いタイルに合うような色を
DSC01867
私セレクトで申し訳ないんやけど
このラインナップで
持ってきてみました。


今回は
DSC01872
塗る面積が少ないから
刷毛じゃなくてスポンジで。
これも、家で実践できるかなと。


で、塗った板を すぐにドライヤーで
スタッフの方に乾かして頂いて
DSC01875
今度は その板にボンドを塗りまーす。

今回のネタは工程が細かいわ。
慌ただしいのなんのって。

もーこれ考えたの、誰ー。

私か。


ボンドは
DSC01878
端まできっちりと伸ばしましょねっと。


はい、そしたら次ー。
DSC01880
タイル貼ってくよー。←


DSC01883
皆さん、黙々と。

ただ ひたすら
DSC01884
黙々と。

それでもやっぱり
DSC01885
黙々と。←

てかタイルゆーか
碁石に見えてきたわ。

ワークショップとか
ハイカラ(←)なタイトルをつけたけど
ワークショップちゃうわ、
碁石倶楽部やわ、ここ。


はい、次ー。
DSC01888
最初のほうで出てきた写真と
だいぶカブってるけど
これはカッティングボードの
カットの仕方をレクチャーしてるとこです。

最初にカットしたのは
鍋敷きの土台になる部分の板で
直線だけのカットやったんやけど
カッティングボードのカットって
持ち手のところをL字にカットせな
あかんから、そのコツをね。
DSC01892
ほんで私の予想では
真っすぐカットできなくて
斜めに曲がってしまう方がおられる、
おられるも何も
続出するテイやったから
ジグソーやら丸ノコも
ちゃんと持ってきてて。

けどねー、今回の皆さんが
たまたま優秀すぎただけかも
しれんけど、皆さんびっくりするくらい
DSC01895
真っすぐ切れてるん。

いや ほんまに、
DSC01896

DSC01898
普通、初心者の方って
そんなに真っすぐは切れんからね。

私なんて最初の頃、
どんだけ ひどかったか。

今も まあまあ下手やけど。
(講師をするな)


で、カッティングボードに使った板は
しっかりした杉やから
最初にカットしたダイソーの板とは
ワケが違って、カットがなかなか
大変なんやわ。

そう簡単にサクサクとは
ノコギリが進まんから。


でも皆さん頑張って下さって、
DSC01899
カッティングボードのカットも
無事に終えて。

ここらへんで皆さんの疲労も
かなり どっぷりと来てると言うのに
BlogPaint
矢印のやつ。

あれはカッティングボードの
半分くらいの大きさのヤツで
鍋敷きとして使ってもいいし
ミニカッティングボードとして
使ってもいいし、ていうものなんやけど
コトの発端は、

カッティングボードをカットする前に
私が『実はこういうミニタイプも
ありまして』て皆さんに見せたんやわ。

そしたら皆さん
『かわいーい!』と。

なら、カット作業を頑張れそうなら
このミニタイプも作りましょう、
実はそのテイで全員分の板を
用意してきてますので、と。


てことで皆さん、
どうにかこうにか頑張って
カットして下さったんやけど
その疲労感たら。

いや、WS前日になってね
『今回のネタは立体ものじゃ
ないからボリューム感が
足りんかなあ』と思って
急遽、予定外の板を
人数分カットして用意したんやわ、

頼まれてもないのに。


そしたら、ミニタイプの見本を
見せられた皆さんとしては
『それも欲しい!』てなるし、
けど明らかに皆さん
カット作業の連チャンで
相当 疲れておられるしで

もー、これ考えたの、誰ー、と。

ま、私やけど。


だもんで、だいぶ お疲れな皆さんの
様子を見て『キツい方は
言うて下さいねー!私がジグソーで
カットしますのでー!』
て呼びかけてみたら
まあまあな人数が手を上げる
ていう。

疲れさせてしまって
ほんーま、すみませんでした。
予定外の材料を用意してきた
私の責任やわ。


はい、あともうちょいー。
いや そうでもないな。
なんやかんやで
まだ結構 工程、残ってるわ。
DSC01902
とにかく巻いてこ。

カッティングボードに
ドリルで穴を開ける作業、
いきまーす。
DSC01909

DSC01912

DSC01918
太いドリルのビットが2本しか
なかったから順番で。


穴をあけたら次は
カッティングボードの塗装ー。
DSC01913
これは食品衛生法オッケーな
ステインで、ステインなのに
キツい臭いもしないし
水性やから水で洗える、ていう
優れものです。

食品衛生法オッケーやから
カッティングボードとかには
バッチシなやつね。



DSC01924
私の見本はウォルナットていう
色を使ったんやけど、


DSC01930
木目のままで いきたい方は
クリアていう色を使ったり
他にも赤味がかったマホガニ
ていう色も いい感じに
仕上がってたなあ。


はい、ほんまにラストー。
DSC01934
鍋敷きの枠は、ボンドで
つけただけでは
端が浮き上がってきたり
するから、

DSC01938
釘を打って固定します。

小さい釘を打つ時は
DSC01942
ペンチで挟みながら打つと
いいですよと。

DSC01939
これも身近なDIY技やと思うから
家でも実践できたらいいなと思って。

DSC01943
皆さん、お疲れのところを
最後まで頑張って下さいました。



BlogPaint
時間が巻き過ぎたせいで
鍋敷きに合皮をビスで
つける作業は、ほぼ全員分
私がすることになってしまって
これもまた
ほんーまに すみませんでした。

