依然として、熊本では
多くの被災者の方々が
過酷な状況下で苦しんでおられます。

私は、地震の翌日に記事を上げ、
その際に、
『何もできないことが申し訳ない』
と書きました。

そして、あれから色々と考えて
みましたが、

やはり、何もできないです。

けれど私には、読者の皆様に
一斉に呼びかけることのできる
ブログというツールがあります。

今回の震災に関する支援について
とても分かりやすく記載されている
ブログを見つけたので、

ご存じないという方は、是非一度
👇こちらをご覧になってみて下さい。

【熊本地震の被災者に対する
 義援金などの送付先のまとめ】


銀行振込から、近くのコンビニで
できることまで、細かく書いてあります。

色んな情報が氾濫している中で
どれが正確な情報なのかを
判断するのは、実は難しいことだと
思うんです。

この記事を読めば『ああ、そうか』と思う。

あちらの記事を読めば また
『ああ、なるほど』と思う。

そうした中で、偽善だの何だのと
外野である我々が、わあわあと騒ぐ。

外野の、叩き合い、批判し合い、

こんなものは、被災者の方たちには
全く必要ないことで。

必要なのは、早く余震が終息して
くれることであったり、

物資であったり。

けれど、人間に自然を操作することは
できない。

ならば、物資による支援か。

いや、それも現地では混乱している様子。

かと言って、義援金を送ったところで、
それがすぐに、今まさに苦しんでいる
被災者を助けることには
直結しないんじゃないか。

それは私もそう思ったんですが、

それしか出来ないのであれば
それをすればいいじゃないか
、という

単純な考えに辿り着きました。

それがもし、

何もしない自分に対する罰の悪さを
ぬぐおうとして、コンビニで募金箱に
100円を入れただけ
だとしても、

それでもいいと思うんです。

だって、何もできないのは事実なわけで。

けれど、

罪悪感から入れた100円だろうが
偽善で入れた100円だろうが

100円は100円なんやわ。

100円であることに違いないのであれば、

その裏側に、どんな思いがあろうと、
入れない人間よりは、ずっといい。

その100円は、どういった形であれ、

熊本の支援に必ず繋がると思うんで。


冒頭から、唐突ではありましたが、

せっかく、ブログなんていうツールを
持っているんなら、
こんな時こそ、利用しない手は
ないんじゃないかと思って、

皆さんに、呼びかけてみた次第です。

今回のような加害者の存在しない
非常事態に対しては、

全員協力、ということが必須だと
思います。

どうか、是非👇読んでみて下さい。
できることが、必ずあると思います。

【熊本地震の被災者に対する
 義援金などの送付先のまとめ】


--------------------------------

ここからは、いつも通りの
インテリア記事に入ります。

どうか、ご了承下さい。






はい、ここんとこ、

ハイペースで雑貨ばっかり
作ってたんですが


そう言えば、

皆さんも すでに記憶から
遠くなっているかもしれない、

こちら。

DSC05012

この壁面ディスプレイは、

ものすっごい苦労した割に、
全っ然あかんかったから

泣きながら(泣いてないけど)
取り外しまして。


だもんで、

キッズスペースに合うような、
壁面ディスプレイ用の
飾り棚的なもんが 無いまま

しばらく、飾り棚のことは
考えないようにしてたんですが


雑貨たちも たまってきたことやし、


もう


逃げてちゃ ダメだなって。

(言い方)



コンクリート壁紙に合う飾り棚。

コンクリート壁紙に合う飾り棚。

コンクリート壁紙に合う飾り棚。

(あ、↑コピペしました)

(どーでもええ)


明けても暮れても

そのことばっかり、考えました。

(ヒマか)


ここに、木材を持ってくると

【無機質感】に温かみの要素が
強くなり過ぎる気がしたので、

甘めの雑貨を、あえて、

無機質な棚にディスプレイしたら
いい感じになるんじゃないやろか、

という結論にたどり着きまして。



で、

DSC04955

用意したのは、

ダイソーの焼き網、3枚。


もー、無機質と言えば

これっきゃないっしょ。

(↑言い方)



で、

BlogPaint

この、青いとこにディスプレイしたら
めっちゃ変で、全部 外した、
というのが、今日の記事の
1枚目の画像で、

今回、焼き網をつけようと思って
いる場所が、赤のとこです。

(前から思ってたけど、
 写真のお絵描きソフトの
 使い方、下手やな)




はい、ダイソーの焼き網を、

DSC04956

どっかの角に当てて

ちょっとずつ、ちょっとずつ
曲げていきます。

この時に、一気にグイっと
曲げると、

パキーンと折れてしまうので、

ちょっとずつ、ちょっとずつ。


焼き網との、腹の探り合いやな。

(ではないけど)



ほんまに、

DSC04957

ちょっとずつ。



で、

DSC04959

ひとまず、1枚目は完了です。


あ、手袋が変ですか?

