何かをDIYしようとする時
イチから材料を買うのが
実は一番ラクなんです。

廃材を使って
どうにか作ろうとすると、

『これ、ちょっとが足りんなー』

『こうすると、幅が合わんしなー』

『なら こっちを使えば。。。
 あ、無理かー』

てな感じで、頭ん中を
相当フル回転せなあかんくて。



この山ね。

DSC03662


材質も、野地板とかコンパネとか
色々あって、この際 材質を統一する
なんてことは 全っ然 考えてなくて

とにかくパズルみたいにして

『おっ これならイケる!』

てとこに到達するまで
ひたすら考えるんやわ。



で、なんとか到達しました。

DSC03664

これが底板で、




DSC03666

これが前面で、




DSC03667

背面は、2枚を合わせて。





まずは、前面の板をカットして
持ち手になる穴をあけます。

DSC03671

こうやって、鉛筆で下書きをして、





DSC03672


何ヶ所か 太めのドリルで
穴を開けます。


私、点々恐怖症なんで
こういうのを見ると、
『さっぶ』 てなります。

何回見ても、

あー さっぶ。



で、

DSC03673

穴にジグソーの刃を入れて
一周すれば、
こうなります。




側面や蓋にする面も
どうにかカットして、



やっと、全部のパーツが
そろいました。

DSC03675


これ、なかなかきつい作業やったわ。



で、

DSC03677

サンダーをかけて、



DSC03680

組み立てていきます。





はい、

DSC03682


箱の部分ができました。


いや ほんまに きつかったー。

(なら せんとけばいい)





あ、みなさん、拍手ですか。
(してない)

ありがとうございます。


いえ 私はただ、廃材を
甦らせたかっただけなんです。

廃材たちに もう一度

命を吹き込みたかった。。。

それだけなんです。


え? 謙虚な姿勢に頭が下がる?

いえ、謙虚なんて、そんな。。。

私は 木々たちから

毎日 力をもらっているので

ほんの小さな恩返し、

とでも言いましょうか。


(ウ ザ イーーーーーッ!!!)





次は 蓋を作ります。

DSC03683

蓋は 3枚の板を1枚にして使うので
まずボンドで3枚を くっつけます。


そして、

DSC03685

ボンドが乾いたら
タッカーを打って、


念のため 補強として

DSC03686

なみ釘っていうのを使いました。




DSC03688

これ、打つのが結構 難しくて、



上手くいけば、

DSC03690

こうなるんですが、



打つのがヘタやったら、

DSC03689



こうなります。

こうなると 引っこ抜くのも大変なので、
思いっきり ガンガン打って
つぶしきってしまうほうがいいです。

そう、もっと!

もっと叩いて!

もっと強く!

もっと強く 抱きしめて!

(きもいわ)




疲れたー。

あとは、塗装とか
結構 楽しい作業ばっかやな♪







心優しい あなたなら、
きっと こちらをポチッとしてくれるはず。
そう、あなたなら きっと。。。
(うざいー!)

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

その 溢れんばかりの優しさを
こちらにも。
(なんかイヤやわー)