はい、どうも。

全4話の長編に辛抱強く お付き合い
下さいまして本当にありがとうございます。

今日は最終話です。

これまでの流れは以下👇をご覧下さい。
■①レールを作る
■②窓の枠を作る
■③ついに格子作るよー


そんな今日も👇こちらと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを

人気ブログランキング
手作り・DIYランキングへ

押していただけますと
大変、有り難いです。

今日も面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。
*--------------------------------------*

うちのリビングの
BlogPaint
履き出し窓に格子の窓枠を
つけたいなってことで、


DSC02645
こういう、ふつーの状態から


BlogPaint
まずは上下にレールをつけて
左右にはレールを固定するための
板を立てて。

次はここに
DSC02601
窓の枠を2枚作って。

そしてその枠に
DSC02634
格子をつけたところまでが
前回で、今日はこれを塗装します。

あとは色塗るだけやん、
て思うんやけど
これがまた
そんなに ちゃちゃっとは
終わらんねやわ。

工程としては塗装だけやから
なんにも難しいことは無いんやけど
なんせ でっかいから
DSC02641
どでかいブルーシートを敷くだけでも
もう面倒くさいし、その上に
重たい角材を乗せるのも
面倒くさい。
乗せた角材の幅が ちょい
いまいちで、角材の間隔を
ちょろっと広げるだけでも
また面倒くさい。

そして、一旦 組み上げた
窓一式をバラして
角材の上に運び出す作業もまた。

こういう作業の時って
ちょいちょい
『なんでわざわざこんな面倒なこと
してんねやろ』て、ふと
我に返ることがあるわ。

考えてみたらDIYって若干
クレイジージャーニーに
出れるレベルではあるんかも
しれんなあ。

あ、クレイジージャーニーって
テレビの番組名です。


けど、ハタから見たら
『なんでわざわざそんな面倒な
ことをしてまで』て思うようなことでも
仕上がった時の達成感と、
そのあと長く続く満足感がなー。

それがある限りは
どんなに面倒くさくても
やめたい、とは ならんわけよ。


はい、ごちゃごちゃ言うてないで
塗ろ 塗ろ。←
DSC02642
使った塗料は
ウッドデッキ作りの時に使った
ガードラックアクアていうヤツです。


ウッドデッキを作った時の
記事は👇こちらから。

■前のウッドデッキを壊す編
■ウッドデッキの木材を塗装
■柱を立ててく編
■土台の直角を出す編
■床板を張ってく編
■床張り完成
■屋根の骨組みを作る編
■屋根にのぼってポリカー張る編
■祝・完成!


ウッドデッキは完全に屋外やから
屋外対応のガードラックアクア
を使ったんやけど
今回は室内の窓枠やから
なにも屋外用の塗料を使わんでも
室内用のペンキで良かったんかも
しれんけど、窓はやっぱ結露が
すごいから室内用より屋外用の
塗料のほうがいいかなあと思って。


ほんで、ちゃちゃっと終わるわ、
と思ってた塗装も
DSC02643
案の定、全然ちゃちゃっと
終わらんもんなー。

あの、格子の細いとこ。
あれの表面は いーわ。
側面ね。
格子を囲む四辺全てから
チェックしないと
どこかしらに必ず塗り忘れが
あるんやわ。

で、塗り忘れを見つけるたびに
『もー』言いながら塗って。

あ、表も裏も塗ってます。


そしてほんとの窓枠(家の窓)には
DSC02577
マステを貼って、この上から


DSC02644
普通のペンキを塗ろっかなと。

さっきのガードラックアクアは
ペンキじゃなくてステインやから
マステの上に塗るとなると
不向きなんやわ。

ま、それもあるし、
この場所ぐらいなら
ふつーのペンキでも
いっかなーと思って。
DSC02646
こんな感じで。


はい、次ー。
DSC02647
これは、下のレールにマステを
貼ってる写真です。

レールの裏面。

裏面て普通、塗らないんやけど
普通っていうか私は塗らないことが
多いんやけど、やっぱ結露が
心配やったから、なるべく塗料で
保護しようと思って
裏にも塗ったんやわ。

