はい、下駄箱をリメイクしていきます。


対象の下駄箱は、こちら。

DSC05620

これこれ。



さて、これを、どうしようか。

これまた、すっごく悩みました。



というのも、
これの最初の状態は

DSC02878

こんなんやったんやわ。


これ、空の状態は
ものすごく ええねん。

プラ板をつかって
擦りガラス風な感じも
気に入ってたしね。


けど、中身を入れたら
あまりにもスケスケ過ぎて

もー、なにこれ

みたいな状態になって
しまったから

これを、緑の扉にリメイク
したんやわ。

(その時の記事はこちら→★


だから、ほんまは元の状態に
戻したいとこなんやけど

スケ具合がひどいもんで

別の方向性でリメイクしよう
、と。



ブリキの波板風にするとか、

コンクリート調の壁紙が
余ってるから、それを貼る
とか、

ランダムウッド調にするとか、


いっろいろ考えて


結果


薄いベニヤが余ってたから
何の芸もないけど

それを張るだけにしよう


ってことに決めました。



理由は

お金をかけたくない、とか
あんまり苦労したくない、とか

その程度のもんです。




まず、下駄箱をカーポートの中に
運んで、扉を全部外して
中身を全部 移動させて。

DSC05632

こういう作業が

果てしなく面倒くさいわ。



ほんで

下駄箱を外に運び出す
ことなんて、なかなか無いから

メンテナンスってことで

BRIWAXを全体的に塗って
みました。


それが、こちら。

DSC05677

わあー!こんなに変化の無い
写真、はじめて~♡


元々 塗ってあったのは
オスモで、上塗りに使ったのは
BRIWAXなんやけど、

まあ、本人的には

日頃 なかなかできん作業が
できたから、それなりに
満足は してます。


あ、オスモを一旦サンダーで
落として
、とか、そんな
倒れそうなことは してないです。

オスモの上から そのまま
BRIWAXを塗ってます。



さて、扉。


わざわざ新しいベニヤを
用意せんでも

元の緑に塗装したベニヤを
はずして

それを裏返して

そこにBRIWAXを塗って
仕上げればバッチリやん、

という算段です。



ところが、

この緑のベニヤは
裏から釘で打ってあったので

DSC05636

金づちで叩いてベニヤを
外したところ、



DSC05634

薄いベニヤやから
何ヶ所か割れてしまってやね。


あとは、

DSC05635

欠けてみたりとか。



釘で打った人、

誰かは知らんけど

(私やけど)


こんなベニヤ、もう使えんやん。

もー、予定が狂うやん。



仕方がないから

DSC05651

これまた 倒れそうなほど
面倒くさいけど、

家にあった余りもんのベニヤを
また採寸してカットして。


だいぶ長いこと立て掛けておいた
ベニヤやから

反りが結構、すごいわ。



で、これを

DSC05653

裏面から4か所、
L字金具を使って
ビスどめ しました。

(あ、この裏面は…→★


わざわざL字金具を使ったのは
この1枚だけです。



この扉、

枠に太いビスをブチ込んであって

あ、打ち込んであって


そのせいで、枠の細い木材が
割れてきてて

枠全体が グラついてたんやわ。



誰ー? 太いのブチ込んだのは

あ、太いの打ち込んだのは


まあ、私やけど。


だもんで、枠全体の固定を
兼ねるために

こんな金具をわざわざ使って
とめるハメになった
というね。



なので、

DSC05660

他の枠たちは

フツーにミニビスで
とめてます。



そして、

DSC05675

表の面にはBRIWAXの
ジャコビアンを塗ってみました。



うん、この時点で

イメージに近いもんが
できてきたと思う。


思ってたより、全然ええやん!



