はい、どうも。




今日からまた
キッズスペースの続きを
お届けしていく予定
だったんですが、

こちらの勝手で
大変 申し訳ないんですが

今日は、オール雑談と
させて頂いても よろしいでしょうか。





前回の記事には

『え!うそやろ?!』てほどの
たくさんのコメントをいただきまして

ほんーまに
ありがとうございました。




コメント返信ができてなくて

本っ当ーに、申し訳ないです。




私は1年間、ブログをやってきて、
これまでに、記事を上げた当日に
コメントの返信をせんかったこと


私の記憶の中では
ほんま数回しか無いんやけど

前回の記事に関しては

夜の12時に、コメ返しよーと
思ってコメント数を見てみたら、


25、て なってて。




で、SNSをやっておられる方
であれば、

『コメント数25くらい、大したこと
 ないやん、返せるやろ』

と思われると思うんやけど、


確かに、SNSのコメ返は
25個ぐらいなら、
全然、コメ返できる
範疇やと思うんやわ。



SNSって、

『ありがとーう』とか
『嬉しいわあ』とか

そういう短文での返信やから、

うん、イケるわな。




けど、ここにおける私の
コメント返信


まー、長いんやわ。


最近の傾向として、多い時で
7コメくらい
やろか。


けど、私の返信が長いせいで
その7コメの返信を打つのに
たいてい1時間くらい
かかるんやわ。





せやから、前回の記事に関しては

全員にコメ返するか否かを
ほんまに迷って、

翌朝になってもまだ、迷ってて。



25コメかー、全部返したら
4時間弱は かかるなあ。
かと言って、一言だけのコメ返
ていうのも、素っ気ないしなあ、


ていう感じで、もんもんと。




で、半年ほど前かな、
いや もっと前かな、

【コメントは嬉しいものでしか
 ないので、私の負担になるとか
 考えずに書いてくれて
 全然OKです。
 で、私が、その日のコメント数を見て
 こりゃ返せんな、と判断した時には
 私の独断で、返信しない、という
 選択をしますので、コメントは
 自由に書いて下さい】


ていうようなことを
記事に書いたことがあるんやけど、


そんなもん、だいぶ前のことやし

このブログを読んでくれてる人も
流動的やと思うから

半年前と今とでは
読者のメンツも変わってきてる

思うんやわ。




とくに前回の記事に関しては
私が 自ら、

皆さんにコメントを催促するような
書き方をしたせいで


このブログにしては
ブレ企画以外では、過去最多の
コメント数をいただけたんやと
思うんです。





で、コメントって
人それぞれ、様々な見解がある
と思うんやけど、

例えば、



考え方1
------------------
コメントの返信をくれる人にしか
コメントする気にはならない。

------------------

うん、なるほど、確かに
そう考える人もたくさん居るわな。

たくさん居ると思うし
その考え方も、
全然アリやと思うわ。

返信もくれないのに
コメントしても おもんないやん

という考え方やわな。



考え方2
------------------
返信は全然期待してなくて、
ただ自分がどうしても
伝えたいからコメントを書く。

------------------

これはアレやな、コメントを
twitter的に捉えてる人

考え方やろな。

SNSにしろブログにしろ、
その主が ワッサーとファンを
抱えてるであろうことが
裕に予想つく場合


コメ返は要求せんけど

でも、『それいーい!』とか
『それ分かるー!』とか

自分の中でヒットしたことは
つぶやいておきたい
、という。



考え方3
------------------
コメントの返信ができないのに
記事を上げたり、SNSで投稿
したりするのって、
大人として非常識じゃない?