だから時間が経つにつれて
黒い塗装が床にスレて
ついたりしたらイヤやなと思って
マステを貼ってみました。
DSC02648
こんな感じで、全面に。


でー
DSC02649
両サイドにダイソーの
すきまテープを貼ります。

DSC02575
こういうやつを。


こうすることで
DSC02650
スポンジの弾力と摩擦効果で
より ガッシリとハマるんやわ。


今の部分のすきまテープは
DSC02636
試しに組んでみた
この状態の時には
貼ってなくて、色を塗ったあと、
ほんまに組み立てる時に貼りました。

それと、上のレールには
DSC02576
こんな風に すきまテープを2本
貼ってあります。
これは色を塗る前の仮止めの
写真やからマステで貼ってあるけど
仕上げの段階では ちゃんと
両面テープで貼りました。

その写真がねー
黒く塗ったモノに黒いすきまテープ
やから、どこがすきまテープなのか
ほぼ分からんような写真にしか
見えんかったから、あえて載せて
ないけど、なんせ上のレールには
2本、貼りました。

それと
DSC02651
窓がスムーズに動くように
するためのキャスターが
売ってるんやけど
今回はそれを使わんかったから
開閉時の滑りを良くするために
窓の下辺にロウソクを塗って
おきます。

これだけでも滑りは
かなり良くなるんやわ。

けど、塗装する前のほうが断然
滑りは良かったなあ。
その塗料の成分にも
よるんかもしれん。


で、ロウよりも もっと
家具の滑りを良くする素材としては

えっとーだいぶ前に
DSC06716
こういう家具を作ったことがあって。
これってニトリのカラボを3つ
つなげてリメイクしたものやから
ものすごい重たいんやわ。

で、底面には角材を8個つけてあって
その裏に
DSC06618
こういうのがダイソーで売ってるから

これを
DSC06616
貼ったら、女手でも結構ラクに
動かせるほど滑りが良くなったから
ロウよりも こっちを使ったほうが
いいなと思って、ダイソーに
買いに行こうと思いながら
まだ買ってきてないんやけど。
(なんやねん)

あとはホームセンターとかなら
敷居の滑りをよくするテープ
みたいなのが売ってるから
それを使ってもいいかもしれん。

今のニトリのカラボリメイクの
チェストは👇こちらから。
■ニトリのカラボ3つをビンテージなチェストに劇的リメイク
■完成!ニトリのカラボをビンテージなチェストに劇的リメイク!



てことで、ようやく完成です。

こちら。
DSC02671
あまりにもキツ過ぎて
『キツかったー』しか言えんわ。

あ、さっき説明し切れんかったん
やけど、どこに すきまテープを
使ったかと言うと
この黒い写真では見にくいから
塗装前の写真で説明すると、
BlogPaint

BlogPaint
色を変えたのは見やすくするため
やから、違う種類の隙間テープを
使った、とかでは無いです。

水色のとこは、上のレールの上の面に
2本貼ってあって、
あとピンクのところ、つまり縦の板2本の
下の面にも貼ってあります。

んー、なんつう分かりにくい説明。
苦しいな。

分かりにくいと思うけど
頑張って分かって下さい。←

要は水色のすきまテープを
よりガチっと押し上げるために
縦の板(左右各1本)の底面にも
すきまテープを貼ってあるってことです。

あとは赤いところ。
上と下のレールの各両端。
そこにも貼ってあります。

この すきまテープたちで
相当ガッチガチにハマってます。

だからハメ込む時は
固すぎて一人では無理やったから
父ちゃん(主人)が上のレールを
ものすごい力を入れて押し上げてる間に
私が縦の板をハメてく感じ。

父ちゃんが押し上げてる時は
そこそこスッと縦の板が
入るんやけど、いやスッと言うても
まあまあ力は要るけど
でも私が『おっけー、ハマった』
て言うて父ちゃんが手を離した瞬間、
ビクともせんようになるんやわ、縦の板が。