あとは、

もうちょい、扉に なにかしらの
アクセントをつけて

扉を本体に取り付ければ、


完成です。







えーっと

ここからは、話が変わります。


真面目で、クソ面白くない話で
クソ長いです。
(クソとか言うな)



先日、LIMIAのコンテストで
賞をいただいた話を
記事に書いた
んですが、

その節は

フォローやらいいねをするために

わざわざLIMIAに登録するという
クソ面倒くさいことをして
下さった方が たくさんおられて
(だから、クソとか言うな)

大変、恐縮です。


なんか申し訳なさ過ぎて
読者の方に負担をかけて
ばっかりやな
、と

結構 真面目に、反省しました。



で、

そんな読者の方から戴いた
コメントに

こんなんが ありまして。

--------------------------------
きっとmacaさんは、
自分が周りからどう思われて
いるか気にするタイプでは。

そこまで謙虚にならずとも
堂々と発表しても良いくらいの
受賞です!

(※ちょいちょい割愛してます)
------------------------------------

はい、おっしゃる通りです。

周りからどう思われるかを
すごく気にするタイプ
です。


でもこれは、おそらく大半の人が
こういう気質を持っている
とは
思うんです。

けど、気にする、の度合いには
かなりの個人差があるし

『私は結構、周囲の目は
 気にせんタイプかなー』

公言する人も いるしね。


でもやね

俗世で生きていく以上は
周囲の目を気にせず生きる
っちゅーのは

ほぼ、不可能なことやと
思うんです。


誰だって、周囲から
嫌われたくはないし、

できれば
良く思われたいはずで。



『誰にどう思われたって
 全然 平気やわ』

って、これ結構

カッコイイ台詞やと思うんやわ。



けど、極端な話、

じゃあ、マジックでまゆ毛を
つなげて描いて
外を歩けるんか
って言うたら

絶対 そんなん、無理やん。



だから

周囲の評価を気にする、その
度合いは個々に差があっても

完全に気にせず生きてる人
っちゅーのは、おらんと思うんやわ。


よほどの事情がある人
或いは、
よほどの修行を積んだ人、以外では。



ほんで、私の場合

その度数がすごい高いんやわ。



高い?