これは、新調したというより、
父ちゃんの車用品で不要になった
手袋なので、

DIYの作業向きでは無い、
且つ
このハイセンスなデザインね。


この手袋をはめた瞬間から、

地球を救える気がするもん。


なんちゃら戦隊、みたいな。




で、これを3枚作って、

さて、壁にどうやって
固定しようかな、と。


これ、最近のそこそこ新しい家に
住んでる方やったら
共通の悩みやと思うんですが、

家の中の壁が いちいち

石膏ボードなんやわ。


石膏ボードって、

結構、悩みの種になるんです。


ちょっとした画鋲でさえ
時間の経過で、グラグラに
なるんです。


この家を建てる前までは

古い板壁のアパートに住んで
いたので、

まさか、石膏ボードが こんなにも
DIY泣かせなモノやとは
知らんくて。


だから今回も、

軽いとは言え、この焼き網たちを
どうやって固定しようかを

すごい考えて。


まさか、また、石膏ボード用の
アンカーを使うなんて、

なんか、負けた気がするし。


ほんで、画鋲を使うにしても
3枚の焼き網を、画鋲で止めたら

何個、画鋲使わなあかんねん、と。


画鋲だらけっちゅーのも、

インテリア性に欠ける気がするし。



どうにかして、

目立たず、しっかりと、固定したい。



そこで、こんな方法を
思いつきまして。

DSC05042

画鋲ほどの太さの
細い釘
を使って、



こんな風に、

DSC05016

曲げていきます。



で、

DSC05018

こうなりまして。



それを、

DSC05019

壁に打っていくという方法。


これが、うまいこといけば

画鋲だらけになることもないし、

壁の穴も小さめで済むし、


ええことづくし
、やなと。


けど、これ、

打つのが、ものすっごい
難しかったです。

こんな方法は、初めてやるので、

当然こんなもん、今まで、
打ったことないわけで。


えーっとねー、

打つたびに、いちいち

くるりん(早い回転) て、

釘の曲げたところが
回転するんやわ。


トントン
 ↓
くるりん(早い回転)
 ↓
『もー』

この、トンくるもー を、
恐ろしいほど連発やわ。



で、

DSC05021

どうにかこうにか、打ちまして。


うん、いいんじゃない?

コンクリート壁紙に
塗装なしの焼き網が、

いい感じでオシャレに見える
気がする。



せっかくやから、
もうちょっと枚数を増やして
学校感を出したいな
ということで、

あと3枚、追加しました。



こちら。

DSC05043

うん、えーやん、えーやん。


ここに、最近、スパートかけて
作ってきた、甘めの雑貨たちを
ディスプレイ
すれば、

私が目指している、

【工場の片隅にある学校】

のイメージに近いもんが
できるんやないやろか。


やっと、少し、見えてきた
気がするわー。



ちなみに、

BlogPaint

苦労して打った、

新種の釘画鋲(くぎがびょう)は
こんな感じで打ってあります。


画鋲よりも 断然

スマートで美しいやないか。




去年より ずっと

綺麗になってるやないか。

(それは、なごり雪)




ずっと迷走から抜けられず

暗闇にいるような

そんな気分で 長いこと
苦しんだんですが、

(読んでる皆さんも
 あまりのズッコケぶりと
 先の見えない長い記事が
 つらかったっちゅーに)


ここへきて、ようやく

一縷の光が射したような
展開になってきました。



このキッズスペースも

残すとこ、あと45話
終わりますので、


どうか、もう少し辛抱して

お付き合い下さいませ。


(45話ーーーー!)

(こないだより、増えとるがな)





心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)




---------------------------------------------
👇RCやってます👇
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇LIMIAやってます👇
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------