テレビの配線を収納する
ボックスを作った時、

DSC03609

このスチール風のボックスね。
(その時の記事は ⇒★


この時に サイズ調節のために
カットしたベニヤを使って

スチール風のプレートを
作ろうと思います。

DSC03676

2枚あるので、

面倒くさいけど しゃーなしで
ステンシルのデザインを
2パターン 作りました。

しゃーなしで。





ステンシルの切り抜き、

嫌いやわー。

DSC03691

切り抜きのコツは

根気と根性です。

(根気と根性、かぶってるね。
 そしてそれは コツではないね。)



コツは、

デザインナイフを 一定方向に
奥から手前へ引くことです。

横の線をデザインナイフで
なぞる時に
つい 左から右へ ナイフを
入れてしまいたくなるんですが

そこを グッと こらえて

用紙自体を90度回転させて
線を 縦にするんです。

常に

縦、

縦ー、

立てー!

立たんかー!

まだまだー!

バシッ!

(道場にて)


いや ほんと、面倒くさいけど
いちいち用紙の向きを変えて
縦のラインを 奥から手前に
引くように 切り込みを入れて
いきます。


カーブのとこは、
デザインナイフを回すんじゃなくて
用紙を回す感じでやると
うまく切れます。




はい、切り抜きました。

DSC03700




これに、

DSC03702

ステンシルをして
剥がす瞬間、



DSC03704

はい、サイコー。
はい、快感。
シャーーッ!
(あ、よっしゃーのことです)
(説明するとか、ダサいね)




で、ステンシル文字ならではの
6とか0とかPとかRとか4とか
BとかAとか
 の、
(全部言わんでもええやん)

隙間の部分。


私はいつも、この隙間が好きなので
そのままにしておくことが
多いんですが、

今回は たまたま

『埋めよっかなー』と思ったんで

DSC03705

こんな風に

つまようじに(ようじでも可
アクリル絵の具をちょびっとつけて
地道に埋めていきます。




そうすると

DSC03706

まず、周囲の四角い枠線が
つながりました。


さらに、中の文字たちも
地道に つまようじで描いて



仕上がったのが、こちら。

DSC03710

ごめんなさい、
もう一つのステンシルシートの
完成画しか 撮ってなかったです。


まあ、どっちでもいいか。




このプレートに、

DSC03717

ドライバーで穴を開けます。





DSC03719

この穴に、
S字フックをつけたかったのですが
家に いい感じのヤツがなかったんで



家にあったワイヤーで
作ることにしました。

DSC03720

ワイヤーをニッパ―で切って、






DSC03721

S字っぽくペンチで曲げれば、
いい感じのヤツが出来ました。



飾ってみます。

DSC03732

これでやっと
長きに渡った キッチンディスプレイの
シルバー化計画も終了です。



はい、全員で記念撮影を。

イチ 足す イチ は、

ニィー!

(またダサいね)

DSC03733


私は こんな風に
配管にぶら下げて
飾りとして使いましたが、

他にも色々使えます。


例えば

ちょっとしたキーホルダーにしたり、
(デカッ)

首から ぶら下げてみたり、
(え、なんで?)

タンスなどの引き出しの
仕切りとして使ったり、
(ステンシルの意味ー!)

夏は うちわ として、





はい ごめんなさい、

もう いいね。











お手数ですが、ポチッとしてもらえると
単純にテンション上がります。

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村