心躍る週末、

いかがお過ごしでしょうか。




えっと、揖保乃糸の箱に
BRIWAXのジャコビアンを
塗ったとこで、中途半端に
終わってたカフェトレイ作りの

続きです。




カフェトレイに持ち手をつけます。

DSC06904

持ち手には かすがい
使おうと思って、

塗料が乗りやすいように
かすがいをやすって

ダイソーのアクリル絵の具の
黒をスポンジで2回、塗って。


塗る時は、スーっとじゃなくて
ポンポンと色をのせる感じで。




スーっといくと

スポンジ跡が見えるっちゅーか

温水さんの頭みたいに
なってしまう
っちゅーか

なにせ うまいこと色が
乗らないんやわ。

色が滑ってしまう感じ。


なので、ポンポンと。




ほんで、黒が乾いたら

DSC06961

今度は同じスポンジに
茶色を乗せて


こんな風に部分的に色を置いて



それを広げるような感じで
スポンジで叩いていくと


DSC06964

うーん、わかりづらい。


この写真より現物のほうが
結構なアンティーク感が
出てるんやけどなー。



で、さっき

最初に黒を塗って
それが乾いたら、

って書いたんやけど

私はたいてい
乾くのを待ってないです。



黒を塗って、一息いれることなく
もう茶色を塗ってしまう感じ。


理由は

アクリル絵の具は
乾くのがほんまに早い

てこともあるけど

『待てない』てことが
1番の理由やわ。



あと

やするだけで、色の乗り方が
全然違ってくるから

取っ手とか、よお触るもんに
関しては、やすったほうが
絶対 いいです。



でもリメ缶とか
飾るだけのものに関しては

私はほとんど
やすってないんやけど。



そら、剥がれてきます。


けど私は

剥がれても別にいい派、なので。



今回は持ち手ってことで
よお触るモノやから
、やすったけど。



で、その やする程度って
どんなもんかと言うと


10こすり、くらいやろか。


だから言うほど全っ然
やすってないんやわ。


それでも、色の乗り方と
ハゲ具合には差が出てくるから


10こすりくらいなら
そんなに面倒ではないです。





うちの父ちゃん(主人)なんて

3こすり半くらいでOKやわ。

(こぉーら)




で、これをトレイにつける前に

DSC06972

まずは下穴をあけて。



こういう細いところに
そのまま かずがいみたいな
ぶっといもんを ぶち込んだら

1発でパキーンと木が
割れてしまうので。


(ぶっとい・ぶち込む・1発
 どれもアカンでー)




