いよいよ、組み立てていきます!



全部の面を作り終えたので、

側面と底面をビスで打っていきます。父ちゃんが。

DSC03004

垂直は このように、

木目の壁紙の縦線に合わせて 調節します。

(いや絶対 やり方 おかしいやろ。。 木目の壁紙じゃない人たちは
どうしたらいいん?)


私のやり方は、いつも こんなんばっかです。

こんなんでも、DIYって、できるもんなんです。


そう、あなたが思ってるほど、敷居は決して高くない。

そう、高くない。

そう、怖くない。 怖くない。。。

イタッ!(テトに噛まれて痛い表情を見せるナウシカ) 
ね、怖くない。。。
ユパ様、この子を私に下さいな!




もとい。


で、中板→天板の順に

どんどんビスを打っていきます。父ちゃんが。
(だって私は ほら、写真撮らなあかんから)

DSC03006

ビスは例の 森の仲間たち(前回の記事参照)に
打っていきます。

(前回の記事、の時に、→★、みたいなんを作って
 そこをクリックすれば その記事に飛ぶ、というワザ。
 ごめんなさい、初心者なので、そんなことすら できません。)



DIYは、組み立てるところからが楽しいなと、
毎回 決まって そう思います。

買い出しして、カットしてっていう下準備は

正直、おもしろくも なんともない。

いや もちろん、そこからすでにワクワクが
止まらないっていう人もいっぱいいると思う。


でも私の場合は、単純に、『面倒くさい』です。


けど、それでいいと思うんです。

面倒くさいもんは 面倒くさい。

なら なんで そんな面倒くさいと思うようなことをするんか。


それは、

ちょっとづつ ちょっとづつ、仕上がりっていう
ゴールに近づいてってる感じが、
最初の面倒くささを軽く超えてしまうほどのパワーを
持ってるからやと思う。

もー ね、形が見えてくるにつれて

最初の面倒くささは びっくりするくらい、忘れてしまうんです。

その、徐々にジワジワくる快感が たまらんくて、

また 次のDIYを し始めてしまうというサイクル。


DIYに巡り合えた時から
このサイクルの魔法が解けない(サザンオールスターズ、TSUNAMIより)。



組みあがったら、それを横に倒して

背板を打ちつけていきます。

DSC03007

ここは、そんなに強度は要らないとこなので、

釘を使いました。


こういう、

頭も労力も さほど使わなくていい作業

大好きです。


DSC03008

金づちを2本使って、右側を父ちゃん、左側を私が打ちました。



ほら~、私が作業に入るとカメラマンがおらんから、


公園の砂場で遊んでた子供たちが、

砂遊びセットを砂場に置いたまま帰ってったあとの砂場

みたいな写真になってもうたやん。。。



金づちが寂しげやわ。
(金づちが寂しげ。 日本語で初めての表現かもしれん)



背面は、

DSC02999

このように、窓をつけたいので、

窓の部分をジグソーで切り抜きます。

ここからは、ガレージでの作業になるので、


父ちゃんと、

『せーの』

『重い、重い、重い!』

『ごめん、一旦、置こっ』

といったように、中川家っぽく 運び出しました。


DSC03009

ジグソーで こういう穴をあける時は

ちょい太めのドリルで 一か所 穴をあけて

その穴からジグソーの歯を出発させていきます。





ヤッター! なんか形になってきたーー!!

ここからは どんどん楽しくなってくばっかりやー!(希望に満ち溢れ過ぎ)







お手数ですが、ポチッとしてもらえると
単純にテンション上がります。

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村