------------------

これは以前、私が
ルームクリップで言われたことが
あるコメントなんやけど、

これもほんま
そうやなーと思うわ。

ブログにしてもSNSにしても、

ネットていう、他者とかかわる
要素を含んだツールを
利用する以上は


投稿した責任、じゃないけど、
なんやろ、そういう意味合いが
必然的に不随してくるのも
事実やと思うんやわ。



考え方4
------------------
その主のコメ返の負担を
考えると、申し訳なくて
コメントを ためらってしまう。

------------------

なるほど、ファンがワッサーといて
コメントがワッサーと来てる
SNSとかブログって

確かにコメントするのを
ためらうわなー。

その主がまた
責任感の強い人やったり
律儀な人やったりすると尚更、

負担になるやろなーって
考えてしまうもんなあ。




で、

いろんな考え方がある中で
どれが正解ってことは
絶対なくて、

けど

どうやったら、読んでくれてる
皆さんが 極力 不快な思いを
することなく、このブログに
携わることができるんやろか


て考えた時にね

そこはやっぱり

主である、私の采配一つ
やと思うやわ。



主が、どういう舵取りを
するかによって

そこの雰囲気というか、
ノリというか、ルール、
みたいなもんが
定まってくるんじゃないかなー
と。



まあ、さっき

皆さんが不快な思いをせず、
とは書いたけど

全員100%ちゅーのは
絶対、無理なことなんやけど。


だって

どんな人にも、どんな物事にも、
必ず、アンチが存在するのが
世の常やと思うので。






私は、ブログ開始当初から
本音で記事を書くように
してるので、

今更

ちょっと猫かぶったような
ちょっとヨソ行きな感じで
書いたところで

頭のいい皆さんには
すぐに見破られてしまう
思うから

私の現段階での心境や状況
そのまま包み隠さず
書いてみようと思います。




コメントは嬉しい以外の
何者でも無いです。
これ、ほんまに。


前記事にも書いたけど

ブログって
無機質なパソコン相手に
やってること
やから

皆さんの声が聞ける
ちゅーのは、

相当 貴重やし、
相当、有り難いです。


よく、ファンの多い
ブロガーさん


『コメントは全部
 有り難く読んでます』

とか書いておられるやん。


アレ、ほんまやと思うわ。


私も書き手側になってみて
初めて、コメントってこんなに
嬉しいもんなんや
って知ったし、

コメントを戴くことで
皆さんが どんな風に思ってる
のかを知ることができるし



現に、

前記事で戴いたコメント
3回くらい繰り返し、読んだもん。

(そんな時間あったら
 コメ返しろよ、てなあ)