いや、

普段の生活において、そこまで
慎重に行動したりしてないしな。



多分

周囲の反応を過剰に気にするのは、

このブログに限って 特別
そういう意識が強い
んやと思う



だから

『コイツ(私)、アホちゃう?って
 思う人が居たとしても、
 考え方は人それぞれ自由やからね』

みたいな書き方を

よお、記事中にも書いて
しまう
んやわ。


それは つまり


自己防衛、やな。


『コイツ、アホちゃう?』って
思われるのが怖いから

先に防御線を張って

先手必勝策を取ってるんやわ。



つくづく、卑怯な人間やなー
と思うわ。

卑怯っちゅーか、ズルいちゅーか。


言われる前に
先に自ら言うとく
、ていう

やらしい やり方やわ。



だから結局

【堂々と発表しても良いくらいの
 受賞です!】

ここにも繋がることなんやけど


私は、今まで

【雑誌の取材を受けました!】とか
【雑誌に掲載されました!】

ちゅーのを、記事のタイトルとして
上げたことがない
んやわ。


それこそ、『はあ?』『だから?』
って思われるのが怖くて

そういうタイトルの記事を
上げられない
んやな。


しかも、それ単独の内容の記事を
書くっちゅーのが、

これまた、できない。



なんやろ、

雑誌掲載だけの記事を書いた時に

読んでる人は、つまらんやろうなー
と思うんやわ。

だから、DIY記事を書いたあとに

最後に付け加える形でしか
書けない。



けどさー

思うんやけど


私こそ、1番の自意識過剰者
なんかもしれんわ。


かも、じゃないわ。

断定、やわ。



だって

そもそもブログっちゅーもん自体が
自己満足の発表の場
でしか
ないわけなんやから、

あ、これは私に限っての話やわ。

他のブロガーさん含めての
話ではないわ。

それこそ、私のは
単なる趣味ブログにしか
過ぎんけど、

ブログを、きちんとした収入源
として確立させて
やっておられる方
も たくさんいるし、

或いは

何らかの大きな目的とか
何かを世に発信したいとか

そういう1本スジの通った
スタンスで ブログをされてる方

ようけ いるしね。



だから私の場合は

たかが趣味ブログの
レベルのもん
なんやから

『はあ?』『だから?』
って思われるのが怖いって言うんなら

玄関リノベの記事に関しても
ダイソーのリメイク記事に関しても

どれもこれも全部が

それこそ

『はあ?』『だから?』
値するわけやんなあ。



それを

こんなん思われたらどうしよう
とか

読んでる人ら、どう思うやろか
とかを

過剰に気にするっちゅーことは


イコール、自意識ど過剰なんやわ。



誰も てめえのことなんか
そんなに考えて生きてねえわ

ってことやわなー。



ただ

私には、

ブログの内容に、そこまで神経質に
なる、理由があるんやわ。


このブログ、

みなさんもご周知の通り

結構な数の人が読んで下さってます。


毎日、その日、何人の人が
このブログを読んで下さってるか


そして、その中で何人の人が
ポチっと
(記事下のアラジンストーブと
後藤照明の写真をクリックすること)
して下さってるか

を、私は知ることができるんですが


その数字を見る限り

ほんまに、たくさんの人が
読んで下さってるんやわ。



これは、仮の数字ですが

読んで下さっている人が
1日に100人で、

そのうち、ポチっとしてくれる人が
だいたい5人に1人で、20人。



実際には、これよりもっと
大きい数字やわ。



みなさんも、SNS等をやったことが
ある方なら 経験あると思うんですが

いいね、の数字が大きいと
嬉しくなりませんか。



ブログは、その【嬉しくなる】
ハンパないバージョンです。


で、私の場合は

その【嬉しくなる】という心理が
どこに繋がるんかというと


自身のリノベの継続

に繋がってます。確実に。



おかげ様で、玄関まで辿り着きました。

いや、ほんまに。



なので

みなさんからは、常に

袖の下、をもらっている状態なんやわ。



そういう、目には見えない
ワイロ
みたいなもんを

みなさんから しれーっと
手渡されてる関係性にありながら、


そこへの恩義を なーんも
考えんと記事を書く、
ちゅーのは


できないんやわ。



じゃあ『こんな記事をあげたら
みなさん、喜ぶかな~』

とかって、インテリアの内容自体を
みなさんに寄せる
、ちゅーことは

してないんやけど。


例えば、100均リメイク、とか、

もっと、大衆ウケのいいこと
すればいいのかもしれませんが

もちろん、今までに100均リメイクの
記事も何回か上げてきてるけど


あくまでも、自分の好みで
やったことばっかり
、やわ。



これは つまらんやろうな
と思うような内容でも

みなさんには我慢して
読んでもらってます。



ゆえに


そのワイロは、デカい。



だから、これまでにも散々

ここのコメントや
ルームクリップのコメント
インスタのコメント

とかで、

『macaちゃんのための
 ブログなんやから、
 自分の書きたいように
 書けばええんやで!』

というようなことを
言って頂いてるんやけど


もちろん、文章自体は

好き放題なことを書いてますが


何かに掲載された、とか
何かに当選した、とか

それ単独の記事、っちゅーのは

多分、今後も

上げられないんやなー。



みなさんからのワイロが

デカいもんで。



こういった心理状態なので

『RC(ルームクリップ)に
 登録してねー』
とか

『インスタ、フォローしてね』とか

そういうのも、同様にして
呼びかけられない。

呼びかける時は、
話のどさくさに紛れさせる形で。



あ、記事下の、ポチっとしてください
の文言は


毎回、自動的に記事について
くるものやから、それは
別件やとして。



ブログを読んで、ポチっと
押してやってるのに

その上 さらにアレもコレも
登録せえってか?

ふざけんな!


と、思われるのが怖い
っていうのもあるし


なにより 実際に自分でも

そう思うし。




まあ、ゆーても

誰も てめえのことなんか
そんなに考えて生きてねえわ

ってことやと思うので、



自分のクソ恥ずかしさを
(クソをやめなさい)

また一段と思い知った

ある雨の日の昼下がり


という話でした。





はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------