ここからの作業は、

①やすりがけ
 ↓
②塗装
 ↓
③窓をつけて完成
 ↓
④完成した家具を眺める
 ↓
⑤眺める
 ↓
⑥ニヤニヤする
 ↓
⑦また眺める
 ↓
⑧ ⑤⑥⑦を、心ゆくまで繰り返す。



【①やすりがけ】 て。。。

そんな短い表現で終わらせてしまうには

あまりにも残酷とも言える、

なかなかのしんどさやったわ。


子供が使うもんやから、全体を結構丁寧に
やすりがけしました。
(だから、結構丁寧って、どれくらいなん?そこ説明せな)


そして塗装へ。
(あ、説明せんと、塗装いくんや)


背板以外は全部、

オスモのチークとウォルナットを使って

塗装しました。


で、背板は、女の子用の家具なので

致し方なく、白に塗りました。


半分まで塗ったところで
写真を撮ってないことに気付いて、
慌てて撮ったのが、こちら。

DSC03015

底面は無塗装にするつもりが、

間違えて半分までオスモを塗ってしまいました。



話はちょっと戻りますが、

オスモのチークとウォルナットを塗りました、の部分。

これ、棚板はチークで、天板や側面はウォルナット、

とかいう意味ではないんです。


ただ単に、

どっちも在庫が少な過ぎただけ、というね。。。


最初、ウォルナットを塗ろうと思って
缶を開けたら、

『え、全然ないやん。。。』

ほんで、チークを開けたら、

『え、全然ないやん。。。』

てなって。


9割ほど塗ったところで どっちも尽きて、

最終的には、

スポンジサイドに付着したオスモを

もー これでもかってぐらいに しぼり出し、

さらにはオスモの缶の内側が

『これ、ほんまに、中身 入ってた?』

てなるぐらいまで スポンジで とことん、

撫でくりまわしました。(なんか いやらしいわ)


みなさんも幼少期には必ず やっていたであろう、

ケーキの周りのセロハンみたいなんを
はがした時に、そこに付いてるクリームを
ペロペロ舐める、

あの感じです。

(失礼か。幼少期でも やってない人、いっぱいおるやろ。)




白に塗る時に、マスキングする気力が
残ってなかったので、


全神経を集中させて、

ノーマスキングでの白塗装 に 挑みました。

(そんなに神経を使うくらいなら、マスキングしたらいいのに)



結果、

無事、はみ出すこともなく

塗り終えることができました。


それが こちら。

DSC03022




近距離で見てみても

DSC03021

はみ出してるーーー!!!


雑ーーー!!!





まあ そこは ヨシとします。
(うそぉーーん)

『ジャンク、目指してるんで』
(うそぉーーん)




私 これ、よお使います。

『ジャンク、目指してるんで』 と言えば
なんでも それで済むと思ってるというね。


ジャンクインテリアを、完ー全に、はき違えとるわ。


今回の ノーマスキングでの白塗装 
白がはみ出した件などは とくに、

『ジャンク、目指してるんで』

て使うとこじゃないな。。。



なんか。。。 反省したわ。





けど、気を取り直して

ノーマスキングでの塗装、

また やろうと思います。

『ジャンク、目指してるんで』


(反省してないーーー!)







お手数ですが、ポチッとしてもらえると
単純にテンション上がります。

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村