●今、SNSのほうはと言うと

ルームクリップのコメント返信
かなり時間を取られるように
なってしまったので、

ほとんどコメント欄は
閉じさせてもらってまして。



ものすごい感じ悪いと
思うんやけど。

けど、反感買ったとしても
もう しゃーない



これからも継続して
ネット発信していこう

思うのであれば

どれかを徐々に軽減して
いかないと、
長くは続けられん
と思ったもんで。


とくに私は、ブログに1番
重きを置いているので


自分の体力と相談した時に
SNSを少しずつ
削っていくしかないんやわ。



一方、インスタのほうは

現状の体力と時間を考えた時に、
無理やな、ていうサインが
自分の中で出た時だけは
コメント欄を閉じさせて
もらってる
けど、

なるべく開けるようには
してまして。

インスタって、
コメントが短いんやわ。

なんなら絵文字だけ、とか。

せやから、閉じる・開けるの
采配さえ自分で上手くやれば
そんなに負担ではないんやわ。


大体、15コメントくらい
来てるやろか。

その返信をするのが20分くらいで
終わるから

うん、大した負担ではないわ。




●ここのコメントは、
私の返信が長いせいで

コメント数が7を超えたあたりから
時間も体力も
キツくなってくるんやわ。


けど、それって、
嫌々書いてるんか、ていうと
それは絶対 無くて
むしろ楽しい時間で。

コメ返と言えども
読者の方と会話してるようで
楽しい時間であることには
違いないです。



けど、その【楽しい】も、
時間と体力をものすごい
消耗しての【楽しい】
になると、
心底の【楽しい】では
無くなるわけで。

疲労のほうに天秤が
傾いてしまうわな
、どうしても。




てことで、

以上を ものすっごい短く
まとめると、

コメントは欲しいし嬉しい
けど多いとコメ返が疲労困憊に
なってしまう

ブログに比重をおきたいから
SNSは調整してる


ていう感じです。



ここで問題なのが、

コメントは欲しいけど
多いと疲労困憊になる、
のとこ。



これ、どうよ。

もう、理不尽の塊やん。



そんなもん
皆さんにしてみれば

『はあ?』

て愛想が尽きるとこやと
思うんです。



けど、

これからも やれる限りは
ブログを続けていきたい

ということと、

全員からは どだい無理やとしても
せめて半分くらいの方には
不快な思いをさせずに
このブログに来て頂きたい

ということを考えた時に、


ここの舵取りを
考えあぐねた結果の

私からの苦渋の
お願いが あります。



*ここのコメント欄を
twitterみたいな感覚で
捉えて頂けたら
ものすっごい有り難いです。

誰でも気軽に つぶやけるような
場であればいいなあ、

と思います。

だから
『それ分かるわー』だけとか。
『それは無いわー』だけとか。

そんなんで全然オッケーです。
長くても勿論オッケーです。



*今日書いた云々により
基本的に返信は しない方向で
と思ってますが、

コメント数が5以下の時は
返信させて下さい。

コメント数3とかなのに
返信してないとか
、それこそ、
なんやコイツ、やと思うので。



*いただいたコメントは
有り難くキッチリ読ませて頂いて、

私が個人的にヒットしたコメント
次の記事で触れたいので、

コメントが記事に載るのが
イヤだという方は、
その旨書いておいて下さい。

質問は出来るだけ優先的に
タイミングを見ながら
記事に織り込んでいきます





という、
ほんまに苦渋の お願いです。


お前ごときが
なに調子のってんの

と思いながら読んでる方も
たくさん おられると思います。


長く続けていきたいからこその
心苦しい選択
やってことを
どうか ご理解いただければ
思います。



で、このことは

たまに ここを訪れる方でも
分かるように、
記事の最後らへんに毎回
書いておきますので。






はい、アホみたいに長いこと
書いた ここまでがエピローグ
で、

(うそやろ?)

(どんだけ喋りたいねん)



えっと、

プレ企画に関しまして。



前記事のコメント数を見て
びっくりするあまり、
後転を3回ほどした、ていうのは
冒頭でも書いたんやけど、

(前転じゃないからね)

(後転やからね)



プレ企画、やりまーす、
ていう記事を上げた時


そして1週間を経て

抽選結果でーす、
ていう記事を上げた時




どういうわけか、

プレ企画が終わった後が
1番、盛り上がっててやね。




圧倒的に多かった感想が、

『プレ企画、ありがとう』
『楽しかった~』
『お疲れ様でした!』

やったんやわ。



もーね、

なんか、泣きそうやったわ。



だって

ありがとうは、
完全にこっちのセリフやし、

お疲れ様も、こっちが
勝手に好きでやったことやし。




しかも

ありがとう、楽しかったー
て言うてくれた人たち全員、

はずれた人たち
なんやわ。




ここに来て下さってる方って
さてはステキ人間やろ、て
思うような方ばっかりやな
っていうのは
前からずっと思ってたこと
なんやけど、

(ステキ人間)

(なんやろ、あんま嬉しないな)


けど今回は

それを ズトーンと
痛感したというか。



良識ある皆さんが
ものすごいカッコええ大人

ていう感じがして

あー、ほんま いい人らに
読んでもらってるんやなー

っていう、温かい感情が
突き上げるような感覚

やったんやわ。




あと、思いがけず

残念賞のほうに、皆さん、

なかなかの好反応を
示して下さって。




いや、嬉しかったわー。


そういうのも、
言うてくれて はじめて
分かることやもんなー。





そして、早速、
【マカ子さん】て呼ぶしやね。


もー、マカ子さんとか

イヤやっちゅーに♡

(嬉しそうやないか)





【雑誌に載るような
 有名ブロガーさん】

(↑読者の方より)


そもそも私は
ブロガーなんやろか。

ね、どーなん?


