はい、どうも。


台風ですね。





ということで

前回の続きです。



トイレの壁紙を貼り替えてまして

DSC06670

これは

ここにコンセントがあるから
そこをカッターでカットしている写真
で、




DSC06673

これは

壁紙の一番下のところを
カッターでカットしている写真
です。


いよいよ仕上げの段階です。




ゆーてる場合、ちゃうねん。



ほんまに 狭いねん。



前回の記事でも散々言うたけど

狭さが全ての作業を
難航させるんやわ。


だから

この写真あたりの場面が
一番キツかった気がするわ



壁紙の仕上げのカットって

ゆとりのあるスペースでも
慎重に集中して やらなあかんし

カッターはなるべく
一気にスーっと いきたいんやけど

もう 狭過ぎて

どんだけ慎重にやっても
物理的に手が届く範囲に
限界があって

とてもじゃないけど
スーッとなんて

そんなもん、どだい無理で。



せやから

カットしたところも
ギッザギザな感じになって
やね。



しゃーない。


だって無理やもん。




はい、

DSC06674

上と下と右側までは
どうにかカットしました。



でね

この写真、

タンクの上のカバーを
外してあるんやけど

作業中に邪魔やったから
外したんやわ。


そこまでは別にええやん。



ところがねー


タンクの上の部分を外した
この状態で

『あとは左のカットやな』
って フっと 一息ついた時にね

便器の中に髪の毛が
フワっと1本、落ちてるのが
目に入ったんやわ。



私は

落ちてる髪の毛を拾いながら
家の中を歩くクセがあるくらい

髪の毛に日頃から敏感やから



深く考えることもなく

何気なーく



その髪の毛を
流したい衝動にかられて

便器の水をジャーっと
流したわけよ。



そしたら

普通ならタンクの上の
蛇口?水道?みたいなとこから

水が出てくるやん。


銀色のところから。


ところが その銀色のところを
外した状態で水を流した
もんやから


水が、公園の噴水みたいに

キレーに噴き出してやね。



こんな経験、皆さんも
なかなか無いと思うので

その描写を文章で明確に
表現したいとこなんやけど

うまいこと伝わらんかも
しれんわ。



えーっとね、


一旦、流してしまった水って

収束するまで
止めることはできんから

ただ茫然と、その光景を
見守るしか無いんやわ。



その光景っちゅーのは

噴水みたいに噴き上がった水が
タンクを伝って

じゃんじゃかと床に
流れ落ちる様子ね。



いやー、参った。



うん、参った。



勘弁してくれ、やわ。



水を流して それが収束する
までの間って

時間にしたら

どれくらいやろ。



10秒ほどかな。



その10秒がねー



長かったー。



この疲労感満載なところへ

なにを してくれてんねん。



焦って あたふたしたのは
最初の3秒くらいで

あとの7秒は

なんで流してしまったんやろって

後悔して途方に暮れて。



気が遠くなる感じ。




マーライオンやわ。


マーライオン。





けど、

これを写真に撮ったら また
おいしいんちゃう?

とか思う自分も居たりして。



いやいや、さすがに
いくら おいしかったとしても

『macaちゃん、こんな非常時に
 写真撮るとか、、、
 それ ちょっと どーなん』

視聴者、あ、読者の方から
思われても不本意やしなー

と思って

写真撮るのは やめたんやけど。


『macaちゃん、どーなん』
てゆーか

『macaちゃん、欲しがるねー』
やな。

からの、

『がるねー』
やな。




こっちは壁紙だけで
疲労困憊やねん。

水浸しの床を拭く作業を
組み込めるほど

余力も時間も無いっちゅーねん。



腹立つのを通り越して

虚脱感やわ。



けど

放っておくっていう選択肢は
100%無いやん。


拭くしかないやん。



バケツ満タンほどの量の水
が床にぶちまけてある状態を

ひたすら雑巾で拭いて
絞って、を繰り返してやね。




まあ、どうにか

全部 拭いたけどさあ。




これまでの人生で
つらかったことの

トップ270くらいには

入ると思うわ。






はい、気を取り直して
左側もカットして

DSC06676

こうなりました。



ここは前回、壁紙を剥がした際

DSC06654

こんな風にビリっといってしまった
ブルーグレーの壁紙に

指で糊をつけて貼って
修正した結果です。



面倒かもしれませんが

もっ回 ちょっと画面を
上にスクロールさせて

修復後の写真
見てみてください。



ね?


全然 オッケーやろ。



もー オッケーじゃなくても
どっちでもええわ。


はよ、ここから解放されたいわ。



だって下のカットのとこなんて

DSC06679

こんなんやし




右のカットなんて
もっとヤラかしたから


DSC06680

こんなんなってるしね。



散々やわ。



で、カット跡が
ここまで目立つ感じになると

コーキングだけでは
ちょっと押さえられそうに
ないなあ
、と思ったので

DSC06681

これまた面倒くっさいけど

角棒をホームセンターに
わざわざ買いに行って

で、カットしてサンダーもかけて

DSC06683

1本ずつ、BRIWAXの
ジャコビアンを塗って。



あー、イヤ過ぎるー。





角棒たちに下穴を開けてから

DSC06688

あらかじめ釘を途中まで
打ってしまっておいて


これを両サイドに
打ちつければ

壁紙のカットが
下手やったところも隠せるし

壁紙がめくれてくるのを
防ぐことも出来るし
、と思って。



はい、どうやろか。

DSC06689

うん、ええやん。

角棒をつけたことで
結果的に いい感じになった
気がするわ。



アップで見ると

DSC06690

うん、いいと思う。



両サイド以外のところ。

窓周りと、上と下
コーキングをしました。



ちょっとさー

前回の記事でも書いたけど

もう1回、強調させて下さい。



タンク後ろの狭さを。

DSC06686

こうね。


ほんま最強やったわ、

今回の壁紙貼り替えは。



トイレの壁紙をもう1回貼り替えろ
って言われるくらいなら

町内を まっ裸でランニング
したほうが

断然 マシやわ。




断然 イヤやけど

でも

そうも言いたくなるくらい


ほんーま、キツかった。





ひとまずトイレの壁紙

正面だけをサブウェイタイル
に貼り替えて

両サイドのブルーグレーは
そのままで いこうと思うので


これで、完了です。



あとは


棚とか、小物とか。



ま、そんな感じやわ。




なにせ、壁紙と噴水の
ダブルパンチ


ダブルパンチて
またダサいな。


ダブル攻撃やな。

(結局ダサい)


それのせいで


今日は疲れたわー。



あ、今日じゃなくて
記事が遅れてるから

1ヵ月前の話やけど。




人生で無駄なことは
一つもない

みたいな名言

あるやん。



けど、今回みたいな

特に噴水のくだりとかに
遭遇すると


人生で無駄なこと


結構あるで?って思うわ。






はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事、また頑張ろー』
とか思います。
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------