縦の板がビクともせんてことは
上のレールも 下のレールも もう
ガチガチに動かんわ。


てことで原状回復オッケーな
引き戸の窓写真に
もう少しお付き合い下さい。


カーテンをつけると、
DSC02674
ますます泣けるわー。


最近塗ったばっかの
DSC02709
リビングドアと格子と緑が
31歳の私(←)の涙腺には
沁みるわー。
(今日初めてこのブログに
来られた方、すみません41です。)


このリビングドアを開けて
DSC02712
プラス玄関がチラ見えした時なんて
『頑張って良かったー』て
もうそれしか思わんかったもんね。


そう、
DSC02710
これが見たかってん。

格子越しの緑を見たい一心で
ハタから見ればクレイジーと
思えるようなことも
なんならハタから見んでも
自分でさえ『アホかな私』と思うような
ことも頑張ったわけです。


今回は結構、お金かかったわー。
全部で6,000円くらい
いったんちゃうかな。

いや けど、6,000円で
窓は買えんしな。


はい、ビフォーアフター
いってみよ。

before
DSC02287

after
DSC02716


before
BlogPaint

after
DSC02699
うん、いいんじゃないでしょうか。


あと他にも、これでもかってくらい
色んな角度から写真を撮ったんやけど
ここで全部を載せてしまうと
インスタに載せる写真が
無くなってしまうから
他の写真たちはインスタ用に
回そうかなと。

所詮、ネタの無い人間やもんで。

所詮、謙虚さぐらいしか
取柄の無い人間やもんで。←


良かったらインスタのほうも
フォローして頂けますと
本当に嬉しいし有難いです。

■インスタは👉こちらから


今回の窓の なにが一番
キツかったかって
やっぱ計算も そうなんやけど
それよりも、すでにあるものに
寄せる
、ていうこと。

これがねー、ほんまに難しい。

例えば
BlogPaint
このキッチンカウンターって
4年前に作ったものやから
今以上に技術も道具も
乏しいんやけど
それでも今回の窓よりは断然
こっちのほうがラクやもんね。

こっちも大物ではあるけど
でも所詮ズレてもいいし
ちょっと語弊はあるけど
最終的には頑丈に固定さえ
されてればいいわけやんか。

そこへ持ってきて窓ときたら
寸分の狂いも許されない、
みたいな感じなんやわ。

だって寸分の狂いって
大工さんの場合は
カンナで削って調整したりするやろ。

こっちはそんな技術は無いから
そうなったらもう
ドンピシャなもんを
作るしかないわけよ。


だからもう、イヤていうほど
測ってばっかやったし
立体モノより遥かに しんどい割に
完成形が平面やから
『平面かよ』つって。

『奥行欲しいわ』つって。←

『奥行っ』つって。←


はい、そんな感じで
窓枠DIYは以上です。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

お帰りの際には
👇こちらを押していただけますと
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです👇

手作り・DIYランキング

面倒くさい ひと手間
ありがとうございました。

---------------------------------------------
これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。
---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca →こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home →こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home →こちら
---------------------------------------------

ラグ バンダナラグ バンダナ柄 ラグマット 130×185cm 長方形 おしゃれ 北欧 ヴィンテージ 西海岸 ブルックリン レトロ 柄 厚手 洗える オールシーズン ホットカーペット対応 床暖房対応 滑り止め付き
ラグ バンダナラグ バンダナ柄 ラグマット 130×185cm 長方形 おしゃれ 北欧 ヴィンテージ 西海岸 ブルックリン レトロ 柄 厚手 洗える オールシーズン ホットカーペット対応 床暖房対応 滑り止め付き

ワイヤーバスケット 長角型 収納 ガーデニング かご シンプル アンティーク風 鉢カバー ガーデン インテリア おしゃれ 雑貨
ワイヤーバスケット 長角型 収納 ガーデニング かご シンプル アンティーク風 鉢カバー ガーデン インテリア おしゃれ 雑貨