そしたら

DSC06974

かすがいに布(まあ雑巾やけど)を
かぶせて

その上から金づちで
打ち込んでいきます。


これは

金づちで直接叩くと
せっかく塗った塗装が
ハゲてしまうので

それを防ぐためです。




はい

DSC06975

こうなりました。


どうにかヒビ割れは、せんかったわ。


けど、雑巾を被せて叩いても
やっぱり塗装は

ちょっとハゲてるわ。




ということで

DSC06978

ひとまず完成です。





で、ここにやねー

DSC07195

友達(knkちゃん)に頼んでた
ハンコが届いたので

早速、押してみよっかなー、
と。


私がデザインしたヤツを
彫ってくれたんです。



ハンコ彫れるとか、

天才か。



ほんで

どれを押すか選ぶ時の
楽しさときたら、もう。





これにしよ。

DSC07213

セリアのスタンプ台
セリアのインクを使って


押してみます。



はい

DSC07214

やだー♡

ステキ過ぎるし、好き過ぎる。


ほんと、やだ♡


これは、いい。


完ー全に、いい。



あ、このロゴは

COOL+LAUGH GOODS
て書いてあるんですが

最初は

COOL+ROUGH GOODS
で いこうと思ってん。



roughは【おおざっぱな】という意味で

laughは【笑う】という意味なんやけど、


coolは【かっこいい】やから、

cool&rough、みたいな英語の
ロゴは よお見るんやわ。

カッコよくて雑な
ていう意味やわな。


けど


私はブログのタイトルにも
laugh
(笑う)を入れてるし

roughをあえてlaughでいくのも
いっかなー
と思って。


英語っていう観点から見れば
cool+laughて おかしいん
やろうけど、

まあ、ロゴやし、と思って。





てことで、完成です。

DSC07223

いやー、カフェトレイって
ほんま ええわ。



自分用に作ったのは
これが初めてで、

お菓子も作れんし
コーヒーも飲まんけど

それでもカフェトレイって

あるだけで、テンション
上がるもんやわ。



ハンコの力、でかいな。



ほんで

これは前にも書いた
ことなんやけど

カスガイの持ち手は

全然、抜けます。



カスガイって

先っちょがギザギザに
なってるヤツと

なってないヤツがあって、


今回はギザギザになってる
ヤツを使ったから

触った感じ、そこそこガチっとは
きてます。


きてるけど

でも、ものすっごい
固い瓶のフタを開ける時の
力を100としたら

まあ12くらいの力で
抜けると思うわ。



なので この持ち手は
あくまでも装飾として考えて、

これを実用的に使いたい
場面があったら

持ち手を持たずに
運ぶ感じやな。





ほんで

ハンコと一緒に

DSC07196

こんな、あずきカイロも
送ってくれちゃってやね。


デニムのほうにも
綿生地のほうにも

中にあずきが入ってて。


電子レンジで30秒ほどチンしたら
15~30分ほどは温かさが継続して
繰り返し使えるという

自然派でエコなカイロ
なんやわ。



異常なほど寒がりな私には
たまらん1品やわ。




これで終わり、


では無いんですよ。


まだあるんです。


こちら。

DSC07197

無印の布巾に
今回オーダーしたハンコを
押したヤツが3枚も。


それと今回は特別に

刺繍入りの くるみボタンも
お付けして、


なんと お値段、45,000円!


のところを

今回だけは特別に
1万円 お引きして、


35,000円ぽっきり!

(全然、高いわ)




いや、これは

プライスレスやなー。



自分が作れんもの、とか
自分の頭の中に無いもの、とか
を貰うのって

ほんまに感動します。



結局、自分が作るもんて

同じようなテイストのもんばっか
になってしまう
から

全然 違う角度のもんを
目の当たりにすると

ものすっごい新鮮やし
嬉しいもんやわ。





はい、今日は

ここまでにしておきます。





そう言えば、揖保乃糸の箱
のことなんやけど、


揖保乃糸の箱をリメイクして
家にあるものしか使ってないから

今回のカフェトレイは
ゼロ円リメイク~!

って、一瞬 思うけど

一瞬ていうか、実際 そうなんやけど、


でも、揖保乃糸の箱って

近年、

まあまあ入手困難なものな
気がすんねん。


私が子供の頃には

家に、素麺の木箱とか
シイタケの木箱とかが

ようけ あった気がするんやけど

最近は、お中元とかも
ひと昔前から比べたら
絶対、減ってると思うし、

こんなもん、人から貰わんかったら

自分で買うことなんて
まず無いやん。



だって、この揖保乃糸の箱も
やっぱり実家から持ってきた
もんやし。



あと、あれ。

かまぼこ板も。


しょっちゅう晩酌のお供に
かまぼこを買う、

とかいう人なら、かまぼこ板も
常時、家にあるやろうけど


かまぼこなんて
お正月ぐらいしか買わんから

プリンカップほどの頻度で
家に在中してるもんじゃないやん。



よっぽど

親戚が揖保乃糸とか
かまぼこの工場とかで
働いてて

頼めば いつでも貰える、

とかいう人じゃない限り


そんな頻繁に家にあるもんじゃ
ないと思うんやわ。



だから

素麵の木箱リメイク、とか
かまぼこ板リメイク、とかを

真似したいなーと思ったら

それ自体から買わなあかん
ことになって、

結果

余計 高くつくやん
、ていう。



結局、無理して それらを
集めることに労力とお金を
使うくらいなら

とっとと100均に行って
それっぽいもんを買ってきたほうが

手っ取り早いわなあ
、とか思って。





ということで 今日は


非常に付加価値の高い

素麵の木箱カフェトレイ
、でした。





はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事、また頑張ろー』
とか思います。
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------