はい、どうも。




もう皆さん、お盆休みですか。

(皆さん→そーですね)


てことは、帰省中とか。

(皆さん→そーですね)


やっぱ高速の渋滞、
すごかったでしょ。

(皆さん→そーですね)


しかしオリンピックの日本勢、
頑張ってるよねー。

(皆さん→そーですね)


あ、そーお。

(皆さん→アハハハハ)




いいともやね。





はい、こちら。

DSC05515

今日から、この一画を
どうにかしよう
と思います。


この1・2・3てナンバーを
ステンシルしてあるヤツ


JK(女子高生の長女)が
産まれた時に、オムツとか
肌着とか育児用品を入れてた

ミッフィーのプラスチックの
収納ボックス


その前面に麻布をボンドで
貼って、ナンバーのステンシルを
してリメイクしたヤツ
です。

あ、あと、SPF材で天板も
かぶせて。




これはこれで気に入ってる、

というほどのもんでも
無いけど

これには父ちゃん(主人)と
JKNC(年長さんの次女)の
下着類が入ってて

3人とも、これを使うことに
すごく慣れてるし

わざわざこれに代わるもんを
作るのが面倒やったので、


これがそのままスッポリと
入るようなラックを作りたいな
と思いまして。




そこで考えたのが

DSC06237

こんな設計図のランドリーラック
なんやけど

もーこれ、

何が書いてあるんかは

私にしか分からんヤツやわ



地球上で、なんと私だけが
解読できるという、非常に
希少価値の高い設計図

なってます。




で、極力、費用を抑えたい
という思いから

DSC06238

杉の板6枚で1000円
束を買ってきまして。




それを

DSC06240

ひたすらカットしていきます。


黒い定規みたいなヤツ

添え木の代わりになる
ガイド


父ちゃんが会社から
もらってきたものなんやけど

これをあてながら切ると
ものすっごい真っすぐに切れて

ものすっごい感動しました


ものすっごいラクやし。

ものすっごいアレやし。



やっぱ必要な場面に応じた
道具って、

要るもんやなー
と思ったわ。



あたかも自分の腕が
2upほどランクアップした
感覚に陥れたもんね




ほんで この木がまた
安っいだけあって

厚みが薄くて柔らかいから

『おいおい、こんなにスイスイ
 切れたんじゃ、たまんないぜ』

ってなったわ。




はい、

DSC06241

6枚をカットしました。





で、

DSC06242

側面にボンドをつけて
波釘で打って、2枚をつなげます。



これ、9ミリの高さがある
波釘なんですが

この板の厚みが9ミリやから

だいーぶギリギリやったわ



てか、ギリギリっていうか

表面に釘の先っちょが
すこーし出てたヤツも
あったりして


そんなヤツは表面から
ガンガン叩いて
潰しといたけど





兄貴、潰しときましたから





ほんで表面には

DSC06243

タッカーを何か所か打って
おきました



やっぱ、裏から波釘を
打っただけでは

反ってくるかなーと思って。




はい、

DSC06244

こんな感じで、

2枚の板をつなげて
1枚板にしたものを

3つ作りまして






次は角材で枠を作ります。

DSC06245

これは3cm四方の角材です。


えーっと、DIYをそこそこ
やっておられる方であれば

枠に3cmの角材を使うなんて
強度的に邪道
やってことは
お気付きかと思います。


フツーは45mmの角材を
使うんやわ



強度もそうやけど

45mmの角材を使ったほうが
いい理由があるんやわ



その理由は、追々
工程の中で出てくると
思うので、今は

ふーん、ぐらいに思っておいて
ください。



で、これは

ホームセンターの
カットサービスでカットして
もらいました。



この角材たちに、

DSC06246

こんな風にダボ穴を開けます


あ、もうここですでに、

3cmの角材だと不都合な
事態が発生してるわ。



えーっと

角材同士をビスで固定
する時って

1本のビスを打っただけでは

角材がクルっと
回ってしまうんやわ。



これ、イメージつくやろか。



あ、あれやん!


たこ焼き



たこ焼きを食べる時に

1本のつまようじで
食べようとすると

くるりんて回ってしまうやん



けど、つまようじを2本使うと

たこ焼きがガッシリと
固定されるやん




あの原理やわ

(その説明、
 合ってるんかいな)

(いや、分からん)



だから角材同士を固定する時も

ビス1本だけ打っても
くるりん てなるから

2本、打つんやわ



しかも、強度の面から
2本を対角にして




だから、ダボ穴を対角に
2か所 開けなあかんと
ゆーのに、

それが3cm四方の角材だと
スペース的にギリギリ
なんやわ。

2本のビスが あんまり
近すぎても、それはそれで
よろしくないので、

45mmぐらいの角材だと
余裕をもって2か所の
ダボ穴を開けられる
、というね。





あー、説明疲れたわー。

(お前はもうブログをやめたらいい)



このダボ穴のくだりは

興味ない人、さぞかし退屈
やったやろうと思うわー。



しかも、

たこ焼きがどうのこうの
って

こんな説明で合ってるんかも
よお分からんし






で、

DSC06251

必要な個所に全部の
ダボ穴を開けました







はい、今日はここまでに
しておきます





次回はこれを
組み立てていきます。





あ、今日の冒頭で出てきた
元ミッフィーの収納ボックス


あれの説明を書いてる時に
ふと、思い出したわ。


JKは、布おむつで
育てたんやったなー
、てことを。



当時、私は23歳で


若い母親やから、て周囲から
思われんようにするために

なにかと必死やった気が
します



だからオムツも布で
頑張ってたんやわ




若いのに、しっかりしてるわね~

って周囲から思われたくて。



JKは1歳から保育園に
預けたんやけど

そこでも

雑巾を何枚か塗って
保育園に提出せなあかんやん



それも全部手縫いで
やってたなー。


ほんで、いざ保育園で
提出してみたら


意外にも、既製品の雑巾を
提出してるお母さん

結構おって

『あれ?そーなん?
 そこは別に頑張らんでも
 良かったん?』


とかって

初めての子やし

自分も若いしで

加減が全然分からんくて


何かと不慣れでしんどかった

記憶があるわ。




初めての子育てって

親も初めてやから


ほんま、どうしていいんか
分からんねんなー




そんな思い出話を
たまにJKにすると

『ふーん、そーなんやー』

て感じで、
不思議そうに聞いてて。



まあ、JKにとっては

産まれ落ちたその瞬間から

私が母親にしか見えんもんなー



当たり前やけど。




けど、産んだ当人は

『はい今日からお母さんね!』

って看護師さんに言われたとこで


そんないきなり母親のスイッチが
カチっと入るわけじゃない
から



JKが小さかった頃は

ひたすら背伸びしてばっかの
子育てやった気がするわ






あー、暑い。

(なんやそれ)





はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------