はい、どうも。

前回は
DSC02194
こういうドアを、

DSC02207
ここまで塗ったとこで終わってたので
今日はその続きです。

前回の記事は👇こちらから。
■リビングのドアを塗り変える・ペイントDIY


そんな今日も👇こちらと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

ペンキが乾いたら家に運び入れて
ドアを取り付けて。

この作業がまた ほんまに
くそ重いし、ドアがなかなか
上手いこと 付けれんで
相当しんどいです。


DSC02266
これを使おっかなと。

ニッペPAL


これを筆にちょっとだけつけて
DSC02267
塗っていきます。

塗り方は適当ではあるんやけど
DSC02278
今回はそんなに くどくは
しないつもりやから
凹凸のあるとこにだけ
スーっと色を乗せていく感じで。

あ、この色はオールドブロンズ
ていう色です。

あとは
BlogPaint
こういうヤツも手書きで。

塗装が剥がれた的な感じに
見えるように。

なんとなく こんな感じかなー
ていうのをイメージして
DSC02280
絵を描くようにして書けば、


BlogPaint
塗装が剥がれたように
見えんこともないやろ。

ほんまは、下地に一旦
濃い色を塗って
その上から薄い色を重ねて塗って
で、それをサンダーでやすれば
こういう剥がれた感じが
かっこよく出せるんやけど
今回のドアみたいな でかいもんを
一旦 濃い色で塗ってから
もっ回 薄い色を塗るなんて
ちょっと倒れそうなほど
面倒くさかったもんやから、

それで『ほな書くか』みたいな。


けど、そこそこ
BlogPaint

BlogPaint
剥がれてますよ感は出てるとは
思うんやけど、どやろか。

ゆーか、引きで見ると
この程度のエイジング塗装なら
そんなに際立っては
分からんねやけど。

分からんとは言うても
いちお、beforeafterで見てみよか。


完成です、こちら。

before
DSC02163

after エイジング無し
DSC02241
からの、

after エイジングあり
DSC02288
んー、分かりにくいかもしれんけど
分かりにくい、ていう方は
お手数ですが何回か上下に
スクロールさせて、見る時間を
わざわざ割いてもらってもいいですか。
 ↑


正面から いきまーす。

before
DSC02165


after エイジング無し
DSC02250
からの、

after エイジングあり
DSC02291
だから、エイジングあり無しの
違いが分かりにくいっていう方は
わざわざ時間割いて下さいね。
 ↑


横の写真で見ると、

エイジング無し
DSC02240

エイジングあり
DSC02287
もう強制的に時間割いて下さい。
 ↑

ただこれ、写真では分かりにくい
かもしれんけど
実物はかなり違います、いやほんまに。

ノーマルな塗り方だけやと
若干、北欧寄りに見えるっていうか。
けどエイジングを ほんの少しやけど
入れることによって
ノスタルジックな感じが出るっていうか。


で、せっかくやから
3年間で このドアたちがね
どんな変貌を遂げてきたのか、
そこんとこも この際やから
出血大サービスで
お見せしちゃおっかなと。←

ただちょっと
かつては写真のアングルも
そんなに考えずに撮ってたので
少々見づらいかと思いますが
ご了承くださいませ。


ほな、いきまーす。

入居当初。
ドアを何もペイントしてない時の写真がこちら。
DSC04146
まず左の白いクローゼット扉を
ペイントしたのが最初やったわ。

で、afterは
DSC04245
こうなって。

この時の記事は👇こちらから。
■クローゼット扉を塗装!めざすは倉庫!(ラピュタのイメージで)
■養生が嫌いな人 必見!あるものを使って養生なしで塗装する方法!
■塗装編・総まとめ!劇的before after!(是非ハンカチーフを)

この時はドアペイントと同時に
リビングの壁という壁を
ほぼ全域ペイントしたから
上記の記事には壁塗装も若干
入ってます。


で、次は右の茶色いドアを
ペイントしました。

そのafterがこちら。
DSC09863
この時の記事は👇こちらから。
■ドアにペンキ塗るのって勇気いるわー
■ドアを塗装でリメイク、ひとまず完成!
■ドアをアンティークにリメイク!え、そんなもん使うの!
■それもう完全にアンティークドアやん


