はい、どうも。




前回の記事で

九州のママ友から うまかっちゃん
という袋ラーメンを貰って
それがすごい美味しかった

ていう話を書いたんやけど


まあまあ、反響が大きかって。



私は てっきり

九州だけで売ってる名産品かと
思ってたら

関西のほうでもフツーの
スーパーで売ってる
、とか

お隣の石川でも売ってる、とか。



その他にも、
別に聞いてもないのに(←こら)
いろんな情報を いただきまして。



うまかっちゃんは
定番の豚骨の他にも
いろんな味が出てて
九州では華丸大吉がCMしてる、とか、

インスタントの焼きそばって昔は
関西ではUFO
関東ではペヤングやった、とか、

横浜には おにぎりせんべいが
売ってない
、とか、

関東ではチャンポンメンが
売ってない
、とか、

関西のコンビニおにぎりは
なぜか味付け海苔
、とか、

名古屋では若鯱屋のCMソング
印象的で、どんなんかと言うと

わかしゃちや で
ウマウマ、ウマウマツルツル~
ワォ♪
 とか、

(はいココ、名古屋の皆さん
 ドッカンドッカン大ウケね)

どん兵衛は
関西と関東では違う
、とか。




どれもこれも
まー 知らんことばかりで
びっくりの連続
やったんやけど、

最後のヤツ。


どん兵衛は ここ富山も
関西風なんやわ。


ほんで何十年も前やけど
初めて どん兵衛の関東風を
食べた時の衝撃ときたら、もう。



関西風に慣れてるせいか

だしの風味が全然せんし
しょう油のみのスープちゃう?
って
思ったほど。


あれはほんま、衝撃的やったなー。



ま、慣れた味か そうじゃないかの
違いなだけ
やろうけど。





はい、そんな今日の記事は

プレ企画です。



何を作ろうか、
結構考えたんやけど

結局、私好みのもんしか
作れんかったわ。




こちら。



A.Bitter Styleの手書きサインボード

DSC08577

出た、いつものヤツ


手書き感は ひどいもんやけど

これは所詮
私がデザインしたものじゃないし、

これなら大衆ウケもいいやろ
と思って。



DSC08580

もうこれ、友達にもあげたりして
何枚も作ってるから、

まあまあ 見飽きた
、ちゅーねん。


けど、作る過程は何枚作っても
楽しいもんやわ。


で、今までは、素麺の箱のフタとか、
なんて言うの、
木目があんまり出ないタイプの木材
を使って 作ってたんやけど

今回のこれに関しては

野地板、という
荒々しい木材を使ってます。



あえて、野地板を使ってみました。


野地板で作ると、

仕上がりの表情が全然 違うんやわ
素麺箱のフタ系の木材とは。


なんかねー

ビンテージ感が より本物っぽく
なるっていうか、

重厚な感じに仕上がるんやわ。




仕上がる、ゆーて断定してるけど、
厳密に言うたら、

仕上がったような気がする、やな。




で、野地板って

私は個人的に、その荒々しい質感が
すごく好きなんやけど、

反ってることが多いんです。





だから このサインボードも

DSC08582

この写真で分かるやろか。

木が、カーブがかってるんやわ。


真っ平な木材では無いんです。


机の上に置くと
カタカタって なる感じ。




こんなんでも良かったら、

ということで。






それと、もう一つ。


B.フックつきのサインボードと
 キーホルダーの2点セット


DSC08587



DSC08588



DSC08589

これは考えたわー。


だって、さっきのBitter Styleと
同じ土俵に乗れるようなもんを、

って考えたら、

『え、どーしよ、、、
 Bitter Styleのサインボード以外の
 ヒット商品なんて、私に無いやん』

と思って。



まあ、これも結局、

Bitter Styleの文字は
入ってるんやけど。



けど最終的には

私の中では、好きなテイストに
仕上がりました。




これは

画鋲で止めて使えるように
金具をつけてあります。


なので

DSC08590



DSC08592

こんな風に
ディスプレイしてみたりとか、




あるいは

DSC08595

キーホルダーは
紐で縛ってあるだけなので

結び目をほどいて
バラして飾ることもできたりとか。




どんな風に使うかは

お好みで どうぞ。




このボードは小さめなので

DSC08594

引きで見ると、こんな感じです。




しつこいようですが、



私は、これ、好きです。

(Aの人気を恐れて
 こちらを過剰に推す)



あ、こっちは ほとんど
ステンシルです。

手書きではないです。



それと

飛行機をステンシルしてある
緑のキーホルダー


前回の扉リメイクで使った
グラフィティーペイントを
使ってます。




ということで



私は、これ、好きです。

(だから推すなって)

(よほど自信が無いらしいわ)





では、応募要項を。

--------------------------------------

①誰でも応募OKです、
 と記したいとこなんですが

 こんなものでも、欲しいと
 思って下さる方がいるん
 やとしたら、
 
 やっぱり、

 いつもブログを見て
 ポチっとして下さっている方に
 お届けしたいな
、と思いますので

 大変恐縮ですが、
 そういう方の応募を
 お待ちしております。


発送は、定形外の予定です。
 なので、定形外郵便には時折、
 不着、という事態が発生する
 リスクがありますので、
 そこを ご理解いただける方。

 まあ、不着なんて滅多にないけど。

 宅急便のほうがいいという方は
 もちろん対応します。


LINEではなくて、
 メールか、インスタのDMで
 連絡が取れる方。

 だって なんか、

 LINEて、アレじゃない?


④応募方法は、
 この記事のコメント欄から
 お願いします。

 お名前を書く欄がありますので
 そこにハンドルネームを書いて、
 本文のところにAかB、どちらかを
 書いて、
 PCの方は【投稿する】というボタンを
 スマホの方は【コメントを送信】という
 ボタンを押してもらえばOK
です。


⑤応募期間は、今日から1週間。
 来週の木曜日に締め切ります。

 1週間で、いいよねえ?
 長いんやろか。
 ま、いっか。

--------------------------------------

どお?

漏れとか、ないかなあ。



蒸れとか、ないかなあ。




あ、蒸れは あるわ。


靴下の中が。




イヤやわ。





で、応募人数が5人以上の時は
コメントの返信はしませんので、

何卒、ご了承下さい。




もしかして

『えー、2つだけしかないのー?』

って思われた方が
おられたとしたら、


ほんなもん、

4つも5つも作ったとしたら


ただでさえ少ない応募者が

もっと割れるやん。



あかん、あかん。



ちょっとは見栄を張らせて下さい。



自己顕示、させて下さい。



ブログという、自己顕示の塊を
やっているだけでは飽き足らず、

プレ企画でも自己顕示したいという
愚かな人間を、

大目に見てやって下さい。





あー!

大事なことを、書き忘れてたわ。



お返しは絶対、いらないです。




でも、

『お返しにお受け取り下さい』
という手紙と共に
10万の小切手が入ってる場合



すみやかに、受け取ります。


一切無駄の無い動きで
スっと、受け取ります。



もしくは、

お返しに、うちの農場で採れた
リンゴを送りますので
macaさんのブログで宣伝して
もらえませんか。

という営利目的の お返しも、


快く、受け取ります。


そこまでハッキリ言うてくれたら
逆に、気持ちええからね。



このブログに、そんなに
宣伝効果があるとは思えんけど。




というような感じで、

ここまで書くっていうことは、


ほんーまに要らない、ということです。





はい、以上です。



次回は、ダーっと並んだ
クローゼット扉のリメイク編に
入ります。




今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事、また頑張ろー』
とか思います。
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------