はい、どうも。

BlogPaint
青いところにタイルを貼りたくて
でも貼れないから
ベニヤに描いちゃおう、てことで
前回の記事から
そんなんやってます。

前回の記事は↓こちらから。
👉キッチンカウンター下にタイルを貼るよー!貼るていうか描くていうか


そんな今日も👇こちらと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

で、ベニヤ板に
DSC02464
ペイントして、こんな風に
マステを貼りました。

さ、ここに目地を入れていきます。
ま、入れてく、ゆーか
描いてくんやけど。
BlogPaint
こうやって ひたすら地味に
ステンシルをする要領で
白いペンキでね。

ちなみに矢印のやつは
読者の方から教えて頂いたもので
ダイソーで2本セットで売ってるんやけど
めちゃめちゃ滲みにくいです。

今までステンシルが滲んできた、
ていう方でも、これなら多分
上手く描けるんちゃうかなと思うわ。


でー、白いペンキをちょっとだけつけて
トントンと叩いていくんやけど
こんなデッカイものに延々と
トントンやってくなんて
疲れるし時間もかかるし
『ちょ、これ無理やな』と思って
DSC02466
フツーに筆でスーっと描くことに
しました。

ステンシルをする時って
こんな風に筆で描くと
結構な確率で滲むから
この方法はステンシル向きでは
無いです。

なら どうして今回は
筆でやってみようと思ったんかと言うと
マステやから。

マステを結構ピッチリと貼ったから
これなら多分イケるやろとの
判断から筆にしてみたんやけど

どやろか。
DSC02467
はいオッケーーーイ!
久々、読みが的中した快感たら。

あ、しつこいけど
これはステンシルシートでは
使えない方法です。
ステンシルシートって
板とシートの間に隙間があるやん。

カパカパしてる、て言うんかなあ。
ん、パカパカか。

だからステンシルシートの上から
ふつーに こんな風に筆で描いた
としたら、相当ふつーに滲んで
テンションが猛烈に下がると思うわ。


けど今回はピッチリ貼ったマステ
やったからね。
だから滲まずに上手くいった
ちゅーことです。

さ、筆で描いたら
マステをめくる作業ね。
DSC02469
あー、快感。

あーもう、快感。←


マステを全部 剥がしました。
DSC02471
おおーーう、いいやん。


こだわった つなぎ目のところは
DSC02472
ちょい失敗してたから
こんな時は

DSC02474
拭けばオッケー。


で、ここからやわ。
うちのキッチンカウンターには
飾り棚があるんやけど
DSC01018
こういう。
これの背面が黒いタイル柄に
なってて、これってリメイクシートを
貼ったんじゃなくて
3年?2年?ほど前に
今回と同じ方法で手描きした
ものなんやわ。

その時の記事は↓こちらから。
■安価なベニヤをDIYで黒タイル風に変身させよう!
■安価なベニヤをDIYで黒タイル風に変身させよう!-2-
■安価なベニヤをDIYで黒タイル風に変身させよう!-3-
■安価なベニヤをDIYで黒タイル風に変身させよう!完成編

ほんでこの時って
DSC03795
タイルの柄が格子状やから
縦の線も 横の線もダーっと
マステを貼ればオッケーやったんやけど
今回はサブウェイタイル柄に
したいわけよ。

そしたら
DSC02475
こういうね、倒れそうな作業に
なってくるんやわ。
縦のラインに一気にマステを
貼れない、ていう。

いや一気にマステを貼って
必要なとこだけに線を入れれば
良かったんかもしれんけど
マステが勿体ないかなーと思って。


で、これをひたすら やっていくと
DSC02476
こうね。

今見て思ったんやけど
やっぱ わずかなマステをケチって
わざわざ こんなことをせんでも
縦にダーっとマステを貼ってしまえば
良かったかもしれん。

だってこの労力と時間、
ほんまハンパなかったもん。

ケチったマステ代なんて どうせ
合計100円もいかんやろ。


もー。←


そしてここにも地道に
DSC02477
描いていきまーす。

この作業は割と苦ではないし
筆やから描くのも早いから
そんなに時間もかからんわ。
なんならちょっと楽しいくらい。

はい、描きました。
DSC02479
きもいーーーー。

私は点々恐怖症なんやわ。
だからこういうの、あかんくて。
さぶいわ。

さぶいから とっととマステを
剥がしてこ。
DSC02482
ん~、快感。

あーほんと、快感。


よっしゃ 終わったぞーー。
DSC02483
3分の2だけ。

まだあと3分の1、あるやんけ。


集中が切れんうちに
勢いで やってまお。
DSC02484
だから さぶいってーーー。

さ、はがそ。
DSC02485
あー、さぶかったー。

えっとー、この日は7時半に
JS(小2の次女)を学校に送り出して
7時31分12秒から
作業を開始したんやけど、

この時点で飲まず食わずで
12時を過ぎてたかなあ。

一番時間が かかったのが
前回の記事の、線引きです。
線を書く作業ってDIYにおいて
ほんまに地味やし面白くないし
それでいて ものすごい時間がかかる、
最強に最悪な工程なんやわ。

だから逆に、そこさえ乗り切れば
あとはトントーンと進むていう。

ま、トントーンと進まん時も
多々あるけどね。
途中で『えーなんでー』てなる時。


そしたらー
DSC02486
釘で打って固定します。
横1800mmもある長いもんを
一人で持って一人で釘を打つの、
これ結構大変やったわ。

けど線引きのツラさに比べれば。

皆さん→線引きって そんなに?

はい、相当です。


さ、2枚目はビシっと合うやろか。
DSC02488
どやろ。


こちら。
DSC02489
きたよーーーー。


どっちの板も1枚につき
6カ所しか釘は打ってないです。
四隅と、長手(長い辺のこと)の
真ん中に上下1本ずつ。


DSC02490
釘の頭にペンキを塗って完成です。


こちら。
DSC02491
いやー、キツかったーーー。

木目とタイルの相性も
想像してたよりは ずっと
良いような気がします。


もっとちゃんとした完成写真が
こちら。
DSC02520

DSC02514
どすか。

どお? ね、どお?←


ビフォーアフター、いきまーす。

before
DSC00600


after
DSC02527


あ、ちなみに今の写真で
BlogPaint
矢印のところは、前から
もっとダークな色にしたいなと
思ってたから ついでに
ニッペのビンテージワックスの
エボニーブラックで塗ったんやわ。


これを使った小物作りの記事は
👇こちらから。

■端材で簡単DIY・無難にカード立てとか・でもかっこかわいい


それを塗った結果
BlogPaint
こういう、古民家カフェ的な色に
なったっていう。

だから もっ回スクロールさせて
比べて見てもらえれば
色や雰囲気の違いが分かるんじゃ
ないかなと。

写真の加工具合の違いでは無い
ちゅーことです。


それも踏まえてビフォーアフター、
ラストを どぞ。

before
DSC00602


after
DSC02517
以上です。

オッケーやろ。

本物のタイルには圧倒的に
敵わんけど、
まともにタイル施工をしても高いし
リメイクシートはこれまでにも
散々な目に遭ったからイヤやし
総合的に考えて
ペンキ代も合わせて1,600円で
済んだことを考えると

やって良かったなと思います。


3記事でお届けする予定やってんけど
無理矢理2記事に ぶち込んでみました。

あんまり引っ張っても
飽きるしね、視聴者(←)。


はい、以上です。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

お帰りの際には
👇こちらを押していただけますと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------