なんで時間が巻いたか。

誰かが『ミニカッティングボードも
ありまっせー』て言うたせいやな。

もー 誰ー、のくだりは
もういいとして。


はい、大変お疲れ様でした。
DSC01949
完成です。

これがずらりと並ぶとまた
DSC01956
可愛いやんかー♡

あ、時間が押してしまって
ひと足先にお二人が帰られたから
この写真に写ってるのは
10人分だけやけど
それでも これだけ並ぶと
すごい可愛いわ。

木目のままのやつも
赤味がかったマホガニを塗った
やつも、どれもいい感じに
仕上がったんじゃないでしょうか。

さっきも言うたけど
初心者の方が これだけ
真っ直ぐにカットできたっていうのは
ほんまにすごいと思うわ。


そして
DSC01954
スタッフさんが飲み物を
出して下さって。
あとは果物がテーブルに
あるみたいやけど
あれは梨かなあ。

私は食べてないから
分からんねやけど
時期的に多分 梨やと思うわ。

食べてないから、ていうか
食べれんかってん。
もーね、WS開始1時間を
過ぎたあたりから
ガンガンと頭痛が始まって
終わり頃には かなり強烈に
なってたから
目はチカチカしてくるし
吐き気もくるしで
どうにもこうにも立ってるのが
やっとな状態やって。

途中、どっかのタイミングで
頭痛薬を飲まないと
これはマズいなと思いながらも
今回の工程が とにかく
やんややんやと
激し過ぎたもんやから
頭痛薬を飲むタイミングが
なかってん。

せやから手薄になってしまったとこが
多々あったと思うし
頼まれてもないのに もう1枚
カッティングボードを増やしたりとか
どっぷりと疲れさせてしまって
皆さん本当にすみませんでした、

て言うたら

そんなことないですよと、
楽しかったですって言うて下さって
ほんーまに有り難かったし
恐縮でした。

あ、頭痛がひどくてとは
言うてないですよ、当たり前やけど。

それでも言動に出てたかも
しれんから申し訳なかったなあと。


そして今回は
キッチンシリーズの最終回やったから
DSC01958
全3回をコンプリートされた方には
chikoさんwagonレシピ
フェイクグリーン挿しを
プレゼントしますよってことで
6名の方にお渡しさせてもらいました。

あ、お一人は先に帰られたんやけど。


3回コンプリートの方が6名も
おられるなんて、ヒラクさんから
聞いた時はびっくりやったわ。

ほんで有り難く一つ一つ丁寧に
想いを込めながら、
されどWS前日に大急ぎで大慌てで
作りました。
(もっと前から用意しとけよ)


こうやって
DSC01957
写真を撮ってくれる姿とか
喜んで下さってるのを見ると
本当に嬉しいものです。

もちろん6名様に限らず
今回のキッチンシリーズに
参加して下さった全員の方には
本当に感謝してまして。


そしてスタッフさん。

ここのスタッフさんは
ぶっちゃけ営利目的じゃないから
てかHIMIHIRAKU(ヒミヒラク)さんていう
場所自体がそれを目的としてないから
やっぱほんと何においても手厚いし、

今回なんてWS中にイレギュラーな
備品とか設定を急遽お願いする
場面が多々あったんやけど
それも快く俊敏に対応して下さって
ほんーまに有り難かったです。

で、ヒラクさんで こんなイベントが
あるんやわ。
Screenshot_20180913-094553
これは何かっていうと

こういう
Screenshot_20180913-094559
会議室にあるような
古い椅子をね、

Screenshot_20180913-094626
座面と背板を取り替えて
教室にあるような椅子に
リメイクするっていう
ワークショップで、

これはワークショップていうか
ヒラクさんのリノベの一環を
お手伝いする、ていうものやから
ヒラクさんでは【サポートデイ】ていう
タイトルで やっておられるんやけど、

これの何がすごいかって
まず見た瞬間
我々が大好きな作業やん。

サビ取りして、アイアン風の塗装して
組み立てて。

ほんで無料でそれが やれて
尚且つヒラクさんから御礼として
ランチがついてくる、ていうね。

えーけど、そういうのって
毎回 固定のメンバーが
参加してるんじゃない?
だから輪に入りにくそう、

とか

私は超初心者やから
役に立たなさそう、

て思われるかもしれんけど
全然そんなことなくて。

お一人様だろうが
はじめましてだろうが
超初心者さんだろうが
男性も もちろん、

とにかくどなたでも参加できるし
ほんまに温かい場所やから
絶対楽しいと思います。

詳細をお知らせさせてもらっても
いいですか。
ヒラクさんから頼まれたわけでも
ないのに。
*-----------*
【サポートデイ・椅子リメイク】
■日時 9/15(土) 9:30~12:30
■場所:ヒラク(氷見市中央町11-34)
 ※専用駐車場はありませんので
 【氷見市まちなかめぐり駐車場】を
 ご利用下さい。
■参加費:無料
■持ち物:汚れてもいい服装で。
当日の流れ:
 
9:30~12:30は作業をして
 12:30からランチ(そうめんパッタイ)
 ※作業のみの参加でも全然OKです
■申し込み方法
 ・ヒラクさんのインスタのDMから受付
 ・Facebookのページの
 参加ボタンを押す👉こちら
*-----------*

はい、以上です。

参加して下さった皆様、
サポートして下さったスタッフさん、

本っ当ーにありがとうございました!


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
👇こちらを押していただけますと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------