はい、どうも。

もーこの寒暖の差が。

もしくは季節の変わり目のせいか
なにかは分からんけど
体が ついてかんわ。

ブログを書き始めた頃は
ギリ30代やってん。
あれから3年経って
なんかもう、1年1年が
ズトーンと来るもんね。

老いで。


そんな今日も👇こちらと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

今日はこちら。
DSC02433
うちのキッチンカウンターの下って
ダーっと板張りになってるん。

これは家を建てる時に
『キッチンカウンターの下は
下地を入れて下さい』てお願いして
壁紙もなんも貼らずに仕上げて
もらって、で、自分で杉板を
貼ったんやわ。

使った塗料はオスモやったはず。


これのウォルナットやわ。

やっぱ防水がすごいし伸びもいいし
高いだけはあるなと。
で、ウォルナットだけではイマイチ
色が明るかったから
墨汁を薄めて、それを雑巾に
染み込ませて擦り込むようにして
塗ったのが、家を建てた4年前。

生活していく中で使うほどに
照りとかツヤみたいなものも
出てきたりとか、やっぱ板張りにして
良かったなーとは思ってたんやけど、

ここが どうも気に入らんようなって。

気に入らんようになったのが
10年前くらいからかなあ。
(↑計算)

ま、結構前から、引きで見た時に
なんとなく重いていうか
もうちょい なにかを どうにかしたい
と思ってて。

その、なにか、ゆーのが
なかなか頭の中で決まらんわけよ。


けど、多分これやな、て
辿り着いたのがタイルで。

よし、タイルにしようと。
BlogPaint
上から下まで全面にタイルを
貼るんじゃなくて
上3分の1ほどだけ。
下はあえて板張りを残す方向で。

大掛かりなことをやる時は
いつもそうやけど
正解はどうかは
やってみるまで分からんのが
8割やから、コケることも
しょっちゅうなんやけど
でもうちはキッチン背面に
サブウェイタイル風の壁紙を
貼ってあるから、あまりにも
タイルづくし ゆーのも
あれかなあと思って。


ほんであのカウンター。
近くで見ると
DSC02448
こうなってて、

もうちょい近くで見ると
DSC02449
こう。

ボンド+上下を釘で打ってあるんやわ。

これを外すのは
かなり至難なことで
それこそ完全に解体工事みたいな
すごいことになると思うんやわ。

ボンド+釘なんて最強やからね。

なら、これを外さずに
この板の上からそのまま
タイルを貼ろうかなと。

で、本物のタイルを貼ったら
どれくらいになるんか
計算してみたんやわ。

さっきの面積で本物のタイルを
張るとしたら、軽く2万は超える。


こういうやつ。

目地代とか、板張りの微妙な段差を
埋めるためのパテとか。
そういうのを含まずにタイルだけでも
2万は超えるんやわ。

ほんで最近、今みたいな本物のタイルの
裏面が粘着シールになってて
貼るだけで目地を入れなくても
目地が入ってるかのように見える、
ていうのが出てるんやわ。

こういうやつ。

これは本物のタイルの周囲を
例えば黒目地タイプやとしたら
黒い線がもう、柄として
入ってるから
ほんまにただシールを貼ってくだけで
ちゃんと目地があるかのように
見える、ていう画期的なやつやから
これが1個1円なら迷わず
これにしたいとこなんやけど、
(1個1円)
(せめて10円にしとけよ)
(それでもちょっと・・・)

なかなかのお値段で。

さっきの面積で7万くらい、いくかなあ。


けど、そこは考え方やから
ぶっちゃけ、まともに普通のタイルを
施工するなんて、ほんまに
倒れそうなほど しんどいし
時間もかかる。

その膨大な労力と時間を
変な話、お金で買う、て考えたら
それ相応のお値段ではあるんかな
とは思うわ。


ゆーても、7万。

うん、ふつーに無理やな。


てことで、こうすることにしました。
DSC02451
これは畳1枚くらいの大きさで
ホームセンターに売ってる
ベニヤ板です。厚みは4mm。
お値段は800円ほど。

あ、写真の奥に写ってる
木材の束は気にしないで下さい。

で、一番薄いもので
2.5mmていうベニヤ板が
売ってるんやけど
それはペンキを塗ると
てきめんに反るし
若干 本物のタイルに近い厚みの
ほうがいいかな、ていうのも
あったから、4mmにしてみました。

これにタイルを描いちゃおう
ていう方法です。


まず
DSC02452
欲しい幅にカットして。


そしてこちら。
DSC02453
初めて使うわ、カンペ(関西ペイント)。
近くのホームセンターで
ツヤありのペンキを探したら
これしかなかってん。

やっぱ、タイルっぽく
いきたいんならツヤが無いと
と思ってツヤありをわざわざ
買ってきてやね。


さ、塗ってみよか。
DSC02454
ここ数年、ニッペのSTYLEばっか
使ってたから、なんかあれやわ、
こんなに塗り心地って
違うもんかな、て思ったなあ。

どう言うたらいいんやろ。

あんま下手なことは書けんから
あれやけど、一言で言うなら
STYLEがいかに塗りやすいんかを
改めて実感したというか。


はい
DSC02455
1回、塗ってみました。


えっとー、このムラは
DSC02456
乾けば消えるんかな。


どれどれ、乾きました。
DSC02457
うん、消えてないから
もっ回、塗ろ。

2回目ー。
DSC02458
塗りたては薄いんやけど
乾くと濃くなる。これって
どんなペンキでも割と共通な
気がする。


2回目、
DSC02459
塗ったよー。


で、乾いたよー。
DSC02460
はいオッケーイ。


ほんでー
DSC02461
途中でツギハギになるところが
あるから、そこに段差ができんように
するために、2枚を横に並べて
線を書いてくことにしました。


DSC02462
これ、見えるやろか。

この線を書く作業がねー
かなり しんどかったわ。

で、
DSC02463
マステを貼って。


DSC02464
つなぎ目のところが極力うまく
繋がるようにしたいから
2枚を揃えて一気にマステも貼って。


んー、すみません、
写真の枚数の関係で
今日はここまでにさせて下さい。

このあと どうなっていくんか。


非常ーに 楽しみですねー。←


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
👇こちらを押していただけますと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------