ブロガーって

なんか認定書みたいなもんが
あるわけでもないし、

申込書があるわけでもないし、

けど、ブログを書いてる人の
こと全般をブロガーと呼ぶ
とするんなら、

私も まあ、ブロガーやわなあ。


自分では よお分からんから
そこんとこ、どーなんやろ、
とか思って。




【おまけに北川景子似で】
(↑読者の方より)


せやねん、激似やからなー


(皆さん→うん似てる似てる(-_-))





【私達庶民には雲の上の人
のようなmacaちゃん】

(↑読者の方より)


雲の上の人が
あのジャージを着て
スーパーには行かんて。





【なんせmacaさんはグラビアの
スケジュールが押してますから】

(↑読者の方より)


もーね、

年末が特に、忙しいわー。
イベントやら なんやらで。



(皆さん→うん忙しい忙しい(-_-))





【抽選て、私はひねくれてるので
 信用していなかった】

(↑読者の方より)


いや、私も同じやで

プレ企画って、透明にやってる人
もちろん たくさんいるやろうけど、

意図的にやってる人も絶対
いっぱい いると思うんやわ。


なんていうの、
力のある人?て言うんやろか、

例えばインスタで たくさんの
フォロワーを持ってる人
とか、

小物づくりが抜群に
上手い人
とか、

そういう人を意図的に当選
させる
ことによって

自分の存在を
もっと拡散させたい
、とか

或いは、

小物づくりが上手い人からの
お返しを期待して
、とか。



けど、私の場合は
お返しに関して言えば

10万の小切手
宣伝希望のモノしか
受け付けませんよ、

て公言したし、


拡散を望むのであれば
最初っから
ブログだけでプレ企画、
なんて、せんし。


SNSのほうが圧倒的に
拡散力があるから

拡散が目的なら
そっちでプレ企画やってたわ






あと、質問は優先的に
記事中でお答えします
ということで、


こちら。

【macaちゃん飛行機好きなん?
 見るのが? 乗るのが?】



もー、なんやねん、
知らんがな、
どっちでもええわ。


とか言いつつ

こういう くだらん質問、
大好きですが。




私、飛行機、
乗ったことないんやわ。


だってね、

あんな巨大な鉄の塊が
空に浮くはずがないやん。

堕ちるもん、絶対。



(江戸時代人か)


だから
人生で1番遠方に行ったのが、

中学の修学旅行で行った
広島やわ。




狭い範囲で生きてきた、
取るに足らない人生やわ。



えっと、

飛行機をはじめ、
乗り物全般、そのディテールが
好きなんです。


理由は、


なんとなく、です。


(皆さん→もー(-_-))





ということで

当選された4人の方からは
すぐに連絡を頂きまして、

DSC08793

ラッピングをして、

昨日の午前中には
発送してきました。




到着まで、もうしばらく
お待ちくださいませ。



4点のうち、3点は、

BlogPaint

こんなA4サイズの封筒に入れて
定形外郵便で発送したので、

万が一、届かんかったら
どうしよう
、て ちょっと不安やわ。


定形外郵便の不着って、

無いようで、あるからなー。



Bitter Styleのサインボード
だけは、送料の関係で、
レターパックというヤツを
使って発送したので、

そっちは まず、大丈夫やと思うわ。



しかし、あれやね。


ハンコを押すだけで
ただの封筒も、各段に
昇格するんやから、

やっぱハンコの威力って、

すごいわ。





はい、

プレ企画にも、コメントにも
全く興味がなかった方、

ここ数日、すみませんでした。




また次回からは

インテリアネタを再開しますので。





今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。





お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事、また頑張ろー』
とか思います。
にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。




---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名 maca
http://roomclip.jp/myroom/540151

👇インスタ始めました👇
ユーザー名 maca_home
https://www.instagram.com/maca_home/

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名 maca home
http://limia.jp/user/ef1n2en/
---------------------------------------------


*******重要********

ここのコメント欄は、twitterのような感じで
コメントを書きたい人が勝手に書くという
システムになってますので、基本的に
返信はしないことにさせて頂いております。
でも、コメント数が5以下の時は返信させて
頂きます。何卒ご了承ください。
コメント欄で戴いた質問は、その都度
記事の中でお答えして参ります。

*****************