続いて
BlogPaint
このドアを塗った時は初めてやったから
あまりにも無知やったために
下地をなんも塗らずに
そのまま塗ったんやわ。

そしたら
BlogPaint
ぺろりんことペンキが剥がれ始めて
きたわけよ。

で、なんとこれを家族全員で
4時間半かけて
手で ひたすらめくって
剥がすっていう経緯もあったりとか。

その時の様子は👇こちらから。
■ドアの塗装を、うそーん!ていう方法で剥がす家族たち


てことでみんなで泣きながら
ペンキを剥がして扉のペイントを
リベンジした結果、
DSC07842
こういう、観音開きみたいな
グリーンの扉になって。

この時の記事は👇こちらから。
■クローゼット扉をペイントリメイク*塗装を落ちにくくする下処理!
■グラフィティーペイントでクローゼット扉をリメイク*これほんまいい!
■ただの紙とボタンを使ってブロカントなアイアン風金具を作る、私
■クローゼット扉を観音開きのアンティーク扉みたいにリメイク*はい完成!

あ、ドア塗装で悩んでる、ていう方は
上記の記事を読むことを
全力でお薦めします。

私はこのグリーンの扉の時に初めて、
ドアに塗ってもガチガチに
剥がれないペイント法に
辿り着いて、今でもペンキが
乗りにくいものに関しては
ここで得た方法で塗ってるので。


この時のリビングの全体像としては
DSC09869
こんな風になりました。


あのー、ここまで書いてみて
しみじみ思うんやけど、

しみじみ、ダサい。
過去の経歴が。

どれもこれも目を疑うダサさやわ。
だからさっきから いちいち
写真を載せるたびに
パソコンの画面全体に
お茶を勢いよく吹き出してるもんね。

なんじゃこりゃ、言いながら。

けど その時その時
よっしゃ会心のデキや!と思いながら
やってたはずなんやけどなあ。


そんなこんなを経て
グリーンの扉に違和感を抱いて
またまた扉を塗り替えます。

それがこちら。
DSC02119
これは つい最近の扉やし
これまでのダサさは どうにか
抜け出せたんちゃうかなと思います。

この時の記事は👇こちらから。
■海外みたいなドアを目指してクローゼット扉をベニヤ板とペイントでリメイク
■海外風フレンチかっこいい扉リメイク完成!はい決まったー!


そして
DSC02163
こういう、最近のリビングに至って、


さらにドア2つを今回 塗り替えた結果が
DSC02288
これです。

んー、ここは好みが分かれるとこやと
思うけど、私としては下の写真のほうが
圧勝で好きです。

使ったペンキはニッペSTYLE
グレージュていう色です。
独特のアンティーク感がある色で
どこか懐かしいような、
古い洋館を彷彿させるような、

そんな雰囲気があるような気がします。


もー、なんか今日の記事で
やけに傷心してるわ。

過去写真が痛過ぎて。


けどねー、過去が痛い、ゆーのは
これインテリアに限らず
自身の過去写真とかも
そうやもんね。

90年代を青春真っ只中に
過ごしてきたのって
アラフォー、アラフィフあたりかなと
思うんやけど、で私は今41歳やから
まさしく90年代を謳歌した経緯が
あるわけよ。

そしたら もう、過去写真が
ひど過ぎるんやわ。

眉毛は太いし、その髪型なに?
ていうひどさやし、なんせひどい。

私には3個下の妹がいるけど
妹はそんなに ひどくないもん。
過去写真もまあまあ
人に見せれるレベルではあるわ。
ひど過ぎる時代を
ギリ、まぬがれて
過ごしてこれたんやろな。

だから40以上かな、
まさにドンピシャで90年代を
駆け抜けてきたのは。

で、自分単独の写真も
もちろん ひどいけど
そこそこイケてる女子が
集まって撮ったと思われる
集合写真とかも、全員
ふつーにイケてない、ていう。

いや マジで。
ほんま そういう時代やってんて。


てことで、インテリアにしろ
ファッションやメイクにしろ
いろんな黒歴史を背負っての今や
ていうことやわ。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
👇こちらを押していただけますと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------