これからDIYをはじめよう!っていう人にとってまず揃えなくてはいけないのが、工具。まあ、これがないと始まらないわけで。

けど、Amazonなんかで工具を調べてみてもいっぱいあって、どれを買えばいいのか分からんし、それを悩んでいるうちに「DIY面倒くせー」ってなる・・・
工具見出し画像
そこで ここでは、私が実際に使っている工具についていくつか紹介したいと思います。ご参考になれば幸いです。

あ、ちなみに… あくまで、個人的主観による使用感かつ、素人の知識内での情報なので、ご使用などは自己責任でご理解して頂けますようお願い致します。

電動ドリルドライバー

電動で木材に穴を開けたりビス(ネジ)を閉めたり緩めたりすることができる工具です。

私がDIYをやり始めたばかりの5年前、1番最初に買った工具がこれ。

RYOBI(リョービ) BD-710


理由は、当時ホームセンターで1番安かったから という安易なものですが、今でもバリバリ現役で使えてます。

高いものを買わなきゃいけない!と思うかもしれませんが、まずはここからはじめてみても全然大丈夫です。

インパクトドライバー

大物家具を作るときは、太い木材に長いビスを打つことが結構あるので、そういう場面ではインパクトドライバーが必須です。

電動ドリルドライバーと どう違うのかを詳しく説明すると専門的な話になって億劫になるかと思うので、単純に、電動ドリルドライバーがパワーアップしたもの、と思ってもらえればオッケーです。

EARTH MAN(アースマン)  IDR-140Li


電動ドリルドライバーではパワーが足りなくて打ち込みにくい長いビスや堅い木材などに、サクサクとビスを打つことができます。

その反面、力が強すぎて穴を開ける作業ではビットが折れてしまうことがあるので、穴あけには不向きです。

ジグソー

電動で木材をカットする道具です。

木材を真っすぐカットしたいときは丸ノコですが、曲線や木箱の持ち手になるような長方形の穴をカットしたい時なんかは、丸ノコでは出来ないので やっぱりジグソーも必須な工具の一つです。

RYOBI(リョービ) MJ-50


これもDIYをやり始めた頃に買ったものです。刃を金属専用のものに変えれば、薄い鉄板くらいならカットできます。

サンダー

電動のやすりです。

カットした木材のバリバリっとなったところをやすったり、家具の塗料を剥がすためにやすったりして使ってます。

RYOBI(リョービ) MS-30



これも単に安いからという理由で買ったんですが、何の問題もなく5年間 相当な頻度で使ってます。

これ一台でOKなおすすめ電動工具!

ここまで説明してきてあれなんですが、上記の工具をたった1台でまかなえてしまうという、すごい電動工具があるんです。

ブラックアンドデッカー EVO183P1(通称マルチエボ)


今、DIY界で話題の ものすごく画期的な電動工具です。

私とマルチエボとの出会いは、上記の工具を使いながらDIYをやって4年目のこと。

LIMIA(リミア)というサイトの中のDIYコンテストで受賞した際に賞品として このマルチエボを戴きました。それからは、ほぼ、こればっかりを使ってます。

これがどんな風にすごいのかを詳しく書いた記事があるので、是非そちらを参考にしてみて下さい。
〔ブラックアンドデッカー、これほんますごい!〕



意外と知られてないけどおすすめしたい

これは意外と知られてないんですが、全力でオススメしたい商品でして。

古くなった電動工具のバッテリーを、外身はそのままで中の電池だけを新しいものに入れ変えるというものなんですが、新品でバッテリーを買うよりも断然安いんです。

電動工具のリサイクルバッテリー

DSC06073
バッテリー市場さんというショップで扱っている商品で、サービスもすごく充実してるので、工具のバッテリーが調子悪いという方には絶対お勧めですね。

それを詳しく書いた記事があるので興味ある方は是非読んでみて下さい。
〔全力でオススメしたいリサイクルバッテリー〕